無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

上半期の目標達成にラストスパートをかける方法

上半期も残すところ、あと1ヶ月半ほどです。

 

目標を達成すべく、残りの過ごし方を見直している人も多いと思います。

 

ところで、目標を達成するためにラストスパートをかけられる人と、「どうせ達成できない」とやる気がダウンしてしまう人は、どんな違いがあるのでしょうか?

 

個人の性格による部分もありますが、目標の達成率も大きく影響しているんです!

 

 

今回は、目標の達成率とモチベーションの関係を解説し、部下や後輩のやる気がアップするコミュニケーション術についてお伝えします!

 

 

・ラストスパートをかけられる人と、やる気がダウンする人の違いとは?

 

心理学に、「目標勾配(こうばい)仮説」と呼ばれる説があります。

これは、目標に近づくほどやる気が出るという心理を指します。

 

マラソンでゴール付近になるとラストスパートをかけられたり、登山で疲れていても頂上に近づくにつれて元気が出てきたりした、という経験はありませんか?

 

それがまさしく、この目標勾配仮説なんです。

 

つまり、あと少しで目標を達成できそうなら、「どうしても目標を達成したい!」という気持ちが強くなって最後の力をふりしぼりますが、達成率が低ければ目標から遠いのでやる気が出なくなってしまうということです。

 

 

・働き方改革的、目標の見直し方

 

この心理を活用してモチベーションを上げるためには、思いきって上半期の目標値を下げて、達成率を上げるのもいいでしょう。

 

そうすれば、「あと10%なら達成できる!」とラストスパートをかけられる可能性があるからです。

 

働き方改革では、同じチームや部署で仕事を共有し、誰でも対応できる状態にしておくことが求められます。そうすることで、時短勤務がしやすくなったり、自由に休みをとったりできるからです。

 

ですから、個人の目標であってもチームで取り組むという意識を持つことが大切です。現在の達成率を把握しておいたり、達成に向けて意見を出し合ったりするなど、協力すれば達成率も上がりそうですね。

 

 

・部下や後輩のモチベーションによって掛ける言葉を変える!

 

ある心理学の実験の結果、モチベーションが上がっている人に対しては、リーダーがニコニコしながら仕事の指示を出すとやる気がアップし、モチベーションが下がっている人に対しては、険しい表情で厳しく指導した方がやる気が出ました。

 

つまり、やる気がない部下に対して、「もうひと頑張りしたら、打ち上げをしよう」と言うより、「達成できるように頑張ろう!」と叱咤激励をした方がいいということです。

 

いかがでしたか?

上半期のラストスパートをかけたいときに、ぜひ試してみてくださいね。

  • モチベーション・組織活性化
  • マネジメント
  • コーチング・ファシリテーション
  • チームビルディング
  • 情報システム・IT関連

社員一人ひとりが個性・適性を認め合い、才能を最大限発揮できる働きがいのある職場づくりを目指します!

自身の経験として、マッサージ店補経営、IT事業を経て、働き方改革のコンサルティング事業を始めている。
経営者と従業員の両方の心に寄り添った提案を行います。

服部 裕樹(ハットリ ヒロキ) ブラックスミス 代表

服部 裕樹
対応エリア 全国
所在地 高槻市

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

知っているつもり現象の克服法│なぜなぜ分析で真の原因を探る

坂田 和則(株式会社ナレッジリーン(旧 知識経営研究所) マネジメントコンサルティング2部 部長 改善ファシリテーター・マスタートレーナー)

オフィスや現場で、「なぜなぜ分析」を実践しているリーダーの方も多いと思います。 日々の業務の中で問題解決の手法として、...

2024/06/17 ID:CA-0005443 なぜなぜ分析