無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

女性活躍法の施行まで後1か月。改めて、貴社の女性活躍とは?

女性活躍推進法まであと1か月

こんにちは、People Advisory Serviceの佐野香奈恵です。4月1日の女性活躍推進法の施行まであと1か月となりました。弊社ではそれに先立ち、「女性活躍推進法セミナー」を開催予定です。各企業の担当者様におかれましては、4月1日の行動計画の提出を目指して、社内でいろいろな調整をされているところかと思います。行動計画の策定に当たってはいろいろな取組みアイディアがあり、その実行計画という面では様々な選択肢があることかと思います。

 

しかし、今一度考えなくてはいけないのが、貴社にとっての「女性活躍推進」がどのような意義になるかということです。そもそも、「女性」とは貴社にとって誰のことを指すのか、「活躍」とはどのような状態を指すのか、そして、どのような取組みを行うのかという「推進」です。

 

弊社D&Iチームでは、今回の女性活躍推進法を単なる法令対応と捉えず、必要なステークホルダーを巻き込みながら自社の経営計画と関連付けた行動計画策定を進められるかが、ダイバーシティ推進成功および企業価値向上の鍵を握ると考えています。

 

ダイバーシティ推進が企業価値向上に向けた経営課題であるという認識は高まっている一方で、他社事例を参考に「取組み」「行動計画」を策定するだけでは、期待していた程の効果を生み出すことができず、経営にも行動計画と狙っている目的の「説明根拠が弱い」と一蹴されかねません。

 

「女性活躍推進法セミナー」では、施行まで残り少ない時間で、貴社のダイバーシティ推進戦略がさらにブラッシュアップされるよう、内閣府男女共同参画局のスピーカーをお招きし、女性活躍推進法対応に伴った、経営戦略・事業戦略・人材管理・キャリア育成がどうあるべきか、参加者の皆さんと一緒に考えていく予定です。女性活躍推進法の対応・準備・目的を「コンプライアンス」だけにせず、目標・行動計画を設定する意義を改めて考えていくことが重要です。

 

ご興味あります方は、セミナー申込みサイトから申し込みください。

皆様のご参加をお待ちしております。

  • 経営戦略・経営管理
  • モチベーション・組織活性化
  • 労務・賃金
  • 人事考課・目標管理
  • グローバル

人事制度改革、ダイバーシティマネジメント領域で経験豊富なHR戦略コンサルタントです。ダイバーシティを自ら推進するワーキングママでもあります。

人事制度改革を中心とした人事コンサルティングや、ワークライフバランス・ダイバーシティ・女性活躍推進をテーマとした調査・コンサルティング、グローバル人事等のあらゆる人事領域において、幅広い業界・テーマでの実績を有しています。

佐野香奈恵(サノカナエ) EYアドバイザリー株式会社 シニアコンサルタント

佐野香奈恵
対応エリア 全国
所在地 千代田区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

困難や逆境に打ち勝つ力 │ 「レジリエンス」を高めるには

坂田 和則(株式会社ナレッジリーン(旧 知識経営研究所) マネジメントコンサルティング2部 部長 改善ファシリテーター・マスタートレーナー)

難しい課題や問題に取り組んでいる会議なのに、活発に意見が出て、笑顔まで絶やさないメンバー達。 交わされる会話に耳を傾け、...

2024/04/22 ID:CA-0005295 問題解決