無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

従業員向けの「住民税 特別徴収税額通知書」も電子配付可能に!

いよいよ従業員向けの「住民税 特別徴収税額通知書」も電子配付可能に!電子化の仕組みや企業に求められる対応は?

 

6月の特別徴収税額通知書(住民税決定通知書)の配付と、10~12月の年末調整業務は、人事部門の皆様の手を煩わす2大イベントではないでしょうか。

コロナの流行で在宅勤務という働き方もでてきたなか、紙での配付しか選択肢のなかった特別徴収税額通知書の配付は、郵送せざるを得なく、封入封緘の手間や郵送料などのコストアップなど、皆様の頭を悩ませていたことと思います。

そんな住民税の特別徴収税額通知書ですが、いよいよ令和6年より電子的手段での配付が可能となりました。

本コラムでは電子化の仕組みや企業に求められる対応について触れていきたいと思います。

 

このコラムの内容

  • 特別徴収税額通知書の現状
  • 令和6年の変更点の確認
  • 電子化の仕組み
  • 企業に求められる対応
  • 効率化に向けて
  • おわりに

 

【特別徴収税額通知書の現状】

住民税の特別徴収税額通知書には特別徴収義務者用(会社用)と納税義務者用(従業員用)の2種類が存在することは既にご存じのことと思います。

会社用の特別徴収税額通知書は既に電子化が進んでおり、eLTAXでの届出の義務化も進展してきました。

一方で従業員用の特別徴収税額通知書は紙での受領と配付しか手段がなく、また各市区町村で紙の形状が異なっていることもあり、配付や仕分けの手間が皆様の頭を悩ませる原因になっていたことでしょう。

 

【令和6年の変更点の確認】

このように作業負担の大きい住民税の特別徴収税額通知書ですが、令和6年より会社用、従業員用共に法改正による変更が発生します。具体的な変更内容は下記の通りです。

 

<会社用の変更点>

これまで会社用の特別徴収税額通知書は「データのみ」「紙のみ」「紙とデータ両方」の3つの手段で受領することが可能でしたが、令和6年からは「紙とデータ両方」の受領手段は選択できなくなります。

 

<従業員用の変更点>

前述の通り現状は「紙のみ」での受領と配付の手段しかなかった従業員用の特別徴収税額通知書が令和6年から「データ」での配付が可能となります。

 

【電子化の仕組み】

現在公開されている従業員向けの通知書の電子化の仕組みを確認してみましょう。

  1. 特別徴収税額通知書はPDF化される。
  2. 上記1のPDFは暗号化されたZIPファイルとなる。
  3. 暗号化されたZIPファイルを解凍するパスワードは、別のPDFに記載されたURLからパスワード確認サイトにアクセスし確認する。

上記のように従業員1人1人に対して、「税額通知書のPDFが暗号化されたZIPファイル」と、「そのZIPファイルを解凍するパスワード確認用のURLが記載されたPDF」の2つがセットで作成されます。

この2つのファイルはeLTAXで企業がダウンロードを行い、電子的手段を用いて企業から従業員へ配付することになります。

【企業に求められる対応】

前述した通り、電子化された特別徴収税額通知書は「電子的手段を用いて」従業員へ配付する必要があります。

しかし、eLTAXの特設サイトには「社内システムやメールでの配付が考えられます」と掲載されており、具体的な配付手段は定義されていません。

これまでの年末調整に関わる控除申告書の電子化や給与明細の電子的通知などの規制緩和の際と同様に、各企業にてミスなくセキュアな電子的な配付手段を検討・準備する必要があります。

 

【効率化に向けて】

これまでにご説明した通り、上手に活用できれば紙での配付に比べて大幅に手間・コストを削減できる可能性があります。

しかし、各企業で独自に、ミスなくセキュアな電子的配付手段を準備することは難しいと思います。

今後、特別徴収税額通知書の電子配付が可能なシステム・サービスもでてくると思われます。電子化の際には、そのような専用システム・サービスのご活用をお勧めします。

 

【おわりに】

電子化の準備と考えると少し億劫に感じるかもしれませんが、人事給与DXの第一歩と捉えていただくと、取り掛かりやすく、導入の手間もかからないこれらのサービスの活用が適していると思います。

既にDXを進めている企業様におかれては、今回の改正を機に継続的なDX施策として取入れるのはいかがでしょうか。

  • 労務・賃金
  • 福利厚生
  • 人事考課・目標管理
  • 情報システム・IT関連

幅広い知見をもとに、 人事給与、社会保険、ITと複数の視点で業務改善からシステム導入、運用構築までをご提案します。

システムエンジニアとしてIT技術をバックボーンに、人事部での勤務経験や社会保険労務士の知識を活かした人事給与業務の業務改善、効率化、システム化を多数実施してきました。

下里 祐司(シモサト ユウジ) さくら情報システム株式会社 人事ソリューション事業本部 営業部 部長

下里 祐司
対応エリア 全国
所在地 港区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

仕事で大きなストレス抱えていませんか?見方を変え成長に繋げる

細木聡子(株式会社リノパートナーズ代表取締役/技術系ダイバーシティ経営コンサルタント/(公財)21世紀職業財団客員講師/中小企業診断士)

今回は、 「見方を変えて成長につなげる」 について一緒に考えていきたいと思います。   ┏━━━━━━━━━━━━━...

2024/04/10 ID:CA-0005274 部下育成