企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRテクノロジーカンファレンス2019 -秋- 参画企業
事業カテゴリ:
組織・人事コンサルティング

すべての働く人にスポットライトをUnipos株式会社

ユニポスカブシキガイシャ

https://unipos.me/ja/

〒106-6243 東京都港区六本木3-2-1住友不動産六本木グランドタワー 43 階
対応エリア:全国、代表者名:斉藤知明、従業員数:42名、資本金:1000万円

成果を出したその瞬間にオープンな場で感謝の言葉と少額のボーナスを受け取る。嬉しさの伴う新しい給与体験が組織を強くします。

ピアボーナス「Unipos」は、従業員同士が認め合うコミュニケーションを増やして一人一人のモチベーションを高めるだけでなく、働き方・部署・役職を超えた協力関係を築き、組織の生産性と従業員体験を高めます。

ピアボーナス「Unipos」とは

弊社が抱えていた経営課題から生まれたサービスです

弊社は考え、悩んでいました。「どうすれば、従業員が増え、その多様性が増していく組織を強化し続けることができるだろうか」と。

数ヶ月前の貢献を元に会社から支払われる成果給。これは組織を元気にしているのだろうか。もし、従業員同士でもっとリアルタイムにフィードバックをインセンティブを送り合えたら。従業員全員がそれを見て、互いの貢献を認め合い、称え合えたら。組織は自ずと強くなるのではないか。

こうして辿り着いた答えが、「ピアボーナス」でした。「ピアボーナス」とは、成果給を支払う権利の一部を各々が持ち、お互いの貢献に対して、賞賛の言葉とともに成果給を送り合うこと。

この新しい成果給を実現するサービス。それがUnipos(ユニポス)です。→もっと詳しく

働き方・部署・役職を超えた協力関係を築き、組織の生産性と従業員体験を高めます

M&A直後や組織拡大、またダイバーシティの推進をきっかけに、組織の一体感が失われ、離職が増えるといった経営課題をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。ピアボーナス「Unipos」は、従業員同士が認め合うコミュニケーションを増やして従業員のモチベーションを高めるだけでなく、働き方・部署・役職を超えた協力関係を築き、組織の生産性と従業員体験を高めます。

実際に、従業員同士がピアボーナスを送り合うことで、職場の人間関係が円滑になり、部署を超えたクロスセルへの取り組みが生まれたといった事例もございます。一部の導入企業様では、ES調査で「一体感」のスコアが上がったり、従業員エンゲージメントスコアが上がったりと、定量的な成果にも繋がっています。

Uniposは、2017年6月のリリース以降、わずか1年でメルカリ社を始めとし、100社以上にご導入いただきました。経営者・人事の負荷なく従業員体験(Employee Experience)を最大化することにこだわって設計したUI/UXが特徴です。昨年、「HRアワード2018」プロフェッショナル組織変革・開発部門 優秀賞を受賞しました。→もっと詳しく

詳細情報

社名 Unipos株式会社
所在地 〒106-6243  東京都港区六本木3-2-1住友不動産六本木グランドタワー 43 階
事業内容 「すべての働く人にスポットライトを」をミッションとし、HRテック事業としてピアボーナスサービス「Unipos」の開発・販売を行なっています。
事業区分 組織・人事コンサルティング
代表者名 斉藤知明
従業員数 42名
資本金 1000万円
設立 2017年12月
お問合せ先 0368696234
URL https://unipos.me/ja/