企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2019 -秋-[東京] 参画企業
事業カテゴリ:
採用コンサルティング・採用アウトソーシング
組織・人事コンサルティング

人材・組織開発のためのコンサルティング、コーチング株式会社リバース・フロウ

カブシキガイシャリバースフロウ

http://www.re-flow.co.jp

〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-2-1岸本ビルヂング6階
対応エリア:全国、代表者名:清原 豪士、従業員数:7名、資本金:100万円

マネジメントの硬直化にアプローチする“原因療法”。
科学的根拠にもどづいた人材・組織開発メソッドによって、組織の行動変容を促します。

組織でもっとも成長をしなければならないのは経営層です。経営層みずからが「人が育つ組織風土づくり」に関わることが、組織全体の行動変容を促します。当社は業界に先駆け、「システムズアプローチ」を行動変容のためのアセスメントに採用しています。

組織が変わる根拠がある

私たちは科学的な見地をもとに組織とチームの成長を支援するコンサルティング会社です

私たちは科学的な見地をもとに、組織とチームの成長を支援するコンサルティング会社です。
業界に先駆けて採用した「システムズアプローチ」を、当社独自のアセスメントとして導入。
従来のコーチングやコンサルティングに比べ、より短期間でより効果的な成果を実現します。

「組織の成長のために、まずリーダー自身が変わらなければ」と、誰もが言います。
VUCAの時代と言われる昨今、パラダイムシフトの必要性に迫られながらも、そのリーダー自身が、なかなか本質的な課題に向き合えないケースは少なくありません。

なぜなら、これまでの組織課題の解決法は、おおむね「犯人探し」や「対症療法」に陥りがちだったからです。
しかし、「誰かが悪者で、その人を矯正することで問題は解決する」という考え方・やり方では、組織は根本的には変わりません。

そこで当社は、組織課題の捉え方を根本的に見直しました。
これは、「脱・犯人探し」、「脱・対症療法的」アプローチであるのと同時に、本質的な課題を「個人と組織の相互作用」によるものとして扱う、という意味です。

ここに、「システムズアプローチ」という科学的な見地を用いる理由があります。それによって、組織の中の「誰かの問題」は、「組織というシステムの問題」にとらえ直されます。

業界に先駆けて採用した、科学的見地にもとづくアプローチによって、組織を全体をひとつのシステムとして評価。部分部分の状態を分析し、クライアントに最大の利益がもたらされることを目指しています。

詳細情報

社名 株式会社リバース・フロウ
所在地 〒100-0005  東京都千代田区丸の内2-2-1岸本ビルヂング6階
事業内容 エグゼクティブSAコーチング
女性リーダー向けメンタリング
社内コーチ/メンター養成トレーニング
BPSモデルアセスメント
事業区分 組織・人事コンサルティング、採用コンサルティング・採用アウトソーシング
代表者名 清原 豪士
従業員数 7名
資本金 100万円
設立 2015年8月
お問合せ先 0345404327
URL http://www.re-flow.co.jp