企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2019 -秋-[東京] 参画企業
事業カテゴリ:
人材育成・研修
人材アセスメント・サーベイ

ブレイクスルーを生み出すCAの異業種交流研修株式会社コンサルティングアソシエイツ

カブシキガイシャコンサルティングアソシエイツ

http://www.caconsul.co.jp

〒104-0028 東京都中央区八重洲2-6-15JOTOビル5階
対応エリア:全国、代表者名:長束 剛、従業員数:50名、資本金:4,860万円

異業種交流研修

当社では、2社~5社合同での異業種交流研修において、独自の設計ノウハウを有しております。
既存コースへのご参加はもちろん、新規のプログラム立ち上げやお相手探しもご相談ください。

◆異業種交流研修のメリット

~社内の研修では得られない学び~

他社の優秀人材との交流により、社内の研修では得られない学びを得ることができます。
第一に視野の拡大。自社や業界の“常識”にどっぷりとつかると、社内の対話ではなかなか抜け出すことはできません。
他業界、他社の人材の考え方や発想から学べることは、想像以上に大きなものです。

第二に人脈の形成。チームビルディングをしっかりと設計した異業種交流研修であれば、多くの場合その縁は長く続きます。
もしかしたら、将来どこかでオープンイノベーションを・・・なんていうこともあるかもしれません。

第三に自社・自己のコア(核となる強み)の発見。意外なようですが、異業種交流研修では自社(自己)の強み、価値観を発見する格好の場となります。他社(他者)に対して自社(自己)を開示し、フィードバックを受ける中で、それまで無意識だった自社(自分)らしさがあぶりだされていくのを実感できるはずです。

当社の強み

当社にいただくご相談で意外に多いのが「以前、異業種交流研修を立ち上げたけれど、途中で各社の想いがずれてきて、結局やめてしまったんだけれど・・」というものです。

異業種交流研修で空中分解してしまう理由はおおきく3つのパターンがあります。

◆1「誰と」・・・「相手企業と規模や社風があわない」あるいは「対象にしたい受講者の層があわない」というパターンです。当社は最適なお相手探しからお手伝いすることができます。

◆2「何を」・・・「最初は同じ目的と思って進めたが、実はその解釈にずれがあった」パターンです。当社が目的やゴールを明確にすり合わせるお手伝いをいたします。

◆3「どのように」・・・「プログラムがありきたりで異業種ならでは、というメリットを感じない」パターンです。異業種交流研修では各社の参加者が腹を割って率直に議論を戦わせたり、自己開示し、フィードバックをうけるようにする仕掛けが必要不可欠です。

当社では異業種交流研修のためのノウハウを毎年開発しており、極めて高い受講者満足度と翌年の継続参加率を維持しています。

詳細情報

社名 株式会社コンサルティングアソシエイツ
所在地 〒104-0028  東京都中央区八重洲2-6-15JOTOビル5階
事業内容 私たちは、お客様の経営力・組織力向上を図るため触媒となり、お客様の戦略の実行と人組織の成長を支援します。
事業区分 人材育成・研修、人材アセスメント・サーベイ
代表者名 長束 剛
従業員数 50名
資本金 4,860万円
設立 1975年7月
お問合せ先 0352553391
URL http://www.caconsul.co.jp