無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
  • 人材育成・研修
  • 組織・人事コンサルティング

株式会社ラーニングプロセス

カブシキガイシャラーニングプロセス

  • 導入事例
  • 中堅社員研修
  • コーチング・ファシリテーション
  • ロジカルシンキング・課題解決

富士通株式会社様 視覚会議導入事例 pdf 1.30 MB 】

「企業と外部とのつながりも知的資産」と認識する同部門が、 時代に即した特許知財戦略を立案し、社内で起こる特許がらみの問題や相談を解決するため、 部員を視覚会議®ファシリテーターとして養成した事例です。

pdf

ダウンロード資料詳細

お客様の未来を創造する「未来ソリューション」

2010年から「Shaping Tomorrow With You」というブランドプロミスを掲げ、「ICTの力でお客さまと共に新しい価値を創造すること」を宣言している富士通グループ。しかし、価値観が多様化した現在では、社会や企業にとっての「新しい価値とは何か?」自体が見えにくくなっています。富士通ソリューションビジネスグループの知的財産統括部では、お客さまの新しい価値を検討する「未来ソリューションワークショップ」の手法として、2009年の秋から視覚会議®を導入しています。

このダウンロード資料に関係するサービス

この会社のダウンロード資料