企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

事業カテゴリ:
人材育成・研修
組織・人事コンサルティング

株式会社ラーニングプロセス

http://www.l-process.jp/

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21ちよだプラットフォームスクウェア1137
対応エリア:全国、海外、代表者名:矢吹 博和、従業員数:5名、資本金:1,500万円

レポート・調査データ 中堅社員研修 コーチング・ファシリテーション グローバル人材

わずか50分!スペイン・英国・日本の混成チームでビジョンを合意形成できた!pdf 1.82 MB 】

短時間で合意形成を実現する「視覚会議」は、果たして欧州のビジネスパーソンと日本人が混在する会議の場で、実際に効果を発揮するのか。
論理的な思考が強い欧米の方とともに、母国語ではない英語を用いて1時間で合意形成が可能なのか?

視覚会議英語版の初トライアルを、視覚会議ファシリテーターがレポートします。

ダウンロード資料詳細

<体験レポートの内容>
1.グローバルメンバーでも短時間で合意形成できるのか?
   準備期間わずか2日間で創り出された場~始めるまでの不安
2.視覚会議 英語版 実施の流れと成功のポイント
   固い雰囲気で始まった場が、2回の変化を経て「良い場」が出来上がった。
3.視覚会議 英語版が効果を発揮した理由
   多様なメンバーのなかで、短時間で合意形成できた理由
4.視覚会議 英語版の活用シーンについて考える
   さらに使える3つのシーン

資料ダウンロードはサービス導入を検討頂く為に経営者の方や人事ご担当の方を対象としております。
恐れ入りますがご同業、学生の方及び個人的な目的での利用はご遠慮頂いております。ご了承下さい。

このダウンロード資料に関係するサービス

他のダウンロード資料