企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

事業カテゴリ:
ITコンサルティング・サポート

Connect to the Future日本サード・パーティ株式会社

ニホンサードパーティ

https://www.jtp.co.jp/

〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-35御殿山トラストタワー12F
対応エリア:全国、代表者名:森 豊、従業員数:388名、資本金:795,475,000

サービス・製品資料 グローバル人材 留学生・外国人採用 スキル測定

どう評価する?どう把握する?グローバル環境におけるITエンジニアのスキルpdf 1.31 MB / 4 ページ 】

ITエンジニア人材不足から、昨今、外国人採用やオフショア開発が一般的となってきました。しかし、その中で「できると聞いていたのに実はスキルを満たしていなかった…」そんな経験、ありませんか?ITエンジニアのスキルを、⾃⼰申告ではない客観的な指標で可視化する方法を、ご紹介します。

ダウンロード資料詳細

海外拠点における現地採⽤、国内における外国⼈採⽤の増加、そしてオフショア開発など、企業において、様々なバックグラウンドのITエンジニアと協同で プロジェクトを進めることが⼀般的になってきました。少⼦⾼齢化による労働⼈⼝の減少、⼈材不⾜が進む⽇本において、この流れは今後も加速するでしょう。
そして、これら⼈材確保を進める上で、⼤きな課題となるのが「どのようにしてこのようなエンジニアたちの ITスキルのレベルを把握するか?」ということです。⾃⼰申告によるスキルレベルは、国内エンジニアのスキル把握においても困難です。まして、⽂化背景の異なるエンジニアであれば、⾔葉のもつニュアンスが異なるため、そのギャップはさらに広がっていきます。また、業務で必要とされるITスキルは⽇々変化しており、最新の技術動向をキャッチアップ出来ているかも⾮常に重要です。

今回の特集では、様々なバックグラウンドのITエンジニアのスキルを客観的に可視化するためのアプローチとして、ITスキルアセスメントツール「GAIT」の活⽤⽅法をご紹介します。

資料ダウンロードはサービス導入を検討頂く為に経営者の方や人事ご担当の方を対象としております。
恐れ入りますがご同業、学生の方及び個人的な目的での利用はご遠慮頂いております。ご了承下さい。

このダウンロード資料に関係するサービス

他のダウンロード資料