人と組織を学ぶ 日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2022-春-」 
	2022年5月18(水)・19(木)・20(金)・24(火)・25(水)・26(木)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会[後援]厚生労働省

講演をリストから探す

今回も大変多くのお申し込みをいただき、誠にありがとうございました。 既に申込みの受付を締め切らせていただきました。
カレンダー表示 リスト表示
閉じる


受付状況:全講演
開催日:5/24(火)
ジャンル:全選択
5/24(火)
5/24(火)
9:30 -
10:20
特別講演[M-1] 受付終了

新入社員をいち早く「社会人化」-マインド・姿勢・行動を醸成するための受け入れ体制の見直しポイント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

最近、「新入社員が受け身で、すぐ答えを求めてしまう」など、社会人としてのマインドや姿勢、行動がなかなか身につかないという悩みはないでしょうか。この悩みの解決のためには、新入社員自身の成長意識だけでなく、受け入れ側にも見直すべき点があります。本講演では、新入社員の主体性や柔軟性、思考力を育むための上司や先輩とのコミュニケーション方法、また明日から自社内でできる取り組みについてご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

新入社員育成に課題感があり対策ヒントがほしい


株式会社レスポンド 代表取締役

宮田 寿志氏

【宮田 寿志氏プロフィール】
(みやた ひさし)大手派遣会社、研修会社を経て2011年に株式会社レスポンドを設立。コミュニケーションを軸として組織や人材の課題解決に取り組む。理論や考え方だけではなく具体的で使える手法を提供し「楽しく」「飽きずに」「前向きになれる」研修演出(場づくり)で受講者のモチベーション向上に繫がる研修を実施。DiSC認定講師。
受付終了 インタビュー
5/24(火)
9:30 -
10:20
特別講演[M-2] 受付終了

ウェルビーイングと生産性向上を実現 ~リモートワーク環境整備をコストから投資へ~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍を契機に普及したリモートワークは、今では不可逆な流れとして定着しました。そして、コロナ禍でも成長している企業の多くは、リモートワークを一時的な対応手段ではなく、従業員のウェルビーイングと生産性向上を同時に実現するための「攻めの機会」として位置づけています。本講演では、「リモートワーク環境整備」という観点から、ウェルビーイングと生産性向上を実現するための具体的なノウハウをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

パフォーマンスを最大化するリモートワークを実現したい


株式会社HQ 代表取締役社長

坂本 祥二氏

【坂本 祥二氏プロフィール】
(さかもと しょうじ)京都大学総合人間学部卒業後、モルガン・スタンレーにてM&Aアドバイザリー及び資金調達業務、その後、カーライル・グループにてバイアウト投資業務に従事。15年3月、株式会社LITALICOに入社。取締役CFOとしてマザーズ上場、東証一部市場変更や新規事業の立ち上げ、拡大等を経て、株式会社HQを創業。
受付終了 インタビュー
5/24(火)
9:30 -
10:20
特別講演[M-3] 受付終了

「成長する組織風土」をつくるための心理的安全性を実現する4つの ポイント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

組織やチームが成長するための「心理的安全性」をどう作るのか? 生産性・創造性が高いチームとそうでないチームを分けている要因はメンバーの性格特性や学歴ではなく、チームの「心理的安全性」だということが明らかになりました。しかし、「心理的安全性」を重視することで“ぬるい”職場にならないか懸念されている方も多いのではないでしょうか。本講演では「心理的安全性」の大原則と4つの方法を最新の事例を交えてお伝えします。(協賛/リスクモンスター株式会社)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

「心理的安全性」を効果的に組織内に浸透させていきたい


明星大学 経営学部 特任教授/株式会社みらいへ 代表取締役

長谷川 岳雄氏

【長谷川 岳雄氏プロフィール】
(はせがわ たけお)経営学修士 MBA、キャリアコンサルタント(国家資格)、MBTI 認定ユーザー オリックス株式会社にて新卒採用、研修担当、人事制度・評価報酬制度の企画・運営をの責任者を歴任。2013 年株式会社みらいへ設立。大学教員・企業研修講師として活動。三重大学特任教授を経て、現在は明星大学経営学部特任教授。
5/24(火)
9:30 -
10:20
特別講演[M-4] 受付終了

「本質」を取り入れたジョブ型の人事制度とは
既存制度から新しく生まれ変わる構築の仕方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

昨今「ジョブ型」の人事制度が注目されていますが、絶対的且つ明確な定義はございません。そのため、既存制度にどうやって「ジョブ型」を取り入れていいか分からない方も多いのではないでしょうか。本講演では、人事制度の「型」に拘らず、ジョブ型人事制度の本質を明らかにすると共に、既存制度にどのように取り入れたらいいかお話しします。その上で、自社に合った人事制度の構築・運用の方向性についてご紹介します。(協賛/デフィデ株式会社 [サービス名:JOB Scope])

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ジョブ型人事制度への移行をどのように取り組むべきかわからない


株式会社 We Are The People 代表取締役

安田 雅彦氏

【安田 雅彦氏プロフィール】
(やすだ まさひこ)ジョンソン・エンド・ジョンソンなどの外資系企業の人事職を経て、ラッシュジャパンにて人事責任者を務め、2021年に株式会社 We Are The Peopleを起業。
受付終了 インタビュー
5/24(火)
9:30 -
10:20
特別講演[M-5] 受付終了

4万件のAI選考を提供して分かった「人間の面接官」として本当に重要なスキルとAI面接の動向
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

世界的に採用選考の分野でも「AIと人との協働」が進んでいます。その結果、「AIが面接官の能力を上げた」などの事例が生まれており、今後の採用を考える上で無視できないテーマとなっています。本講演では4万件のAI選考の提供を通じ、「AIの評価」と「面接官の評価」との比較分析から分かった「人間の面接官」として本当に必要なスキルと、AI面接の動向についてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

採用の効率化や選考品質向上をしたい


タレンタ株式会社 代表取締役社長兼COO

田中 義紀氏

【田中 義紀氏プロフィール】
(たなか よしのり)外資系IT企業複数社を経てタレンタ株式会社に参画。2010年よりHR領域に特化し、業務効率化や高度化を狙った最先端HRテクノロジーの発掘や心理学の知見を活用した適用手法を開発しサービスとして展開している。慶應義塾大学院理工学研究科管理工学専攻修了。1994年東京箱根間往復大学駅伝競走メンバー。
受付終了 インタビュー
5/24(火)
9:30 -
10:20
特別講演[M-6] 受付終了

ニューノーマル・DX時代に人事が取り組むべき
グローバル人材育成戦略の要諦
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

新型コロナによりDX化が世界レベルで進む中、リアル/デジタルに関わらずグローバルな事業推進ができる人材の不足、そして海外人材も含めたグローバルレベルの人材育成に悩む企業が増えています。本講演ではグローバル人材育成への造詣が深く、企業へのコンサルティングにも長年携わってきたBBT大学教授の川上真史氏、キャメルヤマモト両氏が、これからの時代に人事が取り組むべきグローバル人材育成の本質的論点を提示します。(協賛/株式会社ビジネス・ブレークスルー)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

DX時代におけるグローバル人材育成の本質的な取組みを知りたい


BBT大学 経営学部 グローバル経営学科および同大学院 経営学研究科 教授/株式会社タイムズコア 代表

川上 真史氏

【川上 真史氏プロフィール】
(かわかみ しんじ)ヘイコンサルティンググループディレクターを経て、現在、ビジネス・ブレークスルー大学、大学院教授として人材マネジメント論、教養論などの講義を担当。企業向けには主として人事、人材制度の設計に関わるコンサルティングや各種テーマで研修講師として活躍中。『コンピテンシー面接マニュアル』(弘文堂)など著書多数。

BBT大学 経営学部 グローバル経営学科 専任教授/デロイトトーマツコンサルティング ディレクター

山本 成一(キャメルヤマモト)氏

【山本 成一(キャメルヤマモト)氏プロフィール】
(キャメル ヤマモト)東京大学法学部卒業後、外務省、外資系人事・組織コンサルティング会社を経て、デロイトトーマツコンサルティングのディレクター。外交10年、コンサルティング歴20年のキャリアを持つ。『世界標準の仕事術』など著書多数。
受付終了 関連資料
5/24(火)
9:30 -
10:20
特別講演[M-7] 受付終了

ビジネスパーソン必須の「論理的思考」~楠本和矢が考える実践的なアプローチ
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

多くのビジネスパーソンと関わる中で論理的思考を正しく理解し、アウトプット出来る方は非常に少ないという印象がございます。論理的思考が欠如していると全ての仕事のパフォーマンスに影響を与え、その結果、組織の生産性を著しく低下させることがあります。本講演では、ビジネスパーソンが身に着けるべき「論理的思考」を整理したうえでスキルアップのアプローチ概要について、楠本和矢がお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

早い段階で、論理的思考を身に付けさせたい


HR Design Lab. 事業変革コンサルタント

楠本 和矢氏

【楠本 和矢氏プロフィール】
(くすもと かずや)神戸大学卒。丸紅株式会社、外資系コンサル会社を経て現職。多くの企業支援案件の統括役を努める、某社のHR専門組織の代表に着任後、実践に基づくHRソリューションを開発提供。著書に『トリガー 人を動かす行動経済学』『パワーファシリテーション』『人と組織を効果的に動かす KPIマネジメント』など。
5/24(火)
9:30 -
10:20
特別講演[M-8] 受付終了

内定承諾率を15%以上改善!
志望度向上の鍵はデータを用いた『採用ブランディング』
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

エントリー数と内定辞退数が増加した昨今の新卒採用市況において、『投資対効果の高い志望度の向上施策』が採用成功の鍵を握ります。本講演では「志望度が高まらない背景」や「自社の魅力のどの点が伝わっていないのか」など、自社の採用設計の弱点をデータから読み解く方法とより効果的に志望度を高める施策を、内定承諾率が劇的に改善した厳選事例を元にご説明します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

投資対効果高く、採用の歩留まり・内定承諾率を向上させたい


株式会社揚羽 ブランドマーケティング部

下田 絵梨花氏

【下田 絵梨花氏プロフィール】
(しもだ えりか)人材総合サービス会社を経て、株式会社揚羽では、企業のアイデンティティ作り・トータルブランディングに従事。その知見を活かし、採用ブランド設計、マーケティング領域のプロデューサーを務める。
受付終了 インタビュー
5/24(火)
10:30 -
11:30
パネルセッション[M] 受付終了

パーパス・ドリブンな組織のつくり方 〜発見・共鳴・実装で企業を変革する〜
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

近年、企業や社員一人ひとりが個々の「パーパス(企業や個人の存在意義)」を見つめ直し、再定義する動きが見られます。組織と個人のパーパスが重なると、社員の幸福度は増し、生産性も高まります。では、パーパス・ドリブンな組織をつくるにはどうすればよいでしょうか?本講演では、名和氏と平松氏をお招きし、学術的視点・具体的な事例を交え、パーパス・ドリブンな組織のつくり方と実践に向けた3ステップをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

パーパス経営を実践し、企業や社会の変革を目指したい


一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授/『パーパス経営』著者

名和 高司氏

【名和 高司氏プロフィール】
(なわ たかし)東京大学法学部卒、ハーバード・ビジネス・スクール修士(ベーカースカラー授与)。 2010年より、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授に就任。株式会社ファースト・リテイリング、味の素株式会社等の社外取締役。『パーパス経営 - 30年先の視点から現在を捉える』や『CSV経営戦略』など著書・寄稿多数。

富士通株式会社 執行役員 EVP CHRO

平松 浩樹氏

【平松 浩樹氏プロフィール】
(ひらまつ ひろき)1989年富士通株式会社に入社。2009年より役員人事の担当部長として、指名報酬委員会の立上げに参画。2018年より人事本部人事部長として2020年4月に導入したジョブ型人事制度の企画・導入を主導。2020年4月より執行役員常務として、ジョブ型人事制度、ニューノーマル時代の働き方・オフィス改革に取り組み、2022年より現職。

アイディール・リーダーズ株式会社 代表取締役CEO

永井 恒男氏

【永井 恒男氏プロフィール】
(ながい つねお)Midwestern State UniversityにてMBA取得後、株式会社野村総合研究所に入社。2015年にアイディール・リーダーズ株式会社を設立し、代表取締役に就任。 上場企業社長・取締役に対して、経営者ご本人や企業のパーパスを再構築するプロジェクトを多く手がける。
受付終了 インタビュー
5/24(火)
11:40 -
12:30
特別講演[N-1] 受付終了

世界一やさしい「聴く力」の授業 ~課題解決に導くロジカルリスニングのススメ~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「あの人と話すと、状況が整理できてスッキリする」という経験はありませんか。1on1の導入など、社員間の関係性を深める施策を行う企業が増えましたが、ただ話をして終わりで、有効な時間だったかわからないという声をお聞きします。そこで、本講演では52万部のベストセラー『世界一やさしい問題解決の授業』の著者が開発した、相互理解を深め、課題解決に導くロジカルリスニングの手法をワークも交えてご説明します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

会議が活性化しない、リーダーが多様な意見を引き出せていない


株式会社デルタスタジオ

渡慶次 道俊氏

【渡慶次 道俊氏プロフィール】
(とけいじ みちとし)東京大学工学部、東京大学大学院工学系研究科卒業後、ゴールドマン・サックス証券投資銀行部門に入社。主に製薬・半導体業界のM&Aアドバイザリー業務に従事。同社を退職後、デルタスタジオに参画。経営・人材育成コンサルティング、新入社員から経営陣まで幅広い層の研修プログラムの設計・開発に従事。
受付終了 インタビュー
5/24(火)
11:40 -
12:30
特別講演[N-2] 受付終了

850社が活用する社員ウェルビーイング×縁結びの着想はいかに生まれたか? 価値ある事業の創出方法
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍をきっかけに、新しい事業価値が生まれづらくなっていませんか。本講演では「HRアワード2021」も受賞した、社会課題とウェルビーイングを繋げた事業「Aill」の軌跡を通じて、0→1を生み出す新規事業考案の流れと物事の見方をお伝えします。更にはこの価値創造のサイクルを社員のモチベーションアップ、エンゲージメント向上にも連動させるためのヒント、取組み方についても解説していきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員の生産性低下・離職率向上などの課題や悩みを抱えている


株式会社Aill 代表取締役

豊嶋 千奈氏

【豊嶋 千奈氏プロフィール】
(とよしま ちな)武田薬品TOP営業のノウハウを活かし、産学連携で人と人のコミュニケーションアシストができるAIを開発。「どうすれば恋愛が進展するのか」を解き明かし世界初のAIを使った「恋愛ナビゲーションアプリAill goen(エールゴエン)」を企業にワークライフの「ライフ」サービスとして850社以上に提供。
受付終了 インタビュー
5/24(火)
11:40 -
12:30
特別講演[N-3] 受付終了

組織の成功の要は"プレイングマネジャー"
本人・周囲がイキイキ働き、活性化するための在り方とやり方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

個人と企業の共生・持続的成長を実現するためには、社員がそれぞれ個性を活かし、活躍実感を持って働けることが大事です。そして、その成功の要はプレイングマネジャーにあります。プレイングマネジャーが自らを磨きイキイキと働くことで、人の関係性と成果の質が同時に向上します。本講演では、組織の成功の要であるプレイングマネジャーの在り方(ToBe) を整理したうえで、具体的なやり方(ToDo)をお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

プレイングマネジャーの在り方やマネジメントの現状に悩んでいる


日本リーダーコーチ協会 代表理事/合同会社Kiku塾 代表/キャリアコンサルタント2級技能士/薬剤師

菊岡 正芳氏

【菊岡 正芳氏プロフィール】
(きくおか まさよし)大手製薬会社等でマーケティング・セールス・人材開発の執行役員、取締役を歴任。“聞けない菊岡さん”が“真の聴く岡”さんに変わり組織力向上を体験。リーダーの聴く力・コーチ力育成に注力。人の行動に変化を生み出す専門家。特に「聴く力」を高め、メンバーや顧客の行動変容を直ちにもたらすことに定評がある。
受付終了 インタビュー
5/24(火)
11:40 -
12:30
特別講演[N-4] 受付終了

組織を動かすコミュニケーション ~心理的安全性と対極にあることから考える~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

すっかりおなじみになった心理的安全性。組織を動かすために非常に重要な要素です。何でも言える場と捉えがちですが、相手の発言の背景を理解し、共感・納得するために、話し手と聞き手双方に求められるマインドセットやスキルがあります。今回は、対話とは対極にあるとされる「ディベート&ディスカッション」を強化する研修を活用した組織変革事例を用いてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

自ら考え自ら動けるようになりたいと思う社員に武器を提供したい


株式会社ソフィア CHO/ラーニングデザイン事業責任者・エグゼクティブラーニングファシリテーター

平井 豊康氏

【平井 豊康氏プロフィール】
(ひらい とよやす)大手都市銀行でのニューヨーク駐在、ヘッドハンティングファームでの人材戦略支援及びキャリアコンサルティング、海外機関投資家向けIRコンサルティングなどを経て、2005年にソフィアへ参画。2012年からラーニングデザイン事業を立ち上げ。学習者主体のプロセス最適化を切り口に、元気な人と組織づくりを支援中。
受付終了 インタビュー
5/24(火)
11:40 -
12:30
特別講演[N-5] 受付終了

理系学生1万人のデータからひも解く! 24卒理系学生に響く採用戦略と具体的施策とは?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

最新の理系学生データから、研究室推薦での就職は減少して、3~4割の学生がインターン経由で入社を決めることが明らかになってきました。一方で、理系学生の平均エントリー数は依然として少なく、早期化する就活の中でいかにして学生に魅力付けするかが重要になっています。今回の講演では、理系学生の生の声や実際の企業事例をもとに、理系採用の最新動向と今からできる24卒対策についてお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

理系学生からの認知度を上げたい/母集団を拡大したい


株式会社アカリク 採用コンサルティング事業部 マネージャー

栗田 貴彬氏

【栗田 貴彬氏プロフィール】
(くりた たかあき)これまで人材系ベンチャー企業にて関西、東海のエリアリーダーとして大手から中小企業まで約300社のクライアントの採用支援を担当。2020年にアカリクに入社後、理系採用やIT人材採用における採用ソリューションの提案を行いながら、マネージャーとしてイベント企画や商品設計、新規事業立案にも携わっている。
5/24(火)
11:40 -
12:30
特別講演[N-6] 受付終了

ジョブ型時代に求められる英語力育成2つのポイント
~「200万人のユーザーデータ」と「企業での研修運用」から見る~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ジョブ型雇用の広がりにより、多様なバックグラウンドに合わせた学習提供が必要になってきました。従来の画一的な研修を当てはめるだけではうまくいきません。また、個人学習の選択肢も増えてきましたが何を選べば良いかわからない学習者も少なくありません。本講演では、企業での研修運用と200万人のユーザーデータから見えてきたポイントを基に、この課題を解決するヒントをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

全社のグローバル化に向けて英語スキル開発、人材育成を検討している


株式会社ポリグロッツ 代表取締役/CEO

山口 隼也氏

【山口 隼也氏プロフィール】
(やまぐち じゅんや)九州大学卒業。ウッドランド(現フューチャー・アーキテクト)、イプロスにてチーフアーキテクト/CTOとして海外とのビジネス経験の中、何年もの間英語学習と格闘した経験から「グローバルビジネスの世界で活躍している日本人を増やしたい」という想いを持ち、英語学習サービス「POLYGLOTS」を立ち上げる。
受付終了 インタビュー
5/24(火)
11:40 -
12:30
特別講演[N-7] 受付終了

状況把握が介護離職防止のカギ~介護相談事例から学ぶ、仕事と介護の両立支援~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

介護に直面するのは、働き盛りの40~50代の方が中心ですが、ヤングケアラー、育児とのダブルケアなど若い世代にも広がっています。多様化する介護の実情を踏まえ、従業員それぞれの状況を把握することが介護離職防止の取り組みに向けた第一歩とも言えます。本講演では、年間1000件以上にのぼる介護の相談事例から、従業員を取り巻く状況を探り、人事に求められる施策をお伝えいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

介護に直面する従業員の状況が把握しづらい


(株)インターネットインフィニティー 介護コンシェルジュ相談員/介護支援専門員

吉井 しのぶ氏

【吉井 しのぶ氏プロフィール】
(よしい しのぶ)慶應義塾大学を卒業後、介護福祉士を取得後に介護支援専門員を取得。ケアマネジャーとしての業務経験を活かし、仕事と介護の両立を支援するため、大手企業の従業員向け介護セミナーにて講師を務める。また、介護コンシェルジュとしても活躍。従業員の介護に関する悩みに対し、自身の現場経験を活かした個別相談も担当。
受付終了 インタビュー
5/24(火)
11:40 -
12:30
特別講演[N-8] 受付終了

コロナショックを経たZ世代の育成方法
対人基礎力と主体的行動の低下を補う3つのポイントとは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

今、大学は、学生のキャリア観を醸成し、社会通用性を高める教育を強化しています。しかし、入社後先輩社員と接する機会も少なく、成長しづらい職場環境や、キャリア自律メッセージに、ギャップを感じる若手社員は少なくありません。本講演では、大学生140万人の基礎力テストPROGの分析から、Z世代の特徴と育成課題を明らかにし、ジョブ型雇用時代に合った「個人のキャリア開発支援を通じた育成」の考え方・方法をご説明します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

若手社員のリテンション、Z世代の効果的な育成方法を知りたい


(株)リアセック 取締役/(株)ピックアンドミックス 取締役/リアセックキャリア総合研究所 主幹研究員

平田 史昭氏

【平田 史昭氏プロフィール】
(ひらた ふみあき)リクルートにて企業の人材採用、教育研修、人事コンサルティングを担当の後、GCDFキャリアカウンセラー養成事業を立ち上げ。2006年株式会社リアセックを設立。高校大学及び組織内個人のキャリア開発支援事業を担当。横浜国立大学経済学部卒。著作に『メンタリング入門』『キャリア開発支援論』(ともに共著)。
5/24(火)
12:40 -
13:40
パネルセッション[N] 受付終了

メルカリの事例を通じて考える、これからの「組織開発」
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

働く人と人との関係性に働きかけ、組織やチームの活性化を目指す「組織開発」。近年はテレワークの導入による働く場所の変化や、組織を構成する人材の多様化などにより、これまで以上にその重要性が叫ばれています。本セッションでは、メルカリの木下氏が同社で実践する組織開発の取り組みを紹介。組織開発研究の第一人者である南山大学・中村氏との議論を通じて、企業がいかに組織開発を実践していけばいいのかを考えます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

企業事例を通じて、組織開発をいかに実践していけばいいのかを学びたい


株式会社メルカリ 執行役員 CHRO

木下 達夫氏

【木下 達夫氏プロフィール】
(きのした たつお)P&Gジャパンで採用・HRBPを経験。2001年日本GEに入社、北米・タイ勤務後、プラスチックス事業部、金融部門などで人事の要職を歴任。2012年よりGEジャパン人事部長。2015年にマレーシアに赴任し、アジア太平洋地域の組織人材開発、事業部人事責任者を務めた。2018年12月にメルカリに入社、執行役員CHROに就任。

南山大学 人文学部心理人間学科 教授/人間関係研究センター センター長

中村 和彦氏

【中村 和彦氏プロフィール】
(なかむら かずひこ)名古屋大学大学院教育研究科教育心理学専攻後期博士課程満期退学。専攻は組織開発、人間関係トレーニング、グループ・ダイナミックス。NTL Institute組織開発サーティフィケート・プログラム修了。組織開発の実践者養成を通した現場の支援や、実践と研究のリンクを目指したアクションリサーチに取り組む。著書に『入門 組織開発』(光文社)など。
受付終了
5/24(火)
13:50 -
14:40
特別講演[O-1] 受付終了

輝くミドル・シニア層の育成法~50歳以上が5割を超える時代の自律型キャリア開発の在り方~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

全労働人口に占めるミドル・シニア層(40~69歳)の割合は既に57%を超えています。また、このミドル・シニア層においては、昇格機会減少などによるモチベーション低下や、役割の変化に消極的な社員の増加といった課題も多く聞かれます。本講演では、今後の組織で多くを占めるこのミドル・シニア層について、それぞれがやりがいを感じ輝く上でのポイントを、自律キャリア開発と人事の仕組みの観点からお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

自律型キャリア開発によるミドル・シニア層活性化に関心がある


株式会社エイチ・ティー 代表取締役

照井 直哉氏

【照井 直哉氏プロフィール】
(てるい なおや)事業会社で人事キャリアを積んだ後、外資コンサルティングファームで人事組織改革PJを多数手がける。その後人材系ベンチャーでコンサル事業担当役員として従事。VUCA時代の中、人と企業の働き方変革の必要性を感じ、その支援を目的としたHXTを設立し現在に至る。Prosci®認定チェンジプラクティショナー。

株式会社エイチ・ティー マネージング・コンサルタント

鳥羽瀬 建氏

【鳥羽瀬 建氏プロフィール】
(とばせ けん)外資コンサルティングファーム戦略チームで大手企業における戦略策定、事業計画作成を数多く手掛ける。その後、大学のコンサルティング企業立ち上げに参画。学生のキャリアに関する課題を解決すべくコンサルティング時代の経験と知識をアレンジした特別授業を実施。HXTでは社会人向けの研修やキャリア支援で活動。
5/24(火)
13:50 -
14:40
特別講演[O-2] 受付終了

業務効率化と組織活性化を両立する「ヘルスデータ活用」の実践例〜手軽に開始できるDXの一例として〜
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

実践企業が増えるDXやデータ活用。しかし、データの新規収集・不足分の補完・形式の標準化等で、導入時の人事負担が大きくなりすぎることも珍しくありません。そこで、注目なのが健診やストレスチェック等の従業員のヘルスデータです。定期的な受診で正確なデータがすでに社内にあることが多く、DXを手軽に開始できるからです。DXで業務効率化と組織活性化を両立した事例を交え、ヘルスデータ活用のポイントを解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

手軽なDX導入/健診業務の効率化/従業員の健康増進を進めたい


メディフォン株式会社 事業企画室統括

友久 甲子氏

【友久 甲子氏プロフィール】
(ともひさ きのえ)東京大学卒業後、Webマーケティング代理店・医療シンクタンクで勤務。メディフォン株式会社にて、外国人医療関連の講師やコンサルティング、省庁・自治体の委託事業等に従事した後、事業企画室の統括に就任。医療に関する幅広い知見を生かして、企業の健康データ活用の推進を支援する。
5/24(火)
13:50 -
14:40
特別講演[O-3] 受付終了

科学的データに基づいた人事施策の実行
~採用・育成・配置・登用・定着×アセスメント活用のポイント~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

DXの流れに乗って、人事もデータに基づいた科学的な意思決定を求められています。データ活用に取り組む企業も増えてきましたが、良質なデータがそろわないなど、具体的な人事施策に落とし込めないという声もあるようです。本講演では、良質なデータの必要性を整理し、①人材像のモデル化②従業員と会社のマッチング③適材適所の観点から、可視化したデータを採用・配置・育成・登用へどのように活かすのか解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

離職率の低減や生産性の向上、人事全般のコスト削減をしたい


G-ソリューション株式会社 代表取締役/人事・組織開発・人材開発コンサルタント

三宅 潤一氏

【三宅 潤一氏プロフィール】
(みやけ じゅんいち)1971年京都市生まれ。大学卒業後、研修会社やコンサルティング会社を経て、2004年に独立。以来毎年120日以上の研修とコンサルティングを実施。これまでの顧客は大手企業を中心に240社、研修の受講者は5万人を超える。誠実さと着実をモットーに成果を積み上げ、経営者の方々からも大きな信頼を得ている。
5/24(火)
13:50 -
14:40
特別講演[O-4] 受付終了

個を活かし組織力を向上させる!
人間力あるリーダーを育成するナラティヴマネジメントとは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

急激な環境変化に対応し、変革を起こし生産性を上げる。これら全てに通ずるリーダー育成方法をお話しします。個々人の生き方、あり方を大切にし、上司部下のナラティヴをベースに皆でチームの未来を語り合う。自分の価値観にとらわれず個々の強みを活かす。テクニックなしに信頼や共感を作り、心理的安全性を生む人間力を持ったリーダー育成です。ナラティヴという概念で、経営や管理職の意識にパラダイムシフトを起こしましょう。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

管理職の意識改革をして企業変革力の基盤を作りたい


コンティニュウ株式会社 代表取締役社長/コーチアプローチファシリテーター連盟 理事長/名古屋工業大学 講師

大山 裕之氏

【大山 裕之氏プロフィール】
(おおやま ひろゆき)パイオニア、カシオ計算機、大前研一のコンサルファームを経て2009年に創業。人間の本質をベースとした人材開発、組織開発手法を多数開発。原則的理論から分かりやすく実践的なメソッドで3万人以上の管理職を指導、個人組織で大きな成果を上げている。その教育に対する熱意と笑顔の講義には高い評価を得ている。
5/24(火)
13:50 -
14:40
特別講演[O-5] 受付終了

何から始める? デジタル時代の人材開発改革!
~グローバルトレンドと日本でとるべきアプローチ~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

DX、ジョブ型、リモートワークなど、経営環境は以前の状況に戻ることのない転換期を迎えています。従業員の求める教育やキャリア開発に充分に応えられないという相談が増えてきました。ここで最も重要なポイントは従業員自身が自発的に学ぶ仕組みの実現です。本講演では、グローバル・日本の双方に多くの知見を持つ中原孝子氏をゲストにお迎えし、今後どのように従業員の育成方法を変革すべきか対談形式で解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

転換期において人財開発の今後取り組むべき方向性を知りたい


ATDジャパン 理事/株式会社インストラクショナルデザイン 代表取締役

中原 孝子氏

【中原 孝子氏プロフィール】
(なかはら こうこ)CitibankやMicrosoftで組織変革、人材開発やR&D部門の研修企画開発のマネージャ―を経て、2002年5月株式会社インストラクショナルデザインを設立。2008年グローバル最大の人材・組織開発の協会組織ATDの日本チャプターの設立にも加わり、同会長を経て、現在理事。

コーナーストーンオンデマンドジャパン株式会社 ソリューションコンサルタント

宮原 隆氏

【宮原 隆氏プロフィール】
(みやはら たかし)大学卒業後、約20年間、採用や教育・研修などの人材開発業務を複数社にて歴任。2018年10月よりコーナーストーンオンデマンドジャパン入社。ソリューションコンサルタントとして、プリセールス活動、プロジェクト支援、クライアントサクセスなどの業務に従事。

コーナーストーンオンデマンドジャパン株式会社 セールスディレクター

佐藤 新太郎氏

【佐藤 新太郎氏プロフィール】
(さとう しんたろう)2002年 会計系コンサル・システム関連企業入社2005年 Eコマースベンチャー企業設立 代表取締役就任2012年 サバ・ソフトウェア株式会社入社2020年 コーナーストーンによるサバ・ソフトウェアの買収に伴い現職。
受付終了
5/24(火)
13:50 -
14:40
特別講演[O-6] 受付終了

「動画」を活用した採用広報活動のはじめかた ~採用3大課題への解決方法を解説~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

採用のオンライン化で、「母集団形成・ミスマッチ・ターゲット層の学生との接点増加」の採用3大課題がより浮き彫りになっています。そこで本講演では、オンライン採用下でこそ効果的な、動画を通じた新たな採用手法について紹介します。採用フェーズごとの動画の内容や活用方法、施策に対して人事がどのように関わればよいか、実際に運用している企業例と共に、3つの採用課題解決のヒントをお持ち帰りください。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

学生の内定辞退率を下げたい、母集団形成の新たな施策を試したい


株式会社エビリー ビデオソリューション事業部 カスタマーサクセス兼プロダクトマーケティング マネージャー

山本 大介氏

【山本 大介氏プロフィール】
(やまもと だいすけ)Apple Inc.→通信会社2社→日本マイクロソフト→Eviry Inc.エビリー入社後は、カスタマーサクセスとしてサービスの導入・展開支援を担当。また、プロダクトマーケティングマネージャーとして“売れるプロダクト”をつくる、“どのように売っていくか”に責任をもつ役割を兼務してます。
受付終了 インタビュー
5/24(火)
13:50 -
14:40
特別講演[O-7] 受付終了

組織変革を促進する社内ファシリテーターの育成~社員の当事者意識と主体性を促し、自社の課題解決を実現~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

時代の変化が激しく正解のない今、指示待ちでは変化に対応できなくなりました。これからは全ての社員が当事者意識と主体性を持つことが必要です。全ての社員が自組織や事業に対して問題提起し、組織内にポジティブな影響を与えることでスピード感を持って課題解決を目指せるためです。本講演では社内ファシリテーターが起点となり、会議や業務内で対立関係・衝突を乗り越え組織変革を進めた事例と方法論をご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

組織・事業課題に対して、社員が当事者意識を持てていない


アーティエンス株式会社 代表取締役社長

迫間 智彦氏

【迫間 智彦氏プロフィール】
(はざま ともひこ)大学卒業後、大手情報通信会社に入社。2006年にアルー(株)へ入社。コンテンツ開発・講師・人事などの業務を経験し、2010年にアーティエンス(株)を設立。「学習する組織」や「シェアドリーダーシップ」の哲学・方法論をベースに顧客との共創・協働を大切にしている。自身も組織変革ファシリテーターとして従事。
受付終了 インタビュー
5/24(火)
13:50 -
14:40
特別講演[O-8] 受付終了

人的資本経営の視点からみる「エンゲージメント」~持続的に成長する組織をつくるカギ~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

経営戦略と人事戦略の連動が不可欠な時代。人的資本の情報開示の潮流が加速する中、人的資本に影響を及ぼす「エンゲージメント」はますます重要度を増しています。本講演では、個人と組織のエンゲージメント開発について10年以上調査研究を行ってきたヒューマネージのコンサルタントが登壇。同社が保有する分析データや企業事例から、持続的に成長する組織づくりのヒントをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

組織を活性化し、組織全体のパフォーマンスをあげたい


株式会社ヒューマネージ アセスメントソリューション事業部 シニアコンサルタント

嬉野 真也氏

【嬉野 真也氏プロフィール】
(うれしの しんや)早稲田大学第一文学部で心理学を専攻。卒業後、ヒューマネージへ入社し、アセスメントツール(ストレスチェック、適性検査等)の開発に携わりながら、早稲田大学の小杉研究室にて、産業場面におけるストレス心理学の研究に取り組む。研究で得た成果・経験を学会発表、企業向け講演・提案営業等、幅広い場面で活用している。

株式会社ヒューマネージ アセスメントソリューション事業部 課長

高橋 由樹氏

【高橋 由樹氏プロフィール】
(たかはし ゆうき)入社以降、採用試験(適性検査)・従業員向けサーベイの導入、活用支援、コンサルティングに従事。大手金融系企業、外資系コンサルティング企業を中心に、200社以上のサポート実績あり。営業のリーダーとして、エンゲージメントサーベイ『Qraft』をはじめとしたアセスメントツールの営業、販売促進を担当。

株式会社ヒューマネージ アセスメントソリューション事業部 営業推進チーム

内藤 佳央理氏

【内藤 佳央理氏プロフィール】
(ないとう かおり)ヒューマネージのアセスメントソリューション事業部にて、営業推進およびマーケターとして従事。前職にて約400店舗のフィットネスジムの運営企画と数値分析を担当した経験を活かし、”個人と組織の幸福度”を高めるタレントマネジメントサービスの促進を中心に手がける。
5/24(火)
14:50 -
15:50
パネルセッション[O] 受付終了

100年企業カゴメの人事改革から紐解く、「人的資本経営」推進のポイント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

変革の時代においても持続的に企業を成長させていくためには、「人的資本」を軸にした経営が求められております。人的資本経営の推進には、従業員エンゲージメントの向上と共に、陥りがちな「組織の病」克服が不可欠です。本講演では、カゴメ株式会社 常務執行役員 CHO(最高人事責任者)有沢 正人 氏をお招きし、特に大企業に起こりやすい「組織病の症例」5つに対する、対応策・解決策を具体事例交え、紐解いていきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

大企業の組織改革を行い、変化に対応できる組織を作りたい


カゴメ株式会社 常務執行役員 CHO(最高人事責任者)

有沢 正人氏

【有沢 正人氏プロフィール】
(ありさわ まさと)1984年に協和銀行(現りそな銀行)に入行。 銀行派遣により米国でMBAを取得後、主に人事、経営企画に携わる。その後、HOYA株式会社やAIU保険会社にて、職務等級制度やグローバル人事制度構築の多くを主導する。2012年1月にカゴメ株式会社に入社。2012年10月より現職となり、国内だけでなく全世界のカゴメの人事最高責任者となる。

株式会社リンクアンドモチベーション 取締役

川内 正直氏

【川内 正直氏プロフィール】
(かわうち まさなお)入社後、組織人事領域のコンサルティングに加え、新規拠点立ち上げ、新規事業部門立ち上げを担当。2010年、西日本地域の組織人事コンサルティング部門の執行役員に当時最年少で着任。グループ会社の取締役を経て、2018年、同社の取締役に就任。現在はグループ最大規模である組織変革コンサルティング部門の責任者に着任。
5/24(火)
16:00 -
16:50
特別講演[P-1] 受付終了

成功の鍵はスキルセットとプラットフォームの活用にあり
~従業員の誰もがDXを推進できる人材育成の進め方~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

昨今のビジネス環境の激しい変化に対応するために、DXの推進が注目されています。一方で、DX人材の重要性は誰もが認識していますが、実際に必要なスキルの習得に向けた研修を効果的に実施している企業は限られています。本講演では、デザイン思考やデータ分析などを含めた全社員に必要なDX人材育成のスキルセットのトレンドやプラットフォームの活用方法について大手企業の事例などを交えてお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

自社のDX人材育成に課題をお持ちでもうひと工夫したい


株式会社ネットラーニング 代表取締役社長

岸田 努氏

【岸田 努氏プロフィール】
(きしだ つとむ)情報サービス業で国内大手企業やグローバル企業に情報システムを数多く導入。その後ネットラーニングへ入社。現在は代表取締役副社長。eラーニング導入初期に、大手企業において多くの研修成功事例を生んだ。一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会、NPO法人日本eラーニングコンソーシアムの理事。
受付終了 インタビュー
5/24(火)
16:00 -
16:50
特別講演[P-2] 受付終了

1万人アンケートの調査結果に見る、ハラスメント行為を起こしやすい人、起こりやすい職場の特徴と対応策
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

弊社では、ハラスメントの『行為者』に関する1万人アンケート調査を実施しました。『行為者』についてのアンケートは他にあまり例がなく、貴重なデータとなっています。今回の講演ではアンケートの結果と、得られたデータから見えてきた行為者・発生した職場に共通する特徴についてお伝えいたします。また、パワハラ防止法でもハラスメント対策として推奨されている企業研修のより効果的なアプローチもお話しいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ハラスメント対策・研修に取組んでいるがマンネリで効果が薄い


株式会社マネジメントベース 代表取締役

本田 宏文氏

【本田 宏文氏プロフィール】
(ほんだ ひろふみ)慶應義塾大学修士課程修了後、(株)野村総合研究所にて15年間、人材と組織に関する診断・コンサルティングに従事。その後、人材と組織のアセスメントを専門とする(株)マネジメントベースを設立。2009年には日本初、新型うつへ対応した適性検査をリリースするなど企業ニーズに応じた各種アセスメントを開発・提供。
5/24(火)
16:00 -
16:50
特別講演[P-3] 受付終了

真のウェルビーイング経営実現に向けて
~"理想の人材の要件定義"から始めるHRM設計~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

離職率悪化・メンタル疾患増・生産性低下など、目先の課題にその都度対処していては、人事業務はやみくもに増え、逆に従業員の満足度は低下します。これでは、真のウェルビーイング経営は実現できません。まずは、自社の本質的な課題特定が重要ではないでしょうか。本講演では、脳科学をベースにしたウェルビーイングの研究結果・理論をもとに、ウェルビーイング経営の第一歩である「理想の人材の要件定義」について解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

やることが増えているのに、なかなか結果に結びつかない


Social Healthcare Design 株式会社 代表取締役CEO

亀ヶ谷 正信氏

【亀ヶ谷 正信氏プロフィール】
(かめがや まさのぶ)企業経営における真の課題を深掘りしていくと、個人の幸せと、全体の幸せという二項対立がある。永遠に繰り返されてきているこのテーマに、脳科学という視点から一石を投じる。著書『WELL BEING』(https://shdbook.net)。

健康保険組合連合会 愛知連合会 常務理事/健康保険組合連合会 本部理事/社会保険診療報酬支払基金 監事

吉田 雄彦氏

【吉田 雄彦氏プロフィール】
(よしだ かつひこ)元、株式会社サークルKサンクス人事部長。サークルKとサンクスの大合併の際、人事制度統合の役割を担う。2017年から健康保険組合連合会愛知県連合会常務理事、2018年から健康保険組合連合会本部理事、2020年から社会保険診療報酬支払基金監事に就任。人事に関する理念は「人的資本論」、人材の適時・適所・適材を考える。
受付終了 インタビュー
5/24(火)
16:00 -
16:50
特別講演[P-4] 受付終了

評価報酬制度を変えてもエンゲージメントが向上しない理由
~運用設計を見直し、社員の行動に直結させるポイントとは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人事制度を変えたがエンゲージメントが改善しない、収益が伸びていない、近年このような相談が増えてきました。その理由は「求める行動をとれば高い評価を与える」や「厳しい目標を達成したら賞与を増やす」など、信賞必罰の仕組みだけができているからです。本講演では制度の運用設計の見直しについて、多くの企業を変えてきたポイントをお話しします。損得だけでは伝わらない社員の行動を変える運用設計を一緒に考えてみましょう。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

効果の出る人事制度を導入したい


セレクションアンドバリエーション株式会社 代表/グロービス経営大学院 准教授/行動デザイン総研 所長

平康 慶浩氏

【平康 慶浩氏プロフィール】
(ひらやす よしひろ)人と組織の成長をあたりまえにしたいという理念のもとで、人事コンサルティングファームのセレクションアンドバリエーションを立ち上げる。大企業から中小企業まで幅広い制度設計と運用支援実績を持つ。早稲田大学大学院ファイナンス研究科MBA取得。アクセンチュア、日本総合研究所などを経て現職。
5/24(火)
16:00 -
16:50
特別講演[P-5] 受付終了

DX推進に求められる変革リーダーの育て方
~押さえるべき人材・組織・キャリア開発の3つの観点~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

あらゆる企業にDX推進が求められる中、各現場で「変革」を推進できるデジタル人材の必要性が高まっています。単にデジタルを取り入れるだけではなく、自社の業務や事業を自ら変革していく力が必要です。では、現場で変革をリードするデジタル人材はどう育てればいいのか? 本講演では、組織・キャリア開発の観点から、デジタル変革人材が育つ人材戦略のポイントを解析いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

DX人材育成がミッションとなっている


パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 ワークスイッチ事業部 デジタル人材開発部 部長

成瀬 岳人氏

【成瀬 岳人氏プロフィール】
(なるせ たけひと)業務コンサルタントとして複数プロジェクトに従事後、ワークスタイル・コンサルティングサービスを立ち上げ、複数社の労働時間改善やテレワーク導入、デジタル業務改善等を支援。また、国や自治体のテレワーク普及促進共事業の企画・運営責任を担う。著書『組織力を高める テレワーク時代の新マネジメント』(日経BP)。
5/24(火)
16:00 -
16:50
特別講演[P-6] 受付終了

採用担当者も知らない? 現場の面接官500人のアンケート結果から考える、中途採用面接の実態と対策
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「採用担当者の目の届かないところで、一体どのような面接が行われているのか?」面接現場の実態を探るアンケートを実施したところ、実施手法や合否基準について現場任せにしている企業の割合が高く、候補者の見極めがうまくいっているとは言い難い状況が見受けられました。本講演ではアンケートの結果および分析内容をご紹介しながら「全社的な面接クオリティを向上させるために必要な施策」について、皆様と考えてまいります。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

面接後の辞退が多い、面接官教育が不十分である


株式会社ステラス JPOSTING事業部 企画部

祖父江 通浩氏

【祖父江 通浩氏プロフィール】
(そふえ みちひろ)1997年工学部卒。学校教育用ソフトの開発販売会社でBtoC・BtoGの営業、CS、新規事業企画に従事。2005年より株式会社ジャパンジョブポスティングサービス(現ステラス)に入社。営業、営業企画、マーケティングに従事。採用管理システム「ジョブスイート」のローンチメンバーとして携わり現在に至る。
5/24(火)
16:00 -
16:50
特別講演[P-7] 受付終了

リスキリングと成長マインドセットーグローバルな潮流と企業内人材開発の可能性ー
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

2021年、国内で注目が集まったキーワード「リスキリング」。企業はこの言葉をどのように理解し、人材開発担当者は何をすべきなのでしょうか?本講演前半では、ATDジャパン代表理事の宇野聡美氏より、グローバルの潮流解説と先進企業であるマイクロソフト社の取り組みをご紹介します。後半では、自社のリスキリングをどのように行えば良いのか?予算や時間の制約がある中、何に着手すべきなのか?そのヒントをお話をします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

「リスキリング」の知見を深め具体的な施策を学びたい


Clarityian 代表 人材開発コンサルタント&エビデンスベースドコーチ​

宇野 聡美氏

【宇野 聡美氏プロフィール】
(うの さとみ)大手銀行勤務を経て、15年以上にわたり人材開発コンサルタントとして、大企業のサクセッション・プラン、タレントマネジメントやプログラム設計に多く携わる。ATD(Association for Talent Development)の日本代表理事、GALLUP社認定ストレングス・コーチ。

株式会社アントレプレナーファクトリー 代表取締役/立命館大学・大学院(MBAコース) 非常勤講師

嶋内 秀之氏

【嶋内 秀之氏プロフィール】
(しまうち ひでゆき)オリックス株式会社にてベンチャー投資に携わり、2009年にアントレプレナーファクトリー設立。ラーニングテクノロジーと動画を用いて、地域や時間を問わずに学習できる動画サービスを展開。3000を超える学習コンテンツを揃え、知性発達科学者加藤洋平氏を招いたコンテンツを制作し、成人発達理論の普及にも努める。
受付終了 インタビュー
5/24(火)
16:00 -
16:50
特別講演[P-8] 受付終了

「今の新人」×「今の環境」を踏まえた「職場で活かせる新入社員研修」とは?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

すっかり定着したかのように見えるニューノーマル。しかし実は目に見えない所で、配属先ではさまざまな問題が起きているようです。本講演では、「はたして新入社員に対する研修は、今のままでよいのか」「そもそも何に気をつけて新入社員研修のデザインをすべきなのか」など本質的な問いを皆さんと一緒に探求したいと思っています。そのうえで当社なりの「職場で活かせる新入社員研修」についても、ポイントをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

「よい新人研修とは何か」の判断基準をもちたい


株式会社ビヨンド 代表取締役社長

仁藤 和良氏

【仁藤 和良氏プロフィール】
(にとう かずよし)アクセンチュア、リクルートグループを経て「自分を生きる。そして幸せを共創する世界の実現を」をミッションとする人材・組織開発コンサルティングファーム「一皮むける研修のビヨンド」を創業。独自技術「SCT(セルフコンフィデンス・テクノロジー)」を活用し、多くの企業の健全化を支援している。
受付終了 インタビュー
5/24(火)
17:00 -
18:00
パネルセッション[P] 受付終了

キャリア形成の不安解消によるエンゲージメント強化の取り組み
~学びに向かう文化の醸成について考える~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ジョブ型雇用・リスキリングの重要性など、キャリア形成を取り巻く環境が大きく変わりつつあります。変化に対する社員の不安を解消し一人ひとりがキャリアオーナーシップを持って活躍するために、企業はどのようにサポートし、主体的なスキル育成に向けての文化を醸成していくべきなのでしょうか。エンゲージメント強化・カルチャー変革への取り組みを行うNEC原田氏、組織論を専門とする明治大野田氏との議論を通して考えます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社内の学習文化、学習意欲を高めたい


明治大学専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授

野田 稔氏

【野田 稔氏プロフィール】
(のだ みのる)野村総合研究所、リクルート新規事業担当フェロー、多摩大学教授を経て現職に至る。専門は組織論、組織開発論、人事・人材育成論、経営戦略論、ミーティングマネジメント。大学で学生の指導に当たる一方、企業に向けて組織・人事領域を中心に、幅広いテーマで実践的なコンサルティング活動も行う。

日本電気株式会社 人事総務部 部長

原田 郁子氏

【原田 郁子氏プロフィール】
(はらだ ふみこ)1989年、日本電気株式会社入社、ほぼ一貫して人事業務に従事。国内営業部門人事部門長、ビジネスイノベーション部門人事部門長を経て、2018年人事部長代理。2015~2019年特例子会社NECフレンドリースタフ社長を兼務。2019年人材組織開発部長代理、2021年人事総務部長代理、2022年4月より人事総務部長。

株式会社ベネッセコーポレーション 社会人教育事業部 部長(Udemy事業責任者)

飯田 智紀氏

【飯田 智紀氏プロフィール】
(いいだ とものり)ソフトバンクモバイル株式会社(現ソフトバンク株式会社)とソフトバンクグループ株式会社で経営企画、事業再生・国内外投資業務などに従事。2015年9月よりベネッセホールディングスに参画。現在はベネッセコーポレーションでUdemyを中心に社会人教育事業(自律型・DX人材育成、リスキリングなど)を推進中。
受付終了

※講演は予告なく内容などを変更することがございますので、予めご了承ください。

選択中の講演数

  • 5/18:0
  • 5/19:0
  • 5/20:0
  • 5/24:0
  • 5/25:0
  • 5/26:0
クリップから申込む

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop