人と組織を学ぶ 日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2022-春-」 
	2022年5月18(水)・19(木)・20(金)・24(火)・25(水)・26(木)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会[後援]厚生労働省

講演をリストから探す

今回も大変多くのお申し込みをいただき、誠にありがとうございました。 既に申込みの受付を締め切らせていただきました。
カレンダー表示 リスト表示
閉じる


受付状況:全講演
開催日:5/19(木)
ジャンル:全選択
5/19(木)
5/19(木)
9:30 -
10:20
特別講演[E-1] 受付終了

成人発達理論を応用した自律型人材の育て方~新入社員・若手社員に求められる心の取り扱いスキルとは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

成人発達理論を、新入社員・若手社員育成にどう応用するかをお伝えします。「①これまでの育成スタイルでは自律型人材が育たない理由」「②心の取り扱い方法を学び、心の健全性を保つことの重要性(離職防止、主体性を育む)」「③知識インプット型からスキル定着型へ」の切り口で、研修をどう設計するのか、どのような研修内容が有効なのかを解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

新入・若手社員の自律的成長を促進したい/若手離職に課題がある


株式会社グローセンパートナー 代表取締役

島森 俊央氏

【島森 俊央氏プロフィール】
(しまもり としひさ)2008年株式会社グローセンパートナーを設立 。人事制度導入や新入社員から役員/管理職クラスまでの教育研修を通して、クライアントの業績向上と社員活性化の実績を多く残している。加藤洋平氏から直接、成人発達理論を学び、自己変容の体験を進めており、一歩異なる視点でアドバイスができることが特徴である。
5/19(木)
9:30 -
10:20
特別講演[E-2] 受付終了

メンタル不調者を出さないためのコンディション・マネジメント 成功事例と失敗事例
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「社員のメンタル不調にどう対処すればいいのか」、そんなお悩みが数多く寄せられています。社員のメンタル不調を未然に防ぐために、会社としてどのような対策を講じていく必要があるでしょうか。本講演では、当社サービス利用企業様の膨大なデータに基づき、メンタル不調者を出さないためのコンディション・マネジメントについて、成功事例と失敗事例を交えてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

メンタル不調者への対応が後手になっている


株式会社コンケア 代表取締役社長

石田 有氏

【石田 有氏プロフィール】
(いしだ ゆう)2003年株式会社エクスブレーン入社。大手上場企業から中小企業の様々なシステム開発・インフラ構築を担当。自社内のメンタル不調者発生を契機に、2015年東京メンタルヘルス株式会社と共同出資の形で株式会社コンケアを社内起業。株式会社エクスブレーン代表取締役社長を兼務。
受付終了 インタビュー
5/19(木)
9:30 -
10:20
特別講演[E-3] 受付終了

人を「厳選する」ためのHRデータ活用方法 ~JOB単位での活躍可能性を数値化~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

従業員ごとに、求める行動を発揮して求める成果・業績を挙げてくれるまでにかかる時間と労力は大きく異なります。多くの人財に活躍してもらうためには、「伸びしろ」を見極める事が非常に重要です。本講演では、自社の考え方や価値観などのバリューにどれほどフィットする人財なのか、求める成果を出してくれる可能性はどれほどなのか、これを社内のHRデータを活用して高精度に見極めて厳選する方法について解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

「HRデータ」を高度活用して人事課題を「根本解決」したい


株式会社レイル 代表取締役社長

須古 勝志氏

【須古 勝志氏プロフィール】
(すこ かつし)テスト理論、テスト開発、心理統計学に基づく特性アセスメントやスキル系テスト開発に精通。HR視点からの人事コンサル経験が豊富。人と組織の「適合性」を確かな精度で数値化するアセスメントツール「MARCO POLO」設計者。著書『HRプロファイリング(日本経済新聞出版/2020年)』
受付終了 インタビュー
5/19(木)
9:30 -
10:20
特別講演[E-4] 受付終了

人間的な視点を踏まえた「ファシリテーションの真髄」~トップファシリテーター楠本和矢が伝える要諦
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ファシリテーションスキルの底上げは、生産性向上を図るための必須テーマです。様々な方法論はあれど、真に役立つ内容とは、実際に膨大な数のファシリテーションを行う中で培った「実践知」に基づき生まれたもの。「オンライン」での活用を視野に入れ、筋論だけではない、人間的な視点を踏まえた、現実的な実践の方法などを、年間で100本以上の研修をこなすファシリテーター、楠本和矢が解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

マネジャーのスキルアップを検討している


HR Design Lab. 事業変革コンサルタント/プロファシリテーター

楠本 和矢氏

【楠本 和矢氏プロフィール】
(くすもと かずや)神戸大学卒。丸紅株式会社、外資系コンサル会社を経て現職。多くの企業支援案件の統括役を努める、某社のHR専門組織の代表に着任後、実践に基づくHRソリューションを開発提供。著書に『トリガー 人を動かす行動経済学』『パワーファシリテーション』『人と組織を効果的に動かす KPIマネジメント』など
5/19(木)
9:30 -
10:20
特別講演[E-5] 受付終了

社員の当事者意識とエンゲージメントを強化する新手法
〜誰でもすぐにコーチングが定着するノウハウ公開〜
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

テレワークが加速する中、一人ひとりが主体性を発揮し、臨機応変に対応できる柔軟な組織運営が求められています。社員一人ひとりの強みを最大化し、自律的な行動を促すために、コーチングや1on1の導入に挑戦する企業が増える一方、理論は分かるが実践してもうまくいかない、効果が出づらいなどの声も多く聞こえます。本講演ではコーチングが定着しない原因に焦点を当て、誰でもすぐに定着する秘策をお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員が主体的に動く組織を作るためのコーチングを定着させたい


(株)トランスエージェント 会長/ NPO法人NELIS 共同代表/大学院大学至善館 特任教授

Peter David Pedersen氏

【Peter David Pedersen氏プロフィール】
(ピータ―・デイヴィッド・ピーダ―セン)CSR・環境コンサルを手掛ける株式会社イースクエアを2000年に共同創業し、日本を代表する大手企業の事業・環境・CSR戦略、人材育成などに携わり、現在は、世界の若手リーダー育成を活動テーマとするNPO法人NELIS(ネリス)の代表理事に就任し、世界と日本企業における「次世代リーダー」の育成に尽力中。

The MasterCoach App & Institute CEO

Wan Chung Lai氏

【Wan Chung Lai氏プロフィール】
(ワン チュン ライ)ニューヨーク市立大学にて科学修士号を取得、ベータ・ガンマ・シグマ賞を受賞。組織心理学者として10年以上に渡り人材開発のディレクターを務める。2013年にRentokil-Initial社からGlobal HR Recognition Awardを受賞。MasterCoachAppCEOを務める。

(株)トランスエージェント コーチ

加藤 有祐氏

【加藤 有祐氏プロフィール】
(かとう ゆうすけ)一部上場企業のビッグデータサービス開発部門の責任者やグループ会社でのCTOを務め、多数の若手育成をリード。また、日本交渉協会の幹事を務め、社内外で数多くの交渉力研修を実施。MasterCoachという新たなコーチング研修を担当し、マネージャーが自信を持って社員の強みを引き出せる環境作りを支援している
受付終了
5/19(木)
9:30 -
10:20
特別講演[E-6] 受付終了

新卒採用・インターンの業務量が増加していませんか?
工数をかけずに成果をあげる3つのポイントを伝授
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

オンラインを織り交ぜた新卒採用が進んでいく中、多く人事の方から工数の大幅増がお悩みとして寄せられています。本講演では、採用活動における「選択と集中」をテーマに、明日から活用できる3つのポイントについて解説。学生の動きを見極め適切な対策を講じることにより、貴社採用業務の質向上に寄与します。また採用管理ツールに関して逆に負担増となるケースもお聞きしますので、有効的な活用方法を補足いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

新卒採用の業務を減らしたい、新卒採用の戦略を練り直したい


株式会社JEXS 取締役事業推進室長

新海 知明氏

【新海 知明氏プロフィール】
(しんかい ともあき)2007年にJEXSに参画後、200社以上の新卒・中途採用支援を経験してまいりました。全体戦略の構築はもちろん、採用業務代行の経験も多く、現場の採用担当者目線を重視したサービスを提供し続けています。新卒採用の支援は選択肢が多く、知識や経験をベースに多彩な提案ができるため、一番好きな業務です!
受付終了 インタビュー
5/19(木)
9:30 -
10:20
特別講演[E-7] 受付終了

NTT東日本、伊東市と語り合う「越境学習」の展望 ー地域創生 × 異業種交流研修の事例からー
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人材育成の領域において「越境学習」の重要性は近年強く認識されるようになりました。本講演では越境学習を強く推進されているNTT東日本の佐藤様と伊東市役所企画課の川村様をお招きして、現在の取り組み、そして越境学習の未来展望について掘り下げて語り合います。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

「越境学習」について深く知りたい


東日本電信電話株式会社 総務人事部 人事第一部門 育成人事担当 主査

佐藤 峻也氏

【佐藤 峻也氏プロフィール】
(さとう しゅんや)2011年に東日本電信電話株式会社に新卒入社し、営業担当として通信サービスの提案や販売企画担当として販売計画・戦略立案業務に従事したのち、2021年より現職において若手社員人材育成・研修の企画立案を担当。

静岡県伊東市役所 企画課 課長補佐

川村 清文氏

【川村 清文氏プロフィール】
(かわむら きよふみ)金融機関を退職後、地元伊東市へUターン就職を目指し、2004年に入庁。スポーツ振興、農林水産振興、職員研修担当等を経験し、2019年から2年間、静岡県東京事務所への派遣を終えて、2021年4月から現職において、地方創生全般を担当している。

株式会社コンサルティングアソシエイツ 越境学習事業 統括責任者

大竹 圭氏

【大竹 圭氏プロフィール】
(おおたけ けい)(株)ファーストリテイリング入社後、飲食業コンサルタントを経て2008年(株)コンサルティングアソシエイツに参画。企業マッチング型の異業種交流研修事業を立ち上げ、イノベーション・現場力・リーダーシップ・未来デザイン等、多数のコースを企画。最近は地域課題解決型の新人研修や異業種交流研修を展開している。
受付終了 インタビュー
5/19(木)
9:30 -
10:20
特別講演[E-8] 受付終了

ダイバーシティ&インクルージョン推進の壁を突破する
“自分事化”につなげるVRによる当事者体験とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

D&Iを推進したいと思っても、経営者層と管理職・一般社員の間の意識の差に悩む企業も少なくありません。解決のカギは、D&I推進がどう自身の仕事につながってくるのか“自分事化”するための意識改革です。心理的安全性が高い組織への転換も、アンコンシャスバイアスへの対処もすべては“自分事化”から始まります。本講演では、VR体験がもたらす“自分事化”に至るプロセスを皆様にも体験いただきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ダイバーシティ&インクルージョンの推進に課題を感じている


株式会社シルバーウッド VR事業部

黒田 麻衣子氏

【黒田 麻衣子氏プロフィール】
(くろだ まいこ)2016年にシルバーウッドのVR事業立ち上げメンバーとして入社し、以降、ダイバーシティ&インクルージョンを“自分事化”するための数多くのVR体験コンテンツの企画開発に携わる。VR研修の講師担当実績は全国1,000回以上。
受付終了 インタビュー
5/19(木)
10:30 -
11:30
パネルセッション[E] 受付終了

これからのキャリア自律の考え方と実践
~「9つの命題」と企業に求められる従業員のキャリア支援とは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人生100年時代、キャリアは会社ではなく、個人が主体的に決めるものへと変化しています。社会の中で個々人の役割を果たし、自分らしい生き方を実現するためには何が必要で、企業はどのような支援ができるのでしょうか。本講演では「9つのテーゼ(命題)」と題し、これからのキャリア自律の考え方を個々人の多様性・複雑性の重要性、生産性と人間性の両立など9つの観点でご紹介。企業が実践すべきキャリア支援について議論します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

「新たな時代のキャリア発達モデル」について知りたい


株式会社日本マンパワー フェロー

水野 みち氏

【水野 みち氏プロフィール】
(みずの みち)企業内のキャリア開発、組織開発、D&I推進に従事。キャリア面談、組織診断、対話型の組織開発を推進。国際基督教大学卒業。2005年ペンシルバニア州立大学にてカウンセリングを学び教育学修士取得。組織開発ファシリテーター、NPO日本キャリア開発協会認定スーパーバイザー。

ユースキャリア研究所 代表

高橋 浩氏

【高橋 浩氏プロフィール】
(たかはし ひろし)ユースキャリア研究所代表。博士(心理学)、キャリアコンサルタント、公認心理師。1987年、NECグループの半導体設計会社に入社、経営企画、キャリア相談に従事。2012年、独立し、行政や企業でのキャリア相談・研修、調査研究、厚生労働省委託事業にてセルフ・キャリアドック導入支援アドバイザー等を務める。

株式会社ビジネスリサーチラボ 代表取締役

伊達 洋駆氏

【伊達 洋駆氏プロフィール】
(だて ようく)神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程修了。2011年に株式会社ビジネスリサーチラボを創業。組織・人事領域において調査・コンサルティング事業を展開。研究知と実践知を活用した組織サーベイや人事データ分析を提供。近著に『現場でよくある課題への処方箋 人と組織の行動科学』(すばる舎)など。
受付終了
5/19(木)
11:40 -
12:30
特別講演[F-1] 受付終了

従来型のIT人材をステップアップさせる
“デザイン思考”から学びの動機形成をする新たなリスキリング手法
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

上場企業では62%が経営方針にDX推進のビジョンを掲げるようになりました。DXに求められる先端IT人材の数は不足が予想される一方で、従来型のIT人材は供給過多になっているという示唆もあります。では、従来型の技術者をどのようにリスキリングしていけば良いのでしょうか。本講演では、「デザイン思考」のアプローチを取り入れた「リスキリング」や「学びの動機形成」を具体的な人材育成の事例を通じてご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

従業員のリスキリング をしたいが学習動機形成に困っている


株式会社ギブリー 取締役 兼 trackプロダクトオーナー

新田 章太氏

【新田 章太氏プロフィール】
(にった しょうた)学生インターンシップ時代に「エンジニア」領域に特化した支援事業を株式会社ギブリーにて立ち上げ、入社。その後プログラミング学習・試験ツール「track」等のサービスを立ち上げた。また、日本最大級の学生ハックイベントJPHACKS組織委員会幹事を務め、次世代のイノベーター発掘・支援にも取り組んでいる。
受付終了 インタビュー
5/19(木)
11:40 -
12:30
特別講演[F-2] 受付終了

エンゲージメントエンジン理論が会社を変える
~企業が考えるべきこれからのエンゲージメント施策とは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「サーベイは実施しているが、その結果をうまく活用できてない」という悩みはありませんか? エンゲージメントという言葉は日本でもかなり浸透してきましたが、理論立てて施策に落とし込むことは難しいという声をよく耳にします。本講演では、新しい働き方が求められる現在、これからの企業が取り組むべきエンゲージメント向上施策について、米国の最新事例や「エンゲージメントエンジン理論」を基に解説させていただきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

エンゲージメント向上に取り組んでいる、もしくは検討している


株式会社アックスコンサルティング HRコンサルティング事業部 チーフコンサルタント

髙見 史弥氏

【髙見 史弥氏プロフィール】
(たかみ ふみや)2014年当社に入社。年間平均200件以上の士業事務所を訪問し、営業・マーケティングや組織作りの支援を行うと同時に、支社の採用・育成責任者を担当。入社から5年で1.5倍の規模に拡大させた。2019年からは支援実績のもと、人材開発、人材育成などのコンサルティングを提供。MotifyHR営業責任者。
受付終了 インタビュー
5/19(木)
11:40 -
12:30
特別講演[F-3] 受付終了

社内コミュニケーション戦略としての社内報 ~事例から学ぶ作り方と使い方~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

社内報をただ作るだけのモノと思っていませんか。リモートが進み、社内の情報が見えづらくなった今こそ、活用次第で大きく社内の関係性を改善できる可能性を秘めています。本講演では、抱えていたコミュニケーション課題の捉え方から、効果的な社内報の位置づけ、作り方、使い方をご紹介します。即時的なコミュニケーションがとりづらいからこそ、非同期コミュニケーションの戦略的な使い方が、組織活性化の成否を分けるのです。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社内報にマンネリを感じる、紙とウェブの違いを正しく知りたい


アドバンド株式会社 ディレクター

藤森 雅絵氏

【藤森 雅絵氏プロフィール】
(ふじもり まさえ)岩手県出身。短期大学を卒業後、新卒でアドバンドにデザイナーとして入社。現在はディレクターとして勤務。
受付終了 インタビュー
5/19(木)
11:40 -
12:30
特別講演[F-4] 受付終了

小手先ではない骨太なエンゲージメント開発〜米国企業ジョブ型の限界と自社に合う変革ロードマップの作り方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

従来の日本型雇用である「メンバーシップ型」からの脱却、「ジョブ型」導入などの働き方大改革が叫ばれている昨今、小手先的な人事施策から脱却し、本質的組織力強化を踏まえた組織変革ロードマップを作成することが重要になってきます。そこで、本講演では、米国企業に見るジョブ型からの脱却等の動きを俯瞰し、自社に合った変革ロードマップの作り方、そしてそれを実現する組織のエンゲージメント強化の手法を解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

自社に合った人事戦略を策定し、自社の文化や体質を変革したい


beyond global group President & CEO

森田 英一氏

【森田 英一氏プロフィール】
(もりた えいいち)大阪大学大学院卒業後、アクセンチュアにて人・組織のコンサルティングに従事。その後、シェイク社創業を経て、beyond globalグループ代表。グローバル人材育成事業等、様々な企業体質変革プロジェクトを統括。「HRアワード2013」の教育・研修部門で最優秀賞受賞。著作に『会社を変える組織開発』等多数。

beyond global Japan株式会社 HR Development Div. Manager

吉武 美紀氏

【吉武 美紀氏プロフィール】
(よしたけ みき)人材開発コンサルタントとして、人事制度改革に携わる。専門領域は、社内大学グランドデザイン構築から研修プログラム開発、コンテンツ開発、登壇までを一気通貫で行う教育制度の体系化。事業会社では大手ブライダルの営業責任者、大手カフェチェーンでの人事部統括マネージャーを経験しPMIによる人事制度改革にも従事。
受付終了 インタビュー
5/19(木)
11:40 -
12:30
特別講演[F-5] 受付終了

「ISO30414」と情報・データを活用した人的資本管理
~人事データの効果的な収集、活用、開示~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

2018年、国際標準化機構(ISO)が、人的資本の情報開示に関するガイドライン(ISO30414)を策定しました。今後は、大企業から中小企業に至るまで、人的資本について情報開示を行うことが必要になります。本講演では、人的資本の情報開示・活用に必要な「ISO30414」のポイント、「人的資本の情報開示」の進め方、人的資本情報を活用したマネジメント改革の3つに絞って分かりやすく解説いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人的資本情報を活用して、採用強化や経営体質の改善を図りたい


Fフロンティア株式会社 代表取締役 人事コンサルタント 社会保険労務士

深瀬 勝範氏

【深瀬 勝範氏プロフィール】
(ふかせ かつのり)大手電機メーカーの人事部門を経験後、金融機関系シンクタンク、上場企業人事部長等を経て独立。現在、経営コンサルタントとして人事制度設計、事業計画の策定などのコンサルティングを行うとともに執筆・講演活動などで幅広く活躍中。主な著書に『Excelでできる 戦略人事のデータ分析入門』(労務行政)ほか多数。

スーパーストリーム株式会社 企画開発本部 マーケティング部

宮井 美咲氏

【宮井 美咲氏プロフィール】
(みやい みさき)2021年9月よりマーケティング部に所属し、SNSや製品機能を紹介する各種セミナーを担当。ユーザのご要望や市場ニーズ、制度対応等を鑑み、人事・総務部門の皆様にお役立ちいただける情報発信を行う。
5/19(木)
11:40 -
12:30
特別講演[F-6] 受付終了

プレイヤーからマネジャーへの生まれ変わりを実現する。変化にAdjustするために必要な3つのステージ
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

プレイヤーからマネジャーの役割移行はマネジャー育成の重要課題です。新任マネジャーが移行期に直面する問題とはどのようなものか、どのように克服すれば、適応(Adjust)することができるのでしょうか。カギは「適応課題」への向き合い方です。「適応課題」の自覚の促し方から実際に変容させるステップを、弊社で持つ事例とメソッドを中心に、3つのステージに分けて紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

新任マネジャーがかかえる役割移行時の悩みを解消したい


アルー株式会社 商品開発部 部長

須藤 賢太郎氏

【須藤 賢太郎氏プロフィール】
(すどう けんたろう)青山学院大学大学院経営学研究科卒/2007年に、アルー株式会社の新卒採用第1期生として入社/学生事業企画室室長、HRコンサルティング部(営業)マネジャーを経て、商品開発部に異動/現在は部門のマネジメントに加え、HR tech分野の新サービス開発、事業提携、管理職向けの内面の変容プログラム開発に従事。
受付終了
5/19(木)
11:40 -
12:30
特別講演[F-7] 受付終了

事例解説 1からはじめる「65歳定年延長・70歳継続雇用」人事制度改革
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

定年延長、あるいは継続雇用制度の改革に向けた企業の機運が急速に高まっています。本講演では、定年延長・継続雇用制度改革におけるモデル企業の事例解説をベースとしながら、各社の実態に合った人事制度改革の進め方について解説をします。ゼロベースで検討を開始する、あるいは以前から検討をしているが進捗が芳しくないなど、さまざまな取り組みフェーズにある企業のお役にたつ内容です。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

65歳定年延長、70歳継続雇用を実現できる人事制度改革したい


株式会社新経営サービス 人事戦略研究所 マネージングコンサルタント

森中 謙介氏

【森中 謙介氏プロフィール】
(もりなか けんすけ)人事制度構築・改善を中心にコンサルティングを行う。業種・業態ごとの実態に沿った制度設計はもちろんのこと、人材育成との効果的な連動、社員の高齢化への対応など、経営課題のトレンドに沿った最適な人事制度を日々提案し、実績を重ねている。
受付終了 インタビュー
5/19(木)
11:40 -
12:30
特別講演[F-8] 受付終了

リアリティギャップを紐解く! 内定者から始める20代キャリア開発の3つのポイント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

若手の就社意識が薄れる昨今、“リアリティギャップ” “早期離職”等の課題が散見されるようになりました。弊社では本年度、中小~大手企業9社の協力を得て“リアリティギャップ調査”を実施、打ち手を探究し新卒一括採用にフィットする“日本型のキャリア開発”を20代から推進しています。本講演では、調査結果と事例を基に、早期離職を防止する若手向けキャリア開発のヒントをご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

早期離職に困っている、若手向けキャリア開発施策を検討したい


Original Point株式会社 代表/東京経済大学 キャリアデザイン研究所 客員研究員 

高橋 政成氏

【高橋 政成氏プロフィール】
(たかはし まさなり)新卒で人事コンサルティング会社に入社。研修開発、コンサルティング営業として、100社以上の人材育成に携わる。その後、大学・採用・育成の領域から、新たな価値を創るためにOriginal Point(株)を設立。キャリアデザイン研究所では、新卒のキャリア観や日本型のキャリア開発の研究を推進している。
受付終了 インタビュー
5/19(木)
12:40 -
13:40
パネルセッション[F] 受付終了

企業に新たな価値をもたらす「デジタル人材」
人材不足を乗り越え、採用・育成に成功するポイントとは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

いま企業において最も重要なテーマとなっているのが、DXの推進を担い、企業に新たな価値を提供する「デジタル人材」の活用。しかし人材不足により、多くの企業がその確保に苦戦しています。そこで本セッションでは、社内外から人材を募り育成するキリンと、社内に潜在する人材を発掘・育成する住友生命の先進事例を紹介。デジタル人材育成学会会長・角田氏と共に、デジタル人材を発掘し育成していくポイントを明らかにします。(協賛/株式会社manebi)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

デジタル人材の確保や育成について課題を感じている方


キリンホールディングス株式会社 常務執行役員 経営企画部長

秋枝 眞二郎氏

【秋枝 眞二郎氏プロフィール】
(あきえだ しんじろう)1988年キリンビール入社。ビールの営業と営業企画に従事し、2010年から台湾麒麟啤酒の社長を務める。その後、メルシャン、キリンビバレッジ、キリンビールで企画部長を歴任。2019年にキリンホールディングス経営企画部部長に就任後、2020年から2021年にかけてDX戦略推進室室長を兼務。2022年1月に同社経営企画部長、同年3月より現職。

住友生命保険相互会社 理事 デジタルオフィサー

岸 和良氏

【岸 和良氏プロフィール】
(きし かずよし)生命保険基幹システムの開発・保守、システム企画、システム統合プロジェクト、生命保険代理店の新規拡大やシステム標準化などを担当後、健康増進型保険“住友生命「Vitality」”の開発責任者を担当。現在はデジタルオフィサーとして、デジタル戦略の立案・執行、社内外のDX人材の育成活動などを行う。

千葉工業大学 社会システム科学部 教授/デジタル人材育成学会 会長

角田 仁氏

【角田 仁氏プロフィール】
(つのだ ひとし)東京海上日動火災保険入社後、主にIT部門でIT戦略企画業務を担当。15年からIT企画部参与(部長)および東京海上日動システムズ執行役員としてIT人材育成に尽力。19年に大学教員へ転じ、21年より現職。同年4月、デジタル人材育成学会設立。博士(筑波大学)。書籍に『デジタル人材育成宣言』。
受付終了
5/19(木)
13:50 -
14:40
特別講演[G-1] 受付終了

人事が関わるDX人材育成
今こそ知りたい、DX推進において人事が旗振り役になる理由とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「DX人材育成の必要性を感じながらも、なかなか一歩が踏み出せない」という悩みはないでしょうか。これからはデジタルツールやシステムを「開発する側」だけでなく、「使う側」にもデジタルを使った課題解決力が必須とされる時代です。本講演ではDX人材育成のために、人事の理解が必須になるポイントと担うべき役割について、導入事例を交えながらお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

DX人材育成をしなければいけないが、人事の役割が分からない


ライフイズテック株式会社 DX事業部 セールスマネージャー兼マーケティングマネージャー

外岡 裕規氏

【外岡 裕規氏プロフィール】
(そとおか ひろき)リクルート入社後、大手法人向け営業組織のマネージャー、新規事業のプロダクトオーナー、代理店部門の立ち上げを担う。現在、ライフイズテックDX事業部のセールスとマーケティングのマネージャーに従事。
受付終了 インタビュー
5/19(木)
13:50 -
14:40
特別講演[G-2] 受付終了

新卒採用で勝つための“新・採用戦略” ―速効性が高く、柔軟な若手人材確保の実現へ―
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

少子高齢化や就業意識の変化により、若手人材の獲得は、非常に難しくなっています。はたして、従来型採用戦略のまま、求める人材の獲得は可能でしょうか? 一方で、この厳しい環境は、固定概念に捉われない「新しい採用戦略」に転換するチャンスです。本講演では「市況の変化」と「就業意識変化」の2つの観点を明らかにした上で、より自社にマッチした若手人材を獲得できる“新・採用戦略”を組み立てるポイントをお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

製造現場における若手人材の獲得に難しさを感じている


フジアルテ株式会社 執行役員 営業本部長 兼 営業戦略部部長

栗田 達彦氏

【栗田 達彦氏プロフィール】
(くりた たつひこ)大学卒業後、外資系人材サービス会社にて東北・関西エリアを担当。エンジニア系上場子会社での執行役員営業本部長を経て、2018年にフジアルテ株式会社に入社、営業戦略部 部長として戦略立案・実行を担当。大手製造業を中心に、派遣や請負を提案し課題解決を行う人材コンサルティングを実施。2019年4月より現職。
受付終了 インタビュー
5/19(木)
13:50 -
14:40
特別講演[G-3] 受付終了

ビジネスシミュレーションの事例から考える、「リーダーシップ」の育て方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

現場で活躍する人材の育成にはリーダーシップの発揮経験が欠かせません。しかし、リーダーシップを発揮してもらう場面を意図的に作ることは難しく、困っているという声もよく伺います。まずは人事が主導となって、リーダーシップ発揮経験を積むことができる環境を提供することが有効な手段となります。本講演では、ビジネスシミュレーションを用いてリーダーシップの発揮経験を引き出し、育成する方法をお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

研修等のプログラムを通じてリーダーシップの評価と育成をしたい


株式会社採用と育成研究社 取締役

鈴木 洋平氏

【鈴木 洋平氏プロフィール】
(すずき ようへい)日本IBMを経て、2008年に採用と育成研究社を設立、取締役に就任。新卒採用におけるインターンやグループワークのコンテンツ開発、育成における研修プログラム開発などを手掛け、同時に講師も担当している。特にオリジナルで開発したビジネスシミュレーションプログラムは企業から好評で多くのリピート実績がある。
受付終了 インタビュー
5/19(木)
13:50 -
14:40
特別講演[G-4] 受付終了

なぜ精神障害者の定着率が上がらないのか~特徴からひもとく、面接・定着支援で持つべき観点とは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

精神障害者を採用する企業は「定着しないこと」が一番の課題です。定着しない原因は、精神障害者の特徴を把握しておらず、①面接時に正しい見極めができていないこと、②採用後の関わり方がわからないことです。そこで今回の講演では、過去数千名の障害者採用の現場で培ったエッセンスから定着する精神障害者の特徴を解説し、面接時の見極めポイント、採用後に必要な3つの心理的安全性について、すぐに実践できる形で解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

定着する障害者の「特徴」「見極め方」「面接方法」を知りたい


株式会社スタートライン マーケティングディビジョン マーケティングユニット マネージャー

吉田 瑛史氏

【吉田 瑛史氏プロフィール】
(ヨシダ エイジ)企業の障害者雇用支援や障害者の就職・転職支援、特例子会社人事、障害者雇用の業務開発・マネジメント・農福連携などを経験。現在はスタートラインにて、障害者雇用のコンテンツ制作やセミナー講師などに従事。これまで300社、3000名以上の障害者雇用に携わる。
受付終了 インタビュー
5/19(木)
13:50 -
14:40
特別講演[G-5] 受付終了

人的資本を最大限に活かす組織になるために
~EVP経営のすすめ~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

今話題の人的資本の情報開示。人材を「人的資本」、投じる資金を「価値創造に向けた投資」と捉える素晴らしい考え方ですが、人事や経営者の方から「数値可視化後に何をしたら良いかイメージが難しい」という声をお聞きします。本講演では「EVP(社員が共感できるその企業で働く価値)」を足掛かりに、自分達らしく活き活きと人が躍動する組織を創るために何をすれば良いのか、いくつかの視点からお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

組織に活力がない、人材の定着率が低い、人事の目標が立てづらい


株式会社JTB ビジネスソリューション事業本部 事業推進チーム 事業推進担当部長

上山 毅氏

【上山 毅氏プロフィール】
(うえやま たけし)(株)日本交通公社(現JTB)に入社。海外旅行を中心に、法人の様々な課題を解決するツアー・イベント等を企画。その後、グループの福利厚生会社、JTBベネフィットで17年勤務、営業企画~取締役企画開発本部長等を経て、現職。JTBグループのEVP(HR)事業戦略推進・マーケティング・販売促進等を担当。

株式会社Aug Design 代表取締役CEO

木村 亮氏

【木村 亮氏プロフィール】
(きむら りょう)㈱資生堂入社。厚生労働省に出向し女性活躍推進の政策運営に従事。㈱JTBコミュニケーションデザインではモチベーションを軸に多様な組織の組織開発・人財育成を支援。ITベンチャーの組織立上げ、事業責任者、医療法人グループの人事部長を経て現職。人と組織の可能性を拡げる共創型のコンサルティングに取り組んでいる。
受付終了
5/19(木)
13:50 -
14:40
特別講演[G-6] 受付終了

エンゲージメント×キャリア自律から考える、キャリアを支援する管理職の必要性
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

経団連の資料には「就労観の変化」に対応し、高いエンゲージメントを有する企業と、自社に特定せず優れた能力を持つ働き手が互いに選び合う必要があると記載されています。本講演では、「エンゲージメント×キャリア自律」がどのような関係性なのかを整理してお話しします。また、自社の「管理職」に起こすべき変化と陥りやすい罠について、リアルな現状を交えてお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

エンゲージメント向上やキャリア支援ができる管理職を増やしたい


株式会社NEWONE 取締役

葛西 健一郎氏

【葛西 健一郎氏プロフィール】
(かさい けんいちろう)大学卒業後、大手広告会社へ入社。2008年株式会社シェイクに転職。営業統括部長に就任し連続目標達成へ導く。2018年株式会社NEWONE取締役に就任。営業統括として日々各企業様への支援や、ファシリテーター採用、育成を行いながら自身も大手企業様に新入社員から経営層まで幅広い層の研修登壇に従事している。
受付終了 インタビュー
5/19(木)
13:50 -
14:40
特別講演[G-7] 受付終了

2:6:2の6の層を自律自走する人材に変える方法論
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

社会環境の急激な変化に伴い、自律型人材の育成が急務となっています。しかしそのような人事戦略を推進する上で、集団における「2:6:2の法則」の中間層(6の層)がボトルネックになっていることが多くあります。本講演では、自律型人材育成を支援してきたNewsPicksと、次世代リーダー人材育成に携わってこられた中尾氏のセッションを通して、2:6:2の6の層を自律型人材へと促す方法論についてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

自律型人材の育成やボトムアップな組織風土の醸成に悩んでいる


中尾マネジメント研究所(NMI) 代表取締役社長

中尾 隆一郎氏

【中尾 隆一郎氏プロフィール】
(なかお りゅういちろう)リクルートに29年間勤務。リクルートテクノロジーズ代表取締役社長、リクルート住まいカンパニー執行役員、リクルートワークス研究所副所長を歴任。リクルートの社内大学にて「KPIマネジメント」「数字の読み方・活用の仕方」の講師を11年間担当。2019年株式会社中尾マネジメント研究所(NMI)を設立。

株式会社アルファドライブ 代表取締役社長 兼 CEO/株式会社ニューズピックス 執行役員

麻生 要一氏

【麻生 要一氏プロフィール】
(あそう よういち)東京大学卒業。株式会社リクルートに入社後、ファウンダー兼社長としてIT事業子会社を立ち上げ、経営者としてゼロから150人規模まで事業を拡大。2018年9月株式会社ニューズピックスにて非常勤執行役員就任、企業内起業家としてNewsPicks for Businessの事業開発を管掌。
受付終了
5/19(木)
13:50 -
14:40
特別講演[G-8] 受付終了

いま従業員エクスペリエンスが注目されている理由と、その実現に欠かせないHuman Centricとは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

企業変革を支える人事部のミッションとして、従業員エクスペリエンス(EX)の向上を掲げ、取り組む企業が増えています。なぜ、従業員エクスペリエンス(EX)は注目されているのでしょうか? そして従業員の業績やリテンション、企業業績にはどう影響するのでしょうか? 本講演では、その背景や具体的な効果の説明に加え、変革の鍵となるHuman Centric(人を中心とした考え方)についてご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

従業員と上司、人事が繋がりストレスなく働ける環境を実現したい


ServiceNow Japan合同会社 人事総務ソリューション事業部 事業部長

壹岐 隆則氏

【壹岐 隆則氏プロフィール】
(いき たかのり)大手コンサルティングファームで10年以上にわたり人事コンサルティングに従事。大手グローバル企業の人事部で企画労務、人事サービス、総務、デジタルHRの担当部長を歴任。2019年12月より現職。一貫して従業員エクスペリエンスの向上を実現する企業のInternal DXを内外から支援している。
受付終了 インタビュー
5/19(木)
14:50 -
15:50
パネルセッション[G] 受付終了

「感情」との向き合い方が組織を強くする
誰もがいきいきと働くための職場コミュニケーションと人材マネジメント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

社員がいきいきと働いている組織は生産性に優れ、高いパフォーマンスを発揮します。一方で人は生きている限り、時には不安や怒りなどのネガティブな感情を持つことがあります。これらの感情をどうすればエネルギーに変え、組織を活性化することができるのでしょうか。さまざまな感情と向き合い、人材と組織を改善してきた事例をもとに、強い組織をつくるための職場コミュニケーションと人材マネジメントについて考えます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

感情に着目した組織づくりのアプローチを知りたい


NTTコミュニケーションズ株式会社 ヒューマンリソース部 キャリアコンサルティング・ディレクター

浅井 公一氏

【浅井 公一氏プロフィール】
(あさい こういち)企業内キャリアコンサルタントとして2000人を超えるシニアのキャリア開発に携わり、面談手法を指導したマネージャも800人を超える。圧倒的面談量を基に築き上げた独自のキャリア開発スタイルにより75%の社員が行動変容を起こす。2021年、人事・キャリア支援者のための実践塾「浅井塾」(HRラボ社)を開講。

株式会社チームボックス 代表取締役

中竹 竜二氏

【中竹 竜二氏プロフィール】
(なかたけ りゅうじ)1973年福岡県生まれ。早稲田大学卒業、レスター大学大学院修了。2006年早稲田大学ラグビー蹴球部監督就任。2年連続で大学選手権を制覇。2010年、日本ラグビーフットボール協会、初代コーチングディレクターに就任。2016年、日本代表ヘッドコーチ代行。2019年から2021年、協会理事を務めた。

東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野 客員研究員 心理学博士・臨床心理士・公認心理師

関屋 裕希氏

【関屋 裕希氏プロフィール】
(せきや ゆき)専門は職場のメンタルヘルス。業種や企業規模を問わず、メンタルヘルス対策・制度の設計、組織開発・組織活性化ワークショップ、経営層、管理職、従業員、それぞれの層に向けたメンタルヘルスに関する講演・執筆・研究活動を行う。博士課程では怒り感情を研究テーマとした。著書に『感情の問題地図』(技術評論社)など。
受付終了
5/19(木)
16:00 -
16:50
特別講演[H-1] 受付終了

人材データを活用した課題解決の実践-5つのステップ-
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

DXや人的資本の情報開示が話題になる中、人材データの活用を進める企業が増えつつあります。適正な人材配置や労働生産性の改善といった人事の課題を解決するため、データを活用した事例も出てきています。課題解決はどのように進めれば成功するのか、十分な成果を上げるためのポイントは何なのか。本講演では具体的事例を交えながら、人材データを活用した課題解決の手順を5つのステップで説明します。(協賛/インフォテクノスコンサルティング株式会社)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

データを活用して人事の課題解決をしたい


株式会社T4C Rosicディビジョン コンサルチーム マネージャー/人事データ保護士

鈴木 潤氏

【鈴木 潤氏プロフィール】
(すずき じゅん)情報システム会社にて人事給与システムパッケージの設計・開発・導入のコンサルタントとして、SE・リーダーを経験。T4C入社後、Rosic導入コンサルタントとして、通信・医療・アパレル・ドラッグストアなど、様々な業界・業種の顧客に対し、Rosic導入プロジェクトマネジメントを行っている。
5/19(木)
16:00 -
16:50
特別講演[H-2] 受付終了

700社の事例から見えた事業を構想し、実行できる人材を育てる3つの原理原則
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

事業企画をする際、構想の段階で壁にぶつかる、推進していく人材がいないという声を伺います。約700社、1万件以上の事業企画に対し構想から実行までを支援してきた結果、成功する事業企画には「自己認知を超えたインプットやアイデア出し・ブレスト」をできる人材がいるという共通点があることが分かりました。本講演では、この共通点を兼ね備えた人材を育てる方法と仕組み、その連動のさせ方について紹介していきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

新しい事業構想をしたい、事業構想人材を育てたい


株式会社HRインスティテュート 取締役 シニアコンサルタント

櫻橋 淳氏

【櫻橋 淳氏プロフィール】
(さくらばし じゅん)浄土真宗(真宗大谷派)僧侶。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科後期博士課程満期退学。英国国立ウェールズ大学経営大学院修了(MBA)。大学卒業後、世界文化社にて女性誌などの編集、グロービスにて組織開発コンサルティング、日本IBMにて戦略コンサルティング業務に従事した後、当社に参画。
5/19(木)
16:00 -
16:50
特別講演[H-3] 受付終了

障がい者雇用のミスマッチを引き起こす3つの観点
~定着に向けた様々な手法の紹介から比較まで~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

採用はできても1年以内に退職してしまう障がい者の方が増えており、定着に向けたサポートの方法が良く分からないという声をお聞きします。在宅勤務が浸透し、業務の切り出し方が複雑化している中で社員とのミスマッチを防ぐにはどのように対応すれば良いのでしょうか。本講演では、各社の特例子会社・サテライトオフィス・農園などのさまざまな事例を紹介・比較しながら会社ごとにあった取り組み方法をお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

障がい者雇用を考えたい、整理したい、新しく取組みたい


株式会社JSH 執行役員 地方創生事業部グループ 

矢野 翔太郎氏

【矢野 翔太郎氏プロフィール】
(やの しょうたろう)2006年神戸大学経営学部卒業。同年、株式会社JTBに入社。2018年にJSHに転職し、障がい者雇用支援サービスのスキーム開発から法人営業までを担当。関連法案への知見もあり、障がい者雇用の課題を抱える企業との面談は500社を超える。農園開設や運営にも携わることで、障がい者雇用のリアルな現場にも正対。
受付終了 インタビュー
5/19(木)
16:00 -
16:50
特別講演[H-4] 受付終了

神戸大 服部准教授登壇。激動の採用市場に適応する「経営戦略に基づいた新卒採用の方法論」
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

採用活動は年々早期化し、コロナ禍によるオンライン化も進行しています。学生のライフスタイルが変化すると共に職業観の変化が起こりつつある今、採用戦略の見直しが不可欠です。経営戦略に沿った人材採用の成功は、採用担当だけではなく、経営陣の課題でもあります。本講演では神戸大学 服部准教授と共に採用市場を分析・解説。対話を通して、経営戦略を実行する上で重要な採用戦略を、どのように設計するべきかを考察します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

採用戦略再構築に向けて、学生の動向や変化を知りたい


株式会社インタツアー 代表取締役社長

作馬 誠大氏

【作馬 誠大氏プロフィール】
(さくま あきひろ)2020年より、株式会社インタツアー代表取締役社長に就任。 同社では学生の日本最大級の企業インタビュープラットフォーム『インタツアー』を展開し、 学生のより本質的な就活とOne to One の共感を採用ブランディングにもたらす支援を行っている。

神戸大学大学院 経営学研究科 准教授

服部 泰宏氏

【服部 泰宏氏プロフィール】
(はっとり やすひろ)日本企業における組織と個人の関わりあいをコアテーマに、経営学的な知識の普及の研究、日本、アメリカ、ドイツ企業の人材採用に関する研究などに従事。2018年以降は、企業内で圧倒的な成果をあげる「スター社員」に関する研究も行っている。
5/19(木)
16:00 -
16:50
特別講演[H-5] 受付終了

70歳就業時代に必要なキャリア自律とは? ~大手企業の具体的取組事例から考える~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

高年齢者雇用安定法改正の施行を受け、「法対応」や「中高年社員活性化」に向けた人事施策は進んでいるのか。定年後研究所の「企業調査」「行政当局との情報交換」「インタビュー調査」で見えた「中高年社員のキャリア自律」の課題点や今後の方向性を整理します。併せて、キャリア自律促進の具体策として、定年後研究所監修の「キャリア自律プログラム」の導入事例を紹介し、新しいスタイルのキャリア研修のあり方を考えます。(協賛/株式会社星和ビジネスリンク)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

中高年社員の活性化や、キャリア自律促進で悩んでいる


一般社団法人定年後研究所 理事/所長

池口 武志氏

【池口 武志氏プロフィール】
(いけぐち たけし)大手生保にて長年にわたって管理職を務め、50代半ばで出向。定年後研究所設立後は、「中高年会社員の活性化」の調査・発信・研修プログラム開発に従事。昨年4月より桜美林大学大学院老年学研究科でジェロントロジーを学び直しながら、「高齢期就労の質的向上、中年期からの準備行動」を研究中。

自走コーディネーター/一般社団法人定年後研究所 特任研究員

得丸 英司氏

【得丸 英司氏プロフィール】
(とくまる えいじ)大手生保で25年にわたり法人・個人分野のコンサルティングに従事。日本FP協会常務理事(現 特別顧問)、慶應義塾大学大学院講師等を歴任。一般社団法人定年後研究所の初代所長を務める。各メディアへの出演、多数の講演で活躍。著書に『定年後のつくり方』(廣済堂新書)。
受付終了 インタビュー
5/19(木)
16:00 -
16:50
特別講演[H-6] 受付終了

これからの人事制度と組織づくりの勝ち筋 ~ジョブ型はどのように定着していくのか~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ジョブ型やメンバーシップ型・欧米型や日本型など、人事制度や組織づくり・マネジメントの話題をよく聞くようになった昨今。最適解がなく各社に判断が問われる環境下にお困りの声を多くお聞きします。本講演では「結局、どうすればよいか?」と頭を悩ませている人事の皆さまに「これからの人事制度の正解と組織づくりの勝ち筋」を各社の事例を交えながらお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人事制度や組織づくりに頭を悩ませている


株式会社ヒューマンファースト 代表取締役(組織人事コンサルタント/社外CHRO)

山本 陽亮氏

【山本 陽亮氏プロフィール】
(やまもと ようすけ)コンサルティング会社で人事制度構築および階層別研修の企画・運用に携わった後、リクルートに転じ採用の支援に携わる。現在は2社での経験を掛け合わせ、採用~定着・戦力化までムリなく成長できる組織づくりの支援を行っている。組織人事の幅広い経験から、経営視点での全体最適を実現できる組織づくりができる点が強み。
5/19(木)
16:00 -
16:50
特別講演[H-7] 受付終了

新しいビジネスを創る次世代リーダーの人材育成を考える
「研修コンテンツ」×「学び方」をどう進化させるか
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

昨今、研修の提供方法が大きく変わり、オンライン研修が前提の新しい学び方が浸透しています。そして、既存事業の不透明さが高まる中で、新規事業の立案や既存事業の新たな展開など「新しいビジネスを創る力」がビジネスリーダーに求められています。新しい価値を生み出すために重要なこと、さらに、オンライン教育サービスの“理想”と“現実”に触れ、成果につながる意味のある学習をいかに実現するかについてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

新しいビジネスを創る次世代リーダーを育成したい


株式会社ビジネス・ブレークスルー 執行役員/問題解決力トレーニングプログラム講座 責任者

高松 康平氏

【高松 康平氏プロフィール】
(たかまつ こうへい)慶應義塾大学経済学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。その後、リクルート等を経て現職。現在はビジネス・ブレークスルーにて、教育コンテンツの企画開発から運営まで幅広く携わっている。【著書】『筋の良い仮説を生む問題解決の「地図」と「武器」』(Amazon経営戦略カテゴリー第1位獲得!)
5/19(木)
16:00 -
16:50
特別講演[H-8] 受付終了

真のダイバーシティ経営とは? ~持続的な成長に必要な「深層のダイバーシティ」~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ダイバーシティ経営の推進に当たっては、性別、年齢、国籍や障害の有無といった「表層のダイバーシティ」に加え、社員一人ひとりの価値観や仕事観といった「深層のダイバーシティ」へのアプローチが重要となります。本講演では、「深層のダイバーシティ」に関する現状や課題に関する整理と、「深層ダイバーシティ」をインクルージョンし自社の持続的な成長につなげるアプローチを解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員の深層ダイバーシティと企業の持続的な成長とを結び付けたい


タレンタ株式会社 代表取締役社長兼COO

田中 義紀氏

【田中 義紀氏プロフィール】
(たなか よしのり)外資系IT企業複数社を経てタレンタ株式会社に参画。2010年よりHR領域に特化し、業務効率化や高度化を狙った最先端HRテクノロジーの発掘や心理学の知見を活用した適用手法を開発しサービスとして展開している。慶應義塾大学院理工学研究科管理工学専攻修了。1994年東京箱根間往復大学駅伝競走メンバー。
受付終了 インタビュー
5/19(木)
17:00 -
18:00
パネルセッション[H] 受付終了

「やらされ感」を「やりがい」に変える!
従業員が主体的に仕事に取り組むための「ジョブ・クラフティング」
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

近年、「ジョブ・クラフティング」が注目を集めています。従業員が自身の仕事を見直し行動を修正していくことは、やりがいへとつながり、モチベーションやエンゲージメントの向上が期待できるからです。では、従業員がジョブ・クラフティングを実践するために、企業には何ができるのでしょうか。スープストックトーキョーの 江澤氏、LIFULLの羽田氏、東京大学大学院の山内氏が、ジョブ・クラフティングの実践例やその効果についてディスカッションします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

従業員が仕事にやりがいを感じるための手法を知りたい


株式会社スープストックトーキョー 取締役副社長 兼 人材開発部長

江澤 身和氏

【江澤 身和氏プロフィール】
(えざわ みわ)短大卒業後、フリーターを経て2005年にスープストックトーキョーのパートナー(アルバイト)として入社。社員登用後は店長を歴任し、法人営業グループへ異動。2016年、取締役兼人材開発部長に着任。現在は取締役副社長 兼 人材開発部長として新たな採用・育成の仕組みづくりに取り組んでいる。

株式会社LIFULL 執行役員 Chief People Officer

羽田 幸広氏

【羽田 幸広氏プロフィール】
(はだ ゆきひろ)人材関連企業を経て2005年にネクスト(現LIFULL)入社。人事責任者として人事部を立ち上げ、企業文化、採用、人材育成、人事制度の基礎づくりに尽力。「日本一働きたい会社プロジェクト」を推進し、「ベストモチベーションカンパニーアワード」1位を獲得。著書に『日本一働きたい会社のつくりかた』。

東京大学大学院情報学環 教授

山内 祐平氏

【山内 祐平氏プロフィール】
(やまうち ゆうへい)大阪大学助手、茨城大学講師、助教授、東京大学大学院情報学環准教授を経て2014年より現職。情報化社会における学習環境のデザインについて、教育工学の観点から研究している。著書として『学習環境のイノベーション』『活躍する若手社員をどう育てるか:研究データからみる職場学習の未来』など多数。
受付終了

※講演は予告なく内容などを変更することがございますので、予めご了承ください。

選択中の講演数

  • 5/18:0
  • 5/19:0
  • 5/20:0
  • 5/24:0
  • 5/25:0
  • 5/26:0
クリップから申込む

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop