人・組織の課題解決策を体系的に学ぶ、日本最大のHRイベント 日本の人事部「HRカンファレンス」ロゴ

イベントレポート イベントレポート

HRカンファレンストップ > イベントレポート一覧 > 日本の人事部「HRカンファレンス2019-秋-」  > 特別講演 [TE-2] IoTテクノロジーを活用して分析する1on1ミーティングの実態と…

IoTテクノロジーを活用して分析する1on1ミーティングの実態と今後の展望

  • 大門 佑理氏(株式会社クレディセゾン 戦略人事部 企画課長)
  • 笹野 晋平氏(株式会社村田製作所 モジュール事業本部 IoT事業推進部 データソリューション企画開発課 シニアマネージャー)
  • 舘野 泰一氏(立教大学 経営学部 特任准教授)
TECH DAY特別講演 [TE-2]2019.12.24 掲載
株式会社村田製作所講演写真

近年、人材育成や組織開発などの領域で注目されているのが、1on1ミーティングだ。しかし目的や意義は理解していても、実際に導入・運用してみるとなかなかうまくいかないという声は多い。どのようにして導入を進めて行けばいいのか。また、課題にどう対処していけばいいのか。実際に、1on1ミーティングの導入を始めたクレディセゾンの大門氏、テクノロジーを活用したより効果的な1on1ミーティングを提唱する村田製作所の笹野氏、リーダーシップ開発に精通している立教大学の舘野氏が、1on1ミーティングの現状と今後の展望を議論した。

プロフィール
大門 佑理氏( 株式会社クレディセゾン 戦略人事部 企画課長)
大門 佑理 プロフィール写真

(だいもん ゆり)大学卒業後、2008年にクレディセゾンに入社。クレジットカード事業において、セゾンカウンターに配属後、人事部へ異動。人材開発領域にて採用・教育を担当し、現在に至る。


笹野 晋平氏( 株式会社村田製作所 モジュール事業本部 IoT事業推進部 データソリューション企画開発課 シニアマネージャー)
笹野 晋平 プロフィール写真

(ささの しんぺい)マーケティング部門在籍時よりIoTに関連した新規ビジネス創造に携わり、企画、開発部門を経て、現在はNAONAプロジェクトの販売推進に従事。NAONAではこれまで可視化、定量化が難しかった人のコミュニケーションに関わる領域、特に、現時点では1on1での課題解決に向けた提案を積極的に行っている。


舘野 泰一氏( 立教大学 経営学部 特任准教授)
舘野 泰一 プロフィール写真

(たての よしかず)青山学院大学文学部教育学科卒業。東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学後、東京大学大学総合教育研究センター特任研究員、立教大学経営学部助教を経て、現職。博士(学際情報学)。大学と企業を架橋した人材の育成に関する研究をしている。具体的な研究として、リーダーシップ開発、越境学習、ワークショップ、トランジション調査などを行っている。近著に『リーダーシップ教育のフロンティア 高校生・大学生・社会人を成長させる「全員発揮のリーダーシップ」』(北大路書房)等がある。


1on1ミーティングを効果的に行う秘訣を考える

村田製作所は、世界的な総合電子部品メーカーとして独創的な製品を多数創出している。人が五感を使って認識している「認知情報」や「関係性情報」をセンシングし、データを提供するプラットフォーム「NAONA」もその一つ。これを活用し、上司-部下との1on1ミーティングでのコミュニケーション状態を見える化。より良い1on1ミーティングを行うための仕組みを提供している。今回のセッションでは、そのサービスも紹介された。

セッションではまず、舘野氏が本セッションの目的を説明。「1on1ミーティングを効果的に行うためには何が必要か、何を支援できるのかを議論していきたい」と切り出した。

「1on1ミーティングとは、業務時間内に上司と部下が1対1の対話を定期的に設ける方法論です。期待できる効果は、経験学習の支援や仕事に対する思いの確認、キャリアの長期的展望の検討などが挙げられます。導入の背景には、働き方が変化し、上司との対話の時間を確保することがますます難しくなってきていることがあります。もちろん、仕組みを単に入れただけでは成功しません。実際にどんなことが起きているのか、何に注意したら良いのかを議論していきたいと思います」

大門氏によるプレゼンテーション:
1on1ミーティングの定着・促進を目指し、試行錯誤を続ける

続いて、大門氏がクレディセゾンの概要と1on1ミーティングの導入背景、その推進に向けた取り組みについて語った。クレディセゾンは、「サービス先端企業」を経営理念に掲げ、セゾングループのDNAを持つファイナンスカンパニーとして事業を展開している。

「当社が1on1ミーティングを導入した理由は、三つに集約されます。第一に、日々新しい決済サービスが生み出されているなか、当社としても新たな価値開発への取り組みが求められていること。第二に、よりユーザーに近い多様な人材のアイデアを生かしていくため、ボトムアップ型組織への変革を加速させていかなければならないこと。そして第三は、働く社員の共感を引き出し、何のために仕事をやっているのかを自ら考えてビジネスを遂行していく必要があることです」

社員のパフォーマンス向上に向けて導入した1on1ミーティングだが、単独で行ったわけではない。三つの人事施策でサイクルを回していこうと考えたところがポイントであった。それが、社員自らが主体的にキャリアを考える機会として位置づける「キャリアデベロップメントシート」、複数のマネジャーが集まり人材のポートフォリオに基づく育成プランを議論・策定する「事業部・部門単位開催の人材育成会議」、社員への期待を伝えつつ主体性を引き出していく「1on1ミーティング」だ。

同社では1on1ミーティングの目的を、部下の成長支援と位置付けている。実施頻度は、月に1回。就業時間内に行うが、実施場所は自由としている。

「必ずしも対面でなくてもよく、まずはしっかりと実施することを目標としています。話すテーマは、職場における人間関係とコミュニケーション上の課題、能力やキャリア開発、自身の働き方、そして現状の仕事における業務相談です」

講演写真

大門氏は、この半年間で1on1ミーティングを定着・促進させるために行ってきたいくつかの施策を紹介した。例えば、1on1ミーティングに課題を抱くマネジャーを対象とした「1on1フォローアップ研修」。実際にやってみた社員の声をヒアリングして発信する社内SNSの「1on1通信」。今後はさらに、1on1ミーティングの導入実態を定量的に把握するため、上司と部下に分けて行う「1on1アンケート」の実施も予定しているという。

「こうしたアンケートや各部門との意見交換を踏まえ、当社の働き方に合った1on1ミーティングの定義や運用ルールを再構築していきたいと考えています。また、部下側へのアプローチも検討しています。1on1ミーティングを受ける側の部下が主体的に活用していくにはどうすればいいのかを、多くのマネジャーが考えなければならないと感じているからです。もう一つが、各種人材育成施策との連携強化です。あくまでも1on1ミーティングは人事施策の一つですが、現状は独立メニューとして捉えられてしまっています。効果を高めていくためにも、連携を模索していきたいと考えています」

上司と部下との会話の質をどう上げていくかという新たな課題に直面

大門氏のプレゼンテーションを受けて、三人によるディスカッションが行われた。

舘野:1on1ミーティングを導入してから半年が経過したそうですが、現時点での反応、手ごたえを教えてください。

大門:まだ課題が多いのが実状です。他社はスモールスタートが多いのですが、当社はあえて全社一斉でスタートさせました。ただ、どうしても部門ごとに独自の課題があるので、改善の必要性を感じています。社員からは「部下とコミュニケーションを取る場・理由ができた」という声が寄せられました。

笹野:仕組み作りの点で、何か良いアイデアはありますか。

大門:仕組み作りを人事だけで行わないことです。現場にフィットしていない施策になりがちですから。人事だけで進めないことが定着への近道だと思っています。現場のメンバーも巻き込んで、各部署にあったルールを作っていく必要があります。

笹野:アンケートを行う意義はどう考えていますか。

大門:1on1ミーティングは密室で行うので、人事が情報のすべてを把握することは難しい。上司と部下にとってどのような効果があるのかを答えてもらい、実態を把握することが目的です。

講演写真

舘野:1on1ミーティングをより良くしていくには、会話の場をまず確保すること。次に、会話の質を上げることが重要ですね。

大門:導入当初は、心理的安全性を担保するために内容に制約を設けませんでした。その結果、雑談に終わりがちだという声がマネジャーから聞こえてきています。それではパフォーマンス向上につながらないので、部下にも1on1ミーティングをどう活用するかを考えてもらいたいです。

舘野:部下へのアプローチで考えていることはありますか。

大門:キャリアデベロップメントシートの作成を充実させていくことです。キャリア形成の良い機会として提供していきたいですね。

舘野:新しい施策を行うには、「なぜやるのか」の共有が難しいといえます。特に、1on1ミーティングは、1対1で話しているのですべてのコミュニケーションを把握することは困難です。あまりルールで縛りすぎてもいけません。どうバランスを取っていくかが課題です。

笹野氏によるプレゼンテーション:
1on1ミーティングの課題にIoTテクノロジーで切り込む

次に笹野氏が、1on1ミーティングに活用できる『NAONA』を紹介。テクノロジーの側面から1on1ミーティングをひもといていった。

「1on1ミーティングの導入に際して、管理部門が陥りがちな落とし穴は、PDCAがうまく回らないことです。導入を決めても、実施しない。面談が上司による説教の場となっている。上司によって、やり方もスキルもバラバラな状態にあります。こうしたことがなぜ起こるかというと、管理部門には1on1ミーティングが現場主導で行われているので、実態が見えないからです。一方、運用部門は自分の1on1ミーティングのやり方が適切なのかがわからない、継続するための仕組みがない、などの課題に直面しています」

講演写真

1on1ミーティングはブラックボックス化されているので、管理部門からすれば実態を把握できないのが実状。上司が部下の話を聞けているのか、上司は部下に自己開示を促せているのかが気になるところだ。こうした課題を、テクノロジーの側面から解決に導く音声センシングシステムが「NAONA」。上司と部下が1on1ミーティングを行う場に、アレーマイクセンサーを置き、音声の角度情報や各方向からの発言量、発言の長さをセンシングし、上司の傾聴度や部下の自己開示度、コミュニケーションスタイルなどを定量的に可視化していく。

「NAONAの特長は、音声データをその場で破棄し、音声の特徴量情報のみをクラウドサーバーにアップロードしていることです。非言語情報になるので、とても使いやすいといえます。機密情報や個人情報が外部に出ていくことはありませんし、機器の設置や管理もとても簡単です」

ただ、データだけが見えても運用部門の課題にヒットできるわけではないと笹野氏はいう。「傾聴が大事と言われるが、自分はできているのか」「最初から最後まで、ずっと指導ばかりしてしまうのではないか」「継続する仕組みがないから、1on1ミーティングは後回しになってしまう」といった不安を上司は抱く。

「こうした運用部門の課題を解決するために、我々はスプリングボード社と協力して現場に落とし込むサービスを『1on1support』というWEBアプリケーションによりご提供しています。『1on1support』では1on1ミーティングの運用管理や満足度アンケート、上司のコミュニケーションの可視化が可能です。見える化の仕組みである『NAONA』とフィードバックの仕組みである『1on1support』を活用することで、1on1ミーティングのPDCA、特にCAのフェーズにメスを入れていきたいと考えています」

コミュニケーションの質を可視化する仕組みが大切になる

笹野氏のプレゼンテーションを受けて、再度三人によるディスカッションが行われた。

舘野:可視化は振り返りに有効ですが、実際には、プライベートな話をできるのかという不安を持たれるのではないですか。

笹野:会話の音声データをサーバーに送信して分析するサービスもあります。しかし、法律的に問題がなくても、会話情報が外部に蓄積されたり、録音されたりというのは心理的には抵抗感がある会社が多いようです。弊社では、非言語情報に限定して皆さんが安心してお使いになれるようにしています。

講演写真

舘野:大門さんは、このシステムにどんな感想をお持ちですか。

大門:当社は、1on1ミーティングの導入後にフォローアップ研修を四半期に一回のペースで行っています。そこで出てきている声として、「自分の1on1ミーティングは正しいやり方なのか」「部下がどう思っているのか」などがありました。この仕組みは自分のコミュニケーションスタイルを把握できるので、とても良いと思いました。その上で、実際にどう活用していくかが重要になってくると思います。例えば、ティーチングよりの上司がいたら、その後のアプローチとしてどういうことが考えられるのですか。

笹野:我々のパートナーであるスプリングボード社は、ティーチングばかりのマネジャーをどうサポートするかといった知見もお持ちなので、力をお借りしています。例えば、いつも1on1が指導的なティーチングになってしまう、話題に困る、といった現場のマネジャーが直面する課題に対して『1on1support』の中にはマイクロラーニングの手法を用いた数分の動画アドバイスが用意されており、わざわざ時間を設けて大がかりな人事研修を受けなくても簡単に注意点を学ぶことができる機能も備えています。

大門:マネジャーからは、「自分の1on1ミーティングのフィードバックを欲しい」という声がかなりあります。事実として伝えていくのは重要だと思います。

笹野:お客さまからは、「これまでは自分のコミュニケーションスタイルを定性的、主観的にしか捉えられなかった。人から『しゃべりすぎ』と言われても、どの程度なのかも判断できなかった。NAONAに触れることで、そこが定量化、可視化、データ化できるようになったので納得感がある」といった声をいただいています。

ディスカッションの最後に、舘野氏が総括。1on1ミーティングはやり続けることが重要だが、IoTテクノロジーを活用することで新たな可能性が開けてくると語った。

講演写真

「まずは、対話の場を持つことが最初のステップ。会話の質を上げることが次のステップになってきます。ただ、自分のコミュニケーションを振り返るのは難しいので、アンケートなどの施策が必要です。そうした局面で定量的な判断ができるのがNAONAといえます。しかし、すべての運用方法を教えてくれるわけではありません。それをどう活用すれば良いかが次のポイントです。データがあることで、コミュニケーションの質を議論の遡上に載せることができます。1on1ミーティングをねばり強く継続的にやっていくためにも、可視化する仕組みは今後重要になってくるのではないでしょうか」

本講演企業

  • この記事をシェア
本講演企業

日本の人事部「HRカンファレンス2019-秋-」レポート
講演写真

[A-5]なぜ英語学習が続かない社員が多いのか? 自主学習意欲維持のコツからAIの活用まで

講演写真

[A]「幸せな職場」のつくり方 ~従業員が幸せになれば会社が伸びる~

講演写真

[B]AI活用で変わるこれからの人材組織開発 ~感情への科学的アプローチで解った幸福度と生産性向上の関係~

講演写真

[C-1]世界114ヵ国、130万人の「英語能力ビッグデータ」から見えた、次世代リーダーを育成するヒントとは

講演写真

[C-5]いまから、人事が準備すべき「仕事と介護の両立支援」とは~2025年問題に向けて~

講演写真

[C]自律組織・自律人材をどう実現するか

講演写真

[D-5]クライアント事例から学ぶ 事業戦略から落とし込む教育体系構築の具体策

講演写真

[D]今なぜ「エンゲージメント」なのか ~人事リーダーと共に考える、その意義と可能性~

講演写真

[LM-1]多様性の実現がゴールではない ~ダイバーシティを「イノベーション」と「企業価値向上」につなげる~

講演写真

[E-2]「異業種交流×SDGs」が次世代リーダーを育てる~変わるリーダー育成のあり方~

講演写真

[E-5]リーダーシップOSを組み換える~経営リーダーの土台をつくる6つの“C”~

講演写真

[E]1on1×HRテクノロジーで、社内風土改善と離職防止を実現 ―全業界で役立つ東京ベイ有明ワシントンホテル1年の取り組み

講演写真

[F-5]本質から知る社員エンゲージメント~カギは診断後のデータ活用にあり~

講演写真

[F]人事の「未来像」――激変の時代における人事の存在意義とは

講演写真

[G-1]グローバル人材育成最前線 ~海外事業・拠点で活躍できるリーダーの育成のポイント~

講演写真

[G]戦略人事の先にある「これからの人事」

講演写真

[LM-2]『日本の人事部 人事白書2019』から読み解く「育成」「組織活性化」の現状と課題

講演写真

[H-5]組織を元気にする健康経営 ~社員のメンタルヘルス対策の鉄板手法からはじめよう~

講演写真

[H]人生100年時代に求められるキャリアデザインとは 「組織内キャリア」から「生涯キャリア」へ

講演写真

[I-5]世界14万人を率いたブリヂストン元CEOと考える ~日本企業に必要なリーダーシップ~

講演写真

[I]真の変革を生むダイバーシティ経営─意思決定と無意識バイアス

講演写真

[J-4]人事が考えるべき「仕事と介護の両立支援」~育児との違いにみる介護のリスクを解説~

講演写真

[J-5]変革の時代における人材マネジメントの目指すべき方向性

講演写真

[J]環境の変化に応じて柔軟にキャリアを変えていく時代 社員がイキイキと働き続けるための「プロティアン・マネジメント」

講演写真

[K-2]変革の時代を勝ち抜く「しなやかな組織」をめざして ~成長し続ける組織をつくるポイントとは~

講演写真

[K-4]ハラスメント対策いよいよ法制化へ! 今後企業に求められる対策と最新事例のご紹介

講演写真

[K-5]これからのマネジャーのあり方と見極め方 ~10個のキーコンピテンシーからの考察~

講演写真

[K]人生100年時代の働き方にどう向き合うべきか?

講演写真

[L-1]5000人以上の管理職の適性検査傾向から見るパワハラ予防の本質とアプローチ事例

講演写真

[L-5]2020卒内定者の特徴から、内定者・新入社員育成をアップデートする

講演写真

[SS-1]「やらされ感」が「やりがい」に変わる ――従業員がイキイキと働くためのジョブ・クラフティング

講演写真

[L]一人ひとりのリーダーシップが組織を変える 主体的に動き、変化に強いチームをつくるには

講演写真

[OSA-3]「戦略人事」を具現化する人事・人材育成の考え方とリアルな実例

講演写真

[OA]サイバーエージェント、ソフトバンクの先進事例に学ぶ「新卒採用戦略」

講演写真

[OSB-3]企業にとって新しい価値を創り出す人材とその育成ポイントとは

講演写真

[OB]従業員の「やる気」を引き出し「働きがい」を高める組織とは

講演写真

[OC]世界で戦える「次世代リーダー」を育成する

講演写真

[OD]人手不足時代を乗り切り組織活性化を実現! ミドル・シニアを「戦略的」に活用するため、人事がなすべきこととは

講演写真

[OE]人の心を考慮しなければ「戦略人事」は機能しない

講演写真

[TA-2]IT人材のスキル管理による組織力最適化 ~2025年の崖と次世代型組織編成~

講演写真

[TB]データ活用により人財育成のあり方を変革する 実践にフォーカスした育成へ

講演写真

[TC-1]「気づき」から始まる人材育成と組織変革 ~HRテクノロジーによる成長する会社への仕掛け~

講演写真

[TD]従業員のパフォーマンス最大化に向けたHRテクノロジー活用事例

講演写真

[TE-2]IoTテクノロジーを活用して分析する1on1ミーティングの実態と今後の展望

講演写真

[TF]テクノロジーの進化で「働き方」と「人事」の未来はどう変わるか


このページの先頭へ