人・組織の課題解決策を体系的に学ぶ、日本最大のHRイベント 日本の人事部「HRカンファレンス」ロゴ

イベントレポート イベントレポート

HRカンファレンストップ > イベントレポート一覧 > 日本の人事部「HRカンファレンス2019-秋-」  > 特別講演 [TA-2] IT人材のスキル管理による組織力最適化 ~2025年の崖と次世代…

IT人材のスキル管理による組織力最適化
~2025年の崖と次世代型組織編成~

  • 田島 悠貴氏(日本サード・パーティ株式会社 執行役員/人財育成コンサルティング事業部長)
TECH DAY特別講演 [TA-2]2019.12.24 掲載
日本サード・パーティ株式会社講演写真

経済産業省は2018年の「DXレポート」で企業に迫る近々のリスクとして「2025年の崖」の存在を指摘した。これは、世の中へのICTの浸透を阻害する要因が2025年に集中することを意味する。企業がこの崖を乗り越えるにはIT人材の新たな組織化が必要。実現には、ITスキルの見える化が不可欠だ。ITスキルアセスメントツール「GAIT」を運営する日本サード・パーティの田島氏が、スキル管理と次世代型組織編成の手法について語った。

プロフィール
田島 悠貴氏( 日本サード・パーティ株式会社 執行役員/人財育成コンサルティング事業部長)
田島 悠貴 プロフィール写真

(たじま ゆうき)2007年に入社。IT人材の育成のための事業戦略やコンサルティング事業に携わる。2016年より現職。同社が30年以上海外ITベンダー向けテクニカルアウトソーシング事業で培ってきたIT技術や研修ノウハウを結集したITアセスメントおよび関連サービスの企画、開発から実施までの指揮を取る。


経済産業省が警鐘を鳴らす、企業が備えるべき「2025年の崖」とは

日本サード・パーティは、日本に進出する海外のテクノロジー企業向けに、テクニカルサービス、ヘルプデスク、トレーニングなどの技術サービスのアウトソーシングを行っている。社名はメーカーでもユーザーでもない、第三者(=サード・パーティ)という立場から、高い専門性と技術を兼ね備えたサービス提供をすることを目指し付けられたものだ。近年は海外の企業だけでなく、日本のエンドユーザーに対しても独自のサービスを展開している。

本講演は、不足するIT人材の採用~活用に、技術責任者だけでなく人事担当者が積極的に関与していくべきではないか、という問題提起の意味も含めて構成されていた。

田島氏はまず会場の参加者に対して、「2025年の崖への備えはできていますか」と問いかけた。「2025年の崖」とは、経済産業省が2018年9月に公表した「DXレポート」で伝えられた警鐘だ。DX(デジタル・トランスフォーメーション)とは、ウメオ大学(スウェーデン)のエリック・ストルターマン教授が2004年に提唱した概念で、ICTの浸透が人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる、というものだ。DXを阻害する要因が2025年に集中することから「2025年の崖」と呼ばれている。田島氏の問いかけへの回答は、その場で参加者がスマートフォンから答えて集計された。結果は「まだこれから」が半数以上だ。

「DXにはICTの浸透だけではなく、既存の価値観やビジネスモデルを覆すようなイノベーションを生み出すというニュアンスも込められています。米国や中国で進展するキャッシュレス化のように、DXが浸透することで、あらゆるものがデジタルにつながる世界が創造されています」

DXの推進には基幹系システムの刷新が不可欠となる。では、そうなるためにどのような環境をつくるべきなのか。経済産業省の「DXレポート」は四つのポイントからのシナリオを示している。

「一つ目は、IT産業の年平均成長率です。2017年は1%ですが、これを2025~2030年に6%にします。二つ目は、企業のIT予算比率(新規IT投資:保守運用費)。2017年の2:8 から新規IT投資にシフトして、2025~2030年には4:6にします。三つ目は、国内のIT人材比率(ユーザー企業:ITベンダー)。2017年の3:7から、ユーザー企業側を増やして2025~2030年には5:5にします。ちなみに、欧米諸国は真逆で7:3。欧米ではITはビジネスを強くする武器という考えからITを重視していますが、日本ではITを軽視してITベンダーに丸投げしてきた過去があります。しかし、最近は日本でもユーザー企業でIT子会社を本社に統合したり、IT業務の内製化を進めたりする動きが見られ、風向きが変わってきました。四つ目は、IT人材の平均年収が2017年の約600万円から2025~2030年は1200万円になることです。今後IT人材は獲得が難しくなり、市場価値が上がると予想されています」

講演写真

多様なITスキルを持つ人材の組織化に「スキルの見える化」は不可欠

田島氏は「日本におけるDXの推進には大きなパワーが必要」という。では「2025年の崖」が最悪のシナリオのまま進行すると、どんな状況を招くのか。

「例えば、基幹システムを21年以上稼働させている企業の割合は現在20%ほどですが、2025年には60%まで増えると予想されています。古いシステムは機能を追加しようとしても、システムがつぎはぎだらけとなり、保守メンテに費用がかかる。そのため、IT予算に占める保守運用費の割合は9割以上になることが予想されます。これでは、新規投資に費用を回せません。人材面では、古いシステムを知る技術者は徐々に高齢化、人数も減少しています。現在不足するIT人材は17万人ですが、2025年には43万人不足すると言われています。最終的に2025年にシステム老朽化に起因するトラブルで生じる年間経済損失は、最大12兆円と予測されています」

この最悪のシナリオを回避するために、二つの側面からIT人材の確保が急がれている。一つ目は、従来システムの刷新だ。メインフレームからオープン化、そしてクラウド化とステージ対応させる必要がある。二つ目は、将来のビジネスモデル創出に向けた変革。既存のビジネスモデルからの脱却が求められている。では、IT人材不足が慢性化する中で、企業はどのような次世代型組織を編成していくべきなのか。

「過去、企業は何でもできる強力なハイパフォーマ―、いわゆるスーパーマンを求めてきました。しかし、こうした人材は将来、確保が難しくなります。これからはそれぞれが得意分野を持つ人材の集まりによる、強力なチームが必要です。そのためにも、組織が抱えているIT人材のスキルをデータ化、可視化しておくことが重要になります。可視化によって最適な編成が可能となり、外部からの人材調達も容易になるのです」

講演写真

スキルアセスメントツールが「採用」「育成」「配置」「評価」を変える

ここで田島氏は、参加者に二つ目の問いかけを行った。「皆さんは、現状で使えるIT人材のスキルデータを持っているでしょうか」。回答は「持っていない」が圧倒的に多かった。

「弊社は自社で運営するITスキルアセスメントツール『GAIT』(Global Assessment of Information Technology)を使ってスキルを可視化しています。これはITに携わる人のためのグローバルなアセスメントテストであり、今必要とされるITスキルレベルを数値化、評価することができるものです」

GAITは出題数176問の選択形式のアセスメント。ITエンジニアに必要とされる領域「OS、データベース、ネットワーク、セキュリティ、アプリケーション、ストレージ、仮想化」の7分野についてスキルを数値化できる。一般的なITの資格試験には数時間かかるものもあるが、GAITの試験時間は65分と短い。試験内容は毎年更新され新たな技術に対応。また、グローバル対応に向け英語版もある。

「現場の技術責任者の勘所をデータとして活用できるものと、イメージしていただければよいかと思います。GAITの累計受験者数は13万人で、年齢別にみると2018年で41歳以上が36%、31~40歳が32%。今後のニーズとしては41歳以上の人材向けにスキルの棚卸しの利用が増えると予測しています。業種では2012年~2018年でSIerがもっとも多くなっています」

最近、受験者で大きな変化が見えるのは、ユーザー系企業の受験者数の増加だ。2019年4~9月現在で、2018年の1年間と比べて2倍となっており、まだ増加傾向にある。

「ユーザー企業の人事の方からは『危機感を持っている』という声が聞かれています。現時点でのユーザー系とSIer系で技術分野別得点率分布を見ると、ユーザー系のほうが得点率は高くなっています。理由としては、両者は受験数では大きな差があるものの、現状で感度の高いユーザー系のIT技術者が多く受験されているために起きたのではないかと見ています」

ではGAITは人材活用において、具体的にどのような場面で活用されているのか。田島氏は「採用」「育成」「配置」「評価」におけるメリットを上げる。採用では、特に中途採用において採用プロセスの短期化が可能になる。一般に1時間の面談だけで技術力を測ることは困難だが、自社エンジニアの現状をGAITで測っておくことにより、ターゲット人材の目標値を類推できるようになる。

講演写真

「次は育成ですが、成長の定点観測に活用できます。当社では年2回の社内受験を実施し、特に新人や若手の成長度合いを把握しています。スキルの変遷が見えることで、誰が成長しているのかがわかる。また、試験内容は毎年最新の動向を問う内容に更新されるため、その中で上位に入り続ける人材は、日々チャレンジ精神を持って学んでいると判断できます。こうした人材は将来の技術リーダーの候補になります。また、研修の効果測定に利用する企業も出ています」

次に配属での活用例として、DX組織の編成を挙げた。例えば、「自社の新規ビジネスとしてAIサービスを開始したい場合、どんな人材が必要か」「データを扱い、クラウド上での開発ができる人材はどんな人材か」といったニーズに対して、GAITのデータから、自ら進んで最先端技術を学び続けている人材を選ぶことができる。

「最後に、評価では、インセンティブ評価で活用されています。個人の努力を評価したい、社員同士が自発的に学び続けてほしい、といった企業ニーズに対し、GAITスコアでインセンティブを出すという方法です。スコアが技術研鑽のモチベーションアップとなり、『社内のエースが誰か見えやすくなった』という声も聞かれます。GAIT導入で社内が活性化し、組織を超えた勉強会が行われるようになった例もあります。GAITがより納得感のあるインセンティブを実現している、というのが私たちの実感です」

最後に田島氏は、今後は、個人のITスキルの見える化がより重視されると語り、講演を締め括った。

「今、企業ではIT人材の組織を再編成していく流れが強まっています。組織力を最適化するには、まず個人のITスキルを客観的な数値データとして保持する必要がある。現場のエンジニアの感覚値を目に見える数値データとして扱えることは、これから人事にとって最大の武器となるのではないでしょうか」

講演写真
  • この記事をシェア
日本の人事部「HRカンファレンス2019-秋-」レポート
講演写真

[A-5]なぜ英語学習が続かない社員が多いのか? 自主学習意欲維持のコツからAIの活用まで

講演写真

[A]「幸せな職場」のつくり方 ~従業員が幸せになれば会社が伸びる~

講演写真

[B]AI活用で変わるこれからの人材組織開発 ~感情への科学的アプローチで解った幸福度と生産性向上の関係~

講演写真

[C-1]世界114ヵ国、130万人の「英語能力ビッグデータ」から見えた、次世代リーダーを育成するヒントとは

講演写真

[C-5]いまから、人事が準備すべき「仕事と介護の両立支援」とは~2025年問題に向けて~

講演写真

[C]自律組織・自律人材をどう実現するか

講演写真

[D-5]クライアント事例から学ぶ 事業戦略から落とし込む教育体系構築の具体策

講演写真

[D]今なぜ「エンゲージメント」なのか ~人事リーダーと共に考える、その意義と可能性~

講演写真

[LM-1]多様性の実現がゴールではない ~ダイバーシティを「イノベーション」と「企業価値向上」につなげる~

講演写真

[E-2]「異業種交流×SDGs」が次世代リーダーを育てる~変わるリーダー育成のあり方~

講演写真

[E-5]リーダーシップOSを組み換える~経営リーダーの土台をつくる6つの“C”~

講演写真

[E]1on1×HRテクノロジーで、社内風土改善と離職防止を実現 ―全業界で役立つ東京ベイ有明ワシントンホテル1年の取り組み

講演写真

[F-5]本質から知る社員エンゲージメント~カギは診断後のデータ活用にあり~

講演写真

[F]人事の「未来像」――激変の時代における人事の存在意義とは

講演写真

[G-1]グローバル人材育成最前線 ~海外事業・拠点で活躍できるリーダーの育成のポイント~

講演写真

[G]戦略人事の先にある「これからの人事」

講演写真

[LM-2]『日本の人事部 人事白書2019』から読み解く「育成」「組織活性化」の現状と課題

講演写真

[H-5]組織を元気にする健康経営 ~社員のメンタルヘルス対策の鉄板手法からはじめよう~

講演写真

[H]人生100年時代に求められるキャリアデザインとは 「組織内キャリア」から「生涯キャリア」へ

講演写真

[I-5]世界14万人を率いたブリヂストン元CEOと考える ~日本企業に必要なリーダーシップ~

講演写真

[I]真の変革を生むダイバーシティ経営─意思決定と無意識バイアス

講演写真

[J-4]人事が考えるべき「仕事と介護の両立支援」~育児との違いにみる介護のリスクを解説~

講演写真

[J-5]変革の時代における人材マネジメントの目指すべき方向性

講演写真

[J]環境の変化に応じて柔軟にキャリアを変えていく時代 社員がイキイキと働き続けるための「プロティアン・マネジメント」

講演写真

[K-2]変革の時代を勝ち抜く「しなやかな組織」をめざして ~成長し続ける組織をつくるポイントとは~

講演写真

[K-4]ハラスメント対策いよいよ法制化へ! 今後企業に求められる対策と最新事例のご紹介

講演写真

[K-5]これからのマネジャーのあり方と見極め方 ~10個のキーコンピテンシーからの考察~

講演写真

[K]人生100年時代の働き方にどう向き合うべきか?

講演写真

[L-1]5000人以上の管理職の適性検査傾向から見るパワハラ予防の本質とアプローチ事例

講演写真

[L-5]2020卒内定者の特徴から、内定者・新入社員育成をアップデートする

講演写真

[SS-1]「やらされ感」が「やりがい」に変わる ――従業員がイキイキと働くためのジョブ・クラフティング

講演写真

[L]一人ひとりのリーダーシップが組織を変える 主体的に動き、変化に強いチームをつくるには

講演写真

[OSA-3]「戦略人事」を具現化する人事・人材育成の考え方とリアルな実例

講演写真

[OA]サイバーエージェント、ソフトバンクの先進事例に学ぶ「新卒採用戦略」

講演写真

[OSB-3]企業にとって新しい価値を創り出す人材とその育成ポイントとは

講演写真

[OB]従業員の「やる気」を引き出し「働きがい」を高める組織とは

講演写真

[OC]世界で戦える「次世代リーダー」を育成する

講演写真

[OD]人手不足時代を乗り切り組織活性化を実現! ミドル・シニアを「戦略的」に活用するため、人事がなすべきこととは

講演写真

[OE]人の心を考慮しなければ「戦略人事」は機能しない

講演写真

[TA-2]IT人材のスキル管理による組織力最適化 ~2025年の崖と次世代型組織編成~

講演写真

[TB]データ活用により人財育成のあり方を変革する 実践にフォーカスした育成へ

講演写真

[TC-1]「気づき」から始まる人材育成と組織変革 ~HRテクノロジーによる成長する会社への仕掛け~

講演写真

[TD]従業員のパフォーマンス最大化に向けたHRテクノロジー活用事例

講演写真

[TE-2]IoTテクノロジーを活用して分析する1on1ミーティングの実態と今後の展望

講演写真

[TF]テクノロジーの進化で「働き方」と「人事」の未来はどう変わるか


このページの先頭へ