人・組織の課題解決策を体系的に学ぶ、日本最大のHRイベント 日本の人事部「HRカンファレンス」ロゴ

イベントレポート イベントレポート

HRカンファレンストップ > イベントレポート一覧 > 日本の人事部「HRカンファレンス2019-秋-」  > 特別講演 [C-1] 世界114ヵ国、130万人の「英語能力ビッグデータ」から見えた、…

世界114ヵ国、130万人の「英語能力ビッグデータ」から見えた、次世代リーダーを育成するヒントとは

  • Vincent Marcon氏(EF Education First Japan, Account Director)
東京特別講演 [C-1]2019.12.24 掲載
イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社講演写真

「次世代リーダーに必要とされる要件の度合は英語能力と比例している」。世界100ヵ国、230万人から取得した「EF EPI英語能力指数」のビッグデータからは、こうしたリーダーの傾向が見えつつある。日本人の苦手な英語能力をどうすれば身に付けられるのか。企業人事が行うべき英語教育のヒントを探った。

プロフィール
Vincent Marcon氏( EF Education First Japan, Account Director)
Vincent Marcon プロフィール写真

(ビンセント マルコン)日本で8年間、外資系企業に主に営業職として従事。イタリア系フランス人であり、若い頃から異文化、ランゲージ・バリアなどのコンセプトを経験、学習する。現在はEF Education Firstにて外資系企業・日系企業に語学教育ソリューションを通じたグローバル化をサポートしている。


個人も法人も無料で受験できるテストで英語能力指数を判定

イー・エフ・エデュケーション・ファースト(EF)は114ヵ国に612のオフィス&スクールを有し、従業員数5万2000人の世界最大級の教育会社だ。語学教育、リーダーシップ教育のワンストップソリューションを実現し、取引先社数は2500社、受講者は数百万人を数える。最初にマルコン氏がEF SET(EF英語標準テスト)について解説した。

「世界中で現状把握のための英語能力テストEF SET(EF英語標準テスト)を提供し、2011年から英語能力をベースとした地域や国々のランキングを示す総合的なインデックスEF EPI(英語能力指数)を発表しています。EF SETは個人でも法人でも受けることができ、ハーバード大学の教育大学院やイタリア政府なども利用している無料の英語能力試験です。テストはパソコン、タブレット、携帯電話と各デバイスで受験できます。テスト結果はすぐに自分のメールアドレスに届き、法人での受験も結果がすぐに見られるため、すぐに分析を始めることができます」

EF SETの受験者は230万人。対象国と地域は100におよび、性別は男性41%、女性59%、受験者年齢は18歳以上だが、受験者の中央値年齢は23歳。フォーチュン500の企業で広く使われ、他にもハーバード大学や東京大学、リンクトイン、政府関係ではイタリアの文部科学省が中学生向けに活用している。

次に2019年のEPI国別ランキングを紹介した。

「1位オランダ、2位スウェーデン、3位ノルウェー、4位デンマークと10位までを見ると北欧の国が目立ちます。日本は53位で、昨年は49位でした。EPIのレベルでみると日本は5段階の上から4番目のLowになります。能力定義は『観光客として英語を話す国および地域を旅することができる』『同僚とちょっとした会話ができる』『同僚からの簡単なメールを理解することができる』となっています」

次に世界の地域の平均スコアをみると、アジアは53.00。世界平均が53.13であり、ほぼ真ん中だ。アジア全体としては悪くないスコアといえる。次に全世界の年齢別スコアをみると18~20歳は52.99、21~25歳は53.08とほぼ変わりがない。

「高校に入ってから大学卒業まで、スコアは同じくらいです。社会人になって26~30歳では54.36と、少し伸びます。しかし31~40歳になると、52.45までダウンしてしまう。リーダーへと向かう段階でありながら、スコアが落ちることには問題があります」

講演写真

次にマルコン氏は、アジアの詳細について解説した。国別ランキングでは5位シンガポール、20位フィリピン、26位マレーシア、33位香港と続く。昨年と比べてスコアが伸びている国の上位をみると、上から台湾、ミャンマー、アフガニスタン、中国。日本は少し下がっている。次に日本の詳細に目を移すと、日本国内の地域スコア比較では概して都市部のほうが高くなっている。アジアと比較しても、都市部ではあまり差はない。

「日本の性別スコアをみると、男性51.30、女性51.78と女性がやや高い。世界平均は男性53.03、女性53.23であり、男女の差は同じ程度です。トレンドとしてはこの男女差が徐々に埋まりつつあります。年齢別スコアでみると、日本は18~20歳53.00、21~25歳52.45とここで少し下がり、26~30歳53.22で戻すものの、次の31~40歳49.48では大きく下げています。31~40歳で下がる現象は世界的にも多く見られ、これを私たちはリーダーシップギャップと呼んでいます」

英語能力が高いほど、イノベーティブで生産性も高い

ここでマルコン氏は、英語能力と仕事との関係について紹介した。英語能力とグローバル人材の採用・育成・保持の側面における力の関係をみると、トレンドとしては英語能力が高いほどグローバル人材における力も高くなっている。次は英語と研究力。こちらも英語能力が高いほど、イノベーションにつながる力である研究力が高くなっている。英語と生産性の関係では、1時間当たりの生産性は英語能力に比例して高くなっていた。

「英語とGood Country Index(地球ならびに人類に対する貢献度の高さ)をみると、こちらも英語能力に比例。英語と男女共同参画も、英語能力とほぼ比例しています。また、英語能力が高いほど、情報収集能力=コネクション力も高くなっています。世界で書かれるレポートの多くは英語であることも、その一因です。個人で英語能力が高いとどんなメリットがあるかをみると、やはり収入が高くなっています。世界中どこも同じです。英語ができれば、グローバルの大手企業に入りやすくなるなど採用面でも有利です」

次に13~22歳、中学生、高校生、大学生のスコアを紹介した。世界の地域別にみると13歳時はどこもほぼ同レベルであり、小学校教育のレベルはほぼ同じことがうかがえる。しかし、年齢が上がるにつれて差が生まれる。もっとも伸びていないのはアジアだ。

「年齢(14~22歳)とリスニングとリーディングのスコアの関係を見てみると、リーディングのほうがスコアは低くなっています。22歳で社会人になるとより低くなってしまうので、企業はリーディングをしっかり学ばせる必要があります」

講演写真

最後に、企業関連のスコアが紹介された。業界別のスコア比較をみると、上位は医薬、金融、IT業界。もっとも低いのは政治、教育業界。人が学ぶ教育業界が低いという意外な結果が出ている。次に職種別のスコアをみると、高いのは法律関係、ファイナンス、R&D、マーケティング、IT。逆に流通、管理および事務は低くなっている。

「役職別でスコアをみると、世界中どこでもスタッフ、役員よりもマネジャーのスコアが高くなっています。スタッフからマネジャーになるときは、『見えない障害=グラスシーリング』を超える必要がありますし、マネジャーはグローバルに現場をまとめる必要があり、高い英語能力が必要になります。その先、役員となると英語能力よりも他のスキルが求められるようになります」

英語能力ビッグデータから見えた、日本の次世代リーダーの要件

ここでマルコン氏は参加者に、「日本人の異文化コミュニケ―ションについて考えるゲームをしましょう」と語りかけた。「次の項目について、日本はどちらに当てはまるかを考えてみてください」。ハイコンテキストとはコンテキストの共有性が高い文化のことで、伝える努力やスキルがなくても、互いに相手の意図を察し合える文化。逆にローコンテキストは、あくまでも言語でコミュニケーションを取ろうとする文化のことだ。

コミュニケーション(ローコンテキストか、ハイコンテキストか)、評価(直接的か、間接的か)、リーダーシップ(平等主義か、階層主義か)、意思決定(合意的か、トップダウンか)、信頼(タスクベースか、人間関係ベースか)、不同意(直面か、直面を防ぐか)、スケジュール化(線状か、柔軟か)

「The Culture Map(Meyer, 2014)によれば、日本は、コミュニケーションはハイコンテキスト、評価は間接的、リーダーシップは階層主義、意思決定は合意的、信頼は人間関係ベース、不同意は直面を防ぐ、スケジュール化は線状、という結果になっています。他の国をみるとスウェーデンは日本のほぼ真逆、イギリスは中間的で、中国は日本に近い。では、この4ヵ国の人が一つのチームのメンバーだったらどうなるでしょうか。とりあえず伝わる言語がないと何もできないので、英語能力は必須。しかし言語だけではなく、相手の文化を知ることが重要なことがわかります。相手は何を評価するのか、どんなことに怒るのかを知っておかなければなりません」

講演写真

最後にマルコン氏は、英語能力から見た日本の次世代リーダー、そして企業が取り組むべき英語教育について指摘した。まずは英語能力ビッグデータに基づいて考えた、2020年の日本の次世代リーダーの要件だ。

「次世代リーダーは女性である確率が高く、若い。企業では26歳ごろからの育成が求められます。英語能力の育成は公的機関からの教育が足りないため、企業による投資が不可決。そして、マーケットが既にグローバルであるため、異文化を正確に理解している必要があります。次世代リーダーは現在、一般スタッフ層にいるため、今のうちからスタッフ教育を行う必要がある。そして、そのリーダーは自分のスキルに合う収入を欲しがるでしょう」

次に2020年の日本の次世代リーダーに対して、英語能力を育成するメリットは何かを語った。メリットは四つ。一つ目は、異文化の知識を持つことで、交渉力や生産性が上がる。二つ目は、マネジャーになった際に採用時の企業イメージが向上すること。異文化への理解があるイメージはこれから重要だ。三つ目は、赴任がしやすいこと。これで企業のノウハウが広がる。四つ目は、好奇心があること。海外にある情報を収集しようするため、それがイノベーションに繋がる。

最後にマルコン氏は、従業員に英語能力を獲得させるために、企業が行うべき五つの推奨行動について語った。

「一つ目は、現在のレベルから目標レベルまでのギャップを埋めるために必要な学習時間に基づき、現実的なゴールを設定すること。二つ目は、英語の重大な弱点を識別するために全従業員にテスト受けてもらうこと。必要な人材がどこにいるのかがわかります。三つ目は、職種別の英語コースで研修させること。普段が忙しい営業はオンラインで、社内にいる事務職は集合研修と変えることも可能です。四つ目は、役職ごとに最低基準をつくり、基準が守られているかどうかを確認すること。定期的に必要な行動ができているかをチェックします。例えば『ミーティングで自分の意見が英語で言えているか』『プレゼンテーションをリードできているか』『交渉を任せられるのか』などです。最後の五つ目は、受講者を応援するためには、役員やマネジャーが部下に背中を見せて、これまでの経験などを共有していくこと。自らも研修などに参加して、学びへのモチベーションを見せることが英語教育では大事です」

講演写真
  • この記事をシェア
日本の人事部「HRカンファレンス2019-秋-」レポート
講演写真

[A-5]なぜ英語学習が続かない社員が多いのか? 自主学習意欲維持のコツからAIの活用まで

講演写真

[A]「幸せな職場」のつくり方 ~従業員が幸せになれば会社が伸びる~

講演写真

[B]AI活用で変わるこれからの人材組織開発 ~感情への科学的アプローチで解った幸福度と生産性向上の関係~

講演写真

[C-1]世界114ヵ国、130万人の「英語能力ビッグデータ」から見えた、次世代リーダーを育成するヒントとは

講演写真

[C-5]いまから、人事が準備すべき「仕事と介護の両立支援」とは~2025年問題に向けて~

講演写真

[C]自律組織・自律人材をどう実現するか

講演写真

[D-5]クライアント事例から学ぶ 事業戦略から落とし込む教育体系構築の具体策

講演写真

[D]今なぜ「エンゲージメント」なのか ~人事リーダーと共に考える、その意義と可能性~

講演写真

[LM-1]多様性の実現がゴールではない ~ダイバーシティを「イノベーション」と「企業価値向上」につなげる~

講演写真

[E-2]「異業種交流×SDGs」が次世代リーダーを育てる~変わるリーダー育成のあり方~

講演写真

[E-5]リーダーシップOSを組み換える~経営リーダーの土台をつくる6つの“C”~

講演写真

[E]1on1×HRテクノロジーで、社内風土改善と離職防止を実現 ―全業界で役立つ東京ベイ有明ワシントンホテル1年の取り組み

講演写真

[F-5]本質から知る社員エンゲージメント~カギは診断後のデータ活用にあり~

講演写真

[F]人事の「未来像」――激変の時代における人事の存在意義とは

講演写真

[G-1]グローバル人材育成最前線 ~海外事業・拠点で活躍できるリーダーの育成のポイント~

講演写真

[G]戦略人事の先にある「これからの人事」

講演写真

[LM-2]『日本の人事部 人事白書2019』から読み解く「育成」「組織活性化」の現状と課題

講演写真

[H-5]組織を元気にする健康経営 ~社員のメンタルヘルス対策の鉄板手法からはじめよう~

講演写真

[H]人生100年時代に求められるキャリアデザインとは 「組織内キャリア」から「生涯キャリア」へ

講演写真

[I-5]世界14万人を率いたブリヂストン元CEOと考える ~日本企業に必要なリーダーシップ~

講演写真

[I]真の変革を生むダイバーシティ経営─意思決定と無意識バイアス

講演写真

[J-4]人事が考えるべき「仕事と介護の両立支援」~育児との違いにみる介護のリスクを解説~

講演写真

[J-5]変革の時代における人材マネジメントの目指すべき方向性

講演写真

[J]環境の変化に応じて柔軟にキャリアを変えていく時代 社員がイキイキと働き続けるための「プロティアン・マネジメント」

講演写真

[K-2]変革の時代を勝ち抜く「しなやかな組織」をめざして ~成長し続ける組織をつくるポイントとは~

講演写真

[K-4]ハラスメント対策いよいよ法制化へ! 今後企業に求められる対策と最新事例のご紹介

講演写真

[K-5]これからのマネジャーのあり方と見極め方 ~10個のキーコンピテンシーからの考察~

講演写真

[K]人生100年時代の働き方にどう向き合うべきか?

講演写真

[L-1]5000人以上の管理職の適性検査傾向から見るパワハラ予防の本質とアプローチ事例

講演写真

[L-5]2020卒内定者の特徴から、内定者・新入社員育成をアップデートする

講演写真

[SS-1]「やらされ感」が「やりがい」に変わる ――従業員がイキイキと働くためのジョブ・クラフティング

講演写真

[L]一人ひとりのリーダーシップが組織を変える 主体的に動き、変化に強いチームをつくるには

講演写真

[OSA-3]「戦略人事」を具現化する人事・人材育成の考え方とリアルな実例

講演写真

[OA]サイバーエージェント、ソフトバンクの先進事例に学ぶ「新卒採用戦略」

講演写真

[OSB-3]企業にとって新しい価値を創り出す人材とその育成ポイントとは

講演写真

[OB]従業員の「やる気」を引き出し「働きがい」を高める組織とは

講演写真

[OC]世界で戦える「次世代リーダー」を育成する

講演写真

[OD]人手不足時代を乗り切り組織活性化を実現! ミドル・シニアを「戦略的」に活用するため、人事がなすべきこととは

講演写真

[OE]人の心を考慮しなければ「戦略人事」は機能しない

講演写真

[TA-2]IT人材のスキル管理による組織力最適化 ~2025年の崖と次世代型組織編成~

講演写真

[TB]データ活用により人財育成のあり方を変革する 実践にフォーカスした育成へ

講演写真

[TC-1]「気づき」から始まる人材育成と組織変革 ~HRテクノロジーによる成長する会社への仕掛け~

講演写真

[TD]従業員のパフォーマンス最大化に向けたHRテクノロジー活用事例

講演写真

[TE-2]IoTテクノロジーを活用して分析する1on1ミーティングの実態と今後の展望

講演写真

[TF]テクノロジーの進化で「働き方」と「人事」の未来はどう変わるか


このページの先頭へ