講演レポート・動画 イベントレポート

HRカンファレンストップ >  日本の人事部「HRカンファレンス2021-秋-」講演レポート・動画 >  特別講演 [B-4] 徹底予防!パワハラ行為者の適性検査傾向と社内の全管理職を対象とす…

徹底予防!パワハラ行為者の適性検査傾向と社内の全管理職を対象とする予防施策の実例

  • 中林 武士氏(大同生命保険株式会社 人事総務部 部付課長)
  • 平井 俊宏氏(有限会社グローイング 管理職教育用Web適性検査「パワハラ傾向振り返りシート」共同開発者)
特別講演 [B-4]2021.12.22 掲載
有限会社グローイング講演写真

2020年6月にパワーハラスメント(パワハラ)防止法が施行されたことに伴い、パワハラ防止に向けて組織体制や社内ルールを整備する企業が増えている。しかし、パワハラの行為者には無自覚のまま問題を起こしてしまっている人もいるため、なかなかその取り組みの成果が出ていないようだ。こうした課題をどうすれば解決できるのか。パワハラ行為者にそのリスクを自覚させて予防する「自分理解研修」と、パワハラ予備軍を事前に見つけ出しておいて再発を防止する「予兆管理」の有効性と実例が紹介された。

プロフィール
中林 武士氏(大同生命保険株式会社 人事総務部 部付課長)
中林 武士 プロフィール写真

(なかばやし たけし)1991年入社。給与報酬の支払業務など本社部門を多く経験。2018年に本社内に障がい者雇用のため専属部署「ACT」の設置、運営。2021年4月より人権・ハラスメント担当となり、現在、社内のハラスメントの窓口の相談対応や研修の企画運営などに従事。


平井 俊宏氏(有限会社グローイング 管理職教育用Web適性検査「パワハラ傾向振り返りシート」共同開発者)
平井 俊宏 プロフィール写真

(ひらい としひろ)「一体感のある組織づくりで組織と個人の成長に貢献する」がミッション。適性検査サービス開発に携わる他、年間3,000名以上の管理職に、適性検査結果を元に自己理解を促す研修や「自分自身のどんな特性がパワハラ行為として見受けられがちなのか」の振り返りを促す個別のフィードバックを役員・管理職層に実施する。


パワハラにもっと真剣に向き合うべき理由

グローイングは、「一体感のある組織づくりで組織と個人の成長に貢献する」をミッションに掲げる、創業15年目の企業だ。適性検査の開発・販売と研究、コンサルティングを事業の柱として展開している。代表的なサービスである管理職教育用Web適性検査「パワハラ傾向振り返りシート」は、3年の開発期間を経て、2017年9月にリリース。2018年4月より企業への本格導入をスタートさせた。現在では上場・上場関連企業を中心に、145社15,000名以上の管理職が受検するに至っている。

同社の代表取締役を務めているのが、平井俊宏氏だ。2010年に独立し、以降は行動価値検査「グローイング」の開発などを手掛けてきた。「パワハラ傾向振り返りシート」をリリース後は、企業への検査・研修提供のほか、検査結果に基づく某スポーツ競技のオリンピックコーチ陣へのコーチングにも携わるなど、精力的な活動を続けている。

講演の冒頭で、平井氏はパワハラの本質について語った。

「パワハラの本質の一つは関係性の質。相手の感じ方は変えられませんが、変えられるとすれば相手の反応です。自分のあり方、働きかけ方を変えて相手の反応を変化させる。その反応の変化の蓄積が例えば部下の方の行動変容やチームとしての意識変容といったものになる。適性検査の結果は、本人にとって周囲との関係性の質を高めていくために、自分のどこを軌道修正すべきかのヒントを提示するものと捉えてください。もう一つの本質はパワハラ行為者の54%は無自覚であること」

現在、職場でのいじめや嫌がらせが急増している。相談件数を見ても、うなぎ登りの状態だ。従来通りの集計方法で行くと、平成2年度は9万7553件。しかも、これは氷山の一角にすぎない。

記事全文は下記からダウンロード可能です

記事コンテンツのダウンロードはこちら
  • この記事をシェア
日本の人事部「HRカンファレンス2021-秋-」レポート
講演写真

[A-3]若手・中堅層の自律的キャリア開発 〜360度FBを活用した気づきと行動化、習慣化

講演写真

[A-5]自律的組織をつくるための人材育成 ~自ら考え行動する人材になるための「探究力」~

講演写真

[A]「当たり前の採用」から「新しい採用」へ 対話とテクノロジーで変わる新時代の採用活動

講演写真

[B-4]徹底予防!パワハラ行為者の適性検査傾向と社内の全管理職を対象とする予防施策の実例

講演写真

[B]DX時代の新・人材育成戦略「リスキリング」とは

講演写真

[C-1]今求められる、組織活性化のために人事部門に必要な「マーケティング視点」とは

講演写真

[C-2]企業価値を高めるウェルビーイング施策~最新研究と丸井グループの戦略から考える~

講演写真

[C]個人と組織のエンゲージメントを高める「人事のためのジョブ・クラフティング」講座

講演写真

[D-2]EVP発想による活き活きとした組織の作り方 ~従業員サーベイの効果的な活用法~

講演写真

[D]「HRアワード」第10回開催 特別企画 これまで10年の人事を振り返り、これからの人事について考える

講演写真

[E-3]ジョブ型新時代における報酬/給与戦略とは - 成長に必要な人材の確保に向けて

講演写真

[E]ブリヂストンの事例から考える、 戦略人事を実現するためのデータを活用した最適配置

講演写真

[F]一人ひとりが主体的に動くことで組織は成長する いま必要な“メンバー全員が発揮する”リーダーシップとは

講演写真

[G]イノベーションを起こすための組織をどうつくるか~組織文化、評価、人材育成の観点から~

講演写真

[H]SUBARUの人財育成改革に学ぶ 自律型人財・自律型組織のつくり方

講演写真

[I]「独学」のススメ~組織人にとっての主体的学びの意味と組織による支援のあり方~

講演写真

[J-5]アフターコロナを生き抜く「しなやかな心」をつくる~レジリエンスの高め方~

講演写真

[K-5]数年後を見据えた新卒採用戦略のポイント ~おさえるべき大学・大学生の3つの変化~

講演写真

[K]停滞する組織から能動的に変化する組織へ。企業を成長させる「組織文化改革」とは

講演写真

[L]「人的資本経営」とは何か~理論と事例から考える、これからの人材マネジメント~

講演写真

[M-3]「ミドルシニアのキャリア自律」の実効性を高める施策のポイント

講演写真

[M]「ウェルビーイング」は企業に何をもたらすのか 積水ハウスと楽天グループに学ぶ幸せ起点の組織づくり

講演写真

[O]「働き方改革」を振り返り、これからの「働き方」を考える

講演写真

[P]企業の次代を担う「経営人材」をいかに見出し、育成していくのか

講演写真

[Q]新しい時代の「職場のコミュニケーション」のあり方とは~デジタルネイティブ世代の増加、リモートワークの浸透による変化をふまえて~

講演写真

[R-3]東京海上日動という大組織で、30代人事担当者が挑戦する成長の仕組み・風土づくり

講演写真

[R]人事はどのようにデータを活用すればいいのか~採用、配置、アセスメントの観点から~

講演写真

[S-3]実施率97%の1on1が、いかに1万人超のリモートコミュニケーションを繋いだか

講演写真

[S]ベストセラー『未来の年表』著者と考える、2030年に向けた人事の課題とあり方

講演写真

[T-7]「働きやすさ」から「働きがい」へ  ~当社が進めるEX向上の取り組み~

講演写真

[T-8]自律的キャリア形成と企業変革の推進

講演写真

[T]極めて高い成果を上げ続ける「スター社員」をどのように見出し、育成していくのか~人材の「優秀さ」を科学的に考える~

講演写真

[U]「働くみんなの転職学」離職のメカニズムをさぐり、中途採用支援を考える

講演写真

[V]新時代の若手社員をどうフォローし、戦力化すればいいのか ~パナソニックの事例から~

講演写真

[W]VUCA時代に強い「働きがいのある企業」の採用・組織戦略

講演写真

[X-5]これからの時代のロイヤリティ向上施策 組織との一体感を高める「VR活用術」とは


このページの先頭へ