人・組織の課題解決策を体系的に学ぶ、日本最大のHRイベント 日本の人事部「HRカンファレンス」

イベントレポート イベントレポート

HRカンファレンストップ  >  イベントレポート一覧  >  日本の人事部「HRカンファレンス2021-秋-」  >  特別講演 [A-3] 若手・中堅層の自律的キャリア開発 ~360度FBを活用した気づき…

若手・中堅層の自律的キャリア開発
〜360度FBを活用した気づきと行動化、習慣化

  • 深井 幹雄氏(株式会社シーベース 代表取締役社長)
特別講演 [A-3]2021.12.22 掲載
株式会社シーベース講演写真

多様化する市場に対して、臨機応変にアイデアを形へと作り上げていける若手キャリア層の存在が注目されているが、育成はなかなか進んでいない。個々の行動変容を可視化できる360度フィードバックとコーチングの仕組みを使った自律的キャリア開発について、シーベースの深井幹雄氏が語った。

プロフィール
深井 幹雄氏(株式会社シーベース 代表取締役社長)
深井 幹雄 プロフィール写真

(ふかい よしお)1995年エン・ジャパン株式会社入社。新卒サイト、派遣サイト、エージェントサイトの事業部長を経て、2017年株式会社シーベースの代表取締役社長に就任。


市場の声から新しいモデルを作れるのは若手キャリア層

シーベースは組織開発、人材開発に関するHRのクラウドサービス「スマレビ」を提供している。2000年の設立以来、メーカー、商社、流通、金融サービス、IT、マスコミ、官公庁など、幅広い業界に対して1000社以上の導入実績を持つ。360度評価導入支援クラウドシステム、エンゲージメント・従業員満足度調査システム、HRクラウドサーベイシステムなど各種サービスのコンセプトとして掲げるのは「フィードバック&対話」だ。気づきを与え、対話を通して腹落ちを促し、改善アクションを行うといった循環するループの定着を重要視している。

各社によって抱える組織の課題や目指す姿は異なるため、シーベースでは各社の担当者たちと伴走しながら一緒に課題解決に当たっている。課題解決のテーマは、次世代リーダー育成、人材育成、エンゲージメント、適正配置、適正評価、マネジメント強化、離職率の改善、ハラスメント対策など多岐にわたる。

深井氏自身はコンサルタントとして、年間100社を超える企業に対して、組織開発や人材開発における課題の解決に向けた支援を行っている。同時にシーベース自体を実験会社と位置付け、さまざまな取り組みを日々実践。そこで得たナレッジや経験を基に新たなサービスに結びつけている。深井氏は昨今の組織が抱える課題の原因について、次のように語った。

「組織が抱える課題の原因は、ビジネス環境の変化によるところが大きいと考えられます。市場がより細分化され、過去の成功モデルがすぐに陳腐化してしまう現代では、現場が主体的になって思考し行動を起こして、新たな成功モデルを作っていかねばなりません。経営陣の意思決定を待っていては他社に遅れを取ってしまいます。

市場の声を吸い上げて新しいビジネスモデルを作るために、最も力を出せるポジションに位置しているのが若手キャリア層です。役割としては、管理職層も関わるべきですが、メンバー層の育成に手一杯という状況では困難です。このことからも若手キャリア層の存在の重要性は増しており、この層の成長はどの業界においても今、大きなテーマです」

深井氏は、経営戦略と組織行動学を統合した伝統的な「コングルエンスモデル」を取り上げて説明を進めた。変化の激しいVUCAの時代に応じ、ミッション、ビジョン、バリューを変化させ浸透させていくプロセスにおいては「重要課題」を設定し、それを実現させる「公式的な組織体制」の構築が求められる。さらに、非公式な組織とも呼ばれる「文化やチームワーク」、人材の「マインド・スキル」という要素がうまく働きかけて機能することが必須になる。この二つの要素を、組織内で最も中核となって実践できる人材こそ、若手キャリア層だと深井氏は語る。

記事全文は下記からダウンロード可能です

記事コンテンツのダウンロードはこちら
本講演企業

  • この記事をシェア
本講演企業

日本の人事部「HRカンファレンス2021-秋-」レポート
講演写真

[A-3]若手・中堅層の自律的キャリア開発 〜360度FBを活用した気づきと行動化、習慣化

講演写真

[A-5]自律的組織をつくるための人材育成 ~自ら考え行動する人材になるための「探究力」~

講演写真

[A]「当たり前の採用」から「新しい採用」へ 対話とテクノロジーで変わる新時代の採用活動

講演写真

[B-4]徹底予防!パワハラ行為者の適性検査傾向と社内の全管理職を対象とする予防施策の実例

講演写真

[B]DX時代の新・人材育成戦略「リスキリング」とは

講演写真

[C-1]今求められる、組織活性化のために人事部門に必要な「マーケティング視点」とは

講演写真

[C-2]企業価値を高めるウェルビーイング施策~最新研究と丸井グループの戦略から考える~

講演写真

[C]個人と組織のエンゲージメントを高める「人事のためのジョブ・クラフティング」講座

講演写真

[D-2]EVP発想による活き活きとした組織の作り方 ~従業員サーベイの効果的な活用法~

講演写真

[D]「HRアワード」第10回開催 特別企画 これまで10年の人事を振り返り、これからの人事について考える

講演写真

[E-3]ジョブ型新時代における報酬/給与戦略とは - 成長に必要な人材の確保に向けて

講演写真

[E]ブリヂストンの事例から考える、 戦略人事を実現するためのデータを活用した最適配置

講演写真

[F]一人ひとりが主体的に動くことで組織は成長する いま必要な“メンバー全員が発揮する”リーダーシップとは

講演写真

[G]イノベーションを起こすための組織をどうつくるか~組織文化、評価、人材育成の観点から~

講演写真

[H]SUBARUの人財育成改革に学ぶ 自律型人財・自律型組織のつくり方

講演写真

[I]「独学」のススメ~組織人にとっての主体的学びの意味と組織による支援のあり方~

講演写真

[J-5]アフターコロナを生き抜く「しなやかな心」をつくる~レジリエンスの高め方~

講演写真

[J]理念浸透、当事者意識、成長機会 三つのキーワードから考える「エンゲージメント」向上

講演写真

[K-5]数年後を見据えた新卒採用戦略のポイント ~おさえるべき大学・大学生の3つの変化~

講演写真

[K]停滞する組織から能動的に変化する組織へ。企業を成長させる「組織文化改革」とは

講演写真

[L]「人的資本経営」とは何か~理論と事例から考える、これからの人材マネジメント~

講演写真

[M-3]「ミドルシニアのキャリア自律」の実効性を高める施策のポイント

講演写真

[M]「ウェルビーイング」は企業に何をもたらすのか 積水ハウスと楽天グループに学ぶ幸せ起点の組織づくり

講演写真

[O]「働き方改革」を振り返り、これからの「働き方」を考える

講演写真

[P]企業の次代を担う「経営人材」をいかに見出し、育成していくのか

講演写真

[Q]新しい時代の「職場のコミュニケーション」のあり方とは~デジタルネイティブ世代の増加、リモートワークの浸透による変化をふまえて~

講演写真

[R-3]東京海上日動という大組織で、30代人事担当者が挑戦する成長の仕組み・風土づくり

講演写真

[R]人事はどのようにデータを活用すればいいのか~採用、配置、アセスメントの観点から~

講演写真

[S-3]実施率97%の1on1が、いかに1万人超のリモートコミュニケーションを繋いだか

講演写真

[S]ベストセラー『未来の年表』著者と考える、2030年に向けた人事の課題とあり方

講演写真

[T-7]「働きやすさ」から「働きがい」へ  ~当社が進めるEX向上の取り組み~

講演写真

[T-8]自律的キャリア形成と企業変革の推進

講演写真

[V]新時代の若手社員をどうフォローし、戦力化すればいいのか ~パナソニックの事例から~

講演写真

[W]VUCA時代に強い「働きがいのある企業」の採用・組織戦略

講演写真

[X-5]これからの時代のロイヤリティ向上施策 組織との一体感を高める「VR活用術」とは

講演写真

[X]人事データの分析・活用で実現する組織活性化


このページの先頭へ