人・組織の課題解決策を体系的に学ぶ、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2021-春-」 
2021年5月18日(火)・19日(水)・20日(木)・21日(金)・25日(火)・26日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

プログラム

受付状況
開催日

ジャンル

フリーワード
5/19(水)
5/19(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-1] 受付終了

人的資本経営の時代、ISO30414が経営、管理職育成のあり方に投げかける問いとは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

昨年8月に米国証券取引委員会が上場企業に人的資本に関する情報開示を義務化。このガイドラインとして推奨されているHR領域初の国際規格ISO30414は、今後の企業のマネジメントに本質的な変革を求めています。この中核を担う管理職が変化出来るか、出来ないかによって組織の命運は大きく変わります。本講演では、問われている変革の本質と、それを担う管理職育成のあり方をお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

マネジメント層の機能不全を変えていきたい


アルー株式会社 エグゼクティブコンサルタント/一般社団法人HRテクノロジーコンソーシアム 特別研究員

中村 俊介氏

【中村 俊介氏プロフィール】
(なかむら しゅんすけ)東京大学文学部行動文化学科社会心理学専修課程卒。国内大手損害保険会社で官公庁担当営業として従事したのち、創業間もないアルー株式会社に参画。営業マネージャー、経営戦略室長、新規事業(ALUGO)立ち上げ、納品責任者、インド現地法人の代表取締役などを歴任し、同社の東証マザーズ上場に貢献。
受付終了
5/19(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-2] 受付終了

パナソニックの人事と語る、大手企業が23卒で取組むべきエンゲージメント採用とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

2020年度はコロナの影響に伴い、早期/長期化やオンライン化が加速し、従来の手法だけではターゲット学生を採用することが難しくなりました。これからの採用を成功に導くためには、データ起点での採用コミュニケーション設計や戦略策定が極めて重要です。本講演では、パナソニックの採用マーケティングを務める杉山様をお招きし、23卒に取組むべきエンゲージメント採用についてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

採用のデジタルシフト/戦略策定に課題がある


パナソニック株式会社 採用ブランディング・PeopleAnalytics課 課長

杉山 秀樹氏

【杉山 秀樹氏プロフィール】
(すぎやま ひでき)慶応SFC卒。ITベンチャーでマーケティング/広報/IR/経営企画を経てHRチームを立ち上げ。採用/組織戦略/ブランディングをリード。 その後、メガベンチャーにてHR立ち上げをし、HR/PRを統括。子供を授かったことを契機に未来を創るためパナソニックに入社し現職。

株式会社スパイスボックス 採用コミュニケーション事業部 事業部長

秋山 真氏

【秋山 真氏プロフィール】
(あきやま しん)2016年に新卒入社し営業プロデューサー経験を経て、2年目よりチームマネージャーに就任。3年目からは自ら事業を立ち上げ、人事向け採用ソリューションを提供開始。『THINK』を用いたSNS上のビックデータ解析と、分析を活かしたプランニングが事業の強みであり、Z世代に刺さる採用コミュニケーションを立案。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-3] 受付終了

企業成長を加速させる新しい人事部門の姿とは~経営戦略を企画実践するための第一歩~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

副業就労やジョブ型雇用の拡大など、人事情報の管理は大きな転換期を迎えています。これからの人事部は人材獲得競争や従業員エンゲージメント向上に対応するべく領域毎に細分化された業務とシステムの在り方を見直し経営戦略に基づく包括的な人事戦略の企画実践が求められます。本講演では人事情報を経営戦略に活用している事例を紹介し、抜本的な業務見直しと組織改革のポイントを解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人事部門の業務効率化と戦略実践機能の強化を図りたい


Fフロンティア株式会社 代表取締役/人事コンサルタント/社会保険労務士

深瀬 勝範氏

【深瀬 勝範氏プロフィール】
(ふかせ かつのり)大手電機メーカーの人事部門を経験後、金融機関系シンクタンク、上場企業人事部長等を経て独立。現在、経営コンサルタントとして人事制度設計、事業計画の策定などのコンサルティングを行うとともに執筆・講演活動などで幅広く活躍中。主な著書に『Excelでできる 戦略人事のデータ分析入門』(労務行政)ほか多数。

スーパーストリーム株式会社 企画開発本部 マーケティング部 部長

瀧 頼子氏

【瀧 頼子氏プロフィール】
(たき よりこ)会計・人事給与の国産ソフトウェアパッケージSuperStreamの製品発売時の初期メンバーとしてシステム導入・サポート業務に携わり、平成13年からは製品サポート部門長として従事。平成24年より商品企画・マーケティング部門の責任者として、ユーザのご要望や市場ニーズ・制度対応を鑑み製品への実装に取組む。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-4] 受付終了

勘違いしがちなキャリアカウンセリング 
~重要性と進め方~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人事の方から、キャリアカウンセリングについて「社員が辞めてしまうのではないか」や「人事がやることなの?」などのイメージを持っているとよくお聞きします。本講演では、皆さんが勘違いしがちなキャリアカウンセリングについて、海外と日本の考え方の違いや弊社がこれまで実施してきた事例をもとに「重要性や実際の進め方」について、お話しいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

従業員が力を発揮しきれる職場を作りたいと考えている


株式会社キャリアブリッジ 代表取締役

石川 靖氏

【石川 靖氏プロフィール】
(いしかわ やすし)1976年生まれ神奈川出身SIer、デジタルエージェンシー、ベンチャー役員を経て2015年に前身となる株式会社リソラを起業、現在に至る。自身の経験を活かし今年からキャリアコンサルティング事業を本格化。社会人講師、産業カウンセラー資格保持。

セルフキャリアデザイン協会理事/株式会社キャリアブリッジ キャリアカウンセリング事業部 担当部長

木村 俊夫氏

【木村 俊夫氏プロフィール】
(きむら としお)延べ1800人を超えるカウンセリング経験を軸にした人財育成と、IT通建業界向けた社内研修の実績をもとに、業務企画やビジネスコンテンツのコンサルティングを行っている。事業のスタートアップに強みを持つ。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-5] 受付終了

答えのない時代に価値を生み出す『思考力』とは? 自ら考え行動できる人材の育て方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

我々を取り巻く環境は複雑さを増し、将来の予測が困難な時代にあります。この様な環境では、自ら考え行動できる人材の育成が非常に重要です。一方、どのような能力を、どのように育てればいいのか、具体的にイメージするのは難しいと思います。本講演では、正解のない時代にビジネスで成果を出すために必要な『思考力』について、その強化の必要性から具体的な鍛え方の手法までお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

“自ら考え行動できる人材”を育成する方法が知りたい


株式会社アイデアル 代表取締役社長

星山 相馬氏

【星山 相馬氏プロフィール】
(ほしやま そうま)1989年(株)日本ブレーンセンター(現エン・ジャパン(株))に入社。企業の採用・教育・評価に関するコンサルサルティングに従事。2005年(株)アイデアルを設立し、戦略的HRコンサルティングを展開。現在は、ビジネス思考を強化する教材『evolve method(イボルブメソッド)』を中心に事業を行っている。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-6] 受付終了

自律・共創社員を育てるコミュニケーション~「口ぐせ」から信頼関係に至るステップ~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ウェブ会議が主となった新しい職場環境では、従来の管理型から自律・共創社員を育成する新たなリーダーシップスタイルへのシフトが重要となっています。その際、日頃のコミュニケーションが改革のポイントとなります。本講演では、これから必要とされるリーダーの在り方を「口ぐせ」という切り口からひも解き、成長し続ける組織風土に至るまでの道すじを実践事例を交えながらお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

離職、人材育成、組織のコミュニケーション等の課題がある


株式会社共創アカデミー 代表取締役/ファシリテーション塾 塾長/NPO法人はたらく場研究所 代表理事

中島 崇学氏

【中島 崇学氏プロフィール】
(なかじま たかあき)NECにて人事、広報、組織開発に従事。特に組織開発では、社内ビジョン浸透のための「3,000人の対話集会」を実施。独立後、株式会社共創アカデミーを設立。組織を越えて活躍するリーダーを育成するファシリテーションプログラムを提供。最近はオンラインでのファシリテーション、リーダー研修も様々な企業で実施。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-7] 受付終了

在宅ワークの落とし穴!?コロナ禍で見えた仕事と介護の両立支援の新たな課題
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍で在宅ワークを導入する企業が増えていますが、社員間のコミュニケーション不足を招く恐れが指摘されています。家族介護では、一人で抱え込んでしまうケースも多く、上司や同僚と話す機会が減る中、当事者が悩みを打ち明けにくい状況が生まれているのです。”隠れ介護”をしていた部下が突然辞めてしまう…。こうした事態が起こらないよう、対策とポイントを解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員からの介護相談が少なく実態が把握できていない


株式会社インターネットインフィニティー 介護コンシェルジュ相談員 介護支援専門員

吉井 しのぶ氏

【吉井 しのぶ氏プロフィール】
(よしい しのぶ)慶應義塾大学を卒業後、介護福祉士を取得後に介護支援専門員を取得。ケアマネジャーとしての業務経験を活かし、仕事と介護の両立を支援するため、大手企業の従業員向け介護セミナーにて講師を務める。また、介護コンシェルジュとしても活躍。従業員の介護に関する悩みに対し、自身の現場経験を活かした個別相談も担当。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-8] 受付終了

ミドル・シニアのキャリア自律を促す事例と成果につなげるポイント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

終身雇用の限界や企業の生産性向上が取り上げられる現在、各企業にとってミドル・シニア層のキャリア開発は喫緊の課題と言えます。本講演では、日本企業が抱えるミドル・シニア層のキャリア自律の課題を改めて整理します。そのうえでミドル・シニア層のキャリア自律を促すポイントを「恒常的な制度」や「組織での施策」などの事例を踏まえながらご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ミドルシニアの自律を促し、活性化させたい


株式会社ビジネス代謝ラボ 代表取締役

小高峯 康行氏

【小高峯 康行氏プロフィール】
(こだかみね やすゆき)1991年(株)リクルート入社 2002年(株)ファインド・シー設立 代表取締役就任 2020年(株)ビジネス代謝ラボ設立 代表取締役就任 大手企業を中心に、採用・教育・人事制度など数々のコンサルティングを経て、現在に至る
インタビュー 受付終了
5/19(水)
10:30 -
11:30
基調講演[E] 受付終了

イノベーティブな企業に変わる:対話を通じた足元からの変革論
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

イノベーション推進は誰しも重要だと理解していても、実際には「新しい事業アイデアを出そうとする人がいない、出てきても小粒」など、今ひとつ企業としての推進力が生み出せない状況をどう変革したら良いのでしょうか。この講演では、原因がはっきりせず、ずっとモヤモヤとした問題がある「組織の慢性疾患」を対話を通じてどうやってイノベーティブな企業へと変革していくかについてお話しします。抜本的な変革を求めるよりも、足元からじわじわと着実に会社を変えていきましょう。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

イノベーションを起こしたい、起こせる組織をつくりたい、と考えている


埼玉大学 経済経営系大学院 准教授

宇田川 元一氏

【宇田川 元一氏プロフィール】
(うだがわ もとかず)専門は、経営戦略論、組織論。 ナラティヴ・アプローチに基づいた企業変革、イノベーション推進の研究を行っている。また、様々な企業のアドバイザーとして、その実践を支援している。 HRアワード2020書籍部門最優秀賞受賞(『他者と働く』)、2007年度経営学史学会賞(論文部門奨励賞)受賞。2021年4月20日『組織が変わるー行き詰まりから一歩抜け出す対話の方法2on2』(ダイヤモンド社)を刊行。
受付終了
5/19(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-1] 受付終了

現場を率いる管理職に必要な地図と武器
~学びを実務につなげるための秘訣とは? ~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

変化が大きい環境の中で、以前にも増して管理職の役割が重要になってきています。一方で管理職が抱える課題は多く、本来の役割に徹することができていない管理職の方も多いのではないでしょうか。本講演では、管理職自身が今後どのように歩むべきなのかを自らが考えられるようになるためのエッセンスと、研修をきっかけに変化を促し、実務につなげるためのポイントについてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

管理職が抱える様々な課題に対する解決のヒントを得たい


株式会社ビジネス・ブレークスルー 執行役員 問題解決力トレーニングプログラム講座責任者

高松 康平氏

【高松 康平氏プロフィール】
(たかまつ こうへい)慶應義塾大学経済学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。その後、リクルート等を経て現職。現在はビジネス・ブレークスルーにて、教育コンテンツの企画開発から運営まで幅広く携わっている。【著書】『筋の良い仮説を生む問題解決の「地図」と「武器」』(Amazon経営戦略カテゴリー第1位獲得!)
インタビュー 受付終了
5/19(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-2] 受付終了

エンジニア育成するなら避けられない「Python」
人事が知るべき基本的知識と作法
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

エンジニアの中で人気言語1位、「TIOBEプログラミング言語オブ・ザ・イヤー2020年」を獲得したPythonは、人工知能、機械学習、ビッグデータ、インフラ技術の中心的な技術として普及しています。本講演ではエンジニア育成で知っておくべきPythonと人材育成の注意点、社内稟議に活用できる市場データの解説を人事部門の方にもわかりやすく解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人工知能などのPythonエンジニアの育成に興味がある


一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事

吉政 忠志氏

【吉政 忠志氏プロフィール】
(よしまさ ただし)マーケッター。吉政創成株式会社代表取締役。PHP、Rails、ヤマハネットワーク機器RTX検定の運営会社の代表。過去にはLinuxやXMLの認定試験を立ち上げる。

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 顧問理事

寺田 学氏

【寺田 学氏プロフィール】
(てらだ まなぶ)Python Web関係の業務を中心にコンサルティングや構築を(株)CMSコミュニケーションズ代表取締役として手がけている。他には一般社団法人PyCon JP Association 代表理事、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会顧問理事を務めている。最近はPythonの魅力を伝えるべく、初心者向けや機械学習分野のPython講師を精力的に務め、Pythonをはじめとした技術話題を扱うPodcast「terapyon channel」を配信中。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-3] 受付終了

適性検査×HRデータを活用してオンライン採用の質を高める方法とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

COVID-19感染拡大の影響により、「選考のオンライン化」という大きなゲームチェンジが起こっています。このような背景もあり、今回は「適性検査」「HRデータ活用」という2つのキーワードを軸に、オンライン環境下における選考見極めの精度を向上するノウハウをお伝えします。すぐに実践可能な内容が詰まっておりますので、是非この機会をご活用いただけますと幸いです。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

「適性検査」で取得できるHRデータをもっと活用したい


株式会社アッテル 代表取締役 CEO

塚本 鋭氏

【塚本 鋭氏プロフィール】
(つかもと えい)東京大学・大学院において、機械学習(AI)の研究に従事。人工知能学会研究会優秀賞・東京大学工学系研究科長賞(総代)等を受賞。2013年に株式会社クラウドワークスに参画し、データ分析・産官学連携を主担当すると共に、B2B事業責任者、子会社副社長等を歴任。2018年に株式会社アッテルを設立。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-4] 受付終了

障がい者×テレワークの在り方~アフターコロナ、法定雇用率2.5%時代を見据えて~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

アフターコロナを見据えた障がい者雇用には、既存の方法だと限界が出てきました。やむを得ずテレワーク化した結果、「採用時のミスマッチ」「離職リスク」「マネジメント負担」等の問題が起き、持続的な法定雇用率達成のためには、戦略を根本から見直すフェーズに来ています。本講演では、2.5%時代を見据えた、障がい者雇用×テレワークの戦略から具体策まで、様々な事例をお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

障害者雇用促進法への対応で、様々な方法を検討している


株式会社スタートライン 取締役

白木 孝一氏

【白木 孝一氏プロフィール】
(しらき こういち)福岡県出身。関西学院大学卒業後、未成熟だった人材サービス業界に可能性を感じベンチャーに就職。マネージャーとして規模拡大に貢献しIPOを経験後、企業の障がい者雇用課題解決、障がい者の職住近接を実現するサテライトオフィス事業を展開するため株式会社スタートラインを創業。セールス、マーケティング担当役員。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-5] 受付終了

人事主導で始める、DXのファーストステップ~育成戦略の立て方、動かし方~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

多くの企業が経営課題として「DX」に着手し始めています。しかし一歩目を踏み出せていない、もしくは現場が着いてこないという課題に直面されている企業が非常に多いことも事実です。本講演では、経営と現場の両面から「どのようにデジタル人材の育成を行いDXを推進していくか」という点について、計画の立て方や実際の動かし方など様々な事例をもとにお伝えいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

経営課題に対してしっかりとアプローチしたい


株式会社DMU Strategic Director

徳原 靖也氏

【徳原 靖也氏プロフィール】
(とくはら せいや)JT勤務を経て独立。大小様々な企業の新規事業創出を行う株式会社pinealを経営。DMUには戦略企画として参画。JTでは加熱式たばこ事業の立ち上げメンバーとして従事し、デジタルマーケティング部門の立ち上げを行った。「収益を産む仕組みを創出する」をモットーに業界業種様々なクライアントのサポートを行う。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-6] 受付終了

DX推進企業の取り組みから紐解く
リモートワーク下での働きやすい職場環境とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

リモートワーク中心の働き方へと急速に変化する中で、多くの企業では、従業員の生産性向上が求められています。従業員の働きやすさを重視した取り組みをしながら、どのように生産性向上を図ればよいのでしょうか。本講演では、就業管理や労務管理を効率化し、納得感のある人事評価の実現で高いモチベーションを維持してきたDX推進企業をご紹介。今後の働きやすい職場づくりについて考えます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

HRテクノロジーを活用した人材管理のヒントを得たい


株式会社ソリューション・アンド・テクノロジー 取締役 クラウドソリューション統括部長

飯野 泰史氏

【飯野 泰史氏プロフィール】
(いいの やすし)2004年に新卒でソリューション・アンド・テクノロジーに入社。自社開発の人事業務フロントパッケージ「WiMS」の企画開発に携わり、大手新聞社の人事評価システム開発プロジェクトなどを担当。2018年、取締役に就任。現在はクラウドソリューション統括部長としてSaaS事業戦略を牽引。

株式会社ソリューション・アンド・テクノロジー クラウドソリューション統括部 マーケティングマネジャー

佐藤 梢氏

【佐藤 梢氏プロフィール】
(さとう しょう)2010年、株式会社ソリューション・アンド・テクノロジー入社。自社開発の人事業務フロントパッケージをクラウドサービスで提供する「WiMS/SaaS」事業の企画および販売促進を推進し、多くの企業に向け勤務管理システムのパッケージ選定支援と、コンサルティングサービスを担当。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-7] 受付終了

グローバル人材育成の最新事例から紐解く
~自律的な英語学習を促す3つのポイント~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

近年、グローバル競争に勝つために多くの企業様が英語研修を導入しております。一方で、個人の目標管理やモチベーション維持ができず時間の経過と共に社員の学習意欲が下がってしまうケースが存在します。本講演では、研修の制度設計、対象者の選定、コミュニティ形成の3つのポイントに焦点を当てて、短期間で成果を出す人材育成・開発方法について最新の事例を交えてご紹介いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

有効な英語研修、自律的な英語学習方法を学びたい


株式会社プログリット 代表取締役社長

岡田 祥吾氏

【岡田 祥吾氏プロフィール】
(おかだ しょうご)1991年生まれ。大阪大学工学部を卒業後、新卒でマッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。現在の日本の英語教育サービスではこの状況を改善することはできないと考え、元リクルートの山碕(取締役副社長)と創業。短期間で実践的ビジネス英話を習得する英語コーチング「プログリット」を提供。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-8] 受付終了

コンプライアンスに基づくパワハラ対処法~部下指導から始める組織風土の改革~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

パワハラ防止法施行後、「パワハラが気になって部下を叱れない」「部下指導を躊躇してしまう」という管理者が増えています。このように管理・監督者が委縮しないために、具体的で実践的な「叱る技術」をご紹介します。また、パワハラの起こる背景には組織のマネジメントが関係しています。パワハラを端緒に組織風土改革に展開したコンサルティングの実例をご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

部下を叱れない、指導を躊躇する管理者を育成したい


コベルコ・キャリア・ディベロップメント株式会社 研修開発センター コンサルタント

岩谷 真弓氏

【岩谷 真弓氏プロフィール】
(いわたに まゆみ)大学卒業後、商社勤務を経て現職。南山大学人間関係研究センターにおいて人間関係論を学び企業への応用を志す。サンフランシスコ州立大学心理学部D.マツモト教授に師事し、感情と文化に関する研修講師認定を得る。専門は心理学をベースにしたマネジメントプログラム。日本ロゴセラピスト協会公認A級ロゴセラピスト。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
12:40 -
13:40
パネルセッション[F] 受付終了

勝ち続けるために、自律的な組織をどう作り出すか
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

変革の時代においては「個人へのフォーカス」「人的情報の集約」を軸にした自律的な組織が求められます。本セッションでは、話者がそれぞれの立場から情報と知見を共有し、自律した組織を作る人材マネジメントについて議論します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

変化に対応できる組織をつくりたい


経済産業省 産業人材課長

能村 幸輝氏

【能村 幸輝氏プロフィール】
(のうむら こうき)2001年 経済産業省入省。人材政策・税制担当、大臣官房総務課政策企画委員などを経て、2018年より現職。経産省の産業人材政策の責任者。人的資本経営、テレワーク、副業・複業、フリーランスなど「多様な働き方」の環境整備、リカレント教育、HRテクノロジーの普及促進、外国人材政策などを担当。

大日本住友製薬株式会社 執行役員/コーポレートガバナンス、コーポレートコミュニケーション、人事担当

樋口 敦子氏

【樋口 敦子氏プロフィール】
(ひぐち あつこ)1986年、住友化学工業株式会社(現住友化学株式会社)入社、研究開発に携わる。
1992年に住友製薬株式会社(2005年合併後、大日本住友製薬株式会社)に移籍。
経営企画、広報部長、海外事業推進部長等を歴任。
2017年より執行役員に就任し、現在、コーポレートコミュニケーション部門、人事部門、コーポレートガバナンス部門責任者。

株式会社リンクアンドモチベーション 取締役

川内 正直氏

【川内 正直氏プロフィール】
(かわうち まさなお)入社後、組織人事領域のコンサルティングに加え、新規拠点立ち上げ、新規事業部門立ち上げを担当。2010年、西日本地域の組織人事コンサルティング部門の執行役員に当時最年少で着任。グループ会社の取締役を経て、2018年、同社の取締役に就任。現在はグループ最大規模である組織変革コンサルティング部門の責任者に着任。
受付終了
5/19(水)
13:50 -
14:40
特別講演[G-1] 受付終了

事業戦略にフォーカスするタレントマネジメント~人材情報の蓄積と活用の事例
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

これからのタレントマネジメントは「個人と会社の双方向の視点が重要」になります。そのためには広範で詳細な人材情報を適時適切に収集するという壁を乗り越え、そのうえで経営や事業における意思決定に活かすしくみを作っていくことになります。本講演ではタレントマネジメントを理論だけに終わらせず、実際に実践し効果を上げている企業事例をご紹介し、成功の秘訣を探っていきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

データドリブン・タレントマネジメントを企画・遂行したい


株式会社パーソル総合研究所 タレントマネジメント事業本部 カスタマーサクセス部 部長

宮腰 康弘氏

【宮腰 康弘氏プロフィール】
(みやこし やすひろ)1999年よりタレントマネジメントシステムの企画および製品開発に携わる。2017年にパーソル総合研究所に参画。現在はタレントマネジメントシステム「HITO-Talent」の導入、保守、カスタマーサクセスなどお客様の広範なご支援を実施している。
受付終了
5/19(水)
13:50 -
14:40
特別講演[G-2] 受付終了

オンラインでこそ活きる、ファシリテーションの真髄
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ファシリテーションスキルの底上げは、生産性向上を図るための必須テーマです。様々な方法論はあれど、真に役立つ内容とは、実際に膨大な数のファシリテーションを行う中で培った「実践知」に基づき生まれたもの。「オンライン」での活用を視野に入れ、筋論だけではない、人間的な視点を踏まえた、現実的な実践の方法などを、年間で100本以上の研修をこなすトップファシリテーターが解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社内会議の時間が長い/意味の無い会議をなくしたい


HR Design Lab. 代表/株式会社博報堂コンサルティング 執行役員

楠本 和矢氏

【楠本 和矢氏プロフィール】
(くすもと かずや)神戸大学卒。丸紅株式会社、外資系コンサル会社を経て現職。多くの企業支援案件の統括役を努め、現在は、HR Design Lab.代表として実践に基づくHRソリューションを開発提供。著書に『トリガー 人を動かす行動経済学』『パワーファシリテーション』『人と組織を効果的に動かす KPIマネジメント』など
インタビュー 受付終了
5/19(水)
13:50 -
14:40
特別講演[G-3] 受付終了

ニューノーマル時代の若手社員育成ー早期自律とその学習デザインの新たな方向性
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

今後、より早期自律が求められる中で、若手育成はどのように変わっていくでしょうか? 育成の個別化を目指し育成機会(対面・オンライン・e-learning等)は充実させたが、学ぶ事への主体性が育まれないという問題を良くお伺いします。本講演では、従来の育成機会に加え、『職場での学習デザイン』『学びへの主体性醸成』『若手の早期自律』の新たな方向性を提示していきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

若手社員の早期自律、新たな育成・学習のデザインを模索している


株式会社シェイク ヒューマンリソースコンサルティング部門 ディレクター

三浦 悠介氏

【三浦 悠介氏プロフィール】
(みうら ゆうすけ)大学卒業後、シェイクに入社し、組織人事コンサルタントとして活躍。入社4年目で最年少マネジャーとなり、新規事業や支店の立ち上げを進める。現在は大手企業を中心にコンサルティング営業からプログラム開発、ファシリテーターを一貫して行い、また中小企業への経営支援も行っている。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
13:50 -
14:40
特別講演[G-4] 受付終了

なぜ、エンゲージメントは低下するのか。~企業が押さえておくべき7つのポイント~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

企業の成長には社員のパフォーマンスと定着率を上げることが必要不可欠。そこで今注目されているのが『エンゲージメント』です。では、なぜエンゲージメントは低下するのか!? そして、エンゲージメントが下がった時に企業はどんな施策を打つ必要があるのか。本講演では、様々な事例や話を交えながら『エンゲージメントカンパニー』を作るために重要なポイントをお話しさせていただきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

エンゲージメントサーベイを取っても具体的な施策が出来ていない


株式会社アックスコンサルティング HRコンサルティング事業部 マネージャー チーフコンサルタント

髙見 史弥氏

【髙見 史弥氏プロフィール】
(たかみ ふみや)2014年当社に入社。年間平均200件以上の士業事務所を訪問し、営業・マーケティングや組織作りの支援を行うと同時に、支社の採用・育成責任者を担当。入社から5年で1.5倍の規模に拡大させた。2019年からは支援実績のもと、人材開発、人材育成などのコンサルティングを提供。MotifyHR営業責任者。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
13:50 -
14:40
特別講演[G-5] 受付終了

Z世代の定着・活躍に必要な、育てる採用 ~内定者から始めるキャリア開発3.0~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

日本の一括採用はメリットもある一方で、「配属ギャップ」「戦力化に時間を要する」などの課題も山積です。世代観の変化も踏まえ、採用や育成にも変化が求められています。本公演では、主体的に活躍している若手社員への調査や事例から、“育てる採用”をコンセプトにした、内定前後のキャリア開発アプローチを紹介します。採用広報・インターン・内定者-新卒育成を見直したい方は必見です。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

採用ミスマッチ・若手の早期離職・若手の主体性向上に課題がある


東京経済大学 コミュニケーション学部 准教授

小山 健太氏

【小山 健太氏プロフィール】
(こやま けんた)東京経済大学キャリアデザイン研究所副所長。博士(政策・メディア)(慶應義塾大学)。専門は組織心理学、キャリア心理学。慶応大学と上智大学でも非常勤講師。人材育成学会奨励賞(研究部門)受賞、キャリアコンサルティング2級技能士(国家資格)。

Original Point株式会社 代表/東京経済大学キャリアデザイン研究所 客員研究員

高橋 政成氏

【高橋 政成氏プロフィール】
(たかはし まさなり)新卒で人事コンサルティング会社へ入社。100社以上の企業の人材育成・採用に携わり、トップセールスとして活躍した後、最年少でマネジャーへ。その後2016年、大学・採用・キャリア開発の領域から、新たな価値を創るためOriginal Point(株)を設立。実践と研究から、キャリア領域の最適解を模索中。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
13:50 -
14:40
特別講演[G-6] 受付終了

2年連続で従業員の生活習慣病指標を10%以上改善! マルハニチロの健康経営施策とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

“マルハニチロはいまよりももっと「サステナブルな企業グループ」へ”を実現すべく、『健康経営の推進』を重点課題に掲げる同社。特に独自の施策であるDHAチャレンジでは、中性脂肪をはじめとした生活習慣病指標を2年続けて10%以上改善しました。この成果に至った戦略策定・目標設定・社内巻き込みという3点についてお話しします。きっとマネしてみたいポイントが見つかります。(協賛/株式会社NSD)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

健康経営を推進し、従業員の活力向上&生産性向上を実現したい


マルハニチロ株式会社 人事部 ダイバーシティ&インクルージョン室 室長

齋藤 麻里氏

【齋藤 麻里氏プロフィール】
(さいとう まり)1990年入社。冷凍食品事業部配属後、業務用に関わる企画開発、運営、販売に従事。2017年より広報・経営企画部などにて10年CSRを担当。2018年より人事部にてダイバーシティ&インクルージョンを推進。栄養士、食育指導士、フードコーディネータ―資格等を保有。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
13:50 -
14:40
特別講演[G-7] 受付終了

他社事例に学ぶ! オンライン下におけるマネジメントの質が上がる目標設定と1on1手法
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

テレワークが進み、オンライン上でのマネジメントが難しいと感じる管理職は非常に多いです。一方でそのマネジメント手法はいまだ開発途上で、人事の皆様も解決策を模索しているのではないでしょうか? そこで本講演では、オンライン下におけるマネジメントの質が上がる「目標設定」と「1on1」手法の実践的なノウハウを、他社事例とともに解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

オンライン下のマネジメントに役立つ管理職育成法を探している


三菱地所リアルエステートサービス株式会社 人事部次長 

原 栄市氏

【原 栄市氏プロフィール】
(はら えいいち)1995年に入社し、分譲マンションの販売営業を経て、法人をメインとした不動産の売買仲介に支店を含め15年間従事し、2019年より現職。採用業務をはじめ現在は新長期経営戦略に基づく人財育成を担当。

スミセイ情報システム株式会社 常務執行役員 人材開発本部長

赤松 実氏

【赤松 実氏プロフィール】
(あかまつ まこと)1988年に住友生命保険相互会社入社後、同社のシステム開発業務を担う関連会社であるスミセイ情報システム株式会社に出向。100名を超える要員を抱える部署の所属長に就任。同部署の人事・人材育成の経験を経た後、同社の人事部門長に就任。現在は人材開発本部長として同社の人事・人材育成企画全般を担当。

株式会社フィールドマネージメント・ヒューマンリソース シニアマネージャー

野崎 洸太郎氏

【野崎 洸太郎氏プロフィール】
(のざき こうたろう)2006年に大手情報通信会社に入社し、営業、コンサルティングに従事。首都圏、九州エリアの部門長として約60名のマネジメントに従事。その後、フィールドマネージメントグループに参画し、主に組織人事系のコンサルティングを担当。
受付終了
5/19(水)
14:50 -
15:50
パネルセッション[G] 受付終了

企業事例から紐解く「従業員エンゲージメント向上」と「組織活性化」
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

組織のパフォーマンスを継続的に上げるために、「従業員の多様な価値観に応え、エンゲージメントを向上する」ことの重要性が増しています。そのためには「組織のコンディションの計測」「効果的な人事制度の構築・運用」が求められます。本セッションでは、有識者や企業の人事責任者をお招きし、エンゲージメント向上や組織活性化に対する人事の取り組みについてディスカッションします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

他社のエンゲージメント向上や組織活性化の取り組み事例を知りたい


慶應義塾大学 商学部 教授

山本 勲氏

【山本 勲氏プロフィール】
(やまもと いさむ)1970年生まれ。慶應義塾大学商学部卒業、慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了。1995年に日本銀行入行、2003年にブラウン大学経済学部大学院博士課程を修了(経済学博士)。2007年、慶應義塾大学商学部准教授を経て、2014年より現職。専門領域は応用ミクロ・マクロ経済学、労働経済学、計量経済学。労働市場を分析対象として、労働時間や賃金、雇用形態、ワーク・ライフ・バランス、ダイバーシティ、メンタルヘルス、人材マネジメント、技術革新などのテーマについて、企業や労働者の多様なデータを用いた定量的な検証を行っている。主な著書に『人工知能と経済』(編著、勁草書房)、『労働時間の経済分析』(共著、日本経済新聞出版社)など。

株式会社SmartHR 執行役員・VP of Human Resource(人事責任者)

薮田 孝仁氏

【薮田 孝仁氏プロフィール】
(やぶた たかひと)2006年より株式会社ECナビ(株式会社VOYAGE GROUP)にてWebディレクターとして従事。2008年に株式会社ライブドアに入社し、2011年より人事を担当。2013年LINE株式会社に商号変更を経て、2013年4月より採用、育成、組織活性化を担当する人材支援室の立上げに従事。2018年12月、SmartHRに入社し、2019年1月より現職。採用、人材育成、評価制度、組織改善の分野を担当。
受付終了
5/19(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-1] 受付終了

管理職に求められる新たなチーム作りの手法-4つの組織開発パターンと具体的な進め方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

テレワークで職場の一体感やつながりを作ることが難しくなっている中で、組織が成長するには今まで以上にメンバーの関係性を強化し、強いチームを作ることが必要です。強いチーム作りのためにはキーマンとなる管理職に、メンバーの関係性に直接アプローチする「組織開発」のスキルが求められます。本講演では、4つの組織開発パターンをもとに具体的な方法についてお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

管理職のチーム作りを強化したい、職場単位で組織開発をしたい


株式会社NEWONE 代表取締役社長

上林 周平氏

【上林 周平氏プロフィール】
(かんばやし しゅうへい)大阪大学人間科学部卒業。 アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。2002年、(株)シェイク入社。企業研修事業の立ち上げ、商品開発責任者として、プログラム開発に従事。新人~経営層までファシリテーターを実施。 2015年、代表取締役に就任。2017年9月、株式会社NEWONEを設立。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-2] 受付終了

研修に「全集中」させる新たなメソッドとは
J:COMと松竹芸能の事例から学ぶ研修の創意工夫
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ニューノーマルな時代、「研修のあり方」も変化を求められています。「社員が主体的に学ばない」「研修に集中しない」など人事担当者の悩みを多く聞きますが、「受けなきゃいけない研修」を「受けたい研修」に変えるにはどのような工夫ができるでしょうか。本講演では企業内大学を創設したJ:COMグループと松竹芸能が取り組むプロジェクトの事例をもとに研修の創意工夫のポイントを解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員研修を工夫したい、社員に響く研修を提供したい


株式会社エニー 常務取締役

川村 豊氏

【川村 豊氏プロフィール】
(かわむら ゆたか)日本一のケーブルテレビ統括運営会社である株式会社ジュピターテレコム(J:COM)で、企業内大学「J:COMユニバーシティ」を立ち上げ、全国社員17,000人の教育研修を行う人財開発部の責任者として従事。2020年4月より同グループイベント会社である株式会社エニーの常務取締役に就任。

松竹芸能株式会社所属 お笑いコンビ

セバスチャン氏

【セバスチャン氏プロフィール】
(せばすちゃん)2009年結成。阿部健一と原田公志、中学校同級生の息の合った漫才が持ち味。松竹芸能株式会社が取り組んでいる体験型研修「笑育」において、スタート時から参加し、学校・企業合わせて100団体以上講師として登壇。主な出演 日本テレビ「所さんの目がテン!」、テレビ朝日「アメトーーク!」、長野放送「土曜はコレダネッ!」。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-3] 受付終了

人生100年時代、ミドルシニアが一歩を踏み出すセカンドキャリア支援施策のポイント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

労働力人口の約4割は50代以上が占めている中、70歳定年が義務化され、40代50代のミドルシニア層が、組織に与える影響は益々拡大していきます。本講演では、副業・学び直しにより、実際に組織の外に一歩を踏み出し、自律的なセカンドキャリア形成を実現した事例をご紹介し、ミドルシニア層への支援施策のポイントをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

40代50代のモチベーションを上げ、自律的なセカンドキャリア形成したい


Dialogue for Everyone株式会社 代表取締役

大桃 綾子氏

【大桃 綾子氏プロフィール】
(おおもも あやこ)慶應義塾大学大学院社会学研究科修了(社会心理学)三井化学(株)にて人事・事業企画に約10年従事、(株)トリドールホールディングスを経て、現職。大都市の副業人材と地域中小企業をつなぐ人材シェアリングサービスを提供するJOINS株式会社取締役。国家資格キャリアコンサルタント、コーチ。2児の母。

Dialogue for Everyone株式会社 取締役

北村 貴氏

【北村 貴氏プロフィール】
(きたむら たか)1967年北海道十勝生まれ。石油メーカーにて人事を経験後、1997年29歳で日本で2番目となるネットマーケティング会社(株)マーケティングジャンクション設立。2005年北海道へUターン、2007年(株)グロッシーを設立、料理研究家400人をネットワーク。2013年東京と北海道の2地域居住を開始。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-4] 受付終了

キャリア採用の母集団最大化~エージェントから数多く質のいい推薦を維持する方法~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

有効求人倍率が低下しても、採用難易度が下がるわけではありません。特に、エンジニアを始めとして「競争率の高い採用に苦戦している」「今まで以上に採用スピードを求められている」というお声をよく伺います。採用成功企業は、どのように取り組んでいるのでしょうか。本講演では、そのような方に向けて、「エージェントからの推薦」に絞り、人事ができる工夫や注意点などをお伝えいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

エージェントからの推薦においてできる工夫や注意点を知りたい


株式会社エクスオード 代表取締役

守屋 尚氏

【守屋 尚氏プロフィール】
(もりや ひさし)1989年株式会社リクルート入社。一貫してHR事業に従事。2002年グループマネージャーとして着任。2004年に退職後、外資系ブランドマネジメント企業でディレクターとして転職。2008年に株式会社エクスオードを設立、現在に至る。自ら構築した「エージェントマネジメント」サービスを中心に事業を展開。
受付終了
5/19(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-5] 受付終了

多様な人材が活躍できるプラットフォームとは~激動の時代でも変わらず大切なこと~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍を機に、働く環境も大きく変わり、従業員の管理手法にも変化が求められています。その中でも育児、介護、病気の治療等で休業中の従業員とのコミュニケーションの取り方や両立支援のあり方について、従来のやり方では対処できない課題が見えてきました。本講演では、時代が移りゆくなかで「変えるべきこと」と「変えてはならないこと」をダイバーシティマネジメントの観点でお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人材や働き方が多様化する中、既存の両立支援施策を見直したい


株式会社東レ経営研究所 ダイバーシティ&ワークライフバランス推進部長

宮原 淳二氏

【宮原 淳二氏プロフィール】
(みやはら じゅんじ)早稲田大学社会科学部卒。大学卒業後、資生堂にて人事制度企画から採用・研修まで人事労務全般に従事。2011年に東レ経営研究所入社。ワークライフバランス、ダイバーシティ、業務効率化などをテーマとした講演を多数実施。

株式会社アドバンテッジリスクマネジメント 両立支援事業本部 副本部長

國井 弘美氏

【國井 弘美氏プロフィール】
(くにい ひろみ)京都大学法学部卒。大学卒業後、現三菱UFJ銀行にて営業、海外業務、人事、ダイバーシティ推進に従事。2020年5月にアドバンテッジリスクマネジメント入社、両立支援事業本部営業統括担当。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-6] 受付終了

SCSKのグローバル人材育成 自律的に学び続けていく仕組み
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

各企業においてコロナ禍で多くの研修がリモートでの対応となりました。SCSK社も、例年実施の海外フィールドワークは叶わなかったものの、他のグローバル研修はすべてオンラインで実施しました。オンラインへ切り替えることで、研修への参加率UPや、自律的な学習習慣の醸成など、これまでの研修では得られなかった成果を得る事もできました。本講演では、実際にリモートでの研修構築、運営をご担当された人事ご担当者様をお招きし、ご講演いただきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

オンライン研修に課題を感じている


SCSK株式会社 人材開発本部 人材開発部人材開発課

山本 良子氏

【山本 良子氏プロフィール】
(やまもと りょうこ)総合商社を経て、人事ソリューション企業で教育企画や営業を経験。現職では各種人材開発・組織開発に携わる。

株式会社WizWe 代表取締役社長

森谷 幸平氏

【森谷 幸平氏プロフィール】
(もりたに こうへい)早稲田大学卒業後、オハイオ大学大学院で修士号取得(社会学)。その後数社を経て(株)WizWeを設立し、人とデジタルのサポートで語学学習を習慣化し、90%以上の学習者を完走に導く「Smart Habit」を開発。2020年より同事業をデジタルプラットフォーム化し事業グロースに従事。
受付終了
5/19(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-7] 受付終了

採用DXを実現!
曖昧な採用基準から脱却「データをもとにした採用基準の作り方」
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

環境の劇的な変化により、オンライン採用といった新しい採用方法を導入する企業が増えております。しかし採用基準は過去のままで担当者の主観による合否判断を下してしまうケースも多いのではないでしょうか。本講演では、採用基準に悩みを抱える企業に向けて「データをもとにした採用基準の作り方」を解説。実際の分析結果をもとに手軽に始められる分析手法から応用的な知識までをご説明します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

データを活用して自社に合っている人を採用できるようにしたい


株式会社リーディングマーク 代表取締役

飯田 悠司氏

【飯田 悠司氏プロフィール】
(いいだ ゆうじ)2011年東京大学を卒業後、世界の人々の自己実現を支援する仕組みを創るため大学3年生時に60万円の貯金を資本金にリーディングマークを立ち上げる。現在は、東大/京大/早慶等の日本の最優秀層3人に一人が就職活動で利用をするレクミーと、ひと目で採るべき人物がわかる、適性検査クラウドミキワメを運営。

株式会社リーディングマーク 組織開発研究所 研究員/ミキワメ事業部 コンサルタント/臨床心理士

佐藤 映氏

【佐藤 映氏プロフィール】
(さとう うつる)京都大学大学院教育学研究科博士後期課程を単位取得退学後、京都文教大学で教鞭をとり、2020年にリーディングマーク入社。リーディングマークではミキワメのアルゴリズム開発責任者を務める。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-8] 受付終了

-「ハイパフォーマー」の育成・定着-
タレントマネジメントのメソッドと推進の注意点
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

働き方の多様化や経営環境の変化が顕著な今日、多くの企業では働き方改革による生産性向上が求められています。本講演では、事業成長を加速させる「ハイパフォーマー」の育成や定着というテーマを中心に、タレントマネジメントを始める上での注意点や実践企業の事例など、すぐに活用できる具体的なメソッドをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ハイパフォーマーの育成・定着のメソッドを知りたい


株式会社HRBrain コンサルティング事業部長

新宮 祐賀氏

【新宮 祐賀氏プロフィール】
(しんぐう ゆうが)某人材系のメガベンチャー企業にて、新卒で入社。1年目から海外駐在を経験し、マレーシアと香港拠点の立ち上げに尽力。4年目に事業部初の採用統括責任者になる。2019年10月にHRBrainのコンサルティング事業部長として、入社。
受付終了
5/19(水)
17:00 -
18:00
パネルセッション[H] 受付終了

「新規事業」「イノベーション」を創り出す人材をどのように見出し、育てていけばいいのか
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

テクノロジーの進化やグローバル化によって市場が激しく変化する中、企業には既存の事業に安住するのではなく、常に新たな価値を提供することが求められています。そのためには、新規事業やイノベーションを創り出す人材が必要ですが、企業はそのような人材をどのように見出し、育てていけばいいのでしょうか。また、どうやって仕事を任せ、サポートしていけばいいのでしょうか。新規事業開発で成果を上げているロート製薬・高倉氏、LIFULL・羽田氏と、新規事業を創る人材の研究で知られる立教大学・田中氏が議論します。(協賛/コーナーストーンオンデマンドジャパン株式会社)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

新規事業やイノベーションを創り出す人材をどのようにして育成していけばいいのかを知りたい


ロート製薬株式会社 取締役

髙倉 千春氏

【髙倉 千春氏プロフィール】
(たかくら ちはる)1983年、農林水産省入省。1990年にフルブライト奨学生として米国Georgetown 大学へ留学し、MBAを取得。1993年からはコンサルティング会社にて、組織再編、新規事業実施などにともなう組織構築、人材開発などに関するコンサルティングを担当。その後、人事に転じ、1999年ファイザー株式会社、2004年日本ベクトン・ディッキンソン株式会社、2006年ノバルティスファーマ株式会社の人事部長を歴任。2014年に味の素株式会社へ入社し、グローバル戦略推進に向けた、グローバル人事制度の構築と実施をリードした。2020年4月にロート製薬株式会社に入社、6月から現職。

株式会社LIFULL 執行役員 CPO 人事本部長

羽田 幸広氏

【羽田 幸広氏プロフィール】
(はだ ゆきひろ)1976年生まれ。上智大学卒業。人材関連企業を経て2005年6月ネクスト(現LIFULL)入社。人事責任者として人事部を立ち上げ、企業文化、採用、人材育成、人事制度の基礎づくりに尽力。2008年からは社員有志を集めた「日本一働きたい会社プロジェクト」を推進し、2017年「ベストモチベーションカンパニーアワード」1位を獲得。7年連続「働きがいのある会社」ベストカンパニー選出(2011年~2017年)、健康経営銘柄選定(2015年度、2016年度)など、企業として高い評価を得るまでに導いた。著書 :『日本一働きたい会社のつくりかた』(PHP研究所)

立教大学 経営学部 助教

田中 聡氏

【田中 聡氏プロフィール】
(たなか さとし)1983年 山口県周南市生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程 修了。博士(学際情報学)。新卒で株式会社インテリジェンス(現・パーソルキャリア株式会社)に入社。大手総合商社とのジョイントベンチャーに出向し、事業部門での実務経験を経て、2010年 同社グループの調査研究機関である株式会社インテリジェンスHITO総合研究所(現・株式会社パーソル総合研究所)立ち上げに参画。同社リサーチ室長・主任研究員・フェローを務め、2018年より現職。専門は、経営学習論・人的資源開発論。働く人と組織の成長・学習を研究している。
受付終了

※プログラムは予告なく内容などを変更することがございますので、予めご了承ください。

オフィス・ご自宅・外出先などから講演を視聴する参加お申込み

※既に『日本の人事部』に会員登録されている方は、必ずログインの上、お申し込みください。
※お申し込みが一定数に達した講演は順次受付を締め切ります。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop