人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019 -春-[東京]」 
2019年5月14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省[会場]大手町サンケイプラザ

プログラム

受付状況
日付

5/9(木)テクノロジーカンファレンス
ジャンル

スタイル
フリーワード
<5/14(火)>
5/14(火)
9:30 -
10:30
特別講演[A-3] 受付終了

人間力は研修で教育可能!部下から信頼共感され成果の上げられる真の管理職育成手法とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

心無い管理職にテクニックを教えても、ハラスメントに使い逆効果になることも! 今必要なのは部下をコントロールするスキルではなく、信頼や共感を得る人間力です。65歳定年、女性活躍推進など、価値観の違う部下に共感し、モチベーションを引出し、成果を出す管理職リーダー育成組織開発手法とは? 心理学を踏まえた新手法「コーチアプローチファシリテーション」を実例を踏まえ明確に解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人間力があり部下から信頼される真の管理職リーダーを育成したい


コンティニュウ株式会社 代表取締役社長/コーチアプローチファシリテーター連盟 理事長

大山 裕之氏

【大山 裕之氏プロフィール】
(おおやま ひろゆき)パイオニア、カシオ計算機、大前研一氏のコンサルタント会社を経て、グローバルでの体験から人財育成の本質を発見。この重要性を伝えたく独立。心理学、脳科学にも精通し人間力がベースのコーチアプローチファシリテーションメソッドを開発。2万5千人以上の指導経験から生まれる熱い研修にファンも多い。笑顔の講演が魅力。
5/14(火)
9:30 -
11:30
ワークショップ[WS-1] 受付終了

組織と人を変えるために何をすべきか~大手外資系企業が実践した変革のシナリオとは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

現状維持志向、コミュニケーション不全、指示待ちの姿勢――。
環境変化の激しい中、個人の意識変容はもちろん、組織は変化への対応力が求められています。
本ワークショップでは、非常に厳しかった事業部の売上げを立て直し、組織の変革を遂げた、ヘンケルジャパンのサロン向けヘアコスメティックスを扱う「シュワルツコフ プロフェッショナル」事業部、事業本部長の後藤氏を迎え、具体的な変革のプロセスをワークを交えお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ありたい姿に向けた組織変革や、人材の開発に悩んでいる

ヘンケルジャパン株式会社 シュワルツコフ プロフェッショナル事業部 事業本部長

後藤 秀夫氏

【後藤 秀夫氏プロフィール】
(ごとう ひでお)MBA, アリゾナ州立大学 サンダーバード国際経営大学院卒業後、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社を経て、日本ロレアル株式会社入社。2011年にアクティブコスメティクス事業部 事業部長就任。赤字続きの業績を3年連続毎年+30%伸ばし業績を回復。
2013年に台湾ロレアル コンシューマープロダクツ事業部 事業部長として台湾消費財ビジネスを統括。台湾ビジネスを2年でターンアラウンドさせた後、2016年にセレクティブ事業部 事業部長に就任。2017年より現職に至る。

インパクトジャパン株式会社 代表取締役副社長

戒能 祥哲氏

【戒能 祥哲氏プロフィール】
(かいのう よしのり)コンサルティングファームでコンサルタント、マネジャー、社内トレーナーを経て研修講師・コンサルタントとして独立後インパクトジャパンに入社。現在、プログラムデザインとソリューション提供の統括を担う。議論の整理、参加者の本音と納得感を重視するかかわり方、実体験に基づく戦略実行への複眼的な視点に定評がある。
5/14(火)
13:00 -
14:00
特別講演[B-1] 受付終了

社員20名の会社に1万人の新卒応募~インターンから内定まで優秀人材採用の極意~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

大手就職ナビや合同説明会だけで母集団を形成する方法では、優秀人材を採用しきることが困難な時代になってきています。それは大学生の就職観や就活スタイルに変化が生まれているからです。今の学生マーケットに話題を形成し、大手就職ナビが解禁する3月1日より前に1万人が応募し、優秀人材を早期に採用している当社の実例を公開するとともに、組織変革を起こす採用活動の設計法をお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

母集団形成/内定辞退防止/入社率を高めるインターンの設計


株式会社Legaseed 代表取締役

近藤 悦康氏

【近藤 悦康氏プロフィール】
(こんどう よしやす)1979年岡山県生まれ。「はたらくを、しあわせに」を理念に、新卒採用支援を手掛けるLegaseedを創業。年間1万人を超える学生が応募する人気企業に。2020年度の楽天みん就調べ人気インターンランキングで総合20位、人材業界で1位。これまで450社以上の組織変革を行う人事コンサルタントのプロ。
5/14(火)
13:00 -
14:00
特別講演[B-2] 受付終了

研修内製化が組織に活発なフィードバック文化をつくる~徹底された研修運営の仕組み~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

フィードバックや1on1が拡がっている昨今。とはいえ、組織内のディスカッションはなかなか起こりにくいもの。研修内製化により、階層や部署を超えたコミュニケーションを生み出し、活発なフィードバック文化の醸成に挑戦したデニムブランドのジースターインターナショナル社。本講演では実際にお招きし、フィードバックが起こりにくい理由や解決策、徹底した研修運営の仕組みを紐解きます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

研修内製化を検討しているがハードルを感じている


株式会社JAM 代表取締役社長

水谷 健彦氏

【水谷 健彦氏プロフィール】
(みずたに たけひこ)リクルートエイブリック(現リクルートキャリア)、リンクアンドモチベーションを経て2013年に株式会社JAMを設立。ベンチャー/成長企業の組織コンサルティングに多数関わる。著書『急成長企業を襲う七つの罠』

ジースターインターナショナル株式会社 代表取締役

鹿子木 光氏

【鹿子木 光氏プロフィール】
(かのこぎ ひかり)外資系戦略コンサルティング会社にて戦略立案、事業再構築や企業合併支援を担当。外資系食品会社にて経営企画及び広報・人事担当役員を経験後、アパレル業界に転身。ルイ・ヴィトン・ジャパン、アディダスジャパンでリテール・オペレーション担当ディレクター。2010年よりジースター インターナショナル代表取締役に就任。米スタンフォード大ビジネススクール卒。
5/14(火)
15:40 -
16:40
特別講演[C-1] 受付終了

エンゲージメントの必要性と測定尺度を理解する
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

変革期を迎えている日本企業において、エンゲージメントは重要な考え方の一つです。企業と社員の心のつながりを表しており、離職抑制や社員のパフォーマンス向上に効果があるという研究結果も出ています。本講演では、弊社が開発した組織サーベイの結果を元にしながら、エンゲージメント状態を把握する際に見るポイントや、実際に組織改善につなげるための活用法についてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

エンゲージメントに興味があり、高めたいがその方法がわからない


株式会社マイナビ 教育研修事業部 開発部 部長/一般社団法人 日本エンゲージメント協会 副代表理事

土屋 裕介氏

【土屋 裕介氏プロフィール】
(つちや ゆうすけ)コンサルタント会社にて、人材開発・組織開発の営業として、大手企業を中心に研修やアセスメントセンターなどを多数導入。現在は、研修サービスのコンテンツ開発責任者を務めている。2018年7月からはNPO法人日本人材マネジメント協会の執行役員を務めるなど、10年以上に渡り一貫してHR領域に携わる。
5/14(火)
15:40 -
16:40
特別講演[C-2] 受付終了

メンバーマネジメントの巧拙が企業経営を左右する時代/現場マネジャー支援の在り方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

メンタル不調、若手の早期離職、ハラスメント等、企業の存続を脅かしかねないトラブルの増加。メンバーマネジメントの難度は、かつてないほど高まっています。一方、正解の無いビジネス環境で勝機を見出していくのも、またヒトにしかできないこと。メンバーマネジメント・人材活用の巧拙が、企業の生き残りを左右する時代です。その矢面に立つ現場マネジャーに、人事は何ができるのかを検討します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

現場マネジャーのメンバーマネジメント/支援に課題がある


株式会社リクルートマネジメントソリューションズ HRアセスメントソリューション統括部 主任研究員

荒金 泰史氏

【荒金 泰史氏プロフィール】
(あらがね やすし)株式会社リクルートマネジメントソリューションズに入社以来、一貫して人事ツールの開発やクライアントへの提供、実証研究に従事。メンタルヘルス予防、早期離職予防の理論と実践ノウハウ、エンゲージメント・対話型組織開発の諸理論、HRテクノロジーのトレンドと効能に詳しい。
5/14(火)
15:40 -
16:40
大会場[C-5] 受付終了

研修では人は変わらない
クライアントと語る 実践×個別フィードバックプログラム
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

『1on1』などフィードバックの重要性について関心が高まっていますが、これを実践出来ている企業はそれほど多くありません。しかし、昔からこれを実践し世界中に多くのリーダーを輩出してきたのが、実はコンサルティングファームなのです。本講演ではこの手法を紹介すると同時に、弊社の個別フィードバックプログラムを導入頂いたクライアント企業様との対談でその内容や効果をお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

1on1の定着など、組織内のリーダー育成に悩んでいる


株式会社フィールドマネージメント・ヒューマンリソース 執行役員

山田 博之氏

【山田 博之氏プロフィール】
(やまだ ひろゆき)国内の戦略系コンサルティングファームにて、HR領域を主とした経営支援コンサルティングに従事。主担当として、25社の経営・人事改革や次世代幹部育成などの大型プロジェクトを実行。その後、事業会社の人事企画担当などを経て現職。戦略策定などをテーマにした次世代幹部の育成に強みを持つ。

カルビー株式会社 人事総務本部 人財・組織開発課

武田 克彦氏

【武田 克彦氏プロフィール】
(たけだ かつひこ)82年に伊藤忠商事に入社、機械の北米向け輸出営業に携わったのち、伊藤忠労働組合の専従役員2年を経て、外資系ヘルスケアメーカーで人事責任者、事業責任者をつとめる。一旦人事サービス企業を立ち上げ15年従事したのち、2017年からカルビー株式会社に入社、採用、人材育成などに取り組んでいる。

日本ライフライン株式会社 人事部

松葉 隆幸氏

【松葉 隆幸氏プロフィール】
(まつば たかゆき)1988年に大手住宅メーカーに入社。営業を経験後、人事部に異動。その後国内大手IT企業(SIer)等を経て現職に至るまで、一貫して人事に従事し、制度設計、労務、教育、採用等、人事全般を幅広く経験。
<5/15(水)>
5/15(水)
9:30 -
10:30
特別講演[D-3] 受付終了

大企業からベンチャー企業へ「他社留学」の効果とは ~越境型研修のリアルと展望~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

企業や人材を取り巻く環境が激変しているなか、研修のトレンドも変わってきています。今、他社で仕事を進めることで能力開発を進める取り組みである“越境学習型研修”を導入する企業が増えつつあります。なぜ、“越境学習型研修”が注目されているのか? どのような人財育成の課題に効果的なのか? 今話題の他社留学研修の事例を通じて、その実態と今後の展望をお伝えいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

次世代リーダー、新規事業開発担当者の新しい育成方法を知りたい


エッセンス株式会社 代表取締役

米田 瑛紀氏

【米田 瑛紀氏プロフィール】
(よねだ えいき)1996年人材ビジネス企業2社にて取締役、創業メンバーを経て、2009年エッセンス株式会社を設立。20年で5000人との面談、5000社の人材課題を解決支援。経産省「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」、「宇宙産業分野における人的基盤強化のための検討会」委員に就任。

株式会社ここはつ 代表取締役

西村 統行氏

【西村 統行氏プロフィール】
(にしむら のりゆき)リクルート入社。新規事業部門、新規事業PJの立上げを経てメディアファクトリー(リクルート子会社)取締役やキャリアライズ常務取締役として活躍。2017年4月(株)ここはつ設立。組織変革&事業開発コンサルタントの傍ら、「最強の50代」を合言葉に、ナナサンを通じたキャリア開発にライフワークとして取組中。
5/15(水)
9:30 -
10:30
特別講演[D-4] 受付終了

今こそ、OJTを真剣に考えてみよう~トレーニーと職場も変えるための施策とは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

本来、OJTは職場全体で行われるべきものです。しかし現実は、トレーナーに新人育成を任せっぱなしにしている、新人研修とトレーナー研修が繋がっていない、上司が育成に協力しない、などの声をお聞きします。トレーナーのみならず、職場全体への施策が必要なのです。本講演では、主にトレーニー向けの施策を取り上げながら「育成があたりまえ」という文化をどのように醸成するかを考えます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

現場で「あたりまえに」人が育つ風土を醸成したい


株式会社グローネス・コンサルティング 取締役営業部長

内藤 広宣氏

【内藤 広宣氏プロフィール】
(ないとう ひろのぶ)大手教育研修会社で企業内研修の企画営業を経験、大企業から地方の地場企業まで延べ数百社を担当した後、「理想の教育研修会社」を創るためにグローネスコンサルティングに参画、営業部長に就任する。営業活動の一環としてOJT制度や教育体系構築のコンサルティングを行うなど、顧客から高い評価を得ている。
5/15(水)
9:30 -
11:30
ワークショップ[WS-4] 受付終了

管理職のマネジメント行動が激変する!
~研修を研修で終わらせずに浸透させるには?~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

管理職のマネジメント行動を変えるには①自らの改善点を知り②変わりたいと主体的に思い行動し③その思いを継続させることが重要です。本ワークショップではそのための具体的なポイントを体系的に学んでいただきます。
中でも核となる人材アセスメントによるマネジメント行動啓発のための演習と実践行動の変容に向けてのアクションラーニングの効果をグループワークで体感いただきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

マネジメント研修を研修で終わらせず職場での行動に浸透させたい


一般社団法人中部産業連盟 人材マネジメントコンサルティング部 所長/上席主任コンサルタント

梶屋 宣之氏

【梶屋 宣之氏プロフィール】
(かじや のぶゆき)大手自動車部品メーカー、上場金属メーカー、中堅オーディオメーカーなど、主に製造業の人事制度改革における支援コンサルティングを多数実施。また、組織風土改革、管理職対象のアセスメント研修、考課者研修、アクションラーニング研修など人材開発にも実績多数。

一般社団法人中部産業連盟 人材マネジメントコンサルティング部 主任コンサルタント

小栗 義裕氏

【小栗 義裕氏プロフィール】
(おぐり よしやす)大手自動車部品メーカー、上場金属メーカー、中堅オーディオメーカーなど、主に製造業において、組織風土改革、管理職対象のアセスメント研修、考課者研修、アクションラーニング研修、中堅社員の問題解決研修など実績多数。教育研修、人事コンサルティングの分野においてキャリア15年。
5/15(水)
13:00 -
14:00
特別講演[E-1] 受付終了

社員の行動変容を加速させるブレンディッド・ラーニングとは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

研修を開催しても受講者の行動変容にばらつきがあったり、ビジネスの成果に繋がっていない研修があったりと、人事担当者の皆様のお悩みは様々です。本講演では、当社の人材開発や組織開発に関する豊富な知見と、ブレンディッド・ラーニングの手法を用いて、研修に参加する方々が本気で行動変容を起こすために必要なポイントについてご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

研修を行っても、行動の変化や成果に結びつかないことが多い


株式会社パーソル総合研究所 執行役員 ラーニング事業本部 本部長

髙橋 豊氏

【髙橋 豊氏プロフィール】
(たかはし ゆたか)大手建設、電気メーカー子会社を経て、株式会社日本能率協会コンサルティング入社。組織開発コンサルティングと管理職・経営層のコーチングを担当。2015年トーマツイノベーション株式会社入社。内定者~経営者向け人材育成のコンサルティング・研修を実施。講師派遣研修事業の責任者に従事。2018年10月より現職。
5/15(水)
13:00 -
14:00
特別講演[E-2] 受付終了

「中堅企業向け組織変革!」~自社人財から、何を見て、どう分析するか~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

中堅企業の方からのご相談で最も多いのが、次世代幹部候補の発掘と育成、次いで優秀人財のリテンションと社員育成です。これらの成功には、社員個々のポテンシャルにフォーカスし実態調査を行い、打ち手を決めることが必要です。本講演では500~2000名規模の中堅企業にて「MARCOPOLOアセスメント」を活用した組織変革成功ストーリーを紐解き、何を見て、どう分析したのかをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

自社にとっての優秀人材の定義が曖昧であると感じている


株式会社レイル 代表取締役社長

須古 勝志氏

【須古 勝志氏プロフィール】
(すこ かつし)テスト理論、テスト開発、心理統計学、CBT(Computer Based Testing)やe-Learningシステム開発、各種検定試験の設計に精通。また、人事系組織分析コンサル等の経験も豊富。人と組織の「適合度」を確かな制度で数値化するアセスメントツール「MARCO POLO」設計者。
5/15(水)
13:00 -
14:00
大会場[E-5] 受付終了

13,000社支援の実績から語る、人・組織が成長する「ラーニング・チェーン」とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

これまで13,000社の人材育成支援を行ってきた当社は、人・組織を成長させる育成施策とは、各階層間を連動させ、また連続性を持たせて実施することだ考えております。当社はこの方法を「ラーニング・チェーン」と名付けました。当日は当社からのお話だけでなく、実際にこの方法で育成施策を行った人事担当者様にもご登壇いただき、施策内容や成果などについて生の声をお届けします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

育成施策の立案を担当しており、自社の育成施策を見直したい


株式会社ラーニングエージェンシー 人材戦略コンサルティング第二事業部 シニアコンサルタント

片山 牧彦氏

【片山 牧彦氏プロフィール】
(かたやま まきひこ)大手建設会社で「企業内大学」の立ち上げ、新入社員・若手社員の育成研修の実務責任者として従事した後、ラーニングエージェンシー(旧トーマツ イノベーション)に入社。現在は組織課題の解決や経営戦略立案、新規事業開発のための研修等を行う。私生活では5児の父。

株式会社ラーニングエージェンシー 人材戦略コンサルティング第二事業部 シニアコンサルタント

稲葉 大二郎氏

【稲葉 大二郎氏プロフィール】
(いなば だいじろう)前職ではメガバンクの法人営業担当として東京・大阪・神奈川で延べ200社にコンサルティング営業を経験。ラーニングエージェンシー(旧トーマツ イノベーション)に入社後は、講師として年間120回ほど研修を行う。また、人材育成プランの作成、経営課題の解決や資産運用のサポート等の助言も行っている。

株式会社ハウスメイトパートナーズ 人事部 アシスタントマネージャー

平松 健一氏

【平松 健一氏プロフィール】
(ひらまつ けんいち)「ハウスメイトマインド」を持った誇りある社員の育成と、その芽のある社員を採用することをミッションに、中途採用・次期管理職育成・管理職育成業務等をメインで担当。人間性を図ったチームにする事が重要であると考え、各人の役割をきちんと果たす人材育成も大きなミッションとしている。
5/15(水)
14:15 -
15:25
特大会場[E] 受付終了

ソニーの情報システム部門の組織変革に向けた1on1導入と現状
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

上司と部下が1対1で定期的に行う対話「1on1」。本講演では、常に進化し続けるITを活用してソニーのビジネス変革を牽引しているソニーグローバルソリューションズ様をお招きし、組織変革の実現を目指して「1on1」を導入した背景やこれまでの成果を、具体的な取り組み事例と併せてご紹介いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

1on1の導入に向けて経営層への説得や現場の定着・浸透に悩んでいる


ソニーグローバルソリューションズ株式会社 人事総務部・人事2課 統括課長

木谷 隆康氏

【木谷 隆康氏プロフィール】
(きや たかやす)人材紹介会社のキャリアコンサルタントを経て、大手IT企業の人事部門に入社。年間1,000名規模の採用戦略の企画・立案、採用ブランディング施策の推進を担当。2007年にソニーの情報システム部門を担うソニーグローバルソリューションズ株式会社に入社後、人事、労務、人材開発、採用を担当。現在に至る。

ビジネスコーチ株式会社 取締役副社長/BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ

橋場 剛氏

【橋場 剛氏プロフィール】
(はしば ごう)中央大学法学部卒業。アクセンチュア株式会社にて主に大手ハイテク企業に対するコンサルティングに携わる。同社通信ハイテク産業本部マネジャーを経て、当社設立に参画。2010年専務取締役、2017年12月より現職。

ビジネスコーチ株式会社 常務取締役/BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ

吉田 寿氏

【吉田 寿氏プロフィール】
(よしだ ひさし)早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了。富士通人事部門、三菱UFJリサーチ&コンサルティング・プリンシパルを経て、2015年1月より現職。
5/15(水)
15:40 -
16:40
特別講演[F-2] 受付終了

経営戦略としてのキャリア支援 ~多様な人材を活かすANAのキャリア支援体制とは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

2015年のダイバシティ&インクルージョン宣言と同時に発足した『グループキャリア支援室』は、多様な人財を活用する事で持続的な成長を目指すANAの人財戦略を支えてきました。キャリア相談からLGBTや定年後の雇用延長社員の「まなびほぐし研修」まで、様々なニーズに対応したキャリア支援室。その立上げ~現在~未来まで当事者に直接お話しいただき企業内キャリア支援のヒントを学びます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社内にキャリアコンサルタントを置きたい・増やしたい


全日本空輸株式会社 人財戦略室人事部グループキャリア支援室 室長

秋田 秀幸氏

【秋田 秀幸氏プロフィール】
(あきた ひでゆき)大学卒業後、エアーニッポン株式会社(当時)入社。入社7年目より、人事実務全般を経験し、2012年度より会社統合によりANA入社。その後、ANAホールディングス株式会社にてグループ人財戦略に携わり、2015年度より、ANAビジネスソリューション株式会社と合同でグループキャリア支援室を本格的に始動する。

全日本空輸株式会社 人財戦略室人事部グループキャリア支援室 マネージャー

池上 正俊氏

【池上 正俊氏プロフィール】
(いけがみ まさとし)大学卒業後、全日本空輸株式会社に入社。空港部門、営業部門等を担当。人事部は3回で延べ13年従事する。定年退職後、雇用延長で主にグループ会社を含めたキャリア相談とシニア関係の研修及び人事業務を担当し現在に至る。GCDFキャリアカウンセラー、キャリアコンサルタント。

全日本空輸株式会社 客室センター業務推進部ライフキャリアサポートチーム

ブレイケリー祐紀氏

【ブレイケリー祐紀氏プロフィール】
(ぶれいけりーゆき)大学卒業後、全日本空輸株式会社に入社。国際線客室乗務員として従事。現在、8,000人規模のCAを対象としたキャリアやライフに関わる相談窓口を担当。活き活きと自身のキャリア形成ができるようサポートしている。私生活では3人の子供の母。GCDFキャリアカウンセラー、キャリアコンサルタント。

特定非営利活動法人 キャリアカウンセリング協会 理事長

藤田 真也氏

【藤田 真也氏プロフィール】
(ふじた しんや)リクルート入社。リクルートマネジメントソリューションズ執行役員、リクルートエージェント監査役を経て、2014年からキャリアカウンセリング協会理事長、2017年からキャリアコンサルティング協議会会長。質の高いキャリア支援システムの普及による社員のキャリア自律と生産性向上の同時実現をテーマとする。
5/15(水)
15:40 -
16:40
大会場[F-5] 受付終了

HRテクノロジーで実現する働き方改革~従業員データの活用と業務を効率化する方法~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

2019年4月、政府が最重要法案と位置づけた「働き方改革関連法」が施行されます。これにより、「残業規制」や「高度プロフェッショナル制度」等の適用が始まり、人事の皆様には生産性の高い働き方への更なる推進が求められます。本講演ではビズリーチが直面した業務効率化や人事データの活用における課題や取組みを事例に、HRテクノロジーを活用した働き方改革の実現方法についてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

従業員データが一元化できず、オペレーションに忙殺されている


株式会社ビズリーチ 代表取締役社長

南 壮一郎氏

【南 壮一郎氏プロフィール】
(みなみ そういちろう)1999年、タフツ大学を卒業後、モルガン・スタンレー証券に入社。2004年、楽天イーグルスに創業メンバーとして参画。2009年、株式会社ビズリーチを創業し、従業員1300名のHR Techベンチャーへ成長。2014年、世界経済フォーラムから「Young Global Leaders」に選ばれる。
5/15(水)
15:40 -
16:40
特別講演[F-7] 受付終了

マインドセットが人と組織を変える~管理職研修 自分の小さな箱から脱出する方法~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「部下が思うように動いてくれない/関係部署とうまくいっていない」……スキルやテクニックを磨いたのに改善されないのは、なぜでしょうか。それは個々の「行動」を支配する各々の「マインドセット(心の持ち方)」が原因です。本講演では世界でベストセラー『自分の小さな箱から脱出する方法』の著書であるアービンジャーがマインドセットを変えるためのエッセンスをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

リーダーのコンピテンシーを改善、組織風土を改善したい


アービンジャー・インスティチュート・ジャパン株式会社 東京事務所所長

陶山 匠也氏

【陶山 匠也氏プロフィール】
(すやま たくや)当社東京事務所にて、研修、人事制度改革、その他人事関連コンサルティングサービスを提供。九州大学大学院生物資源環境科学府(農業経済学修士)修了香港科技大商学院HKUST Business School(MBA) 修了
<5/16(木)>
5/16(木)
9:30 -
10:30
特別講演[G-4] 受付終了

【話題のテーマ!】リーダーもメンバーもチームも変わる「アンコンシャスバイアス」
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

多様な個性を活かしあうダイバーシティ&インクルージョンの考えが大切にされる昨今、メンバー1人1人の活躍を願い、向かい合うリーダーが求められています。リーダーが、偏ったモノの見方でチームの成長を妨げないためにも、まずは『アンコンシャスバイアス(無意識の偏見)』に気付き、対処することが重要です。
本講演では、アンコンシャスバイアスが人や組織にもたらす影響をお伝えします。(協賛/株式会社かんき出版)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

無意識のうちに相手を偏見でとらえ、人間関係を悪化させてしまう


株式会社モリヤコンサルティング 代表取締役 / 一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所 代表理事

守屋 智敬氏

【守屋 智敬氏プロフィール】
(もりや ともたか)神戸大学大学院修了。人材系コンサルティング会社を経て、2015年に独立。これまでに2万人以上のリーダー育成に携わる。著書に、5万部突破『シンプルだけれど重要なリーダーの仕事』(かんき出版)、アンコンシャスバイアスをテーマとした『あなたのチームがうまくいかないのは無意識の思いこみのせいです』等がある。
5/16(木)
10:45 -
11:55
特大会場[G] 受付終了

人生100年時代、企業が取るべきキャリア形成支援戦略とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

働く個人の価値観が多様化している現在において、企業がこれからも持続的に成長していくための欠かせないキーワードの1つは「キャリア自律」と言われています。本セッションでは「グッドキャリア企業アワード2018」大賞を受賞した東海東京フィナンシャル・ホールディングスの事例を参考に、より戦略的に社員のキャリア自律を促す方法を皆さまとの対話を通じ考えていきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員のキャリア開発を支援するための具体的な手法を知りたい


株式会社日本マンパワー フェロー

水野 みち氏

【水野 みち氏プロフィール】
(みずの みち)年間40社以上の企業内のキャリア開発、組織開発、D&I推進に従事。組織の診断をはじめ、対話型の組織開発を推進。国際基督教大学卒業。1995年ペンシルバニア州立大学にてカウンセリングを学び教育学修士取得。組織開発ファシリテーター、NPO日本キャリア開発協会認定スーパーバイザー

東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社 人事企画部長

石川 章泉氏

【石川 章泉氏プロフィール】
(いしかわ しょうせん)1993年入社。
入社後、債券トレーダー、法人営業等の経験を積んだ後、2009年4月より人事業務に従事。
2017年4月に人事企画部副部長、2018年4月に東海東京証券株式会社・人事部副部長に就任し、2019年4月より現職。
5/16(木)
13:00 -
14:00
大会場[H-5] 受付終了

東京海上日動火災保険が目指す「日本で一番人が育つ会社」その戦略とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

VUCAの時代に人事が考える人材戦略・組織戦略はどうあるべきかを考えます。「日本で一番人が育つ会社」とはどういう状態か? なぜ目指すのか? どうやって実現するのか? などについてお話しいたします。また、組織を変革するには、管理職やリーダーのリーダーシップ・マネジメントスタイルの変革が必要です。彼らにどんな変化を期待すべきか、どう変化させることができるのかを考えます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

自律型人材の組織を作りたい、管理職の教育に悩んでいる


株式会社レアリゼ 代表取締役社長/NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会 理事長

真田 茂人氏

【真田 茂人氏プロフィール】
(さなだ しげと)株式会社リクルート、外資系金融会社、人材サービス会社設立を経て、株式会社レアリゼ設立。個人の意識変革を起点とした組織開発を強みとし、日本を代表する企業・官公庁など幅広い分野で多数の研修導入、講演実績がある。また、サーバントリーダーシップの普及を通じて、グローバルリーダーの育成に取り組んでいる。

東京海上日動火災保険株式会社 人事企画部 人材開発室 能力開発チーム 課長代理

菊地 謙太郎氏

【菊地 謙太郎氏プロフィール】
(きくち けんたろう)2011年、同社へ入社。営業部門にて保険専業代理店をはじめ、大学や地場大企業などを担当。2017年より人事部門へ配属。能力開発チームとして、組織開発、マネジメント力向上施策などを担当
5/16(木)
13:00 -
14:00
特別講演[H-7] 受付終了

人は何を見た時に「ここで働きたい」と思うのか! 行動科学に基づくオフィス空間採用術
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

高い有効求人倍率が続き、人材採用が難しい状況が続く中、オフィス空間を使っての人材採用に成功している企業があります。当社の方が雇用条件が良いはずなのに、なぜ他社に行ってしまうのか……。そもそも人は何を見たら「そこの会社に入りたい!」と思うのか……。本講演では、行動科学に基づいたオフィスが採用においてどのような効果をもたらすのか、そのポイントと実例をご紹介いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人材採用が思うように進んでいない


株式会社翔栄クリエイト 執行役員 クリエイティブ事業部長

河口 英二氏

【河口 英二氏プロフィール】
(かわぐち えいじ)オフィスの空間設計を手掛けるクリエイティブ事業部の事業部長として、「お客様の業績向上を目的とした戦略的なオフィスつくり」を提供している。自身もプロジェクトに携わり、上場企業をはじめ数多くの業績向上オフィスを手掛けるとともに、セミナー講師としても活躍。講演数は400回を超える。
5/16(木)
14:15 -
15:25
特大会場[H] 受付終了

「組織活性化」を実現する人事戦略とは ~すべての社員が成長し協働すれば組織はもっと強くなる~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

企業が経営目標やビジョンを実現するには、組織力の向上が不可欠。そのためのキーワードとして、いま注目されているのが「組織活性化」です。活性化している組織は、従業員一人ひとりが孤立しているのではなく、組織として最大の力が引き出されています。働く個人がモチベーション高く仕事に取り組むにはどうすればいいのか。個人プレーではなく、組織としてシナジーが起きている状態にするには何が必要なのか。人事責任者として、さまざまな企業の活性化に関わってきた味の素・髙倉氏、参天製薬・藤間氏をお迎えし、法政大学・石山教授の司会で「組織活性化」のポイントを明らかにしていきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

従業員一人ひとりが力を発揮し、組織として最大の成果を上げるためにはどうすればいいのかを知りたい


味の素株式会社 理事 グローバル人事部長

髙倉 千春氏

【髙倉 千春氏プロフィール】
(たかくら ちはる)1983年、農林水産省入省。1990年にフルブライト奨学生として米国Georgetown 大学へ留学し、MBAを取得。1993年からはコンサルティング会社にて、組織再編、新規事業実施などにともなう組織構築、人材開発などに関するコンサルティングを担当。その後、人事に転じ、1999年ファイザー株式会社、2004年日本べクトン・ディキンソン株式会社、2006年ノバルティスファーマ株式会社の人事部長を歴任。2014年7月に味の素株式会社へ入社し、2018年4月から現職。味の素グローバル戦略推進に向けた、グローバル人事制度の構築と実施をリードしている。

参天製薬株式会社 執行役員 人事本部長

藤間 美樹氏

【藤間 美樹氏プロフィール】
(ふじま みき)1985年神戸大学卒業。同年藤沢薬品工業(現アステラス製薬)に入社、営業、労働組合、人事、事業企画を経験。人事部では米国駐在を含め主に海外人事を担当。2005年にバイエルメディカルに人事総務部長として入社。2007年に武田薬品工業に入社し、本社部門の戦略的人事ビジネスパートナーをグローバルに統括するグローバルHRBPコーポレートヘッドなどを歴任。2018年7月より参天製薬に人材組織開発本部副本部長として入社し、2019年4月より現職。参天製薬のグローバル化を推進。M&Aは米国と欧州の海外案件を中心に10件以上経験し、米国駐在は3回、計6年となる。グローバル化の流れを日米欧の3大拠点で経験し、グローバルに通用する経営に資する戦略人事を探究。人と組織の活性化研究会「APO研」メンバー。

法政大学大学院 政策創造研究科 教授

石山 恒貴氏

【石山 恒貴氏プロフィール】
(いしやま のぶたか)一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科経営情報学専攻修士課程修了、法政大学大学院政策創造研究科政策創造専攻博士後期課程修了、博士(政策学)。一橋大学卒業後、NEC、GE、米系ライフサイエンス会社を経て、現職。越境学習、キャリア、人的資源管理等が研究領域。人材育成学会理事、NPOキャリア権推進ネットワーク授業開発委員長、フリーランス協会アドバイザリーボード。主な論文:Role of knowledge brokers in communities of practice in Japan, Journal of Knowledge Management, Vol.20 Iss 6,2016. 主な著書:『パラレルキャリアを始めよう!』(ダイヤモンド社、2015年)、 『越境的学習のメカニズム』(福村出版、2018年)他。
5/16(木)
15:40 -
16:40
特別講演[I-1] 受付終了

なぜ、1on1の導入・運用がうまくいかないのか? 4つの理由とマネジャー育成の事例
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

話題の「1on1」。導入中あるいは検討中で「人事として何をすればよいのか分からない」とお悩みの方が多いようです。本講演では「うまくいかない4つの理由」を提示し、その中で「そもそも1on1が求められている背景」に関する弊社の見立てや、そのうえで「1on1がうまくいっている会社がマネジャーに伝えていること」を研修の事例も交えて具体的にお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

研修効果を継続させる仕組み化を伴う“本質的な”人材育成をしたい


株式会社ビヨンド 代表取締役社長

仁藤 和良氏

【仁藤 和良氏プロフィール】
(にとう かずよし)株式会社ビヨンド代表取締役社長。早稲田大学法学部卒。人材育成・企業変革コンサルタント。アクセンチュアとリクルートを経て、2013年「働くすべての人に自信と誇りを」という志を実現させるべく、セルフコンフィデンス・テクノロジーを活用した「一皮むける研修」を提供するコンサルティング会社を設立。今に至る。
5/16(木)
15:40 -
16:40
特別講演[I-3] 受付終了

【加藤洋平氏監修】~心の成長をデザインする~ 階層別研修の理論と実践方法
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

現在、成人発達理論を日本に紹介している加藤洋平氏のもとで、理論と理論を研修へ落とし込む方法について研究しています。人の成長は、「能力の向上」と「心の成長」の両面があり、その両面の向上を目指す研修について理論的側面・成長促進の方法・研修で提供できることをお伝えします。企業に成人発達理論に基づく、長期的な「心の成長」支援ができたときのメリットなども解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

成人発達理論に興味があり、企業に導入を進めたい(教育担当者向け)


株式会社グローセンパートナー 代表取締役

島森 俊央氏

【島森 俊央氏プロフィール】
(しまもり としひさ)上智大学理工学部卒。大家族主義など経営理念を貫く出光興産株式会社に入社。その後、独立系コンサルティング会社を経て、2008年株式会社グローセンパートナーを設立。上場企業からベンチャー企業まで、教育研修・人事制度導入支援を通して、企業の業績向上と組織活性化を実現。新たに、成人発達理論を活用した研修を開発。
5/16(木)
15:40 -
16:40
特別講演[I-4] 受付終了

働き方改革の最新動向と従業員教育の必要性
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

今、働き方改革は第二章へ。テーマは生産性の向上です。既存の業務の効率性を向上させ新たな取り組み、創造性の向上を図る。そのベースとなるのが個々人のスキルや能力の向上です。経産省が推進するリカレント教育がまさにそれです。
本講演では、『月刊総務』編集長が取材を通じて得た働き方改革の最新事情と企業事例について、そのエッセンスとともに紹介します。(協賛/東京書籍株式会社)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

働き方改革の今後の流れと考え方、具体的な進め方を知りたい


株式会社月刊総務 取締役/『月刊総務』編集長

豊田 健一氏

【豊田 健一氏プロフィール】
(とよだ けんいち)早稲田大学卒業。株式会社リクルート、株式会社魚力で総務課長などを経験後、ウィズワークス株式会社。現在、株式会社月刊総務 取締役、『月刊総務』編集長。ファシリティ・オフィスサービス・コンソーシアムの理事、総務育成大学校の主席講師、All Aboutの「総務人事、社内コミュニケーション・ガイド」も務める。
5/16(木)
15:40 -
16:40
特別講演[I-6] 受付終了

7,469社のデータから解明!東大・筑波大との共同研究による、営業人材が育つ仕組みとは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「営業はセンスや才能だから……」「うちの事業は特殊だから標準化できない……」という声をよくお聞きします。営業人材を採用してOJTや研修を実施しても、成果に結びつかないと悩む人事・管理職・経営者は多いです。本講演では、7,469社の営業組織のデータ分析に基づき東大・筑波大との共同研究で解明した、営業人材の成長モデル「CoEVOLVeモデル(R)」を事例とともにご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

営業人材育成に取り組んでいるが、なかなか人が育たない


ソフトブレーン・サービス株式会社 代表取締役社長

野部 剛氏

【野部 剛氏プロフィール】
(のべ たけし)早稲田大学卒業後、野村證券へ入社。本店勤務。一貫してリテール営業。トップ営業マンとして活躍。2005年5月ソフトブレーン・サービス株式会社入社。執行役員を経て2010年7月に代表取締役社長に就任。 著書に『90日間でトップセールスマンになれる最強の営業術』(東洋経済新報社)等がある。
<5/17(金)>
5/17(金)
13:00 -
14:00
特別講演[K-2] 受付終了

発想力のあるチームへ導く! 「ファシリテーション型リーダーシップ」のコツ
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

いろいろな企業や部門が集まって創るオープンイノベーションが盛んです。その一方で、せっかく異能が集まっても「新しい価値の創出」が上手くいかないという悩みもよく伺います。そうした課題に応え、この講演では、『チームの発想力を高めるリーダーシップ』のポイントをご紹介します。単なる中間管理職とは異なる、「発想力のあるチームをけん引できるリーダー」を輩出したい企業におすすめです。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

今までどおりのマーケティング手法が通用しないと感じている


博報堂マーケティングスクール 代表

岡 弘子氏

【岡 弘子氏プロフィール】
(おか ひろこ)慶応義塾大学大学院社会学専攻科社会心理学修了。グロービス経営大学院経営学専攻修了。1993年博報堂入社。以後、2010年まで、 食品、トイレタリー、教育、金融のコミュニケーションの新市場創造業務に従事。2016年博報堂マーケティングスクールを立上げ。博報堂マーケティングスクール代表

博報堂ブランド・イノベーションデザイン ディレクター

岡田 庄生氏

【岡田 庄生氏プロフィール】
(おかだ しょうお)2004年博報堂入社。PR戦略局を経て、現在、企業ビジョンやブランド、商品開発などの支援を行う博報堂ブランド・イノベーションデザイン所属。日本広告業協会懸賞論文金賞受賞。日本PR協会「PRアワード2014」優秀賞受賞。著書に『博報堂のすごい打ち合わせ』(SBクリエイティブ)他。国際基督教大学卒業。
5/17(金)
13:00 -
14:00
特別講演[K-3] 受付終了

離職率1%企業のES向上事例も学べる ー顧客と従業員に選ばれるためのES経営手法ー
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人手不足が深刻化していく経営環境の中、人的資源の蓄積と採用力強化を図っていくため、ESをマネジメントしていくことは常識となりつつあります。一方で、ESへの効果的な取り組みがイメージできない、また現在推進しているもののうまくいっていない企業が多いのが実態でもあります。どうれすれば成果の出るESマネジメントにつながるのか、ESの専門コンサル会社が事例をもとに解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

エンゲージメントやESを高め、従業員の定着を実現したい


株式会社ヒューマンブレークスルー 代表取締役/ESコンサルタントグループ代表

志田 貴史氏

【志田 貴史氏プロフィール】
(しだ たかし)上場大手メーカー、経営コンサルタント会社を経て、ESに専門特化したコンサルティングを展開すべく、07年現在の会社を設立。中小企業から大企業まで様々な規模及び業種で豊富なESの支援実績を持つ。主な著書として、『ES経営の鉄則』(中央経済社)、『ESで離職率1%を可能にする人繰りの技術』(太陽出版)などがある。
5/17(金)
14:15 -
15:25
特大会場[K] 受付終了

「働き方改革」から「組織開発」へ
組織ぐるみで進める「残業時間是正」の3つのポイント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

昨今、人事業界で大きな課題となっているもののなかに「働き方改革」があります。さまざまな企業において、多くの施策が取り組まれていますが、効果を出し切れていない組織もよく耳にします。このセッションでは、「働き方改革」をすすめる手段として「組織開発」に注目し、その実施方法を3つのポイントとして解説します。ご紹介するデータには、立教大学・中原淳研究室とパーソル総合研究所の共同研究成果を用います。実際の組織での実践事例もご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

「働き方改革」を実現するための施策について知りたい


立教大学 経営学部 教授

中原 淳氏

【中原 淳氏プロフィール】
(なかはら じゅん)立教大学経営学部ビジネスリーダーシッププログラム(BLP)主査、立教大学経営学部リーダーシップ研究所 副所長などを兼任。博士(人間科学)。北海道旭川市生まれ。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院 人間科学研究科、メディア教育開発センター(現・放送大学)、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員、東京大学講師・准教授等をへて、2018年より現職。「大人の学びを科学する」をテーマに、企業・組織における人材開発・組織開発について研究している。専門は人的資源開発論・経営学習論。単著(専門書)に『職場学習論』(東京大学出版会)、『経営学習論』(東京大学出版会)。一般書に『研修開発入門』『駆け出しマネジャーの成長戦略』『アルバイトパート採用育成入門』など、他共編著多数。
5/17(金)
15:40 -
16:40
大会場[L-5] 受付終了

社員が共感する経営ビジョン再構築の5ステップ
~WHYから始める情動アプローチの事例紹介~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

理念策定のよくある落とし穴(「言葉遊び」「他人事」「目的がない」等)に貴社もはまっていませんか。その落とし穴を避けるには、「理念」にその会社「らしさ」が反映されていること、そしてその理念により「社員の心に灯をともす」ことが最も重要です。社員の自律的考動をうながす「生きた理念」を策定する5ステップと、理念のイメージングによる組織活性化事例をご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

理念浸透させたいが形骸化し、社員には他人事と捉えられている


リ・カレント株式会社 人材組織開発プロデュース部リーダー

堀井 悠氏

【堀井 悠氏プロフィール】
(ほりい ひさし)大手学習塾、リクルートライフスタイルで営業職を経験。広告支援の傍ら、持続的な店舗発展のための評価手法を開発。人材・組織開発に専念するためにリ・カレントに参画。チームの失敗も成功も実際の体験から簡潔な理論に落とし込み、コンテンツ開発や営業に応用する。モットーは「あきらめない組織」を作ること。

株式会社T&PSolutions 代表取締役

小林 孝氏

【小林 孝氏プロフィール】
(こばやし たかし)米海軍基地勤務時に管理システムの導入、QCアドバイザーに従事。TQM推進室にて方針管理、TQMを通じて改善活動推進を担当。2006年より、Lean Six Sigmaのブラックベルトとして活動。部隊戦略計画立案ファシリテーターとしての役割を果たし、戦略計画の立案から展開までを担当。2016年に米軍基地を退職、LSSコンサルタントとして改善活動および「OPEX Way」のフレームワークを提唱し展開する。
5/17(金)
16:55 -
18:05
特大会場[L] 受付終了

「エンゲージメント」が組織を強くする! ~従業員と企業が支え合い、互いの成長に貢献しあう関係とは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

近年、人事領域において「エンゲージメント」が注目を集めています。従業員と企業が支え合い、互いの成長に貢献しあうことが重要であると多くの企業が考えているのです。しかし一方で、日本は世界各国と比較して企業に対するエンゲージメントが低い、というデータもあります。企業は従業員のエンゲージメントを高めるために、どのような環境や仕組みを用意すればいいのでしょうか。日本マクドナルド・落合氏、SMBC信託銀行・樋口氏、早稲田大学ビジネススクール・大滝氏による議論で、「エンゲージメント」のあり方について徹底的に考えます。(協賛/株式会社Emotion Tech)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

従業員のエンゲージメントを高めるためには、どんな環境や仕組みが必要なのかを知りたい


日本マクドナルド株式会社 人事本部 上席執行役員 チーフ・ピープル・オフィサー

落合 亨氏

【落合 亨氏プロフィール】
(おちあい とおる)1979年 明治大学商学部卒業。同年ヤクルト本社入社、営業・マーケティングを経て、83年人事部へ。90年に日本ペプシコーラ社に人事企画本部次長として入社。92年には日本ペプシコーラボトリング社に出向し、リストラクチャリング、人事制度全般の改革をリードした。95年から日本ペプシコーラ社人事総務本部長。98年HRディレクターとしてディズニーストアに入社。 2002年からウォルト・ディズニー・ジャパン(株)の人事総務担当責任者。2014年1月からは日本/韓国の人事総務担当責任者/バイスプレジデントを務め、ウォルト・ディズニー・アジアの成長戦略に伴い、人事面からさまざまなサポートも行っていた。2018年6月より、日本マクドナルド株式会社 人事本部 上席執行役員 チーフ・ピープル・オフィサー、また関西学院大学で、経営戦略研究科・客員教授も兼任。キャリアカウンセラー、認定コーチ。

株式会社SMBC信託銀行 人事部 部長

樋口 知比呂氏

【樋口 知比呂氏プロフィール】
(ひぐち ともひろ)早稲田大学政治経済学部卒、カリフォルニア州立大学MBA。
UCLA HR Certificate取得。通信会社の人事部でキャリアをスタートして以来人事プロフェッショナルの道を20年超歩む。通信会社勤務中は外資企業M&Aの売却側、買収側共に関与し、変革期の人事を経験。日立コンサルティングでの人事コンサルタントを経て様々な業種の企業で人事プロジェクトを企画提案/リードし、その後シティバンク銀行の人事部長に転身。業務改善計画の策定及び実行をやり遂げる。シティバンク銀行リテールバンク事業の三井住友銀行への売却を経て移籍し、現在はSMBC信託銀行 人事部 部長を務める。

早稲田大学ビジネススクール 教授

大滝 令嗣氏

【大滝 令嗣氏プロフィール】
(おおたき れいじ)東北大学工学部卒業、カリフォルニア大学電子工学科博士課程修了。東芝半導体技術研究所、ヘイコンサルティング・コンサルタント、マーサージャパン・シニアコンサルタント等を経て、1988年 マーサージャパン代表取締役社長、2000年より代表取締役会長兼アジア地域代表。2005年にヘイコンサルティング・アジア地域代表、2008年にエーオンヒューイットジャパン代表取締役社長、2009年より同社の会長を務める。早稲田大学では2006年より教鞭をとり、2011年から現職。他にシンガポール経済開発庁ボードメンバー等を歴任。主な著書:『営業プロフェッショナル好業績の秘訣 – コンピタンシーモデル』(ダイヤモンド社)、『理系思考」』(講談社ランダムハウス)、『Mastering Business in Asia – Human Resource Management』(John Wiley & Sons, 2005)、『Fundamentals of Human Capital Management for Asian Global Companies”』(Marshall Cavendish, 2010)

※プログラムは予告なく内容などを変更することがございますので、予めご了承ください。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop