人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019 -春-[東京]」 
2019年5月14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省(予定)[会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> 島森 俊央氏(株式会社グローセンパートナー 代表取締役)インタビュー

講演者インタビュー一覧

【加藤洋平氏監修】~心の成長をデザインする~ 階層別研修の理論と実践方法

島森 俊央氏 photo

株式会社グローセンパートナー 代表取締役

島森 俊央氏

現在、成人発達理論を日本に紹介している加藤洋平氏のもとで、理論と理論を研修へ落とし込む方法について研究しています。人の成長は、「能力の向上」と「心の成長」の両面があり、その両面の向上を目指す研修について理論的側面・成長促進の方法・研修で提供できることをお伝えします。企業に成人発達理論に基づく、長期的な「心の成長」支援ができたときのメリットなども解説します。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

現在、ティール組織や成人発達理論が徐々に注目を浴びています。私はこの成人発達理論を日本に紹介している加藤洋平氏のもとで学び、理論と、理論を研修へ落とし込む方法について研究しています。
一定レベルの知見が蓄積されてきたため、発達段階を上げる(心の成長を促す)研修を提供し始めています。心の成長を促すことにより、主体性に乏しい中堅社員、コントロール型・圧迫型の管理職、なかなか意思決定が進まない経営層などの人材の課題が解決できます。また、それぞれの発達段階で抱えている「不安・恐れ」を解消する習慣を身につけることにより、計画的な「心の成長」を促進できます。能力の成長とは異なり、心の成長は必ず促進できるとは限りませんが、最適な機会・内省の促進・適切なサポートがあると、成長を促せる確率は上がります。それを長期的・計画的に実現できるのが心の成長のデザインという階層別研修です。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

成人発達理論は、まだ企業に浸透しているとは言えない状況です。まずは、成人発達理論とは何か、企業としてどのように扱うのかなどを解説したいと思います。
成人発達理論にはさまざまな軸があり、ハーバード大学教育大学院教授ロバート・キーガン氏の著書などが和訳されていますが、ここではスザンヌ・クック=グロイター氏の『自我発達理論』という論文について少し解説します。
『自我発達理論』には、垂直方向の成長(心の成長)と水平方向の成長(能力の成長)があると解説され、この論文では垂直方向の成長を取り扱っています。垂直方向の成長を比喩的に説明すると、ビルなどのフロアのイメージで、上に行くほど見晴らしが良くなり、下のフロアの人は上が見えない(上の人の概念が理解できない)そうです。フロアが上がるほど、水平方向性の成長の器も広がるため、習得できる知識・スキルの幅も広がります。ただ留意してほしいのは、必要な経験を積みながらゆっくり一生を掛けて成長していくため、上が良い・下が悪いということではないという点です。
ほとんどの企業では、能力の成長のための研修は実施していても、心の成長に関しては未着手なのではないでしょうか。心の成長を後回しにしてきた結果が、ハラスメントやメンタルヘルスの問題、上司部下とのコミュニケーション問題を表出していると感じています。これらの問題を解決できるように心の成長にも着眼を置いた研修をすべきと考えています。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

成人発達理論やティール組織に興味があり、自社向けに導入の糸口を考えている人事担当者・教育担当者の方にぜひご参加いただいきたいと思います。また、実際の企業導入事例なども紹介します。
加藤洋平氏のコメント抜粋です。
「近年、日本の企業社会でも『成人発達理論』に対する認知が少しずつ進む一方で、人や組織の発達を支援する体系立てたプログラムはほとんどありません。そうした状況を踏まえると、本講演で紹介させるプログラムは貴重な価値を持っています」
当日お会いできることを楽しみにしております。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
島森 俊央氏(しまもり としひさ)
株式会社グローセンパートナー 代表取締役
上智大学理工学部卒。大家族主義など経営理念を貫く出光興産株式会社に入社。その後、独立系コンサルティング会社を経て、2008年株式会社グローセンパートナーを設立。上場企業からベンチャー企業まで、教育研修・人事制度導入支援を通して、企業の業績向上と組織活性化を実現。新たに、成人発達理論を活用した研修を開発。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop