人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019 -春-[東京]」 
2019年5月14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省(予定)[会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> 上林 周平氏(株式会社NEWONE 代表取締役社長)インタビュー

講演者インタビュー一覧

脱時間管理・管理職が行うべき3つの改革 ~働き方改革は次のフェーズへ~

上林 周平氏 photo

株式会社NEWONE 代表取締役社長

上林 周平氏

働き方改革関連法案が施行されることで、労働時間の見直しが益々促進される一方で、業務が減らない、目標達成のための重要な事に時間が使えていない実態も多くあります。企業が注力すべきことにリソースを使い、一人ひとりのパフォーマンスを高め、やりがいを持って働くためには、何をすべきなのでしょうか。本講演では、働き方改革時代に管理職がやるべき3つのポイントについてお伝えいたします。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

「残業時間削減」が最初に大きく注目された「働き方改革」ですが、本来は、一人ひとりが力を最大限発揮し、組織が強くなることが重要です。そのためにもっとも重要なのが今回のテーマです。管理職を中心に「時間」から「成果」にフォーカスすることに関して、一社一社に合わせて取り組んできた事例をもとに、管理職がどうあるべきかを具体的に説明したいと思います。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

前半パートでは、時代の変化と共に変わっていく管理職の役割について説明いたします。生産年齢人口が減少し、「働き方改革」が推進される中で、働くメンバー一人ひとりがパフォーマンスを最大限発揮できる状態を作ることが求められます。そのためには、一人ひとりの強みを「引き出す」ことが重要であると同時に、仕事の目的を「時間」ではなく、「成果」にフォーカスすることが重要です。一方で、今まで培ってきた感覚を変えるためには、いくつもの心理的ブレーキが見られることも多く、自社の管理職の現状とこれからどのようにアプローチするべきか考える機会を作ります。

後半パートでは、管理職の方々が押さえるべきポイントについて説明いたします。一つ目は、部署内の多くのタスクの中から何に注力すべきかという点について考えます。ニつ目は、管理職のみでメンバーを管理するのではなく、各人が行っていることを全体で把握していく重要性についてお伝えします。三つ目は、メンバー一人ひとりが力を最大限発揮するためのかかわり方という点から、大事にすべき点について説明いたします。この三つを通じて、メンバー一人ひとりがパフォーマンスをより発揮できる状態を作っていきたいと思います。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

株式会社NEWONEは、「個人と組織の関係性が変わる」ということに着目し、その状況下で一人ひとりがイキイキとパフォーマンス高く働くことを支援することを目的に、株式会社シェイクのグループ会社として2017年9月に始動いたしました。
設立後、「働き方改革ゲーム-NEWONE-」のリリースや、働き方改革時代のマネジャーをテーマにした他流試合の実施、働き方改革に関するコンサルティングやセミナーを多数実施し、多くのお客さまと共に「働き方改革」×「人材育成」の領域に徹底注力しております。
当日は管理職を中心に「時間」という前提から「成果」にフォーカスするという点に関して皆さまと共に考えていきたいと思います。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
上林 周平氏(かんばやし しゅうへい)
株式会社NEWONE 代表取締役社長
大阪大学人間科学部卒業。 アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。2002年、株式会社シェイク入社。企業研修事業の立ち上げ、商品開発責任者として、プログラム開発に従事。新人~経営層までファシリテーターを実施。 2015年、代表取締役に就任。2017年9月、株式会社NEWONEを設立。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop