人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019 -春-[東京]」 
2019年5月14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省(予定)[会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> 藤田 真也氏(特定非営利活動法人 キャリアカウンセリング協会 理事長)インタビュー

講演者インタビュー一覧

経営戦略としてのキャリア支援 ~多様な人材を活かすANAのキャリア支援体制とは~

藤田 真也氏 photo

特定非営利活動法人 キャリアカウンセリング協会 理事長

藤田 真也氏

2015年のダイバシティ&インクルージョン宣言と同時に発足した『グループキャリア支援室』は、多様な人財を活用する事で持続的な成長を目指すANAの人財戦略を支えてきました。キャリア相談からLGBTや定年後の雇用延長社員の「まなびほぐし研修」まで、様々なニーズに対応したキャリア支援室。その立上げ~現在~未来まで当事者に直接お話しいただき企業内キャリア支援のヒントを学びます。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

グローバル化や少子高齢化など企業を取り巻く環境が大きく変化する中、従業員の価値観もまた加速度的に多様化しています。そうした状況に対応すべく、働き方の改革などさまざまな施策が導入される一方、個々の従業員のキャリア思考の多様化にもどう対応すべきか、キャリアコンサルティングの有効な活用法を模索する企業が増えています。
しかしながら、これまで培った歴史・風土をどう変革し既存の人事制度をどう変えていくのか。また、職場での社員一人ひとりとの向き合い方として、何をどうすべきかを悩まれる企業が多いのが現実かと思います。
今回は、ANAが推進するキャリア支援のための仕組みが、何故このような形になったのか、何処が成果を生み出すポイントであるのかを、ANAグループをとりまく内外の経営環境と現実との関係でご紹介していきます。自社の状況に最適な制度構築をお考えの方にとって、大きなヒントを得るまたとない機会となるでしょう。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

講演テーマは、ANAグループの経営戦略である「ダイバーシティ&インクルージョン」における「社員のキャリア支援」策です。

ANAグループはその業態から、もともと多様な職種と属性を持つ従業員構成という特性を持っていますが、お客様の多様化に比例し社員の多様化の必要性も加速度的に高まり、職場ではますます多様な価値観が交錯しています。
上司によるマネジメントだけではカバーしきれない従業員へのサポートを担うのがグループキャリア支援室に設置されたキャリア相談室です。

キャリアコンサルティングの活用方法は、その目的によってさまざまなパターンがありますがANAのように多様な属性を持つ従業員からのキャリア相談に適切に応えるには、キャリアコンサルタントの側にもさまざまな分野の経験豊富な人材が必要です。相談窓口の複線化、キャリアコンサルタントの専門性向上のための教育、社内キャリアコンサルタントと社外キャリアコンサルタントの役割分担など、目的に照らして合理的で適切な仕組みの設計と運用がいかになされているのか、今回の講演ではここに着眼していただくと良いでしょう。また、客室乗務員、60歳を超えた雇用延長社員、LGBT社員などのテーマ設定により、それぞれの属性からみた育児や介護、健康、退職など、社員のキャリア形成上、壁を乗り越えることをどう支援をするのか、今日的な視点を備えた内容として大いに参考になることでしょう。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

ご受講にあたっては、自社での導入や活用における問題・課題を整理し、どこに目的を置くかを想定して臨まれると、よりご満足いただける内容になるかと思います。企業内において、キャリア支援の制度づくりに関心をお持ちの方、キャリア相談窓口の開設やキャリアコンサルタント資格者の活用をお考えの方、すでに導入しているが更に効果的な運用方法を検討中の方々など、一人でも多くのご参加をお待ちしています。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
藤田 真也氏(ふじた しんや)
特定非営利活動法人 キャリアカウンセリング協会 理事長
リクルート入社。リクルートマネジメントソリューションズ執行役員、リクルートエージェント監査役を経て、2014年からキャリアカウンセリング協会理事長、2017年からキャリアコンサルティング協議会会長。質の高いキャリア支援システムの普及による社員のキャリア自律と生産性向上の同時実現をテーマとする。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop