人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした、日本最大のHRイベント

ゲストさん 会員登録(無料) ログイン 参加受付終了

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-[東京]」 
2020年5月12日(火)・13日(水)・14日(木)・15日(金)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> 荒金 雅子氏(株式会社クオリア 代表取締役)インタビュー

講演者インタビュー一覧

多様性を活かせる組織になるには。心理的安全性の高い組織を作るための3つのポイント

荒金 雅子氏 photo

株式会社クオリア 代表取締役

荒金 雅子氏

多様性を最大限活かし、成果を生み出すためには、心理的安全性の高いインクル―シブな組織にすることが不可欠です。本講演では、「アンコンシャス・バイアスへの対処法」「違いを前提とした対話を生み出すための仕掛け」「ポジティブな行動を習慣化する手法」を中心に、関係性の質を高め、成果につなげる3つの処方箋を解説。心理的安全性の高い組織を作るための具体策をご紹介します。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

次のような悩みに対して、すぐに使えて効果の高い処方箋を提供します。

①上司部下の関係性を改善し、対話を深め、インクルーシブな組織にしたいが、どうしていいかわからない。職場の心理的安全性を高めたい
②ダイバーシティ推進を阻害する要因である、組織の中にあるアンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)への対処法をみにつけたい
③研修だけで終わらず行動変容につなげる仕掛けや、習慣にするためのフォローアップの効果的な手法を知りたい

D&Iを推進する中で、何をしていいのかわからず迷走したり、ゴールが見えず「ダイバーシティ疲れ」を感じることはありませんか?取り扱いを間違えると、お互いに遠慮したり敬遠したり、時には対立や衝突に発展することもあります。ダイバーシティのデメリットをなくすには、自分自身も多様性の一部である、ということを誰もが自覚し、多様性そのものに受容的・楽観的に向き合うことが大切です。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

当日は、D&I経営の最新動向と成功事例をお伝えするとともに、D&Iを組織の中に埋め込み、日々実践するための新しい習慣を作るヒントをお伝えします。さらに、心理的安全性の高いインクルーシブな組織を作るための以下3つのツールをご紹介します(心理的安全性:自分の弱さをさらけ出すことができ、リスクを恐れずに本音で対話ができる安心・安全の場から生まれるもの)。
①「アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)トレーニング」:エクスクルーシブ(排他的)な環境を改善する為に、特に経営トップ、管理職に効果的です。
②「クロスロードダイバーシティゲーム」:多様な人がいるジレンマを率直に語り合いながら、コミュニケーション不全を改善します。楽しみながら考え対話を誘発し深めていくツールとして効果的です。
③オンラインツール「アクションフォー」:気づきや学びを行動に変え、それを習慣化するための手段です。
ダイバーシティはイノベーションの源泉であり、組織変革のレバレッジとなるものですが、安易な施策を行うと、組織の中にフォルトライン(断層)を生みだし分断や対立の火種にもなりかねません。多様性を最大限に活かし成果を生み出すためには、心理的安全性の高い、インクルーシブな組織にすることが不可欠です。一歩踏み込み対話を深めることで違いを楽しみ、そこから新しい価値を生み出すことが可能となります。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

D&I推進に多くの人を巻き込み、自分事として考え行動してもらうためには、シンプルで楽しく誰もが簡単に取り組める施策やツールを提供することが大切です。クオリアでは、長年の知見と経験をもとに、対象や目的に沿って最も効果的なソリューションを提供しています。特に経営層や管理職層には健全な危機感を醸成し、価値観の転換を図り、推進の当事者として自分の言葉で語ってもらうような働きかけを行います。また、当事者や共に働く社員には、多様性の楽しさや面白さ、効果を実感してもらう仕掛けを提供します。本講座は、参加された皆様がその効果を体感し、自組織での展開をイメージできるような内容となっています。ご期待ください。

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
荒金 雅子氏(あらかね まさこ)
株式会社クオリア 代表取締役
20年以上にわたり、組織のD&I経営の実現を支援するダイバーシティ推進のトップランナー。組織開発の手法を駆使したファシリテーションは高い評価を得ている。『多様性を活かすダイバーシティ経営』等著書多数。日本ファシリテーション協会フェロー。2019年G20大阪公式エンゲージメントグループW20運営委員。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop