人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019 -春-[東京]」 
2019年5月14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省(予定)[会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> 吉田 崇氏(イグナイトアイ株式会社 代表取締役)インタビュー

講演者インタビュー一覧

2021年新卒採用「採用自由化時代」に対応する採用戦略立案の3つのポイント

吉田 崇氏 photo

イグナイトアイ株式会社 代表取締役

吉田 崇氏

2021年新卒採用。経団連による「採用選考に関する指針」廃止初年度、採用マーケットにパラダイムシフトが起こるでしょう。『採用自由化時代』に突入し、各社が独自の採用戦略を構築し、自社採用力を高めることが今後のマーケットで勝ち抜くポイントです。本講演では、500社超の導入実績がある採用管理システム「SONAR」の利用方法から見えてきた、新時代の採用戦略立案のポイントをお話しします。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

2021年卒の新卒採用。経団連による「採用選考に関する指針」が廃止される初年度、政府主導のルールも有名無実化しそうです。採用マーケットに更なるパラダイムシフトが起こるでしょう。『採用自由化時代』に突入し、各社が独自の採用戦略を構築し、自社採用力を高めていくことが今後のマーケットで勝ち抜いていくために求められるアプローチです。
新時代を迎える中で、自社の採用をゼロベースで見直し、再構築しなければならないとお考えの企業に、変化するマーケットの特徴や先進的な取り組みを行っている企業の事例をご紹介することで、2021年新卒採用の採用戦略を立てる上でのヒントにしていただければと考えております。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

当社は採用管理システム「SONAR」を通じ、500社を超える企業の採用戦略、採用フローを含めた採用活動の実行支援をしており、さまざまな企業の考え・手法に触れています。
「SONAR」は採用フロー設定の自由度が高く、採用年度にとらわれず通年採用に利用できるという特長があります。そのため、当社創業の2013年から、多様な採用フロー、手法(コース別採用、通年採用、タレントプール採用、インターンシップ採用、リファラル採用など)、内定者フォローと、数々の採用施策に触れてきました。またサービスについても、ダイレクトリクルーティングやイベント、アセスメント等、各企業がご利用になるさまざまな採用支援ツールを見てきました。
企業の採用戦略・採用施策の変化に対応し、学生の動きを支えるプラットフォームを提供する当社だからこそお話できる今後の新卒採用の潮流について、ご期待ください。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

ルールが無くなり「変化」が起こることは、大きなチャンスです。これまでの常識や価値観が通用しなくなる一方で、これまで勝ち組だった採用強者の企業も「ゼロクリア」になり、全ての企業にチャンスが巡ってきます。
私自身も今後どのようなマーケットになっていくのか、どのような手法が新たに出てくるのか、とても楽しみにしています。
ご参加の皆さまとも共に新時代の採用戦略を検討するための情報、そして成功事例を共有する時間にして参りたいと思っております。お会いできるのを楽しみにしております。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
吉田 崇氏(よしだ たかし)
イグナイトアイ株式会社 代表取締役
2002年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、人材コンサルティング会社へ入社。2005年、双日株式会社入社。一貫してIT・モバイル関連ビジネスに携わる。2008年、米国駐在(サンノゼ)。2013年、最先端のITを活用し、採用手法の変革を起こすべく、イグナイトアイ株式会社を設立、代表取締役に就任。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop