人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019 -春-[東京]」 
2019年5月14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省(予定)[会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> 佐藤 寛之氏(株式会社カオナビ 取締役副社長)インタビュー

講演者インタビュー一覧

離職防止やエンゲージメント向上に繋がる! HRテクノロジーで変わる人材マネジメント

佐藤 寛之氏 photo

株式会社カオナビ 取締役副社長

佐藤 寛之氏

労働市場が売り手市場化へ変化し競争が激化する昨今、いかに今いる人材の離職を防ぎ定着率を向上させるかということが多くの企業で課題として挙げられます。「カオナビ」は、顔写真が並ぶクラウド人材管理システムです。本講演では1,200社を超える企業様の離職防止やエンゲージメント向上の仕組みを支えてきたカオナビだからこそ見えた“マネジメントの秘訣”を導入事例を交えてお話しします。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

・苦労して採用した新入社員が早期退職してしまう
・新規事業を始めたいけれど、適任者が見つからない
・幹部候補に社内の人材を育てたい、スキル・モチベーションの高い社員を見つけたい
・社員間のコミュニケーションを活性化させたい
このような悩みを抱える、人材マネジメントに課題をお持ちの経営者・人事ご担当者向けの講演です。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

本講演では、カオナビを活用し、離職防止やエンゲージメント向上を実現した企業の『活用事例』をメインにご紹介いたします。
その中でもポイントは二つです。

1点目は、『人材情報のオープン化』です。
採用難の今日、いい人材をすぐに採用するのは難しい……。だからこそ“今いる人材の力を活かす”ことが、企業の経営陣や人事部に強く求められています。そこでキーとなるのが、HRテクノロジーを活用した「人材情報のオープン化」です。
従来、人事部だけで保有していた膨大な人材情報を経営層や現場マネジメントに公開し、簡単に共有できる仕組みづくりをすることが大事になります。

2点目は、『個へのフォーカス』です。
成長企業の人材マネジメントに共通している点は、経営層や人事部が“個人”を理解することを非常に重要視しており、両者がコミットしているという点です。
一人ひとりの能力や個性を把握し血の通ったタレントマネジメントを実践することで、適材適所や生産性向上を実現し、企業力のアップにつなげています。

上記二つのポイントをカオナビを使ってどのように実現しているのか、導入企業の声と共に具体的な実践法をお話しいたします。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

カオナビは現在、おかげさまで3年連続市場シェアNo1をいただいており、ITベンチャーから超大手まで1,200社を超える企業の人材マネジメントをお手伝いしております。
いままで多くのお客様をご支援してきた中で見えてきた人材マネジメントの秘訣についてお話ししますので、明日からの業務に生かせるヒントをなにか一つでもお持ち帰りになれる講演にできれば幸いです。皆さまのご参加をお待ちしております。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
佐藤 寛之氏(さとう ひろゆき)
株式会社カオナビ 取締役副社長
2003年 上智大学法学部法律学科卒業後、リンクアンドモチベーションにて組織変革コンサルティングを経て、営業GMとして組織構築に従事。08年 シンプレクス・コンサルティングに入社し、人材開発業務に責任者として従事。11年よりカオナビにてクラウド人材管理ツール「カオナビ」の事業を開始。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop