人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019 -春-[東京]」 
2019年5月14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省(予定)[会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> 佐藤 剛志氏(株式会社ジェイック 代表取締役社長)インタビュー

講演者インタビュー一覧

【対談・事例紹介】「わが社で活躍する人財」を採用する方法 

佐藤 剛志氏 photo

株式会社ジェイック 代表取締役社長

佐藤 剛志氏

採用ルールの撤廃で、21卒からの新卒採用はさらに競争が激しくなります。その中で、自社で活躍する可能性が高い学生“だけ”がエントリーし、説明会の反応もよく、面接の通過率も高い。内定承諾に向けて、口説くポイントもわかる……。こんな選考をしたくありませんか? 心理統計学を用いたモデル分析と特性検査により、ピンポイントに“わが社で活躍する学生”と会える新卒採用手法をご紹介します。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

この数年で、新卒採用の求人倍率は上昇して売り手市場が加速。また、21卒からは採用ルールが撤廃され、採用競争はさらに激化する見通しです。

新卒採用に責任を持たれていらっしゃる方々は、常に『いい学生』を採用したいと考えていると思います。しかしながら、市場の変化もあり、『いい学生が採れない』『ナビからの動員が落ちている』『内定を出しても辞退される』といったお悩みを本当に頻繁にうかがいます。

そして、その多くの方が、業界の人気度や規模や知名度といった変えようのない要素にやきもきしながら、とにかく「応募者数を増やそう」とする採用活動を行っています。

そんな不毛な採用活動から脱却するための考え方とやり方を、対談・事例を通じてお伝えします。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

『コミュニケーション力』『主体性』『地頭』の3点セットが備わった学生だけが、“いい学生”だとすると、就職人気ランキングに入る人気企業でない限り、“いい学生”を採用できる可能性はどんどん低くなり、毎年毎年、『いい学生が採れない』と嘆くことになるでしょう。

しかし、本当にその3点セットが“自社にとってのいい学生”なのでしょうか?

社内で活躍している人材、成果を出している人材、早期退職せずに定着している人材の条件は『コミュニケーション力』『主体性』『地頭』でしょうか?

「自社で活躍する可能性が高い学生」だけがエントリーして、説明会の反応もよく、面接のステップ率も高い。内定承諾してもらうための口説きポイントを明確にわかる…。こんな選考をしたくありませんか?

採用予定人数の300倍のエントリーを集め、低確率の出たとこ勝負の新卒採用ではなく、ピンポイントに“自社にとっていい学生”とだけ会える考え方とやり方をご紹介します。

自社の活躍人材を特定するためのモデル分析、そして、学生の本質を見抜く特性検査、両者を組み合わせることで、“自社にとってのいい学生”だけに出会える特性マッチング採用サービス「FutureFinder」。開発元である株式会社レイル 須古社長との対談を通じて、採用成功に向けた考え方と実践を深めていきます。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

日本の新卒採用は、「一括ポテンシャル採用」という特徴上、非常に定性的です。その結果として、どの企業も『コミュニケーション力』『主体性』『地頭』という極めて曖昧な3点セットを重視。それらが一定水準以上にある学生に出会うために、とにかく「数を集める」というやり方をしている企業が大半です。

実際には、各社各様の風土・価値観の中、他社で“優秀”な人材が自社でも“優秀”とは限りません。自社における“活躍するための条件”は他社とは異なるのです。ぜひ「採用を科学する」ことに一歩踏み出し、自社基準で優秀な新卒学生を集め、見極められる組織を目指しましょう。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
佐藤 剛志氏(さとう たけし)
株式会社ジェイック 代表取締役社長
中堅中小企業における若手人材の採用と育成、組織開発に精通。310以上のマスコミで取り上げられた若手の採用支援サービス「就職カレッジ」、全国56の大学と連携する「新卒カレッジ」等を提供。2017年より、企業と学生の“適合性”を軸に中堅企業の新卒採用を革新する「FutureFinder」をサービス開始。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop