人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした、日本最大のHRイベント

ゲストさん 会員登録(無料) ログイン 参加受付終了

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-[東京]」 
2020年5月12日(火)・13日(水)・14日(木)・15日(金)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> 大堀 海氏(株式会社PR Table 代表取締役)インタビュー

講演者インタビュー一覧

福利厚生や社内報はもう古い? 「働く意味」を醸成する新しいエンゲージメントの高め方

大堀 海氏 photo

株式会社PR Table 代表取締役

大堀 海氏

働き方改革や労働人口の減少が進む中、企業における「従業員のエンゲージメント向上」は人事の重要課題となっています。現在、社内報の運用・福利厚生の強化・モチベーション向上施策など、様々な取り組みが行われていますが、効果的な運用ができている企業は少ないのが実情です。そこで、本講演では、従業員の働く意味を醸成する新しい従業員エンゲージメントの高め方をご紹介致します。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

従業員のエンゲージメント向上や離職率の改善のたまに新しい打ち手を探している、経営者や人事ご担当者向けの内容です。

終身雇用制の崩壊によって、これまでのような一社に勤め続けようとする従業員は減少傾向にあります。この変化により「福利厚生」や「社内報」といった、これまでの施策だけでは効果的ではなくなっているのが現状です。

そこで、新しく注目されているのが、社員のやりがいやモチベーションに直結する「意味報酬」の提供です。

PR Tableが奨励している「タレントブランディング」という企業ブランディングの手法は、企業が自社の魅力として、個人である「社員」を「タレント」として社外に発信することで従業員に対する「意味報酬」となり、エンゲージメントの向上や離職率の改善につなげることが可能です。

本講演では「タレントブランディング」について、概要をお話しいたします。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

働き方改革や生産性向上を実現するため、人事や経営にとって「従業員エンゲージメント向上」が重要な課題となっています。

そんな中、終身雇用制の崩壊、SNSや口コミサイトによる企業情報の増加により、若手や中堅層のキャリア観は大きく変化しています。しかし現在、この変化に対応したエンゲージメント向上施策を実施できている企業は多くありません。

現在、従業員エンゲージメントの低下や離職の原因の一つとして、「評価不満」が挙げられています。優秀な人材となればなおのこと、実に全体の約50%が現在の評価に不満で離職しているというデータも存在しています。しかし、仕事の満足度や離職意向においては、給料や福利厚生よりも、仕事への貢献実感や自らの成長機会が得られていることが重要だ」ということも調査でわかっています。給与や待遇を充実させるといった既存のエンゲージメント向上のために取られてきた施策だけでは、十分ではなくなってきているのです。

そこで本講演では、新しい報酬の形である意味報酬と変化しているキャリア観の関係姓をひもときながら、今後企業において必要とされる取り組みについて、お話しできればと思います。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

組織改革やインターナルブランディングの手法は、なかなかインターネットやイベントで共有されていません。今回は、「タレントブランディング」という新しい手法を、皆さまの課題にお役立ていただければと思います。本講演が皆さまの課題を解決するきっかけとなれば幸いです。

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
大堀 海氏(おおほり かい)
株式会社PR Table 代表取締役
都内有名カフェを運営するベンチャー企業で営業・広報を経験し、2012年にPR支援事業で独立し、大手企業のPR施策の立案・実施。2016年に同社を売却し、株式会社PR Tableを創業。「PR Table」のサービス提供を通して1000社以上の企業の広報活動を支援。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop