人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019 -春-[東京]」 
2019年5月14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省(予定)[会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> 陶山 匠也氏(アービンジャー・インスティチュート・ジャパン株式会社 東京事務所所長)インタビュー

講演者インタビュー一覧

マインドセットが人と組織を変える~管理職研修 自分の小さな箱から脱出する方法~

陶山 匠也氏 photo

アービンジャー・インスティチュート・ジャパン株式会社 東京事務所所長

陶山 匠也氏

「部下が思うように動いてくれない/関係部署とうまくいっていない」……スキルやテクニックを磨いたのに改善されないのは、なぜでしょうか。それは個々の「行動」を支配する各々の「マインドセット(心の持ち方)」が原因です。本講演では世界でベストセラー『自分の小さな箱から脱出する方法』の著書であるアービンジャーがマインドセットを変えるためのエッセンスをお伝えします。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

企業の研修担当者、もしくは組織開発、社内風土改善に関心のあるリーダーの方に参加していただければと思います。リーダーや従業員のマインドセットが悪いと、組織はさまざまな問題に直面します。コンピテンシーの発揮もうまくいきません。マインドセットを根本から変えることで、リーダーのコンピテンシー、例えば「傾聴力」、「関係構築能力」、「創造性」などを劇的に改善します。

2006年に日本で発売した書籍『自分の小さな箱から脱出する方法』(アービンジャー・インスティチュート著/大和書房)はシリーズ累計35万部(世界では300万部)を売り上げています。多くの会社の管理職の課題図書に設定されており、お読みになられた方も多いと思います。「箱」の考え方に関心がある方もぜひご参加ください。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

皆さまの部署、チーム、会社での仕事を想像してみてください。「苦手な上司・部下がいる」「関係部署とうまくいっていない」「期待される結果が出ていない」、「長時間労働により生産性が低下している」「適切な情報が集まってこない」……このような問題がありませんか? なにが理由なのでしょうか? 本質的な解決策は何でしょうか?

これらの問題には、必ず組織で働く人間の深い部分にあるマインドセット(心の持ち方)が影響を与えています。表面の問題を無理やり解決するべく、新たなスキルやテクニックを導入しても、必ず行き詰まります。なぜなら、表面的な問題に対し、表層の部分を変えるだけの対処療法になっているからです。でも、不安になることはありません。重要なのは、個々の「行動」を支配するそれぞれの「マインドセット(心の持ち方)」を変えること。そこからスタートすることが必要なのです。

今回の講演では、マインドセット(心の持ち方)とはなにかを、アービンジャーの「箱」の考え方を通して学びます。また、数々の問題に対して、マインドセットの専門家の視点から解決策を示します。研修担当者だけでなく、組織風土改善や生産性改善を担当されている方、組織のリーダーとしての役割を期待されている方は、ぜひご参加ください。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

事前準備は特に必要ありません、当日はリラックスしてお越しください。お話しする内容は大変普遍的なものであり、チームビルディングや風土改善にも重要な考え方ですので、今回の講演に参加されるだけでも、今後のキャリアやプライベートに良い影響を与えるはずです。この機会に、一人でも多くの方にアービンジャーの考え方を知っていただくことができれば、これ以上の喜びはございません。皆さまのご参加を、心よりお待ち申し上げております!

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
陶山 匠也氏(すやま たくや)
アービンジャー・インスティチュート・ジャパン株式会社 東京事務所所長
当社東京事務所にて、研修、人事制度改革、その他人事関連コンサルティングサービスを提供。九州大学大学院生物資源環境科学府(農業経済学修士)修了香港科技大商学院HKUST Business School(MBA) 修了

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop