人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまを対象とした、日本最大のHRイベント

ゲストさん 会員登録(無料) ログイン 参加受付終了

日本の人事部「HRカンファレンス2020 -秋-[東京]」 
2020年5月12日(火)・13日(水)・14日(木)・15日(金)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> 祖父江 通浩氏(株式会社ステラス 企画部)インタビュー

講演者インタビュー一覧

“歩留まり” 視点から考える、中途採用活動の改善策とは~データ・事例を通じて~

祖父江 通浩氏 photo

株式会社ステラス 企画部

祖父江 通浩氏

中途採用では「望ましい人材のみが自社求人に応募⇒選考通過⇒入社」という出来事はなかなか難しいのが現状です。
いずれかのタイミングで「歩留まり(未応募、不合格、辞退)」が発生いたします。
本講演では、これらの「歩留まり」を少しでも減らすための考え方や施策について、当社の顧客事例や自主アンケート結果、業界内の各種データ・事例を通じて皆様にお話しします。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

本講演では、以下のようなお悩みや課題をお持ちの方々のご参加をお待ちしております。

 ・選考中や内定後の辞退者がたびたび発生しているが、その原因や対策方法がわからない。
 ・人材紹介会社からの推薦がなかなか上がってこない。
 ・自社の採用Webサイトに訪問者はいるものの、応募へとつながらない。
 ・発信したスカウトメールの反応が悪い。
 ・母集団形成主体の採用活動に行き詰まりを感じている。
 ・既存の採用活動の取り組みについて、一度見直しを行いたい。
 ・求職者のホンネや動向、キャリア採用がうまくいっている会社の事例を知りたい。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

昨今の求人倍率の上昇を背景に、人材獲得競争は激しさを増し、母集団の形成に苦慮している企業も数多くいらっしゃるかと存じます。

採用活動はもっぱら「十分な数の母集団を形成すること」に目が行きがちですが、一方で、選考過程での歩留まり(未応募、不合格、辞退)をなるべく減らしていくことで、プロセス全体の効率化を図ることも大変重要です。

今回の講演では、この「歩留まり」を減らしていくという観点から、キャリア採用における生産性向上や採用競争力強化のヒントについて、当社のお客さまの事例や自主アンケート結果、業界内の各種事例やデータを通じて皆さまにお伝えしてまいります。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

このたびは、当社の講演内容に関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。今回の講演では、皆さまの会社が「理想のキャリア採用」に少しでも近づくことができるよう、さまざまな角度からヒントや気づきをお伝えすることができれば、と思っております。

ご参加くださった方には少しでも多くの知識と満足が得られるよう、精一杯講演を務めさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事をシェア
ライブ視聴受付終了
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
祖父江 通浩氏(そふえ みちひろ)
株式会社ステラス 企画部
1997年工学部卒。学校教育用ソフトの開発販売会社でBtoC・BtoGの営業、CS、新規事業企画に従事。2005年より株式会社ジャパンジョブポスティングサービス(現ステラス)に入社。営業、営業企画、マーケティングに従事。採用管理システム「ジョブスイート」のローンチメンバーとして携わり現在に至る。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop