人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019 -春-[東京]」 
2019年5月14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省(予定)[会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> 南 壮一郎氏(株式会社ビズリーチ 代表取締役社長)インタビュー

講演者インタビュー一覧

HRテクノロジーで実現する働き方改革~従業員データの活用と業務を効率化する方法~

南 壮一郎氏 photo

株式会社ビズリーチ 代表取締役社長

南 壮一郎氏

2019年4月、政府が最重要法案と位置づけた「働き方改革関連法」が施行されます。これにより、「残業規制」や「高度プロフェッショナル制度」等の適用が始まり、人事の皆様には生産性の高い働き方への更なる推進が求められます。本講演ではビズリーチが直面した業務効率化や人事データの活用における課題や取組みを事例に、HRテクノロジーを活用した働き方改革の実現方法についてお話しします。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

今回の講演は主に下記のような課題を持つような方におすすめです。

 ・従業員データの管理が点在しており、一つのシステムに集約したい
 ・事務作業などをもっと効率化していきたい
 ・タレントマネジメントなど従業員データを有効に活用したい

それ以外にも「従業員同士の特長をもっと理解したい」「従業員データのレポートを簡単に抽出したい」などさまざまなお悩みをもつ人事の皆さまにおすすめの講演です。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

今回の講演では、株式会社ビズリーチにて2019年1月にリリースした「HRMOS Core」に関して、

 ・自社の人事システムとして誕生した「HRMOS Core」の開発経緯
 ・いま従業員データの活用や業務の効率化において取り組むべきこと
 ・先端企業が取り組む従業員データの活用事例

など、HRテック市場の拡大によりサービスが乱立する昨今、
本当に人事が取り組むべき課題や導入するべきシステムは何かについて
さまざまな事例の解説をまじえながらお伝えします。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

今回の講演は、ビズリーチ社の人事が取り組んできた課題や、HRMOSのご利用企業が抱える課題など、人事の皆さまが抱えるリアルな課題と解決事例をもとに構成しております。
業務におけるお悩みの解決の一助となるよう、幅広く情報を取り上げますので、ぜひご参加ください。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
南 壮一郎氏(みなみ そういちろう)
株式会社ビズリーチ 代表取締役社長
1999年、タフツ大学を卒業後、モルガン・スタンレー証券に入社。2004年、楽天イーグルスに創業メンバーとして参画。2009年、株式会社ビズリーチを創業し、従業員1300名のHR Techベンチャーへ成長。2014年、世界経済フォーラムから「Young Global Leaders」に選ばれる。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop