人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019 -春-[東京]」 
2019年5月14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省 経済産業省(予定)[会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> 志田 貴史氏(株式会社ヒューマンブレークスルー 代表取締役/ESコンサルタントグループ代表)インタビュー

講演者インタビュー一覧

離職率1%企業のES向上事例も学べる ー顧客と従業員に選ばれるためのES経営手法ー

志田 貴史氏 photo

株式会社ヒューマンブレークスルー 代表取締役/ESコンサルタントグループ代表

志田 貴史氏

人手不足が深刻化していく経営環境の中、人的資源の蓄積と採用力強化を図っていくため、ESをマネジメントしていくことは常識となりつつあります。一方で、ESへの効果的な取り組みがイメージできない、また現在推進しているもののうまくいっていない企業が多いのが実態でもあります。どうれすれば成果の出るESマネジメントにつながるのか、ESの専門コンサル会社が事例をもとに解説します。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

人手不足が深刻化する中、「人」がますます替えの効かない貴重な経営リソースとなりつつあります。この人的資源を十分に確保することができないと、資金繰りならぬ「人繰り」が大きな経営課題になってしまうことから、私たちはこの「人繰り」の部分で競争力をしっかりと高めていかなればいけません。一方労働市場では、生産人口は低下の一途を辿っており、新規の採用が難しくなっています。今後は企業にとって、既存の従業員の不用意な離職を防ぎ定着率を上げるための施策が重要になってきます。そのために休みを増やしたり、賃上げを行う動きもありますが、残念ながらこれらは一過性のものでしかなく、抜本的な処方箋には成り得ません。ではどうすれば良いのか、一言で申し上げると、「ES(従業員満足)」をマネジメントし向上させることです。これこそが、超人手不足時代のもっとも有効な経営手法となるのです。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

講演ではカンブリア宮殿に出演した企業や離職率1%を実現するES(従業員満足)向上事例を紹介します。深刻な人手不足や採用難といった人にまつわる課題が経営基盤を揺るがすまでに発展する事象も出始め、「人繰り」が経営課題とならないよう、ESをマネジメントすることが必須事項となっています。ESの重要性は年々高まり、取り組み事例も進んできてはいるものの、まだまだESに関する情報は不足しており、取り組まなければいけないと考えながら、具体的にどう動けばいいのかわからず足踏みをしている組織も多いのではないでしょうか?また、すでにESに関するサーベイなどに着手してはいるものの調査後の有効なアクションに結びつかず、困っている企業も多いようです。今回はこのESに専門特化したコンサルティングを展開し、豊富な実績のある専門コンサルタント会社が、実際の企業事例をまじえた効果的なESマネジメントの最新メソッドについて、具体的にレクチャーいたします。人手不足や採用難といった課題に対して根本から改善を検討したい、また、これから自社の人事や組織のマネジメントに関して、効果的なアプローチ手法をお考えの組織にとって、有益な情報を提供したいと考えております。皆さまのご参加をお待ちしています。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

「顧客」だけではなく「従業員」に選ばれ続ける職場づくりこそが、大きな経営課題となりつつあります。人手不足や採用難を根本から改善しようと考えている、現在ESに関するサーベイなどの取り組みを行っているにもかかわらずうまくいっていない、ESに関心を持ちながらこれから具体的な取り組みを検討したい、そもそもESってどんなことなのかから知りたいなど、少しでもESに関心があればこの機会を逃さずぜひご参加ください。ESの専門コンサルタント会社だからこそ発信できるリッチなコンテンツをご用意して、皆さまのご参加をお待ちしています。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
志田 貴史氏(しだ たかし)
株式会社ヒューマンブレークスルー 代表取締役/ESコンサルタントグループ代表
上場大手メーカー、経営コンサルタント会社を経て、ESに専門特化したコンサルティングを展開すべく、07年現在の会社を設立。中小企業から大企業まで様々な規模及び業種で豊富なESの支援実績を持つ。主な著書として、『ES経営の鉄則』(中央経済社)、『ESで離職率1%を可能にする人繰りの技術』(太陽出版)などがある。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop