会員限定記事が読める『日本の人事部』のご登録(無料)はこちら。イベント情報もお知らせします。

会員登録はこちら

日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』が運営する、HRテクノロジー(HR Tech、HRテック)総合情報サイト

日本の人事部 HRテクノロジー ロゴ

トレンドイベント最終更新日:2020/01/08

「人と組織」の課題解決にはHRテクノロジーが欠かせない!
~HRカンファレンス講演レポート~

HRテクノロジー

人事領域へのHRテクノロジーの導入が進み、その可能性に期待が高まる一方で、成果につなげる活用方法や注意すべき事柄についての議論も続いています。

ここでは、日本の人事部「HRテクノロジーカンファレンス」の講演の中から、専門家や研究者、すでにHRテクノロジーを活用している企業人事が登壇したセッションのレポート記事をご紹介します。

<日本の人事部「HRカンファレンス2019-秋-」開催レポート>
テクノロジーの進化で「働き方」と「人事」の未来はどう変わるか

大久保 幸夫氏(株式会社リクルート 専門役員 兼 リクルートワークス研究所 所長)、井上 智洋氏(駒澤大学 経済学部 准教授)、源田 泰之氏(ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長 兼 採用・人材開発統括部 統括部長 兼 未来人材推進室 室長)

AIやビッグデータなどのテクノロジーの進化はさらに加速。これに伴い、人事のあり方や役割も変わりつつあります。AIに精通した経済学者である駒澤大学の井上氏、ソフトバンクの人事本部 副本部長で採用・人材開発などを統括する源田氏を迎え、リクルートワークス研究所代表の大久保氏の司会で、「働き方」と「人事」の未来がどうなっていくのかを議論しました。
⇒レポートを読む

<日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-」開催レポート>
HRテクノロジー活用の可能性と注意点を考える

山本 龍彦氏(慶應義塾大学 法科大学院 教授) 源田 泰之氏(ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長 兼 採用・人材開発統括部 統括部長 兼 未来人材推進室 室長) 野田 稔氏(明治大学専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授)

HRテクノロジーは、大きな可能性を秘める一方で、活用の仕方次第では、大きな危険性もはらんでいます。憲法学の専門家である慶應義塾大学の山本氏、ソフトバンクの源田氏、そして組織・人事領域の専門家である明治大学専門職大学院の野田氏がその可能性と注意点について議論しました。
⇒レポートを読む

<日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-」開催レポート>
HRテクノロジーにどのように取り組めばいいのか
~採用・健康経営・タレントマネジメントにおける活用事例~

内 利英氏(サッポロビール株式会社 人事部 兼 サッポロホールディングス株式会社 人事部) 浅野 健一郎氏(株式会社フジクラ CHO補佐) 山崎 涼子氏(パーソルホールディングス株式会社 グループ人事本部 人事企画部 タレントマネジメント室 室長) 北崎 茂氏(PwCコンサルティング合同会社 ディレクター)

人事領域へのHRテクノロジーの導入が本格化しつつある中、どうすればスムーズに導入し、成果が出せるのでしょうか。新卒採用、健康経営、タレントマネジメントでデータ活用した企業3社の人事と、HRテクノロジーの領域で多くのコンサルティング実績を誇るPwCの北崎氏が意見を交わしました。
⇒レポートを読む

<日本の人事部「HRカンファレンス2018-秋-」開催レポート>
人事もPDCAを回す時代へ
データ活用の問題点と解決策を明らかにし、戦略的人事を実現する

向坂 真弓氏(株式会社サイバーエージェント 人材科学センター) 山崎 涼子氏(パーソルホールディングス株式会社 グループ人事本部 タレントマネジメント部 タレントマネジメント企画室 室長) 大湾 秀雄氏(早稲田大学 政治経済学術院 教授)

人事データを活用する動きが今後ますます広がっていくと考えられる中、人事部門はこうした変化にどう向き合い、対応していけばよいでしょうか。早稲田大学・大湾氏、サイバーエージェント・向坂氏、パーソルホールディングス・山崎氏が、活用のあり方についてディスカッションを行いました。
⇒レポートを読む

HRテクノロジー

あわせて読みたい