• トップ
  • 開催概要
  • プログラム
  • 講演者インタビュー
  • 交流ラウンジ
  • アクセス
  • 前回の様子

プログラム

日別で表示する
  • 全日程
  • 11/18(火)
  • 11/19(水)
  • 11/20(木)
ジャンル別で表示する
  • 経営・人事戦略
  • グローバル人材
  • 採用
  • 人材育成
  • 人材マネジメント
  • 組織開発
  • リーダーシップ
  • 健康管理/メンタルヘルス
  • ワークショップ(体験・参加型)
  • ディスカッション
  • エグゼクティブ・ミーティング
  • ランチ・ミーティング(食事付)
  • 個別無料相談
  • HRアワード表彰式
11/18(火)テーマ:リーダーシップと組織開発
11/18(火)
10:00 -
12:00
ワークショップ[WS-2]

【体験型セミナー】
対立を乗り越え、成果をもたらす管理者が習得すべき型と技

管理者には、職場の泥臭い対人面の問題にも立ち向かい、より大きな成果を生み出すことが期待されています。JMAMでは管理者が遭遇する様々な対人面の対立状況を研修で体験し、現場力を磨き上げていく新たな教育プログラムを開発いたしました。今回のセッションでは、ご参加いただいた皆さまに、演習の一部をご体験していただきながら、プログラムの真髄に触れてまいります。


株式会社日本能率協会マネジメントセンター HRMコンサルタント

小菅 啓氏

【小菅 啓氏プロフィール】
(こすが ひろ)百貨店にて販売員指導育成、商品企画開発等に従事。(株)JMAMチェンジコンサルティング入社後、キャリアカウンセラーとして再就職支援業務に携わり、企業研修の講師、ファシリテーターや個別キャリア相談を担当。(株)日本能率協会マネジメントセンターに入社し、管理職研修の講師、教育コンテンツの開発を担当。

インタビュー

11/18(火)
11:15 -
12:35
基調講演[A]

組織開発とリーダーシップ開発――実践にどのように関連づけるか

リーダーシップのキーワードは、マネジメント(管理)のそれが「複雑性」への対応であるのに対して、「変化」「変革」である。コングロマリットITTの経営者、ハロルド・ジェニーンは、計数管理の仕組みで会社を動かそうとした。それは「複雑性」への対応のためであり、他方で今までにないものを生み出し、今ある製品、製法、作業手順、マニュアル等々を変えていく、しかも、ビジョンを示してそこにいたるシナリオを実現するために喜んでついてくるフォロワーを生み出す対人的影響力が、リーダーシップである。ほかならぬこの変革の技法でもある組織開発に長けた人間になることは、リーダーシップを磨くことにつながる。この観点からは、組織開発はリーダーが描く絵(ビジョンや戦略)の質(決定の質)を良くし、描かれた絵に対するフォロワーの納得感(決定の受容)を高める体系的手法として捉えることもできる。


神戸大学大学院 経営学研究科 教授

金井 壽宏氏

【金井 壽宏氏プロフィール】
(かない としひろ)1954年神戸市生まれ。78年京都大学教育学部卒業。80年神戸大学大学院経営学研究科修士課程を修了。89年MIT(マサチューセッツ工科大学)でPh.D.(マネジメント)を取得。92年神戸大学で博士(経営学)を取得。変革型のリーダーシップ、創造性となじむマネジメント、働くひとのキャリア発達、次期経営幹部の育成、これからの人事部の役割、研究とつながる教育・研修のあり方(リサーチ・ベースト・エデュケーション)を主たるテーマとしている。これらにかかわる論文や著作が多数。『変革型ミドルの探求』(白桃書房、1991年)、『リーダーシップ入門』(日経文庫、2005年)、『働くみんなのモティベーション論』(NTT出版、2006年)、『「人勢塾」ポジティブ心理学が人と組織を変える』(小学館、2010年)、『組織エスノグラフィー』(有斐閣、共著、2010年)など、著書は50冊以上。


11/18(火)
13:45 -
14:45
特別講演[B-2]

有能なリーダーを輩出したければ、まずはフォロワーシップ教育から始めなさい!

役職者への登用後に成功するリーダーをつくるためには、リーダー昇進前からの訓練が必要である。そのカギが昇進前に行うフォロワーシップ教育だ。プレーヤー視点から「自分が上位者だったら…」という視点を身につけさせて、上司にフォロワーシップを発揮させる。上位者に対しても部下のフォロワーシップを引き出す教育を施すべき。本セミナーでは「リーダーシップ×フォロワーシップ」デュアル教育とその重要性をご紹介する。


リ・カレント株式会社代表取締役 WisH株式会社取締役副社長

石橋 真氏

【石橋 真氏プロフィール】
(いしばし まこと)「人事のこだわりをカタチにする縁・学・場プロデュースカンパニー」リ・カレント株式会社社長。女性活躍推進企業WisH㈱副社長。1989年リクルート入社、HRD部門で金融不況期にマネジャーとしてV字回復を主導、全国MVPになった経験から、組織力開発にはリーダーシップ×フォロワーシップの両軸が必要と熱く説く。

インタビュー

11/18(火)
15:00 -
16:10
基調講演[B]

グローバル時代に必要なリーダーシップの育て方
~イノベーションを起こす「人材」と「組織」について考える~

IT化、グローバル化が急激なスピードで進む現在、日々起こる変化に対して、これまでの基準や考え方が全く通じないこともあります。いま、世界では何が起こっているのか――。組織を支えるリーダーには、企業が生き残っていくためのヒントを的確につかむ能力が求められますが、そのような人材を、企業はどのようにすれば育てることができるのでしょうか? 本講演では、長年にわたってグローバル企業戦略、グローバル人材、イノベーションについて研究してこられた、一橋大学名誉教授の石倉洋子氏が登壇。グローバル時代に求められるリーダーの条件やその育て方について、ご自身の経験も交えながらお話しいただきます。
(協賛:GlobalEnglish 日経版)


一橋大学 名誉教授

石倉 洋子氏

【石倉 洋子氏プロフィール】
(いしくら ようこ)バージニア大学大学院経営学修士(MBA)、ハーバード大学大学院経営学博士(DBA)修了。1985年からマッキンゼー・アンド・カンパニーでコンサルティングに従事した後、1992年 青山学院大学国際政治経済学部教授、2000年 一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授、2011年 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授。日清食品ホールディングス、ライフネット生命、双日社外取締役、世界経済フォーラムのGlobal Agenda Councilのメンバー。「グローバル・アジェンダ・ゼミナール」「ダボスの経験を東京で」など、世界の課題を英語で議論する「場」の実験を継続中。専門は、経営戦略、競争力、グローバル人材。主な著書に、『戦略シフト』(東洋経済新報社)、『グローバルキャリア』(東洋経済新報社)、『世界級キャリアのつくり方』(共著、東洋経済新報社)がある。


11/18(火)
15:30 -
17:30
特別セッション[SS-1]

企業が取り組むソーシャルイノベーション
~イノベーションの種が育つ組織をつくるために、人事ができること~


特別セッションイメージ

多くの企業が社会的価値を起点に、既存事業を見直し、新しい事業開発を模索しています。長期的な未来を描くためにも、企業におけるこのようなソーシャルイノベーションの取り組みは、大切に育てていきたい種です。しかし、イノベーションを阻害する風土が、どんな組織にも例外なくあるのも事実。そこで期待されるのが人事部門の動きです。制度や仕組みを大胆に変革し、新しいアイデアが生まれ育ちやすい組織をデザインしていくことができれば、人事部門としてイノベーションに大きく貢献することができます。新技術の開発やプロセス改革などとは異なる観点でのROIやKPIの設定や社内政治が求められるこの取り組みにおいて、どのような組織・人事としての支えや仕掛け・制度が有効なのか。今回のセッションではゲストのお二人に現場の実践知を共有していただきながら、「イノベーションが起こる組織をいかにつくるか」について、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

■参加対象

経営者、人事、人材開発、組織開発ご責任者

■定員

約35名 ※お申込多数の場合は抽選となります。

■ゲスト

大屋 智浩さん(富士通総研 経済研究所 / 実践知研究センター 上級研究員)
筧 裕介さん(博報堂 / issue+design 代表)
西村 勇哉さん(NPO法人ミラツク代表理事)


富士通総研 経済研究所 / 実践知研究センター 上級研究員

大屋 智浩氏

【大屋 智浩氏プロフィール】
(おおや ともひろ)2011年6月に株式会社富士通総研入社。野中郁次郎一橋大学名誉教授(富士通総研経済研究所理事長)が「フロネシス」(実践知)の重要性を説き、富士通グループの知識資産を活用し実践活動を通じてイノベーション創出を進めると同時に、活動を通じてリーダーシップの涵養を目指す実践知研究センターの設立当初より、活動に関わっている。実践知リーダーとは、社会にとって何が善かという「共通善」の意識を持ちながら、個別具体の現場で文脈に応じた最善の判断をしながら実践して行くリーダーのことであるが、彼も熱意を持ってこの姿勢を貫く若いリーダーの一人である。 大阪中小企業投資育成株式会社に6年間勤務した後、シンガポール国立大学大学院へ留学。 2011年5月Lee Kuan Yew School of Public Policy修了、公共政策修士(専門職)。2003年慶應義塾大学商学部卒業。大阪府出身

issue+design 代表

筧 裕介氏

【筧 裕介氏プロフィール】
(かけい ゆうすけ)東京大学大学院工学系研究科修了。東京大学大学院在学中より、社会課題をデザインで解決するソーシャルデザイン領域の研究、実践に取り組む。2008年issue+design設立。 共著書に、『地域を変えるデザイン』『震災のためにデザインは何が可能か』他。グッドデザイン賞、キッズデザイン賞審査委員長特別賞、日本計画行政学会・学会奨励賞、竹尾デザイン論評賞など受賞多数。

NPO法人ミラツク代表理事

西村 勇哉氏

【西村 勇哉氏プロフィール】
(にしむら ゆうや)大阪大学大学院にて人間科学(Human Science)の修士を取得。人材育成企業、財団法人日本生産性本部を経て、2008年より開始したダイアログBARの活動を前身に2011年にNPO法人ミラツクを設立。
Emerging Future we already have(既に在る未来を手にする)をテーマに、社会起業家、企業、NPO、行政、大学など異なる立場の人たちが加わる、セクターを超えたソーシャルイノベーションのプラットフォームづくりに取り組む。



11/19(水)テーマ:戦略人事と人材育成
11/19(水)
10:00 -
11:00
特別講演[D-1]

導入事例から学ぶ 企業研修におけるオンライン学習活用のヒント

Mooc(大規模オンライン公開講座)やEdTech(EducationとTechnologyを意味した造語)といったキーワードが、一般的に使われるようになってきました。1998年のサービス開始当初から、オンラインを活用した企業研修を展開してきたBBT。今回は、企業研修の具体的な導入事例から、皆様の企業で今後研修のオンライン化を進めるにあたって参考となるようなヒントを数多くご提供したいと思っています。


株式会社ビジネス・ブレークスルー 企業研修部門 統括責任者

山口 裕二氏

【山口 裕二氏プロフィール】
(やまぐち ゆうじ)2001年ビジネス・ブレークスル―入社。企業研修部門の責任者。これまで、大手企業の経営人材、リーダー育成の研修企画に数多く携わる。オンライン上のディスカッションを取り入れるなど、「考える力」を身につけるための新時代のラーニング・ソリューションの開発・実践に取り組んでいる。

インタビュー

11/19(水)
13:45 -
14:45
特別講演[E-1]

共創(コ・クリエイション)を実現するリーダーシップ
~答えの無い時代の協働とは?~

環境の変化が早く、答えが見出しづらい現代においては、現場の一人一人が主体性を発揮し、自考自動をすることに加え、チームで未知の価値を共創(コ・クリエイション)することが求められています。共創の実現には、メンバー以上にリーダー自身の変容が問われます。個人とチームの主体性と創造性の解放を実現するリーダーシップとは一体何か?指示・命令を超えた共創型リーダーを生み出す鍵は何か?をご紹介します。
(協賛:テンプスタッフラーニング株式会社)


オーセンティックワークス株式会社 代表取締役

中土井 僚氏

【中土井 僚氏プロフィール】
(なかどい りょう)組織変革ファシリテーター。U理論をベースにしたマインドセット転換による人と組織の永続的な行動変容を支援。「自分らしさとリーダーシップの統合」を目指し人と組織の未来づくりを進める。著作として『人と組織の問題を劇的に解決するU理論入門』(PHP出版)等がある。

インタビュー

11/19(水)
16:25 -
17:25
特別講演[F-4]

最新事例から学ぶ「健康人材リーダーシップ」推進のための3つの柱とは

いま経営人材・営業人材の健康維持・増進に積極的に関与する「健康経営」が急速に注目されています。社員の健康維持・増進がリーダーシップやビジネスパフォーマンスに繋がるだけではなく、今後「健康人材育成」への取り組みがステークホルダーの企業評価や格付を左右すると予想されます。本講演では、当社独自プログラムによる最新事例と「健康人材リーダーシップ」推進のためのカギである3つの仕掛けを中心にご紹介いたします。


株式会社ボディチューン 代表取締役 一般社団法人日本スポーツ&ボディ・マイスター協会 代表理事

阿部 雅行氏

【阿部 雅行氏プロフィール】
(あべ まさゆき)東京都生まれ、明治大学経営学部卒。富士銀行入行、みずほHD、みずほコーポレート銀行で営業・企画・経営戦略部門、グロービス等教育ベンチャーを経て現職。元体重90キロ経験から2005年より健康人材リーダーシップに関する活動や研究を展開。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科 修士修了。博士課程在籍。


11/20(木)テーマ:組織変革と人材マネジメント
11/20(木)
15:00 -
16:10
パネルセッション[H]

「リーダー論」に新たな波を起こす二人のキーパーソンが語る
“次代を担うリーダーに求められる条件”

グローバル化、IT化がスピードを増す現在、企業には激しい変化に柔軟に対応できる力が求められています。そのためには組織を引っ張っていくリーダーの存在が重要ですが、これからの時代を支えるリーダーには、どのような能力や行動が必要なのでしょうか。本セッションでは、ベストセラー『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』の著者で、組織や競争戦略の研究を通じて一流のビジネスリーダーを数多く知る一橋大学大学院教授の楠木建氏と、日本における「フォロワーシップ論」の提唱者のひとりで、次世代リーダー育成などに取り組む、日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターの中竹竜二氏が登壇。「リーダー論」に新たな波を起こしている二人のキーパーソンが、リーダーに求められる条件について熱いディスカッションを展開します。

楠木建先生の著書を20名様にプレゼント!
セッションに参加された方の中から抽選で20名様に、楠木先生編著による書籍『「好き嫌い」と経営』をプレゼントします!


一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授

楠木 建氏

【楠木 建氏プロフィール】
(くすのき けん)1964年東京生まれ。専攻は競争戦略とイノベーション。企業が競争優位を構築する論理について研究している。一橋大学大学院商学研究科博士課程修了(1992)。一橋大学商学部専任講師、同大学同学部助教授、同大学大学院国際企業戦略研究科准教授を経て、2010年から現職。1997年から2000 年まで一橋大学イノベーション研究センター助教授を兼任。1994-1995年と2002年、ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授を兼任。著書として『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』(2010、東洋経済新報社)、『経営センスの論理』(2013、新潮社)、『戦略読書日記』(2013、プレジデント社)、『「好き嫌い」と経営』(2014、東洋経済新報社)などがある。


(公財)日本ラグビーフットボール協会 コーチングディレクター
株式会社TEAM BOX 代表取締役

中竹 竜二氏

【中竹 竜二氏プロフィール】
(なかたけ りゅうじ)1973年、福岡県生まれ。早稲田大学入学後ラグビー蹴球部に入部。4年次には主将を務め全国大学選手権準優勝。卒業後渡英し、レスタ―大学大学院社会学部修了。01年株式会社三菱総合研究所入社。06年早稲田大学ラグビー蹴球部監督に就任し、07年度から2年連続で全国大学選手権を制覇。10年4月より日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターに就任。12年度はラグビーU20日本代表監督を兼任。日本における「フォロワーシップ論」の提唱者のひとりとして、次世代リーダーの育成・教育や組織力強化、成人向けの学びの環境づくりに貢献。企業コンサルタントとしても活躍中。主な著書に『自分で動ける部下の育て方—期待マネジメント入門』(ディスカヴァー新書)、『部下を育てるリーダーのレトリック』(日経BP)など。

11/20(木)
16:25 -
17:25
特別講演[I-2]

自主自立型人材を育成する新研修プログラム
~新人・若手の行動変容を習慣化する秘訣~

会社の未来を担う新人・若手を、どうしたら「自ら考え、自ら動き、自ら目標達成できる」人材に育成することができるのか。本講演では、弊社が28年間研究してきたノウハウをもとに体系化した「入社から3年間で会社を背負う『自主自立型人材』へと育てていくための育成モデル」と「研修効果は続かないという常識を打ち破る新しい研修メソッド」をご紹介させていただきます。


アチーブメント株式会社 組織変革コンサルタント / マネジャー

和泉 大氏

【和泉 大氏プロフィール】
(いずみ ひろし)大学卒業後、文化系NPO・環境系ベンチャーを経て大手上場IT企業に入社。入社後わずか10ヶ月、当時グループ最年少で子会社の取締役に就任し、経営者として組織作りに携わる。アチーブメント入社後は、管理職層の意識改革や理念浸透のコンサルティングを手掛けるほか、自ら研修講師として新人・若手の育成を担当している。


※プログラムは予告なく内容などを変更することがございますので、予めご了承ください。

本カンファレンスに関するお問合せ
  • 日本の人事部「HRカンファレンス」事務局
  • 〒107-0061東京都港区北青山2-7-9 日昭ビル 7F
  • E-mail:hrc@jinjibu.jp
プライバシーマーク