• トップ
  • 開催概要
  • プログラム
  • 講演者インタビュー
  • 交流ラウンジ
  • アクセス
  • 前回の様子

プログラム

日別で表示する
  • 全日程
  • 11/18(火)
  • 11/19(水)
  • 11/20(木)
ジャンル別で表示する
  • 経営・人事戦略
  • グローバル人材
  • 採用
  • 人材育成
  • 人材マネジメント
  • 組織開発
  • リーダーシップ
  • 健康管理/メンタルヘルス
  • ワークショップ(体験・参加型)
  • ディスカッション
  • エグゼクティブ・ミーティング
  • ランチ・ミーティング(食事付)
  • 個別無料相談
  • HRアワード表彰式
11/18(火)テーマ:リーダーシップと組織開発
11/18(火)
15:30 -
17:30
特別セッション[SS-1]

企業が取り組むソーシャルイノベーション
~イノベーションの種が育つ組織をつくるために、人事ができること~


特別セッションイメージ

多くの企業が社会的価値を起点に、既存事業を見直し、新しい事業開発を模索しています。長期的な未来を描くためにも、企業におけるこのようなソーシャルイノベーションの取り組みは、大切に育てていきたい種です。しかし、イノベーションを阻害する風土が、どんな組織にも例外なくあるのも事実。そこで期待されるのが人事部門の動きです。制度や仕組みを大胆に変革し、新しいアイデアが生まれ育ちやすい組織をデザインしていくことができれば、人事部門としてイノベーションに大きく貢献することができます。新技術の開発やプロセス改革などとは異なる観点でのROIやKPIの設定や社内政治が求められるこの取り組みにおいて、どのような組織・人事としての支えや仕掛け・制度が有効なのか。今回のセッションではゲストのお二人に現場の実践知を共有していただきながら、「イノベーションが起こる組織をいかにつくるか」について、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

■参加対象

経営者、人事、人材開発、組織開発ご責任者

■定員

約35名 ※お申込多数の場合は抽選となります。

■ゲスト

大屋 智浩さん(富士通総研 経済研究所 / 実践知研究センター 上級研究員)
筧 裕介さん(博報堂 / issue+design 代表)
西村 勇哉さん(NPO法人ミラツク代表理事)


富士通総研 経済研究所 / 実践知研究センター 上級研究員

大屋 智浩氏

【大屋 智浩氏プロフィール】
(おおや ともひろ)2011年6月に株式会社富士通総研入社。野中郁次郎一橋大学名誉教授(富士通総研経済研究所理事長)が「フロネシス」(実践知)の重要性を説き、富士通グループの知識資産を活用し実践活動を通じてイノベーション創出を進めると同時に、活動を通じてリーダーシップの涵養を目指す実践知研究センターの設立当初より、活動に関わっている。実践知リーダーとは、社会にとって何が善かという「共通善」の意識を持ちながら、個別具体の現場で文脈に応じた最善の判断をしながら実践して行くリーダーのことであるが、彼も熱意を持ってこの姿勢を貫く若いリーダーの一人である。 大阪中小企業投資育成株式会社に6年間勤務した後、シンガポール国立大学大学院へ留学。 2011年5月Lee Kuan Yew School of Public Policy修了、公共政策修士(専門職)。2003年慶應義塾大学商学部卒業。大阪府出身

issue+design 代表

筧 裕介氏

【筧 裕介氏プロフィール】
(かけい ゆうすけ)東京大学大学院工学系研究科修了。東京大学大学院在学中より、社会課題をデザインで解決するソーシャルデザイン領域の研究、実践に取り組む。2008年issue+design設立。 共著書に、『地域を変えるデザイン』『震災のためにデザインは何が可能か』他。グッドデザイン賞、キッズデザイン賞審査委員長特別賞、日本計画行政学会・学会奨励賞、竹尾デザイン論評賞など受賞多数。

NPO法人ミラツク代表理事

西村 勇哉氏

【西村 勇哉氏プロフィール】
(にしむら ゆうや)大阪大学大学院にて人間科学(Human Science)の修士を取得。人材育成企業、財団法人日本生産性本部を経て、2008年より開始したダイアログBARの活動を前身に2011年にNPO法人ミラツクを設立。
Emerging Future we already have(既に在る未来を手にする)をテーマに、社会起業家、企業、NPO、行政、大学など異なる立場の人たちが加わる、セクターを超えたソーシャルイノベーションのプラットフォームづくりに取り組む。



11/19(水)テーマ:戦略人事と人材育成
11/19(水)
15:30 -
18:30
特別セッション[SS-2]

【『日本の人事部』人事エグゼクティブ定期会合 第一回】
人事部長が担う「戦略的人材マネジメント」
~経営の視点(人材の戦略的育成・活用)から考える~


特別セッションイメージ

『日本の人事部』ではこのたび、日本の「人事」の実情を真摯に捉え、人事エグゼクティブの皆さまが必要とされるさまざまな知識や情報を集積・発信し、日本企業の人・組織の活性化、次世代の育成に向けた新たな活動を開始いたします。まずは、一橋大学大学院教授の守島氏を講師としてお招きし、人事エグゼクティブの皆さまを対象としたセッションを二回に渡り、開催いたします。現在の日本企業の人事部門には、経営と連動して戦略的に人材を活用していくことが求められています。それを先頭に立って推進するのが人事部長です。本イベントにて開催する第一回は、人事部長がどのように「人材の戦略的育成・活用」を実現すればいいのか、経営の視点から考えます。「守島氏による講演」「参加者同士のディスカッション」の二部構成で実施します。

※第二回は「人事部長が担う『戦略的人材マネジメント』~人・組織の視点(人材の活性化、強い現場の構築)から考える~」をテーマに、2015年2月に開催予定です。

■参加対象

人事担当役員・人事部長限定 ※参加対象以外の方のご参加はお断りします。

■定員

30名 ※お申込多数の場合は抽選となります。

■講師・ファシリテーター

守島基博氏(一橋大学大学院商学研究科教授)

■その他

・本セッションの講演やディスカッションの内容を『日本の人事部』Webサイト、冊子等に掲載する予定です。
・皆さまから弊社の企画・運営へのご意見やご提案を頂戴したいと存じます。



一橋大学大学院 商学研究科 教授

守島 基博氏

【守島 基博氏プロフィール】
(もりしま もとひろ)人材論・人材マネジメント論専攻。1980年慶応義塾大学文学部卒業、同大学院社会研究科社会学専攻修士課程修了。86年米国イリノイ大学産業労使関係研究所博士課程修了。人的資源論でPh.Dを取得後、カナダ国サイモン・フレーザー大学経営学部助教授。90年慶應義塾大学総合政策 学部助教授、98年同大大学院経営管理研究科助教授・教授を経て、2001年より現職。主な著書に『人材マネジメント入門』『人材の複雑方程式』『21世紀の“戦略型”人事部』『人事と法の対話』などがある。



11/19(水)
16:25 -
18:30
特別セッション[SS-3]

【パネルトーク&ディスカッション】これからの「男性の働き方」を考える


特別セッションイメージ

現在は、多くの企業が「女性活躍推進」に関する施策を実行しています。このような時代に、働く「男性」はどのような問題を抱えているのでしょうか。女性活躍を推進するためには、男性の意識や働き方も変えなければならないはずです。今回のセッションでは、「男性学」の旗手、「なでしこ銘柄」ご担当者、「元祖イクボス」の三人をお迎えし、「男らしさ」「イクメン」「イクボス」「女性活躍の支援」などをキーワードに、男性の意識・働き方の改革について議論します。

■定員

約30名 ※お申込多数の場合は抽選となります。

■パネリスト

田中俊之氏(武蔵大学社会学部 助教)
福地真美氏(経済産業省 経済産業政策局 経済社会政策室長)

■パネリスト・ファシリテーター

川島高之氏(大手総合商社系列 社長、NPO法人コヂカラ・ニッポン 代表、NPO法人ファザーリング・ジャパン 理事)



武蔵大学 社会学部 助教

田中 俊之氏

【田中 俊之氏プロフィール】
(たなか としゆき)武蔵大学社会学部助教、博士(社会学)。専門は男性学・キャリア教育論。単著に『男性学の新展開』(青弓社)、共著に『大学生と語る性』(晃洋書房)、『ソシオロジカル・スタディーズ』(世界思想社)、『揺らぐ性・変わる医療』(明石書店)などがある。


経済産業省 経済産業政策局 経済社会政策室長

福地 真美氏

【福地 真美氏プロフィール】
(ふくち まみ)1997年東京大学法学部卒業、通商産業省(現経済産業省)入省。2004年米国タフツ大学フレッチャースクールにおいて国際関係論修士。経済産業省において、航空機産業の振興、エネルギー需給見通しの策定、経済協力政策や石油・天然ガス確保政策等を担当。2010年から在マレーシア日本国大使館に赴任し、経済連携協定、インフラ輸出、企業のビジネス環境整備支援等を行う。2014年7月から現職。ダイバーシティ経営企業100選や、東京証券取引所との共同事業であるなでしこ銘柄事業など、女性をはじめとした多様な人材がいきいきと活躍できるような社会の環境づくりに取り組む。


大手総合商社系列 社長
NPO法人コヂカラ・ニッポン 代表
NPO法人ファザーリング・ジャパン 理事

川島 高之氏

【川島 高之氏プロフィール】
(かわしま たかゆき)1987年、慶応大学を卒業し三井物産(株)に入社、現在は系列上場会社の社長。地元の小・中学校のPTA会長、少年野球のコーチなども務めてきた。また、イクメン関連のNPO法人ファザーリング・ジャパンの理事、子ども教育関連のNPO法人コヂカラ・ニッポンの代表でもある。子育てや家事の経験(ライフの視点)、商社勤務や会社社長の経験(ビジネスの視点)、PTA会長やNPO代表の経験(ソーシャルの視点)という3つを融合させた講演を、各地で展開中。また、NHK「クローズアップ現代」をはじめ多数のメディアに登場。「元祖イクボス」としても知られる。



11/20(木)テーマ:組織変革と人材マネジメント
11/20(木)
15:30 -
18:00
特別セッション[SS-4]

企業と大学でテーブルを囲んで語り合う
「2016年度新卒採用、企業・大学・学生はどう動くか?」 ※企業側のお申込受付は終了しました。大学キャリアセンターの方のお申込のみ受け付けています。


特別セッションイメージ

就活開始が後ろ倒しとなる2016年度、採用市場はこれまで以上に多様化する模様です。今回のセッションでは、新卒採用に関する4つのテーマを軸にテーブルを囲んで語り合います。議長は、それぞれのテーマに見識ある方を大学・企業からお招きし、各8名程度の少人数で開催します。それぞれが情報発信者として集い意見交換することで、創発的なアイデアが生まれ、次のチャレンジへつなげる――そんな場所になることを期待しています。各ミーティングを2ラウンドずつ開催しますので、第1ラウンド・第2ラウンド各1つずつご希望のテーマを選び、合計2ラウンドのミーティングにご参加いただけます。(第1・第2ラウンド共、内容は同じです)。当日の進行については、お申込み確定後に詳細をお知らせします。

■参加対象

企業の採用ご責任者、大学キャリアセンター

■定員

約30名 ※応募多数の場合抽選となります

■ミーティングテーマ&ファシリテーター

A. 学生(内定)~新人・若手の「キャリア形成」をいかに支援できるか
田中 潤氏(株式会社ぐるなび 執行役員 管理本部 人事部門長)
小島 貴子氏(東洋大学 理工学部生体医工学科 准教授)
B. 企業と学生、双方にとって本当に有意義な「インターンシップ」は実現するのか
木下 梨紗氏(日本GE株式会社 GE Capital 人事本部 HRマネージャー)
鈴木 正仁氏(首都大学東京 学生サポートセンターキャリア支援課キャリア支援係 インターンシップ担当係長)
C. 未来の活躍人材、見極めは可能?「自社らしく勝つ」ための採用戦略を考える
杉浦 二郎氏(三幸製菓株式会社 システムマネジメント部 人事課 課長)
服部 泰宏氏(横浜国立大学大学院国際社会科学研究院 准教授)
D. 複数内定をもつ学生に「選ばれる」会社とは。学生はいかに決断するのか
淡野 健氏(学習院大学 キャリアセンター担当事務長)
金丸 美紀子氏(テックファーム株式会社 コーポレート本部 人事部 部長)
田中潤氏 photo
田中潤氏
小島貴子氏 photo
小島貴子氏
木下梨紗氏 photo
木下梨紗氏
鈴木正仁氏 photo
鈴木正仁氏
杉浦二郎氏 photo
杉浦二郎氏
服部泰宏氏 photo
服部泰宏氏
淡野健氏 photo
淡野健氏
金丸美紀子氏 photo
金丸美紀子氏
11/20(木)
15:30 -
19:00
特別セッション[SS-5]

社員の「教養」を高めるために、人事はどうすればいいのか

最近はさまざまな場面で、ビジネスマンが「教養」を高めることの重要性について聞きます。前回の「HRカンファレンス」でも「人事担当者にとって必要な教養」をテーマにセッションを実施し、多くのご好評の声をいただきましたが、今回は第2弾として「社員の教養をどのように高めるのか」をテーマに取り上げます。「社員にどう説明すれば、教養の重要性を理解してもらえるのか」「具体的にはどんな教養が必要なのか」など、川上真史先生の講演と参加者によるディスカッションを通じて、3時間たっぷり「教養」について考えます。音楽、歴史、スポーツなど、さまざまな切り口から新たな知見も得ることができ、あなたの知的好奇心をきっと刺激するはず。人気企画のため、ご希望の方は早めにお申込みください!


ビジネス・ブレークスルー大学大学院 教授 / ボンド大学大学院 非常勤准教授 / 明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科 兼任講師(社会心理学) / 株式会社タイムズコア 代表

川上 真史氏

【川上 真史氏プロフィール】
(かわかみ しんじ)京都大学教育学部教育心理学科卒業、産業能率大学総合研究所研究員、ヘイコンサルティンググループコンサルタントを経て、1997年よりタワーズワトソンコンサルタント。2005年4月よりビジネス・ブレークスル大学院大学専任教授、ボンド大学非常勤准教授。2013年4月より明治大学大学院グローバルビジネス研究科兼任講師。2003年~2010年早稲田大学文学学術院心理学教室非常勤講師。人事、人材領域のコンサルティング活動に加え、心理学的な見地からの新しい人材論についての研究、開発を行うことで、次世代の人材についての考え方も世の中に提唱する。主な著書に、『会社を変える社員はどこにいるか』『できる人採れてますか』『自分を変える鍵はどこにあるか』『コンピテンシー面接マニュアル』『仕事中だけうつになる人たち』『20代で大切にしておきたいこと』がある。


※プログラムは予告なく内容などを変更することがございますので、予めご了承ください。

本カンファレンスに関するお問合せ
  • 日本の人事部「HRカンファレンス」事務局
  • 〒107-0061東京都港区北青山2-7-9 日昭ビル 7F
  • E-mail:hrc@jinjibu.jp
プライバシーマーク