日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』が運営する、HRテクノロジー(HR Tech、HRテック)総合情報サイト

日本の人事部 HRテクノロジー ロゴ

メンバーマネジメントを改善するクラウドシステム「KAKEAI」をリリース~社数限定の無料提供も開始:KAKEAI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社KAKEAI(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:本田英貴)は、メンバーマネジメントを改善するクラウドシステム「KAKEAI」(カケアイ)を2019年2月12日にリリースします。

株式会社KAKEAIは、既に顧問として脳神経科学の専門家である岩手医科大学薬学部の駒野宏人教授、共同研究者としてHR techの第一人者である慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 岩本隆特任教授を迎え連携を開始しており、今後も本サービスの機能拡充や顧客価値向上をより一層進めてまいります。


■KAKEAIについて
ミドルマネジメント層のメンバーマネジメントを改善するクラウドシステムです。
離職・生産性・満足度・エンゲージメントなどへの「上司」影響は周知のとおりです。KAKEAIは、科学とテクノロジーを用いて、属人的になりがちなメンバーマネジメントを変えることで、個人・チーム・企業・社会の力を引き出します。


<ポイント>
1.メンバーの“特性” “状況”についての勘違い・思い込みを無くす
脳科学等に基づく簡単なセルフアセスメントや、その解析結果からのマネジャーに対するアドバイスや、メンバー同士の日常の“気付き”を拾い上げる仕組みなどで、メンバー一人ひとりの「特徴」と「置かれている状況」についてのの勘違い・思い込みを無くします。

2.“マネジメントのナレッジ”を組織全体で活用できる状態をつくる
マネジャーがメンバーに対してとった行動のうち、メンバー自身にとって有効たった関わり方を「マネジメントのナレッジ」として蓄積し、最適なタイミングでどのマネジャーでも使えるようにします。
メンバーマネジメントに関する組織全体の「資産」を蓄積・展開し、個人経験にのみ頼るマネジメントを変えます。

3.“現場の実態”を正しく把握できる状態をつくる
このシステムには現場の実態が詰まっていきます。例えば、事業トップの皆さま・マネジャーの上司にあたる皆さま・人事の皆さまなど、組織全体を改善する役割を担う皆さまへ向けて、このシステムが現場の実態を代わりに把握しレポートします。ますます難しくなるメンバーマネジメントを周囲が効果的にサポートできる状態をつくります。


<無料提供に関するお問い合わせ>
こちらよりお問合せをお願いいたします。

※KAKEAIはβ版としてご利用いただく各企業様にとって本サービスをより価値のあるものへと継続的に進化させていくために、サービス改善のご要望把握やサポート等の対応を出来る限り可能にするために、社数を限定してご提供しています。

 

◆詳細はこちらをご覧ください。

(株式会社KAKEAI https://company.kakeai.com/  /2月6日発表・同社プレスリリースより転載)

新着ニュース