日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』ロゴ

企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

Human Capital Management

「採用」「アセスメント」「EAP」の3つの事業で、企業の成長の礎となるA&R(人材の獲得と定着) 戦略をワンストップで支援します

採用 アセスメント EAP

注目の記事

2020新卒採用の“傾向”と“対策”
大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9.91倍と過去最高を記録するなど(リクルートワークス研究所「大卒求人倍率調査」2018年4月26日公表)、新卒採用は現在、“売り手市場”を超えて“採用氷河期”の様相を呈している。20シーズン(2020年4月入社予定者対象)はどうなるか? 創業以来30年間、企業の採用支援事業に取り組むヒューマネージが考える「2020新卒採用の“傾向”と“対策”」を聞いた。
AI時代の“採用”と“育成”を考える
―ソニーの取り組みから、これからの人材戦略へ
ソニーは2019卒から、新卒採用にAIを導入。AI導入の目的はエントリー促進、書類選考の正確な意思決定のサポート、辞退率の改善だ。今まさに採用活動の最中にあるが、どんな成果が見えつつあるのか。また、そこにはどんな課題があるのか。ソニー人事センターの北島氏と橋本氏、川上教授が、AIが実現するこれからの人材戦略について語りあった。
「採用」×「AI」で、採用成果を実現する
これからの人事に必要なもの
HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」「HRテクノロジー」がそれに該当します。人材サービス会社だけでなく、ITサービス各社からもさまざまなサービスがリリースされていますが、それらを導入すれば、採用はうまくいくのでしょうか。ビジネス・ブレークスルー大学教授の川上真史さんは、「AIは科学的な採用を推し進めるために画期的なツール。ただし、使いこなせるかどうかは使い手次第」と言います。自社の採用成果創出に役立てるために、採用担当者には何が必要なのか――。
業界シェアNo.1の採用管理システムが持つ膨大なデータから
人事担当者が頼れる「根拠のある意思決定材料」を提供
膨大なエントリー学生のなかから、自社の未来を担う人材を過不足なく確実に採用することが求められる新卒採用。人材獲得競争の激化により、その難易度はさらに高まり、以前のように“経験値”や“勘”だけでは対応できない。そこで検討したいのが新卒採用コンサルティング会社。なかでもビッグデータを持ち、データマイニングによる確度の高い将来予測で評価を得ているのが、株式会社ヒューマネージだ。同社のコンサルティングサービスの特長について、話を聞いた。
「成果を出せる人材」を確実に見極める
ニーズに即した適性検査群で、企業の成長を支援
優秀な人材を採用したはずなのに、なぜか仕事の上では期待したほどのパフォーマンスがあがってこない。ストレス耐性があると見込んだ人材が、戦力化する前にあっさり退職してしまう――。こうした悩みを解決する効果的なアセスメントツールとして、多くの企業から高い評価を得ているのが、株式会社ヒューマネージの開発した、「Another 8」「G9」などの適性検査シリーズだ。従来型の適性検査とはどう違うのか、それぞれの機能や特色、効果的な活用方法などについて、聞いた。
コンピテンシー適性検査をはじめ
次々に「新しい常識」を創り出す原点とは?
1988年に日商岩井の社内ベンチャーとしてスタートした株式会社アトラクスが前身となり、2007年、MBO(マネジメント・バイ・アウト)により独立した、株式会社ヒューマネージ。採用ソリューション事業、適性アセスメント事業、EAP(従業員支援プログラム)事業の3本柱で事業展開し、常に新しいサービスを切り開いてきました。2011年2月に株式会社ディスコと、2014年8月に株式会社リクルートキャリアと事業提携し、業界内では初めて、リクナビとキャリタス就活(旧・日経就職ナビ)と同社の「i-web新卒採用モデル」を連動させるなど、新機軸に果敢に取り組んでいます。そんな同社を率いる社長・齋藤亮三氏に話を伺いました。

注目のサービス情報

採用ソリューション
科学的な指標+採用管理システム+RPOを中心に
人材の採用~定着まで、成果実現へ併走します。

導入シェア第1位!
i-web 新卒採用モデル
導入シェア第1位*を誇る新卒採用向け採用管理システム

「リクナビ」「キャリタス就活」とリアルタイム連動する業界唯一のシステム。さらに2017年からは新卒ダイレクトリクルーティングサービス「OfferBox」とのリアルタイム連動もスタート。ヒューマネージの適性検査に加え、SPI3ともリアルタイム連動するなど、圧倒的な利便性を誇ります。選考管理で必要とされるほぼすべての機能を備えるとともに、優れた操作性にも定評があります。

*「キャリタス 就職希望企業ランキング」(2017年4月、ディスコ調べ)における採用管理システムのシェア(ヒューマネージ調査による)

適性アセスメント
成果に結びつく可能性を確実に見極める。
人的資本経営の視点に基づいた独自のモデルで実現します。

コンピテンシー適性検査

大手企業を中心に1,000社以上が導入。成果創出能力を科学的に測定

コーピング適性検査 G9

ストレスフルな環境でも成果を上げられる人材を見極めます

チーム・コミュニケーション適性検査 W8

「チームでシナジーを生み出せる人材」を見極めます

ベーシックパーソナリティ適性検査 B5

“これから”の組織で必要とされるパーソナリティを科学的に測定

EAP(従業員支援プログラム)
ストレスに強い人と組織をつくる。
経営戦略の課題に、次世代のメンタルヘルス管理で応えます。

EAPサービス『TEAMS』
ストレスチェックの実施~その後のフォローまで。
“義務化対応に必要なもの”をすべて備えたオールインワンサービス。

『TEAMS』は、株式会社保健同人社と株式会社ヒューマネージが共同で提供する、「はたらく人がもっとも能力を発揮しやすい状態」をプロデュースする総合的な人材マネジメントプログラムです。

*『Co-Labo(コラボ)』は、1561法人947万人超の利用実績を誇る
企業向けのEAP(従業員支援プログラム)サービス「TEAMS」が提供するストレスチェックです。

セミナー情報

ヒューマネージでは、人事担当者さま向けに多彩なセミナーを開催しています。

現在受付中のセミナー

セミナー開催実績

  • (株)JCB様、三井物産(株)様、BBT大学 川上真史氏 登壇!採用戦略2020――先駆的な取り組みから、早期化・多様化する新卒採用の“傾向”と“対策”を考える
  • AI時代のデータに基づく科学的採用の方法
  • ソニー(株)様、味の素(株)様登壇!-新卒採用の“傾向”と“対策”を考える
  • グループ採用/キャリア採用/リクルーター活用/インターンシップ活用に関するセミナー  など
  • 川上真史氏登壇!適性検査を活用した求める人材の見極め
  • コンピテンシー面接の実践~演習を通じて、コンピテンシーとパーソナリティを見極める
  • コンピテンシー適性検査『Another 8』、コーピング適性検査『G9』 結果の読み方・活用編  など
  • (株)ジャパネットホールディングス様(東京開催)、総合メディカル(株)様(福岡開催)、 (株)ダイフク様(大阪開催)登壇!もっと活かせる ストレスチェック―健康経営度を高める実施のコツ―
  • 3年目に向けて『ストレスチェックで健康経営』―職場改善のための、ストレスチェック取り組みについて―
  • 2年目だからできる『ストレスチェックで健康経営』―制度の効果を最大限にするために―
  • ストレスチェック2年目に向けて―企業人事、実施者(産業医)、EAP事業者からの提言―  など

ホワイトペーパー(お役立ち情報)

【お役立ち資料】大手はじめ多くの企業で効果を実感!「ストレスに強い人材を、確実に見極める方法」とは?
【ヒューマネージWP】ストレス耐性は、“打たれ強さ”でも“体育会系ガッツ”でもありません。「将来遭遇するストレスに対処できるか?」を、科学的に、確実に見極めるためにはどうすればよいか。大手企業をはじめ、多くの企業で効果が実感されている方法を、ご紹介します。
【採用担当者様必見!】魅力が伝わる採用コンテンツを作るには?
【ヒューマネージWP】 i-webに標準搭載されているマイページコンテンツ機能の内容作成にあたっての基本的な考え方、代表的なコンテンツの作成のコツを解説します。

ヒューマネージのサービスサイトのご案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加