会員限定記事が読める『日本の人事部』のご登録(無料)はこちら。イベント情報もお知らせします。

会員登録はこちら

日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』が運営する、HRテクノロジー(HR Tech、HRテック)総合情報サイト

日本の人事部 HRテクノロジー ロゴ

【ヨミ】デジタルレイバー デジタルレイバー

「デジタルレイバー」とは、RPAやAIを使ったツールなどを用いて、テクノロジーが人間に代わる業務の担い手となる考え方のことをいいます。テクノロジーを働き手として擬人化していることから、「仮想労働者」と呼ばれることもあります。働き方改革による生産性向上や、生産年齢人口の減少に伴う労働力不足を解決に導く存在として期待されています。デジタルレイバーとRPAはしばしば混同されることがありますが、「デジタルレイバー」はロボットを労働力として扱うという「概念」、RPAは実際の仕組みに落とし込まれた「ツール」であるという点で相違しています。

デジタルレイバーRPAAIテクノロジーHRテクノロジー

デジタルレイバーのケーススタディ

デジタルレイバーは新入社員
一から教育することで、最強の労働力に

「RPA(Robotic Process Automation)」に代表されるデジタルレイバーは、従来のITシステムとはどう違うのでしょうか。それは「擬人化」という言葉からわかるように、より人間に近い役割を担っているという点にあります。例えば、パソコン内にインストールされたソフトウェアによって簡単に計算ができたり、欲しい情報を即座に取り出したりすることができます。ただし、そのためには人の手によるログイン作業、必要なデータの入力などの細かな操作が必要でした。デジタルレイバーは、実行ボタン一つでそれらの「人間の操作」まで担ってくれるのです。

デジタルレイバーが持つ人間らしさは、「教育が必要」という点にも見られます。導入してすぐに労働を代替してくれるわけではなく、デジタルレイバーには作業のコツを教え込むフェーズが必要です。企業には担当者自身が溜めた知見により「○○さんにしかできない」といった属人的な業務があります。その属人的な業務をデジタルレイバーに覚えさせるには、ルーチンワークだけでなく、数ある例外処理を覚えさせなければなりません。

デジタルレイバーを導入する際は、新入社員を迎え入れるように扱うことを求められます。白紙の状態の新入社員と同じく、従業員が知っている社内の常識やあうんの呼吸は通用しません。デジタルレイバーの特性やスキルを理解して、一から教えなければならないのです。しかし、デジタルレイバーはひとたびそれらを得ると、人間のように「疲れた」と言うことも「辞める」と言い出すこともなく、ヒューマンエラーも起こさない。扱う側が使いこなしさえすれば、非常に大きなパフォーマンスを発揮します。

デジタルレイバーが得意なことは、計算や数値チェック、ルールが決まった仕事。業務の全てを自動化させようとするのではなく、デジタルレイバーを得意も苦手も併せ持つ一従業員として捉え、適切な環境で活用することが求められます。