日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』が運営する、HRテクノロジー(HR Tech、HRテック)総合情報サイト

日本の人事部 HRテクノロジー ロゴ

企業研修の学習効果定着とデータ活用による
人財発掘・人財マネジメントを支援するアプリ「Core」

株式会社ウーシア代表取締役CEO

北垣武文さん

ウーシア育成・研修評価・組織サーベイ・従業員満足度・エンゲージメント向上実践

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ウーシア代表取締役CEO 北垣武文さん

企業におけるあらゆる活動を、ROI(投資対効果)の視点から見直す動きが広がっています。企業研修も例外ではなく、育成担当者には「貴重な時間を割いただけの効果が得られているのか」「やりっぱなしになっていないか」といった疑問が投げかけられています。その解決策となりえる独自のサービスを開発・提供しているのが、株式会社ウーシアです。現在は大手企業を中心にトライアル導入を含めて、サービスを積極的に展開。活動を通じて得た知見を反映させながら、サービスの進化を図っています。どのような課題認識のもとに開発し、どのような価値を提供できるのでしょうか。同社代表取締役CEO北垣武文さんにうかがいました。

やりっぱなしの研修からやり切る研修へ

まず、貴社の事業概要を教えてください。

当社では学びの深化と人事機能の向上をサポートする能力開発型タレントマネジメントソリューション「Core」を開発・提供しています。企業における能力開発が集合研修に集中する中、その前後の活動、特にアフターフォローが質量ともに学びを深化させるとの考えに基づき、学びそのもののあり方を変えていきたいという思いを掲げ、取り組みを開始しました。社名の「ウーシア」はラテン語で「本質」を意味しており、より本質的な学びや成長、それを通した企業成果の向上を目指したいと考えています。

近年の「人財育成」の課題をどのように捉えていますか。

長年企業研修に関わってきましたが、「受講者は研修で学んだことを実務で活用できているだろうか」という課題意識がありました。さまざまな研修がありますが、基本的にビジネスパーソンが成果を高めるためには大切なことで、かつ職場での活動からはなかなか学びにくいことをあえて切り出して体系化したものにより構成されていることが一般的です。

一方、普段のやり方とは異なるものが提供されるため、よほど意識していなければ、現場に戻ると研修で学んだことをすぐに忘れてしまう。最初は特に、学んだことを実践するのは負担がかかります。普段のやり方のほうがやりやすく、多くの方が結局自分なりのやり方に戻ってしまうケースが多いと思います。企業の育成活動がどれだけ実際の成果につながっているのだろうか、というのは看過できないテーマであり、それが当社の「やりっぱなしの研修からやり切る研修へ」というスローガンのベースになっています。

育成現場発の人財発掘、
人財のバリューアップを支援していきたい

「Core」で生み出される三つの価値

「Core」の特長を教えてください。

「Core」で生み出される価値は三つあります。第一に、研修を定着させるための「Off -JTとOJTのスムーズな接続」です。研修内容に関連する質問を自動配信し、受講者のリマインドを促すとともに、現場に照らし合わせることで、研修での学びを現場での実践につなげていけます。第二に、「学びの深化」です。学んだことを共有したり、受講者同士で議論したりできるオンラインフォーラムを活用し、相互学習を促進することで、気付きの拡充と学びの深化を図ります。第三の価値が「データ資産の活用」です。受講者のシステム内での活動や、発言内容、使っている言葉などもすべてデータ化し、蓄積します。これらにより学びの促進への活用のみならず、優れた人財を発掘する機能を担うことが可能になっていきます。当社では、学びの定着のみならず、次世代リーダーの発掘と育成という観点からタレントマネジメントを視野に入れた取り組みを進めています。

「Core」の画面イメージ

「Core」が目指している「育成現場発の人財発掘」とはどのようなものでしょうか。

タレントマネジメントでは単なるスキルの「見える化」に留まらない、次世代リーダーの候補の選定が大切なテーマですが、大半は現場の評価に依存しがちです。しかし、現場の評価は既存の枠組みの中で成果を上げることが重視されがちで、既存の枠組みを超えて新しいことに挑戦している人が、必ずしも現場で評価を得られるとは限りません。我々が、タレントマネジメントの領域で問題視しているのは、まさにその点です。既存のタレントマネジメントシステムで十分にカバーしきれていない領域のデータ連携を進めることで、育成現場発の人財発掘、人財のバリューアップという流れを作っていきたいと思っています。

そのためにフォーラムの活動状況をモニタリングするための個人レポートを提出できるようにしています。これは「成長のためのカルテ」と言えるもので、OJTへの連動をスムーズに行いつつ、タレントマネジメントの観点から個々人のリーダーシップ特性を浮かび上がらせる機能を担います。多忙な人事の方々がこうした題材を育成や人選に生かしていくためにも、研修後の個々のフォローやフォーラムの運営を無人化するなど、できるだけ人手をかける必要がないように設計しています。

Core」に対する評価はいかがですか。

「研修終了後に受講者が実際に学んだことを活用できるようになってきた」「現場の上司から『研修のフォローを実態的に行えるようになった』とのフィードバックを得ることができた」「自分たちの見たかったデータがようやく手に入る」「このシステムがあれば、これまで追跡したくてもできなかったことがようやく実現できる」「従来のタレントマネジメントシステムには欠けていたリーダーシップ要素を客観視点から補うことができる」などのご意見をいただいています。

今後の取り組みや目標・展望を教えてください。

サービスのクオリティーを上げるための努力を続けていきつつ、研修会社やフリーの研修講師など、さまざまな方とパートナーシップを結び、一体となって取り組んでいくことで、より多くの企業にご利用いただけるような展開力を高めていきます。また現在は集合研修のフォローアップを前提とした取り組みを実施していますが、OJTそのもののフォローアップも視野に入れていきたいと考えています。

同時に、このような取り組みを推進していきたい企業同士のネットワークの構築や、活性化に取り組むことも重要な課題です。さらに企業の人事向けのサービスのみならず、学校での活用も実現し、最終的には、個人向けマーケットに進出していきたいと考えています。人の学びは無限であり、それを支援する我々のチャレンジも同様です。これからが勝負なので、どん欲に取り組んでいく所存です。

企業概要
株式会社ウーシア

本社所在地:愛知県名古屋市昭和区山手通1-17-1
問合せ先:info+hrc@ousia.me

企業概要

ウーシア育成・研修評価・組織サーベイ・従業員満足度・エンゲージメント向上実践

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい