採用・育成・組織開発のナレッジコミュニティ『日本の人事部』が運営する、HRテクノロジー(HR Tech、HRテック)総合情報サイト

日本の人事部 HRテクノロジー ロゴ

20代 仕事の目的・やりがいに関する調査

「仕事でやりがいを感じている」と回答した20代は約3割
「誰かの役に立っていると感じられたとき」「売上など定量的な成果を上げることができたとき」にやりがいを感じるの声

 

株式会社学情(本社:東京都千代田区)は、20代の仕事観や働く意識をひも解くために、アンケート調査を実施しました。今回は、「仕事の目的・やりがい」に関して調査。「仕事で、やりがいを感じている」と回答した20代は30.2%でした。やりがいを感じる瞬間は、「誰かの役に立っていると感じられたとき」「売上など定量的な成果を上げることができたとき」「任された仕事をやり遂げることができたとき」といった声が寄せられています。また、「やりたいことは、仕事と趣味どちらで実現したいですか?」という質問に対し、「仕事」と回答した20代は25.3%でした。「仕事でしか得られない緊張感や達成感があると思う」「自身のやりたいことで、誰かの役に立つことができたら嬉しい」といった声が寄せられました。


【TOPICS】

  1. 仕事で「やりがいを感じている」と回答した20代は約3割
  2. 仕事をする目的について、「お金のため」と回答した20代が94.3%、「自己実現のため」は44.1%
  3. やりたいことを「仕事」で実現したいと回答した20代は、25.3%
     

【調査の背景】

仕事と生活のバランスを重視する「ワークライフバランス」、仕事と生活を融合させる「ワークアズライフ」など、仕事と生活の関係が話題になることが多くあります。20代は仕事と生活の関係や、仕事の目的をどのように捉えているのか、アンケートを実施しました。
 

(1) 仕事で「やりがいを感じている」と回答した20代は約3割
「仕事で、やりがいを感じていますか?」という質問において、「感じている」「やや感じている」と回答した20代は30.2%でした。やりがいを感じる瞬間は、「お客様に喜んでもらえたとき」「社内外から評価を受けたとき」「誰かの役に立っていると感じられたとき」「自身のアイディアを実現できたとき」「売上など定量的な成果を上げることができたとき」「任された仕事をやり遂げることができたとき」といった声が寄せられています。
 

(2) 仕事をする目的について、「お金のため」と回答した20代が94.3%、「自己実現のため」は44.1%
仕事をする目的について、「お金のため」と回答した20代は94.3%でした。「自己実現のため」は44.1%、「社会貢献のため」は35.1%となっています。
 

(3) やりたいことを「仕事」で実現したいと回答した20代は、25.3%
「やりたいことは、仕事と趣味どちらで実現したいですか?」という質問に対し、「仕事」と回答した20代は25.3%でした。「仕事でしか得られない緊張感や達成感があると思う」「自身のやりたいことで、誰かの役に立つことができたら嬉しい」といった声が寄せられました。「趣味」と回答した20代からは、「いつかは自分の好きなことで稼げるようになりたい」「働いて資金を貯めたら、カフェを開業したいと思っている」などの声が上がっています。

 

■調査概要
・調査期間:2022年9月28日~2022年10月12日
・調査機関:株式会社学情
・調査対象:20代社会人
(20代専門転職サイト「Re就活」/Webメディア「20代の働き方研究所」のサイト来訪者)
・有効回答数:245名
・調査方法:インターネットでのアンケート調査
※各項目の数値は小数点第二位を四捨五入し小数点第一位までを表記しているため、択一式回答の合計が100.0%にならない場合あります。

 

◆本調査の詳細は、こちらをご覧ください。
(株式会社学情/10月31日発表・同社プレスリリースより転載)

新着ニュース