日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』が運営する、HRテクノロジー(HR Tech、HRテック)総合情報サイト

日本の人事部 HRテクノロジー ロゴ

社内ヘルプデスク動向調査レポート2022

社内DXが働き方改革の鍵「社内ヘルプデスク動向調査レポート2022」発表
コロナ禍のリモートワークで社内問合せに変化、満足度はチャットが上位

株式会社KDDIエボルバ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:若槻肇、以下KDDIエボルバ)は、国内企業に勤務する700名の会社員を対象に、従業員視点における社内ヘルプデスクの利用状況とニーズを調査した『社内ヘルプデスク動向調査レポート2022』を発表いたしました。

人材難等の施策として企業が取組むDX推進は、コロナ禍以降、社内業務にも取り入れられています。また、リモートワーク(在宅勤務)を起点とするペーパーレス化、会議システムやコミュニケーションツールのオンライン化、人事制度や組織体制の見直しなど、働く環境が変容したことに伴い、社内ヘルプデスクに入る問合せや利用ニーズにも変化が生じています。
70%以上がリモートワークを取入れた働き方にあることが明らかになった本調査では、新しい働き方やデバイス、業務環境に適応する社内ヘルプデスクの在り方を分析し、考察しています。

■社内ヘルプデスクに「チャット」等のデジタルチャネルがラインアップ、スタンダードはチャネルの複数化
社内ヘルプデスクのチャネルの設置状況を調査した設問では、電話・メール等の問合せ窓口や、各種ツールといった従来のチャネル以外に、「有人チャット(29.1%)」「チャットボット(14.1%)」「音声自動応答/ボイスボット(4%)」の回答もあり、近年、社内ヘルプデスクへのデジタルチャネル増設が進んでいることがわかります。

また、設置されているチャネル数を確認する設問では、「3つ以上」の回答が54.9%となり、複数のチャネルでの運営がスタンダードになっていることがわかります。

■問合せで利用したチャネルと利用ニーズにはギャップあり
本調査では、社内ヘルプデスクで利用したチャネルと利用頻度の調査に加え、「利用したかったチャネル」を調査した結果、定番チャネル「電話」「メール」よりも、「有人チャット」「チャットボット」等の利用意向が高いことが明らかになり、「電話」の利用割合と利用意向では、70%以上のギャップがありました。

また、「チャットボット」を導入した企業に勤務する方の内、「チャットボット」の利用割合は70.7%に達しており、チャットの社内利用は進みやすい傾向が推察できる結果となりました。

 
◎調査について
調査対象:国内企業に勤務する20~69歳の会社員
有効回答者数:700名
調査時期:2022年3月
調査方法:インターネットリサーチ
調査企画・実施:KDDIエボルバ

◎お問合せ先
報道関係者さま窓口  adv@k-evolva.com
法人のお客さま窓口 0120-926-736(平日9:00-17:30)
 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。
(株式会社KDDIエボルバ/ 7月13日発表・同社プレスリリースより転載)

新着ニュース