会員限定記事が読める『日本の人事部』のご登録(無料)はこちら。イベント情報もお知らせします。

会員登録はこちら

日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』が運営する、HRテクノロジー(HR Tech、HRテック)総合情報サイト

日本の人事部 HRテクノロジー ロゴ

リーガルテックの電子契約サービス『Signing』をリリース

株式会社ネオキャリア(本社:東京都新宿区、代表取締役:西澤亮一)は、Web上で契約に携わる一連の業務プロセスを完結する電子契約サービス『Signing(サイニング)』の提供を、2021年2月22日(月)に開始します。


■サービス概要
当社は、従業員がパフォーマンスを発揮し組織の成長をサポートするために、業務プロセスを効率化する採用支援サービスとHR Techサービスを提供してまいりました。このたび、リーガルテックの電子契約サービス『Signing』をリリースいたしました。
Signingは、契約における一連の業務プロセスをWeb上で完結する電子契約サービスです。人事関連、会社運営関連、営業関連、業務委託関連の契約書を電子化し、従業員数100名以上の不動産、建設・土木、物流、医療・介護、人材業界等、取引の契約締結に工数がかかる事業者や多額な印紙税がかかる事業者を対象にサービスを提供します。


<使用方法>
これまでの契約書締結は、紙による申請・承認・決裁のワークフロー、印紙貼り付け、原本の郵送、書類の管理等煩雑な業務が発生しています。Signingでは、契約書をアップロードし、契約書を相手方のメールアドレスに送付後、相手方はSigning上で確認し同意します。
※相手方はSigningのユーザーである必要はありません。

<効果>
Signingの導入により、押印までの当事者間のやり取りのスピードアップ、出社が必要な紙の書類や押印の業務を最小限に抑えた業務プロセスの効率化、契約書の締結におけるコスト削減、原本紛失防止等のコンプライアンス強化につながります。

・工数削減、時間短縮
紙の稟議書の作成と原本の郵送が不要になるため、契約担当者や法務担当者は自宅からでも申請と承認作業を行える利便性の向上・工数削減と共に、契約書の検索時間も短縮できます。

・コスト削減
紙による契約締結で負担していた印紙代、印刷代、送料、保管料等のコストも削減できます。

<電子契約サービスのマーケット>
電子契約サービスの海外市場は、米国のソフトウェア企業が7割のシェアを占め、日本においては海外との取引が多いグローバル企業に導入されています。一方、日本の市場規模は2020年に108億円と前年対比58.8%の増加、2021年は175億円に達すると予想される成長市場です。新型コロナウイルス感染症拡大により押印出社が必要な事態に直面し電子契約サービスに注目が集まりました。

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社ネオキャリア / 2月10日発表・同社プレスリリースより転載)

新着ニュース