日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』が運営する、HRテクノロジー(HR Tech、HRテック)総合情報サイト

日本の人事部 HRテクノロジー ロゴ

人事・労務をチャットで簡単“丸投げ”完了~新しい顧問のカタチ『クラウド社労士コモン』をリリース:TRIPORT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TRIPORT株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡本秀興)は、今までの“顧問”とは違う、新しい”コモン”のカタチ『クラウド社労士コモン』サービスをリリースしたことをご報告いたします。


■今までの“顧問”に対する、こんなお悩みを解決
社労士との顧問契約、既存の人事・労務系クラウドサービスに対してあった、下記のようなお悩みを解決するサービスが「クラウド社労士コモン」です。

◎従来の顧問契約におけるお悩み
・小規模な会社なので、顧問料が割高に感じる。
・もっと気軽に労務相談できる相手が欲しい。
・自社から相談した時だけでなく、自社にとって有益な情報があれば顧問社労士側から発信して欲しい。
・返事が遅く対応に時間がかかる。
・行政手続きや就業規則等の社内規定の改修等の依頼をすると、顧問料とは別途費用がかかる。

◎従来の人事労務系クラウドサービスにおけるお悩み
・できれば手続業務も全てをプロにお任せしたい。
・自社に代わって情報収集をし、随時お知らせしてくれるサービスが欲しい。
・社員数の増減や社員の出産など、状況に合わせて必要となる手続きが分からず、手続き漏れをしてしまう。


■「クラウド社労士コモン」3つの特徴
当サービスは、今までの“顧問”における課題を解決すべく、下記の特徴があります。

◎特徴1:“チャットでやり取り”できるから、いつでも気軽に
従来の対面でのやり取りは一切不要。
チャット上で、「労務相談」「行政手続き」「助成金活用」等に関するやり取りができます。
スマホでもPCでも、必要な情報を受け取ることができ、気軽にやり取りすることができます。

◎特徴2:必要な情報を必要なタイミングに
人事・労務に関連する情報や、新たな法の施行や法改正に伴う手続き、助成金に関する情報等、必要な情報を必要なタイミングでお知らせします。
例えば、入社シーズンには、入社に伴う「労務相談」「行政手続き」「助成金活用」等に関する必要な情報をお知らせします。
その都度自社に必要な手続きに気づくことができ、手続き漏れを防ぎます。

◎特徴3:“チャットに返信”すれば、行政手続きや助成金申請等も対応完了
労務相談の内容から、対応が必要な手続きが出てきたら、そのまま丸投げしていただけます。
例えば、入社に関する相談をすると、そのまま「雇用契約書作成」「労働保険・社会保険手続」「助成金申請」などの手続きを行います。
人事担当者は手続きの完了報告を受けるだけ。


■サービス内容
1.定期的な情報発信(人事労務関連、助成金等)
法改正情報や行政手続情報、さらに、助成金情報まで発信。そのまま相談も可能。

2.労務相談
人事・労務に関するお困り事は、チャットでいつでも相談が可能。
※労使紛争や行政指導に伴う対応は対象外です

3.就業規則、雇用契約書等作成コンサル
帳簿整備もすべてお任せ!弁護士法人監修のテンプレートもご提供。

4.法令遵守コンサル
帳簿整備や法改正対応など適時チェック対応が必要な場合は、改修までサポート。

5.行政手続代行
社会保険・労働保険関連手続きを対象に何度でも無制限で丸投げOK。

6.助成金申請サポート
助成金のスペシャリストであるTRIPORTが助成金申請を全面サポート。


<本件に関するお問い合わせ先>
E-mail:pr@triport.co.jp

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(TRIPORT株式会社 https://triport.co.jp/ /10月3日発表・同社プレスリリースより転載)

新着ニュース