日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』が運営する、HRテクノロジー(HR Tech、HRテック)総合情報サイト

日本の人事部 HRテクノロジー ロゴ

組織課題を可視化し、人事コンサルタントが社員の活躍・定着まで支援するタレントマネジメントシステム~『Talent Viewer』の提供を開始:エン・ジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入社後活躍・採用支援のエン・ジャパン株式会社 (本社:東京都新宿区、代表取締役:鈴木孝二、以下エン・ジャパン)は、組織課題を可視化し人事コンサルタントによる社員の活躍・定着まで支援するタレントマネジメントシステム『Talent Viewer powered by Talent Palette (タレントビューアー、以下Talent Viewer)を提供開始いたしました。


■『Talent Viewer』について

『Talent Viewer』は、株式会社プラスアルファ・コンサルティング(本社:東京都港区、代表取締役:三室克哉)が提供するタレントマネジメントシステム『Talent Palette(タレントパレット)』のシステムをベースに、組織の見える化とエン・ジャパンが強みを持つ人事コンサルティングによる組織課題に対する施策まで一気通貫で提供する、企業の成長と社員の活躍・定着を支援するプラットフォームです。

採用難が続く中、企業は社内人材の活用に対する関心が高くなっており、タレントマネジメントツールの市場は年々拡大しています(※)。一方で、タレントマネジメントツールにより組織課題は可視化されたものの、その後の打ち手や施策に課題を感じている経営者や人事担当者も多いようです。

『Talent Viewer』では、エン・ジャパンが提供する「知的能力」「性格・価値観」を可視化できるオンライン適性検査『Talent Analytics(タレントアナリティクス)』の受験結果と、企業が保有する社員情報をかけ合わせて、組織状況や課題を可視化。抽出された組織状況や課題に向けて人事コンサルティングを実施し、採用支援や早期離職防止、社員教育といった改善施策まで提供します。『Talent Viewer』により、活躍人材の発掘や配置・配属から、人材の活躍・定着に向けた施策の実行による経営の意思決定に即した人材戦略を支援します。

(※)ITR Market View 2018より引用


■『Talent Viewer』の特長

1:組織状況や課題の可視化と人事コンサルティングによる改善施策を一気通貫で提供

エン・ジャパンの「知的能力」「性格・価値観」を可視化できるオンライン適性検査『Talent Analytics』の結果と企業が保有する社員の基本情報を組み合わせて組織状況を可視化。人事情報の分析により抽出された課題に対して、エン・ジャパンによる人事コンサルティングや採用支援、離職防止、社員教育などのサービスによる改善支援を実施。組織の可視化にとどまらず、組織課題の解決施策まで一気通貫で支援します。

2:直感的に状況把握できるUI

異動のシミュレーションを簡単に行なえるほか、スキルや人員構成の各種サマリーも円グラフやヒートマップで表示されるため、テキストを読み込まなくてもひと目で現状を把握できます。


<お問い合わせ先>
エン・ジャパン株式会社
広報担当:大原、松田、清水、西春
TEL:03-3342-6590 FAX:03-3342-4683
E-mail:en-press@en-japan.com

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(エン・ジャパン株式会社 https://corp.en-japan.com/ /7月5日発表・同社プレスリリースより転載)

新着ニュース