日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』が運営する、HRテクノロジー(HR Tech、HRテック)総合情報サイト

日本の人事部 HRテクノロジー ロゴ

1on1ミーティングでのコミュニケーション状態を見える化する「NAONA × Meeting」を販売開始:村田製作所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社村田製作所(本社:京都府長岡京市、代表取締役会長兼社長:村田 恒夫)は、これまで人間が感覚的に認知してきた関係性情報(*1)などを分析するセンシングデータプラットフォーム「NAONA」を活用し、1on1ミーティングでのコミュニケーション状態を見える化する「NAONA × Meeting」を2019年6月17日から販売開始します。

企業で導入が進む「1on1ミーティング」は、組織力の向上を目指し、部下のために上司が行う人材育成の手法として注目されています。しかし、「上司が話しすぎてしまう」「会話が実際に部下に役立っているのか実感がない」など、コミュニケーションの状況が分からないため、運用する上で多数の課題があります。当社の「NAONA × Meeting」はこうした目に見えないコミュニケーション状態を明らかにし、上司に部下とのコミュニケーションを改善するきっかけを提供することで、より良い職場環境の実現に貢献します。

「NAONA × Meeting」は、360°マイクを搭載したコミュニケーションセンサにより、設置空間の会話から抽出されるコミュニケーション情報(発言の量・長さ・テンポ*2)*3を見える化し、1on1ミーティングにおける上司と部下の関係性、会話量などを客観的なデータとして確認できます。これにより、感覚的に把握していたミーティング内容を正確に理解することにつながり、より効果的なコミュニケーションを実現します。

当社は今後もセンシングデータプラットフォーム「NAONA」の開発を進め、センサデバイスのラインアップや取得情報の充実に向けて取り組んでいきます。「NAONA x Meeting」のような1on1ミーティングだけでなく、面接や日常的な会話での利用など、さまざまなユースケースでの人と人、人とモノのセンシングに取り組み、より良い関係性の実現を目指します。
 

<用語説明>
*1 関係性情報は村田製作所が定義する人と人や人とモノの間に存在する情報のことです。それぞれの具体的例は次の通りです。
   人と人との関係性…親密度など
   人とモノの関係性…モノへの愛着、注目度など
*2 テンポ:一人当たり1回発言する平均時間と定義しています。
*3 NAONAは端末側でエッジ処理を行い、会話内容を音声特徴量に変換した後に元データを廃棄しているため、サーバ上への個人情報の記録などは行っておりません。

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社村田製作所 https://www.murata.com/ja-jp /6月17日発表・同社プレスリリースより転載)

新着ニュース