日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』が運営する、HRテクノロジー(HR Tech、HRテック)総合情報サイト

日本の人事部 HRテクノロジー ロゴ

1on1マネジメントを社内に浸透させるスマートフォンアプリ「1on1navi」をリリース~HRテクノロジーを活用して上司と部下の1on1を支援:エム・アイ・アソシエイツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業における人材・組織開発を支援するエム・アイ・アソシエイツ株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役:松丘啓司)は、上司と部下の頻繁な対話(1on1:ワンオンワン)を中心としたアジャイルな(機敏な)パフォーマンスマネジメントを支援するためのスマートフォンアプリ「1on1navi」を正式にリリースしました。

■サービスの目的
多くの企業では目標管理・評価制度に基づいて、半期に1度、上司と部下による面談が行われていますが、多くの場合、以下のような理由から面談が個人のパフォーマンス向上に役立っていません。

・半年に1度ではタイミングが遅すぎて学びが少ない。
・面談の内容が管理中心でパフォーマンス向上を支援していない。
・上司も部下も身構えた状態でオープンに話し合えない。

このような状態では部下のモチベーションが高まらず、イノベーションも起こりにくいため、1on1を導入して、よりリアルタイムに近い頻度で個人の成長とパフォーマンス向上を支援していく制度に変えていこうとする企業が増えています。

1on1naviはHRテクノロジーを活用して、上司と部下の対面での1on1がより効果的・効率的に行えることを支援すると同時に、1on1以外の時間もオンラインで支援することによって、リアルタイムでのパフォーマンスマネジメントを可能にします。

■1on1naviの機能
1on1naviは企業における新たなパフォーマンスマネジメントを支援するために必要な以下のような機能を備えています。

1.目標の共有
1on1naviではOKR(Objectives and Key Results)というイノベーションを促す目標設定のフレームワークに基づいた目標の登録と共有が可能です。それによって、目標をObjective(実現したいゴール)とKey Result(期日のある定量的な指標)に構造化したり、他のメンバーの目標と関連付けを行なったりすることが可能です。

個人の目標を公開設定に基づいてオープンにすることで、メンバーどうしが目標や進捗状況を互いに知ることが可能となり、他メンバーの目標に対してメッセージを送ったり、他メンバーからメッセージをもらったりすることができます。

2.1on1の気づきの登録と共有
スマートフォンの特性を活かして、いつでもどこでも上司との1on1で気づいたことや今後のアクションを簡単に登録できます。SNS的な気軽さで1on1の気づきを自分で登録することによって、1on1の記録を面倒な管理業務という感覚から解放することができます。

また、登録した内容を上司や他のメンバーにも公開することで、それに対するフィードバックを得ることができます。たとえば上司は次の1on1の場まで待たなくても、気づいたことをすぐにその場で伝えることができるようになります。

3.フィードバックのリクエスト
上司と部下の間だけではなく、周囲のメンバーどうしでもフィードバックをし合うことによって、よりリアルタイムで多面的なフィードバックが可能になります。1on1naviでは他のメンバーからのフィードバックやレコグニション(承認)を待っているのではなく、自分からフィードバックをリクエストすることが可能です。

チーム内でフィードバックをギブ&テイクする関係を構築することによって、フィードバックカルチャーを組織に浸透させることができます。

4.レポーティング機能
1on1naviに蓄積されたデータに基づいて、さまざまなレポートが作成できるようになります。たとえば、1on1の登録状況やフィードバックの状況を、現場に報告を求めなくても自動的に把握することが可能になります。また、自分の目標と関連付いている他の人の目標、さらにその目標と関連付いている他の人の目標を簡単にたどっていくことができます。レポートの種類は今後、継続的に追加していく予定です。

■展開の方針
本年7月から8月にかけて、大手企業8社でのトライアル活用の開始が決定しています。そこで機能改善のニーズを集中的に収集し、迅速にバージョンアップを実施していく予定です。さらに、そのトライアルにおいて蓄積された定量・定性データをもとに、ビッグデータ分析を実施します。これまで把握できなかった人事関連のデータの分析(ピープルアナリティクス)の結果をもとに、順次、新規レポートの追加や新規機能の拡充を行っていきます。

また、1on1naviは既に英語、中国語にも対応しており、今後、アジアを中心とする海外への展開も図っていく予定です。

<お問い合わせ先>
エム・アイ・アソシエイツ株式会社
〒107-0052
東京都港区赤坂4-9-17 赤坂第一ビル10階
電話:03-5772-5100
E-mail: info@mia.co.jp

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(エム・アイ・アソシエイツ株式会社 http://www.mia.co.jp/ /8月1日発表・同社プレスリリースより転載)

新着ニュース