日本の人事部トップ > 特集一覧 > 働き方改革特集

働き方改革特集

少子高齢化や出産後も働き続ける女性の増加など、働く人の多様性に寄り添った
新しい仕組み作りを目指す「働き方改革」。
これまでの画一的な日本の労働環境を根本から見直す取組みに、注目が集まっています。
長時間労働の是正、労働生産性の向上など
実務に役立つサービス・セミナー情報をお届けします。

「働き方改革特集」の注目のソリューション

”最終的には、現業部で自発的に実施する”仕組みを構築するご支援をさせて頂き、真の目的を実現させます。

このサービスの“強み”はここ!

単なる施策ではなく、生産性が向上する「働き方改革」を実現します!

さかえ経営では、「働き方改革」を通じて、生産性の向上と個々人にあった"働きやすさ”を提供します。
労働時間の削減、ワークライフバランスばかり注目されますが、それは施策に過ぎません。施策先行では、効果が出ないばかりか、マイナス影響を及ぼす可能性があります。
さかえ経営では、企業が発展できるような働き方改革実現のメゾット・アプローチを用いて支援を行います。

提供企業の専門家より

森田征 (モリタススム)
「働き方改革」は表面的な議論になっています。弊社では、「経営改革」ととらえ、経営・人事マネジメントは勿論、法律の専門家として、労務アプローチも行います。
コラム : 働き方改革実現に向けたポイント
資料請求・お問合せはこちら 詳細はこちら

提供企業

株式会社 さかえ経営

さかえ経営は、人材の活力を最大限生かし、企業の業績向上に貢献することを第一に考えます。
~ 知識・理論・メゾットの伝達、作業の請負ではなく、お客様に目的の達成と変革を感じていただける真のコンサルティングサービスを提供します~

リクルートマネジメントスクールでは「働き方改革」を推進させるための研修コースをご用意しました。

このサービスの“強み”はここ!

「働き方改革」で取り組むべき3つの切り口とは?

「働き方改革」の推進にあたり、自社ではどこから手をつけるのがいいのか迷われるケースがとても多いようです。
労働時間が減り、働き方の制約や価値観が違うメンバーが混在するようになる組織の中でどのように高い成果を出していけばいいのでしょうか?
リクルートマネジメントスクールでは、「働き方改革」を推進する上で欠かせないテーマとして生産性向上とダイバーシティのコースをご用意しました。

資料請求・お問合せはこちら 詳細はこちら

提供企業

株式会社 リクルートマネジメントソリューションズ

企業の人材育成を50年以上にわたってご支援し、年間13万人超のビジネスパーソンに対して研修サービスを提供しているリクルートグループの研修会社です。「トレーニング」「アセスメント」「コンサルティング」など幅広いサービスをご提供しています。

セミナー

【7月開催:19,20,25,26】働き方改革は「管理職の意識・行動改革」で決まる!
~多様な人材を活かし、チームでの生産性向上を上げるために必要なこととは~

働き方改革に取り組もうと考えているご担当者様へ
~今、働き方改革で現場の管理職に必要な能力をご紹介~

このセミナーの“強み”はここ!

働き方改革は残業削減が目的ではありません。いかに従業員の生産性を上げるかが、いま人事に問われています。

今回は、管理職に焦点を当てて、働き方改革を推進する上で、何が必要かご紹介します。
2つのテーマで複数回開催しており、セミナー時間は各15:30~17:30です。
◆生産性向上のためのチームマネジメント、
 課題解決を促すコミュニケーション「7/20(木),26(水)」
◆女性をはじめとした多様な人材の活用のための管理職の意識改革「7/19(水),25(火)」

  • 東京都千代田区
  • ■2017/7/19(水)15:30~17:30(受付15:00~)
  • 無料

主催企業

株式会社 ザ・アール

弊社は、「人材総合プロデュース」として、企業・官公庁などの組織・団体等の「人」に関する課題解決のサポートを行っております。35年間に培ったノウハウ・実績を基に、貴社の人材育成に適した研修プログラムを適宜、ご提案いたします。

セミナー

<2年連続、全日本能率連盟賞受賞メソッド>120分でフレーム&ワークの基本がわかる入門講座無料開催(働き方改革推進の切り札は「業務の分化・マニュアル化」)

生産性向上&時間短縮の両立
仕事ができる人の暗黙知を見える化
PDCAが定着し、組織全体が活性化する

このセミナーの“強み”はここ!

どんな人材もできる社員に育成!企業に山積みの課題を解決する、働き方改革の革新的改善メソッドをご紹介!

仕事が「できない人は、やり方を知らない人」。企業の生産性を向上させるには
業務をモジュール化・フレーム化し、誰もが確実に効率よく仕事をすることが重要です。
仕事が見える化できれば、社内コミュニケーションも円滑になり、仕事を「する人、しない人」
の差も縮まり、「できる人」の暗黙知も見える化でき共有できます。
本講座では、フレーム&ワークモジュールⓇの基本的な考え方や役立つ改善事例をご紹介いたします。

  • 東京都豊島区
  • 2017/7/10(月)13:30~15:30
  • 無料

主催企業の専門家より

田原 祐子 (タハラ ユウコ)
研修では人は育ちません。なぜなら、同じように知識や情報を与えても、理解力や応用力に差があるからです。
業務のモジュール化・フレーム化は、再現性高い人材育成法です。

主催企業

株式会社ベーシック

設立以来20年。ベーシックは、人と企業の強みを引き出し、すべての人材をできる人材に育成し、企業の課題を解決するため、フレーム&ワークモジュール(R)メソッドを開発・実践してまいりました。働き方改革では、中小~大企業で多くの成功事例があります。

長時間労働削減とリスクマネジメントには「残業体質」の可視化と時間規制時代に必要なスキル向上が有効です。

このサービスの“強み”はここ!

長時間労働削減は「残業体質」の改善から。風土・マインド・スキルを改革し高生産性職場に転換

働き方改革の一環で残業時間規制が検討される中、単なる残業規制の職場への適用は隠れ残業や時間の過少申告につながり、かえって労働実態や社員の精神的、肉体的健康状態を見えにくくする可能性があります。これは、ひいては社員並びに経営の大きなリスクにつながります。そこで、貴社の「残業体質とリスク」を診断するプログラムと時間規制下での職場マネジメントのあり方についてのトレーニングプログラムを開発しました。

資料請求・お問合せはこちら 詳細はこちら

提供企業

株式会社ヒトラボジェイピー

ヒトラボジェイピーは経営学、社会学、心理学、脳科学、テクノロジーなどの種々の専門領域の知見を統合・融合させ、ヒトに関する社会的課題を解決するコンサルティング会社です。