会員限定記事が読める『日本の人事部』のご登録(無料)はこちら。
イベント情報もお知らせ。

会員登録はこちら

人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

ただ「健康増進」を唱えるだけでは届かない
健康経営を従業員のやる気につなげる
「ウェルビーイング経営」の考え方(前編)

武蔵大学 経済学部経営学科 准教授

森永 雄太さん

関連キーワード  健康経営 森永雄太 ウェルビーイング ジョブ・クラフティング ワーク・エンゲージメント HHHの会

チームで取り組む健康増進活動でコミュニケーションが活性化し、生産性も向上

 「HHHの会」に参画した企業の取り組みで、森永先生が特に印象に残っている取り組みはどのようなものですか。

私が企業担当者の方から「最も効果を実感した」とうかがったのは、職場のコミュニケーション活性化につながったケースです。その企業では日中と深夜でシフトが分かれていて、それぞれの時間帯で勤務する従業員の間でのコミュニケーションが希薄でした。顔を合わせることが少ないため、会社としての一体感を持ちづらい、という課題を抱えていたんです。同じ時間と空間で働いていれば自然と生まれてくるはずのコミュニケーションも、そういう環境がなければうまくいくことは難しい。しかし、100日プロジェクトで用いているSNSなどを介して、「今日はこんなサラダを食べたよ」「10000歩きました」などといった健康に関する情報が交換されたことで、普段は会わない人ともコミュニケーションが活性化したのです。チームの作り方次第でそれぞれの職場が抱える問題を解決することができる、ということですね。

森永雄太さん 武蔵大学 経済学部経営学科

 実際に従業員が健康を強く意識したり、運動をしたりすることで、やる気や生産性の向上にもつながっていったのでしょうか。

はい。初期的な分析ですが、大きく分けて三つの傾向が見られました。一つ目は、「職場の仲間と協力しよう」というモチベーションが高まったこと。チーム活動によって、周囲の仲間を助けようという思いが生まれました。二つ目は組織への愛着、チームへのコミットメントが高まったこと。これは従業員の心理的な健康につながると考えています。そして三つ目は、自分自身で仕事に創意工夫を加えたり、社内ネットワークを新たに作ったりするなど、ジョブ・クラフティングともいえる主体的行動が生まれたこと。従業員が「求められていること以上」に取り組むようになったのです。

当初は「100日プロジェクト」に参加することで、「自分の役割内の行動をおざなりにするのではないか」という心配もあったのですが、質問の回答を見ると役割内の行動をしっかりとこなしつつ役割外のことにも取り組む、という結果になりました。チームで健康習慣に取り組むことが職場の活性化にもつながったと言えます。

 一人ひとりの生産性が高まっているということですね。

そうですね。先ほどもお話したように、職場でのコミュニケーションにおいてもプラスの効果が得られました。「日ごろは業務外のことを話しにくい」「上司に質問があっても切り出しにくい」と感じている従業員や、コミュニケーションが活発でない組織に大きな変化が見られたのです。

経営陣が同じようにチームに加わっていたところでは、部門間だけでなく、縦の階層でも非日常の会話が生まれていました。そうした関わりがメンバーシップを高めることにつながったのだと思います。メンタルヘルスを考える上では、「上司とのコミュニケーションが円滑になった」という部分も大きいでしょう。

 特に若い人の場合は「自分は健康だ」という意識があり、健康に関する取り組みに参加してもらうのは、なかなか難しいように思います

それは今回、一番難しさを感じた部分ですね。私は100日プロジェクトの後に3社へヒアリングしたのですが、「若手の参加率が低い」「健康に対する意欲は年長者に比べて低い」という声を聞きました。そのままの生活スタイルでは病気につながる恐れがあっても、「今のところは健康」と考える人が多い。会社が健康に関する情報を発信しても、「自分には関係ない」ととらえているのでしょう。「健康」という言葉を、「病気ではない状態」だと考えているのかもしれません。企業はそのように認識されることのないよう、ここでいう「健康」が「中長期的に生産性を落とすことなく働けること」であると発信する必要があります。先ほどの結果にも出ていたように、社内でしっかりとコミュニケーションが取れていること、適切に人間関係を築けていることも従業員の健康につながります。それを理解してもらうためには、コミュニケーションがますます重要になっていくはずです。


関連キーワード  健康経営 森永雄太 ウェルビーイング ジョブ・クラフティング ワーク・エンゲージメント HHHの会

あわせて読みたい

ニュース

"withコロナ時代" の健康経営活動 日清食品グループ「テレワークうつ 予防チーム」を発足

日清食品ホールディングス株式会社 (社長・CEO:安藤 宏基)は、"withコロナ時代"の新たな健康経営活動として「テレワークうつ 予防チーム」を2020年8月に発足しました。先手のアプローチで、従業...

2020/08/28 関連キーワード:日清食品 健康経営 テレワーク メンタルヘルス ウェルビーイング

記事

三菱ケミカルが推進する「KAITEKI健康経営」
健康支援と働き方改革の実現に向けた30の宣言とは

健康経営を推進するにあたって、従業員の理解浸透は重要なプロセスのひとつ。健康状態やパフォーマンスの改善には、働く一人ひとりの行動変容が欠かせないからです。総合化学メーカーの三菱ケミカルでは、2016年...

2020/06/26 関連キーワード:健康経営 サーベイ エンゲージメント ウェルビーイング 働き方改革 三菱ケミカル

記事

「手挙げ式」のグループ横断プロジェクトで、社員が自ら活力向上に取り組む
社会とつながるウェルネス経営

健康経営に取り組むうえで、多くの企業が「二つの壁」にぶつかります。一つは、施策が生活習慣病対策など疾病予防の範囲にとどまりがちなこと。もう一つは、健康に関心の高い一部の層には響いても、他の層に届きにく...

2020/05/28 関連キーワード:健康経営 ウェルネス経営 ウェルビーイング 丸井グループ 産業医

ニュース

実践事例から学ぶ自律した人材を教育・育成する組織づくり~『ウェルビーイング経営の考え方と進め方――健康経営の新展開』(森永雄太:著)労働新聞社より刊行

株式会社労働新聞社は、森永雄太:著『ウェルビーイング経営の考え方と進め方――健康経営の新展開』を刊行しました。従業員のモチベーション向上が生産性を上げる!「攻め」の健康経営理論とは従来の「健康経営」は...

2019/02/06 関連キーワード:ウェルビーイング経営の考え方と進め方 労働新聞社 ウェルビーイング モチベーション向上 自律型社員育成 健康経営 生産性向上

記事

森永雄太さん:
ただ「健康増進」を唱えるだけでは届かない 
健康経営を従業員のやる気につなげる「ウェルビーイング経営」の考え方(後編)

従業員の健康につながる施策に会社をあげて取り組む「健康経営」の考え方が定着しつつありますが、一方で若い人ほど「健康」という言葉を軽くとらえてしまいがちであるのも事実です(前編参照)。健康的な食生活や生...

2017/08/09 関連キーワード:ワーク・エンゲージメント HHHの会 森永雄太 健康経営 ウェルビーイング ジョブ・クラフティング