人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

「たかが頭痛」と考えるのは危険!
頭痛への正しい認識と対策で、生産性は向上する

埼玉精神神経センター 埼玉国際頭痛センター・センター長 / 埼玉医科大学 客員教授

坂井 文彦さん

関連キーワード  片頭痛 頭痛 プレゼンティーイズム 健康経営

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
坂井 文彦さん(埼玉精神神経センター 埼玉国際頭痛センター・センター長 / 埼玉医科大学 客員教授)

ズキズキと突然訪れる頭の痛み。そのせいで仕事が手につかなかった、という経験がある方も多いのではないでしょうか。「頭痛くらいで会社を休めない」「耐えられないほどではないから……」と、ついつい我慢してしまいがちですが、埼玉国際頭痛センター・センター長を務め、頭痛医学の世界的名医でもある坂井文彦さんは、この状況は「生産性低下の観点から見ても、由々しき問題」だといいます。正しく向き合えば頭痛は改善することができる、という坂井先生。頭痛の起こる仕組みや付き合い方、そして企業に求められる対策について、お聞きしました。

プロフィール
坂井 文彦さん
埼玉精神神経センター 埼玉国際頭痛センター・センター長 / 埼玉医科大学 客員教授

1969年慶應義塾大学医学部卒業。同内科学教室に入局し、脳循環・代謝の研究を始める。76年米国ベイラー医科大学神経内科留学。米国頭痛学会のHarold G. Wolff賞受賞(片頭痛と脳循環の研究)。97年11月北里大学医学部神経内科学教授。

2010年11月より埼玉医科大学客員教授、埼玉国際頭痛センター長に。日本頭痛学会、国際頭痛学会の理事長など重職を歴任した頭痛治療の世界的名医で、長年にわたり、日本の頭痛医療を進化させてきた。現在、WHOとの共同研究「片頭痛が就労へ及ぼす支障度の調査」の主任研究員を務めている。

最近の著書に『「片頭痛」からの卒業』(講談社現代新書)がある。

損失額3000億円 頭痛による生産性低下は深刻な問題

坂井先生は、世界的な頭痛専門医とお聞きしました。

もともとは脳神経内科と呼ばれる、脳や脊髄、神経系と、それに関連する筋肉の動きなどを見る分野を専攻し、脳への血流などを調べる脳循環の研究をしていました。当時働いていた診療所で片頭痛の患者を診察し、興味を持ったのが頭痛研究のきっかけです。以来、アメリカ留学時代も含め、片頭痛研究をライフワークとしてきました。2010年に埼玉精神神経センターで、念願だった頭痛センターの開設を手がけ、現在に至ります。

頭痛には、たくさんの種類があるそうですね。

はい。国際頭痛学会では、現時点で367種類の頭痛が確かめられています。いくつかの種類に分類できますが、ほかの病気が原因ではなく、頭痛そのものが病気である一次性頭痛の代表格が「片頭痛」です。一次性頭痛は、ほかに「緊張型頭痛」や「群発頭痛」などがあり、この三つを合わせて「三大慢性頭痛」と呼びます。

「三大慢性頭痛」にはそれぞれ、どのような特徴があるのでしょうか。

まず、片頭痛は脳の血管が拡張することにより起こる頭痛で、ズキズキと脈打つような痛みが特徴です。頭の片側が痛む人が多いのですが、両側が痛む人もいます。激しい痛みが数時間から数日間続き、吐き気を伴うこともあります。また、頭痛が起こっているときには、匂いや音、光に敏感になる人も少なくありません。週に1~2回、あるいは月に数回の頻度で繰り返し起こりますが、痛みが引くと何ごともなかったかのようにけろりとしていることが多い頭痛です。

緊張型頭痛は片頭痛とは対照的に、血管の収縮によって起こる頭痛です。一日中頭が締め付けられているような圧迫感が続き、鈍くて重い痛みが特徴。鋭い痛みではないものの、片頭痛と違って痛いときとそうでないときの区別がつきづらく、いつまでも頭重感に苛まれます。肉体的なストレスと精神的なストレスの両方が原因となることが多く、特に精神的なストレスが続くことで、慢性化してしまう人もいます。

群発頭痛は1~2ヵ月間、頻繁に頭痛が起こるものです。片側の目の奥がえぐられるような痛みが、毎日1~2時間続きます。痛む側の目の充血や、涙、鼻水が出るのも特徴です。アルコールで誘発されることも多く、じっとしていられないくらいの激しい痛みを感じます。ただ、患者の数は片頭痛に悩む人全体の5%程度で、かなり少ないといえます。

▼三大慢性頭痛の症状と原因
症状 原因
片頭痛 脈打つ頭痛。吐き気を伴い、光・音・臭いに過敏になることも。時々起こる頭痛で数時間から数日間続き、動くと辛いのが特徴。特に女性に症状が見られやすく、男性の3倍にのぼる。 脳の血管が拡張することで起こる。ストレスから解放されたときなどに起こることが多い。
緊張型頭痛 頭が締め付けられているような圧迫感が続く、鈍くて重い痛みが特徴。鋭い痛みではないものの、片頭痛との区別がつきづらいこともある。動いても大丈夫、あるいは動くと痛みが紛れるのが特徴。 首・頭部の周囲の筋肉が収縮し、締め付け、圧迫されることで起こる。心身のストレスを感じたときにおこりやすい。
群発頭痛 片側のみ、目の奥がえぐられるような頭痛で、痛む側の目の充血、涙、鼻水が特徴。じっとしていられない激しい頭痛が2~3時間ずつ毎日続く。 1~2ヵ月間、群発地震のように集中して起こる。

片頭痛や緊張型頭痛に悩む人は多いのでしょうか。

10年以上前になりますが、WHOと頭痛学会が共同で疫学調査を行ったところ、15歳以上の日本人のうち840万人ほどが片頭痛であることが分かりました。つまり、10人に一人が片頭痛を抱えていることになります。また14歳以下でも片頭痛を抱える人は多いので、合わせると1000万人ほどになるといわれています。この数字は現在においても、それほど変わらないと見ています。また緊張型頭痛を抱える人も、2300万人にのぼるとされています。

日本では特に頭痛を我慢して働く人が多く、それによってプレゼンティーイズムが起こり、大きな損失が生まれています。頭痛を我慢して何とか仕事をこなそうとしても、生産性は下がってしまうからです。頭痛による経済的損失は、十数年前に行われたWHOとの共同研究によると年間3000億円相当、当時の価値でいえば、ジャンボジェット機10機分にのぼります。こちらも現在、最新の調査を進めていますが、そう差異はないと考えられます。

「頭痛ダイアリー」で自分の頭痛の特徴をつかむ

それほどインパクトの大きな頭痛に対して、なぜ正しい認識が広まらないのでしょうか。

頭痛は脳卒中などと違い、すぐに命へ関わる病気ではないため、これまであまりスポットが当てられずにいました。“Suffer In Silence”という言葉があります。直訳すると「沈黙のまま苦しむ」という意味ですが、日本人にとって頭痛とはまさにSuffer In Silenceなんです。黙って我慢していることが多く、医療機関への受診率も海外に比べるととても低い。市販薬を飲む程度で済ませて、わざわざ医者に診てもらうほどの病気ではない、と考える人が多いのです。

坂井 文彦さん(埼玉精神神経センター 埼玉国際頭痛センター・センター長 / 埼玉医科大学 客員教授)

患者本人の頭痛へのイメージに加えて、周囲の人からの理解がないことも、頭痛を我慢してしまう原因の一つです。仕事を休もうとすると「さぼっている」「頭痛くらいで休むなんて」とレッテルを貼られてしまうこともある。これが海外と大きく異なる点です。欧米では頭痛が仕事を休む理由として広く認知されていますし、医療においても「がんセンター」や「脳卒中センター」と同じように、「頭痛センター」を設けている大学がたくさんあります。

頭痛は仕事や勉学、社会生活にも大きな影響を及ぼす病気です。先ほど説明したように、我慢したことでかえって生産性の低下につながってしまうこともありますし、周りの理解を得られないことによって人間関係がこじれるなどの問題が起こることもあります。そうならないよう、個人と企業両方が頭痛を理解し、対策を取ることが求められるでしょう。

では、個人としてできる頭痛への対策には、どのようなものがありますか。

まず、自分の頭痛が片頭痛なのか、緊張型頭痛なのか、それとも群発頭痛や他の病気が背景にある二次性頭痛なのかを知ることですね。片頭痛と緊張型頭痛を見分けるポイントが、頭痛が起こったときに体を動かせるかどうかです。片頭痛の場合、ズキズキとした痛みで体を動かす余裕がなく、動くとかえって頭痛が悪化することもあります。静かな暗い部屋で、1、2時間休憩すると痛みが治まるという人が多いのも特徴です。一方、緊張型頭痛は血行不良が痛みの原因ですから、席を立って歩いたり、ストレッチなどをして体を動かしたりすることで楽になることが多いようです。

痛みが起こるタイミングや条件も異なります。例えば片頭痛の原因は、血管の拡張により周囲の炎症を引き起こすこと。そのため、ストレスから解放されて血流がよくなったときや、低気圧が近づいているとき、女性の場合は排卵期を過ぎエストロゲンの分泌量が下がる生理前に、痛みに悩まされることが多いと分かっています。

自分の頭痛がどういうときに起こるのか、説明できない人は少なくありません。そこで実際の診療では、「頭痛ダイアリー」をつけることを最初にお願いしています。頭痛ダイアリーとは、頭痛が起こった日付とその状態、日常生活への影響や服薬状況などを記録するものです。記録がないと、医師でも病状を正しく判断することができません。一人ひとりにあった治療ではなく、教科書どおりのことしかできないのです。

患者に「ダイアリーをつけてください」とお願いすると、最初は「頭痛が起こっている時に、記録できるだろうか」と不安に感じる人もいます。しかし、ひどい頭痛なら「×」、軽い頭痛なら「△」などと記録するだけでも、数ヵ月経てばいろいろなことが分かってきます。例えば土曜になると頭痛で寝込んでいたとか、残業が続くと頭が重くなるようだ、といった具合です。また、知らないうちに薬を飲むことが癖になっていて、自分でも驚くくらいの服薬量だったと気づくこともあります。日本頭痛学会のホームページでは頭痛ダイアリーのフォーマットもダウンロードできる(http://www.saitama-ni.com/dl.html)ので、頭痛に悩む人はぜひ活用してみてください。

生活リズムの安定が、片頭痛解消の第一歩

片頭痛と緊張型頭痛の改善のために、どのような生活習慣を心がければいいのでしょうか。

片頭痛にせよ緊張型頭痛にせよ、頭痛の引き金となっているものを見定め、誘因を少なくすることがポイントになってきます。片頭痛の場合、週末に体調を崩す人が少なくありません。平日、仕事で緊張が続いている状態から、休日にリラックスすることで血管が拡張し、痛みを引き起こすケースです。緊張と弛緩の落差が激しい場合や、生活リズムが大きく変化する場合に起こることが多いようです。

片頭痛が改善した人の話を聞くと、「毎日体操をしている」「ヨガや太極拳を続けている」「朝の散歩を日課にしている」「休みの日に予定を入れ、二度寝しないようにしている」など、心身のリズムを一定にしてリフレッシュすることに効果が見られました。金曜にお酒を飲みに行くと、土曜日に頭が痛くなるという人は、一気に緊張がほぐれたところでさらにアルコールが加わり、片頭痛を引き起こしている可能性があります。もしかすると、普段も適量ならお酒を飲んでも構わないとすることで、緊張と弛緩のギャップが小さくなり、片頭痛予防につながる可能性もあります。もちろん飲み過ぎはよくありませんが、週末にまとめて深酒するより、いいリフレッシュ方法といえます。

緊張型頭痛の場合は、ストレスコントロールがカギを握ります。肉体的ストレスについては、長時間同じ姿勢を避けること。デスクワークや調理、作業台上での手作業など、私たちは日ごろ首を軽く下げたうつむき加減の状態でいることが多いものです。それが長く続くと、僧帽筋や大胸筋、広頚筋などに循環障害が起こり、肩や首、頭の周辺の筋肉に痛みの原因物質が蓄積して、後頭部から頭部全体にかけて圧迫するようになります。疲れがひどくなる前に適度にストレッチを行い、首や肩の凝りをできるだけ抑えることが大切です。

また精神的ストレスは、緊張型頭痛を慢性化させる恐れがあります。慢性型頭痛の患者の中には、メンタルに相当な負荷がかかっていたり、うつ病を患っていたりするケースもあります。精神的な疲れを癒し、気持ちをリフレッシュさせる趣味やリラックス方法を見つけることが大切です。また、適度な運動は、体をほぐし気分転換にもなるのでおすすめです。

坂井先生は、片頭痛や緊張型頭痛予防に効く体操も考案されていますね。

「頭痛体操」といって、頭痛の慢性化を防ぐものです。片頭痛予防と緊張型頭痛予防の2種類があります。どちらも毎日2分程度行います。片頭痛予防体操は、頭と首を支えるインナーマッスルをストレッチ。何度も頭痛を繰り返すことによってできてしまった、痛みの信号が伝わる回路を遮断させる効果があります。痛みのないときに行ってください。一方、緊張型頭痛予防の体操は、僧帽筋や大胸筋を動かすことで、凝り固まった筋肉をほぐし、血行を改善させます。腕ではなく、肩を回すのがコツです。少し頭が重いときなどに行うと、痛みを緩和させる効果もあります。

頭痛体操

企業の頭痛対策は生産性向上だけでなく、従業員の安心にもつながる

健康経営という観点では、組織のフォローも大切です。頭痛を抱える従業員がいる場合、上司はどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

まずは頭痛に対する正しい知識を知り、偏見をなくすことです。社会生活において「頭痛=さぼり」などと誤解されがちなのは、頭痛が女性に多い病気ということも背景にあるからかもしれません。特に片頭痛患者の数は、女性が男性の3倍といわれています。女性の社会進出は進んでいますが、マネジメント層はまだ男性が多いのが現実です。月経サイクルや気圧の変化で体調を崩してしまうという感覚を、なかなか理解できない人もいるでしょう。もちろん男性の中にも頭痛持ちの人はいますが、我慢して乗り切ろうとしてしまう。そうした状況から一歩抜け出すには、やはり頭痛について学ぶことが大切です。

次に、頭痛でつらいときは無理をさせないこと。片頭痛は暗く静かな場所でしばらく休めば、数時間で回復することがほとんどです。片頭痛になりやすい人は、もともと脳の反応がよい体質の持ち主であるという研究結果もあります。頭の回転の速い人が多く、痛みを我慢して仕事を続けるよりも、少し休んでしっかりと仕事に取り組んでもらった方が、結果として生産性向上につながるでしょう。また、休むとけろりと回復する人が多い片頭痛患者は、「さぼっていたのでは」と誤解されてしまうこともあります。そのため、病状の特徴についても、周囲がよく理解しておく必要があります。

緊張型頭痛の場合は、ずっと同じ姿勢で作業をしている従業員に対して、こまめに体を動かしたり、ストレッチをしたりするように呼びかけるといいでしょう。また、緊張型頭痛が慢性化しているケースの場合、精神的なストレスを感じていることが多いので、メンタルケアに気を配ることも必要です。仕事の負荷がかかり過ぎていないか、残業や休日出勤が続いていないか、また、元気がなかったり思い詰めていたりしないか、従業員の様子を細やかにウォッチすること。カウンセリングや産業医への相談など、必要に応じて心の逃げ場をつくることも大切です。

▼個人と企業にできる頭痛対策
個人 企業
両方
  • 頭痛ダイアリーを付け、自分の頭痛を理解する
  • 頭痛体操を行う
  • 頭痛に対する正しい知識を知り、偏見をなくす(ニューズレターの配信、講演会、セミナーの実施など)
片頭痛
  • 心身のリズムを一定にしつつ、リフレッシュを心がける
  • 頭痛が起こったときは、静かな暗い部屋で、1~2時間休憩する
  • 調子を崩したときに、横になれる場所を確保する
  • 冷房の効き過ぎないように気を付けたり、ブランケットの使用を認めたりし、体温の変化を防ぐ
緊張型頭痛
  • 長時間同じ体制での作業を避け、疲れがひどくなる前に体をほぐす
  • 気持ちをリフレッシュさせる趣味やリラックス方法を見つける
  • 適度な運動を心がける
  • こまめに体を動かしたり、ストレッチをしたりするよう呼びかける
  • 頭痛が慢性化している場合には、メンタルケアに気を配る

人事には、どのような対策がとれるでしょうか。

一つは環境の整備でしょう。従業員数が一定数以上の事業所では、休養室の設置が義務となっています。調子を崩した時に、横になれる場所を確保すること。片頭痛の観点でいえば、静かで暗めの落ち着いた環境にすることが望まれます。また、室温の変化で片頭痛が起こったり、ひどくなったりすることもあります。冷房の効き過ぎないように気を付け、ブランケットの使用を認めるなど、体温調整を柔軟に行えるようにすることも大切です。

次に、管理職や従業員に向け、頭痛に対する正しい知識の普及させることも重要です。ニューズレターの配信や、講演会、セミナーの実施などが考えられます。頭痛によるプレゼンティーイズム、生産性の低下について理解してもらえると、反応は変わって来ると思います。日頃からできる頭痛対策として、頭痛ダイアリーや頭痛体操をアナウンスしてもいいでしょう。

また、ぜひ医療との連携を考慮してほしいですね。片頭痛も緊張型頭痛も、生活習慣の改善などで治すことのできる病気です。しかし「たかが頭痛」と市販薬を飲んで、我慢しながらその場をしのぐ人があまりにも多過ぎる。これではいつまでたっても、根本的な解決にはなりません。近年の頭痛医学の発展は、目まぐるしいものがあります。新しい治療法も開発されているので、ただ薬をもらう、診断書を書いてもらうだけでなく、治療の観点で医療をぜひ活用してほしいですね。

健康経営に取り組む企業に向けて、メッセージをお願いします。

頭痛対策はプレゼンティーイズムの改善につながると同時に、頭痛に苦しむ人々の身体的、精神的負担の改善にもつながります。ですから、企業が頭痛に取り組むことによる影響は、とても大きいでしょう。頭痛の大変さが理解してもらえただけでも、患者にとっては大きな前進です。理解者の存在は、安心感や働きがい、エンゲージメントにも関係してくると思います。そして企業の取り組みは、やがて行政や社会にも影響を与えるものです。健康経営をきっかけに、頭痛に対する偏見のない社会となることを願っています。

坂井 文彦さん(埼玉精神神経センター 埼玉国際頭痛センター・センター長 / 埼玉医科大学 客員教授)

(取材は2018年9月25日 埼玉県・埼玉精神神経センターにて)

関連キーワード  片頭痛 頭痛 プレゼンティーイズム 健康経営

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ニュース

脳科学を活用し働く人のストレス状態の可視化、並びに健康と活力向上をサポート~脳科学知見に基づくセルフチェック&トレーニングサービス「Best」を開発:NeU、ウェルリンク

国立大学法人東北大学と株式会社日立ハイテクノロジーズのジョイントベンチャーである株式会社NeU(本社:東京都千代田区、代表取締役:長谷川 清、以下 NeU)と、ストレスチェックにて累計1,000団体以...

2018/09/14 関連キーワード:NeU ウェルリンク Best 脳トレーニング ストレスセルフチェック プレゼンティーイズム メンタルヘルス 生産性向上

ニュース

従業員の「幸せ」最大化による生産性向上を支援~プレゼンティーズムと社員幸福度の可視化クラウド「FairWork pulse」を提供開始:フェアワーク・ソリューションズ

株式会社フェアワーク・ソリューションズは、国際的な生産性指標であるプレゼンティーズム尺度WHO-HPQを用いたウェルネス&エンゲージメント支援ツール【FairWorkサーベイ】の一環として【FairW...

2018/09/06 関連キーワード:フェアワーク・ソリューションズ FairWork pulse 健康経営 プレゼンティーイズム 従業員幸福度 生産性向上

ニュース

健康経営の成果を客観的に評価~企業の健康診断「HPMスコア診断サービス」を提供開始:ジイズスタッフ

株式会社ジイズスタッフ(所在地:東京都千代田区/代表取締役社長:新井 守)は、健康経営に取り組んでいる企業を対象に、企業の生産性リスクを数値化して企業の健康状態を見える化する「HPM診断サービス」の提...

2018/07/19 関連キーワード:ジイズスタッフ HPM診断サービス 健康経営 見える化 プレゼンティーイズム メンタルヘルス

記事

気付かないうちに生産性を下げる「睡眠不足」
睡眠研究の第一人者が語る、社員の力を十分に引きだすために企業が行うべき対策とは:三島 和夫さん

現在、多くの日本人が睡眠時間を削り、睡眠不足に陥っています。生産性の低下や疾病にもつながるため、最近では健康経営の一環として、従業員の睡眠改善に取り組む企業も増えています。ビジネスパーソンが意外と知ら...

2018/06/04 関連キーワード:睡眠 健康 昼寝 健康経営 睡眠負債 睡眠不足 プレゼンティーイズム

ニュース

花粉症で仕事の能率が30%ダウン? 対策に取り組む企業も

花粉症による集中力や生産性低下が問題となっている。 東京都が昨年12月に発表した調査によると、都民のスギ花粉症推定有病率は48.8%で、前回調査(平成18年度・28.2%)を大きく上回った。増加の原因...

2018/04/11 関連キーワード:花粉症 ヤフー バンク・オブ・イノベーション 花粉症対策フロア 花粉症手当て ウェザーニューズ 健康経営 プレゼンティーイズム