記事・レポート一覧

相談できる仲間に出会える。自社課題解決のきっかけが得られる。事業会社人事のコミュニティー「人事ごった煮会」
相談できる仲間に出会える。自社課題解決のきっかけが得られる。事業会社人事のコミュニティー「人事ごった煮会」 「人事ごった煮会」は、主宰者である三浦孝文さん(オイシックス・ラ・大地株式会社・人材企画本部に勤務)が、さまざまな人事課題について自由に意見交換やディスカッションができる場として、2016年11月に個人的に立ち上げた人事コミュニティーです。集まった人たちが講師の話を聞くという一般的な勉強会とは異なり、全員が主体的にアウトプットしていくことで、より掘り下げた討論をおこなうスタイルで注目され、すでにコミュニティー参加者数は1000名以上。現在も毎月1~2回の定例会をコンスタントに開催しています。「人事ごった煮会」とはどんな会なのか。どんな人が参加し、どんな活動を行っているのか。発起人である三浦さんと、会の立ち上げ当初から運営に携わる田中さんに詳しくお聞きしました。 (掲載:2018.12.11)
企業文化や組織開発に特化した研究所を新設未来に向けた人・組織を考える『楽天ピープル&カルチャー研究所(Rakuten People and Culture Lab)』
企業文化や組織開発に特化した研究所を新設 未来に向けた人・組織を考える『楽天ピープル&カルチャー研究所(Rakuten People and Culture Lab)』 「イノベーションを通じて、人々と社会をエンパワーメントする」をミッションに掲げる楽天グループ。今や1.6万人以上もの多様性あふれる従業員を擁するグローバルな組織です。その楽天グループの新たな研究機関として2018年10月1日に新設されたのが、「楽天ピープル&カルチャー研究所(Rakuten People and Culture Lab)」。海外の先端的な情報収集やグループ内での実証実験などを通じて、企業文化や組織開発に特化した理論体系の構築を目指しています。同研究所の設立背景や活動内容、今後の方向性などについて、楽天株式会社コーポレートカルチャーディビジョン エンプロイー・エンゲージメント部 ジェネラルマネージャーで研究所の代表も兼ねる日髙達生さんにうかがいました。 (掲載:2018.11.30)
ベンチャーから大企業まで「日本の人事を強くする」
							双方向型で意見交換できる人事コミュニティー HLC
ベンチャーから大企業まで「日本の人事を強くする」双方向型で意見交換できる人事コミュニティー HLC 人事が強くなれば会社が強くなる。会社が強くなれば社会も強くなる。よりよい社会を築くためにはまず、日本の人事を強くする必要がある――。この思いをベースに2017年9月にスタートしたのが、会員制人事コミュニティーのHLC(Human Resource Learning Community)です。運営を担っているのは、株式会社サイバーエージェントの100%出資子会社である、株式会社CyberQ(サイバーキュー)。活動開始から一年たらずで、ベンチャー企業の人事担当者から大企業の取締役クラスまで約700人もの会員が集まり、活発に交流しています。同コミュニティーの概要や活動内容、今後の方向性などについて、株式会社CyberQ 取締役の久慈秀斗さんにうかがいました。 (掲載:2018.11.19)
誰もが豊かな人生を送れる「新しい働き方」に共感し、実現をめざす人たちのコミュニティー 「Team WAA!」
誰もが豊かな人生を送れる「新しい働き方」に共感し、実現をめざす人たちのコミュニティー 「Team WAA!」 2016年7月にユニリーバ・ジャパンが導入した「WAA(Work from Anywhere and Anytime)」は、いつでもどこでも、働く時間と場所を社員自らが自由に選択できる画期的な制度として大きな反響を呼びました。新しい働き方に共感し、自社でも実現したいと考える人たちが少なくないと感じた同社・人事総務本部長の島田由香さんは、ユニリーバでの「WAA」導入までの経験をシェアし、共通のテーマや課題についても話し合うオープンなコミュニティー「Team WAA!」を設立。活動開始から2年を迎えようとするTeam WAA!とはどんなコミュニティーなのでしょうか。その目的や活動内容、今後の計画などを、島田さんにうかがいました。 (掲載:2018.11.19)
新しい人事課題とこれからの人事の役割を考える
2018年9月開催 HRコンソーシアム全体交流会 レポート
「新しい人事課題とこれからの人事の役割を考える」
人事の、人事による、人事のためのオープンプラットフォームである、「日本の人事部HRコンソーシアム」。その第4回の「全体交流会」が、2018年9月21日に100名を超える会員が集まって開催された。交流会のテーマは「戦略人事」。「新しい人事課題とこれからの人事の役割を考える」と題し、法政大学大学院・石山教授、サイボウズ・中根氏、日本郵便・伊藤氏による課題提起をもとに、参加者全員でディスカッションが行われた。新たな人事課題とは何か。どのように戦略人事を進めるべきか。人事はこれから経営に対し何をなすべきか。当日の様子をレポート形式でお伝えする。 (掲載:2018.11.19)
人生100年時代のキャリアと学びを考える
日本の人事部 HRコンソーシアム主催 人事新年会
「人生100年時代のキャリアと学びを考える」
HRコンソーシアムのコンセプトは「人事同士がつながりあい、学びあう、人事のオープンプラットフォーム」。2018年2月2日には130名を超える会員が集まり、新年会(セミナー、懇親会)が開催された。セミナーのテーマは「人生100年時代のキャリアと学びを考える」。法政大学・武石教授、ソフトバンク・源田氏、GEジャパン・谷本氏による課題提起をもとに、参加者全員でディスカッションを行った。この壮大なテーマについて、人事の方々はどう考え、何をしようとしているのか。当日の様子をレポート形式でお伝えする。 (掲載:2018.03.12)
9月開催 HRコンソーシアム全体交流会 レポート
2017年9月開催 HRコンソーシアム全体交流会 レポート 人事の、人事による、人事のためのオープンプラットフォームである、「日本の人事部HRコンソーシアム」。その第2回の「全体交流会」が、2017年9月8日に開催された。冒頭では、各分科会参加企業の感想を共有する報告会を実施。後半はその分科会のひとつである「HR Tech・AI」グループを代表して、アクセンチュア株式会社 佐藤優介氏による講演「HR領域におけるテクノロジー活用~人事業務や人事としてのキャリア構築はどう変わっていくべきか~」が行われた。広い会場の各テーブルは、会員企業に加えオブザーバー参加の企業からの出席者で埋まり、参加者は情報収集と企業の垣根を超えた人事同士の交流に熱心に取り組んでいた。 (掲載:2017.10.20)
ベンチャーから大企業まで「日本の人事を強くする」
							双方向型で意見交換できる人事コミュニティー HLC
2017年2月開催 HRコンソーシアム全体交流会 レポート 人事同士が組織の枠を超えてつながり能動的に学び合うことで、人事は成長し、組織が抱えている課題は解決できる。「HRコンソーシアム」主催の記念すべき第1回人事交流会では、組織の枠を超えて挑戦しているトップランナーの方々のお話を元に、人事がつながる意義について考えた。 (掲載:2017.03.08)