会員限定記事が読める『日本の人事部』のご登録(無料)はこちら。
イベント情報もお知らせ。

会員登録はこちら

人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2020/01/24

健康経営サポートサービス「WELSA」を提供開始

インフォコム株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:竹原 教博) は、雇用する従業員の健康診断やストレスチェックの結果を一元管理し、健康リスクや生活習慣病などの分析・予測まで可能となるクラウドサービス「WELSA(ウェルサ)」の提供を3月より開始いたします。


【背景】
人手不足や従業員の高齢化などを背景に、生産性向上のため従業員の健康管理を経営課題と考える企業が増えています。一方で、従業員の健康改善のカギとなる定期健康診断結果は、約半数の企業で全く管理していないか紙での管理にとどまるなど、活用が進んでいません。

WELSAは、多くの企業で健康経営の取り組みに生かし切れていない健康診断やストレスチェックなどの結果をフル活用し、従業員の生産性向上や組織活性化に向けた企業の健康経営をサポートします。


【サービス内容】
これまで、紙やバラバラのシステムで管理されていたデータを統合して集団的分析を行い、将来の予測につなげることで企業の健康課題を見える化、さらに課題に対するソリューション(健康改善プログラム)までワンストップで提供します。
 

  1. データ管理:健診結果やストレスチェック、勤怠などを一元管理し、ひとつのサービス上でデータを抽出・参照可能に。
  2. 分析・予測:1.のデータを、「健康経営の枠組みによる健康課題の見える化」による分析手法を用いた「健康リスク分析」や、国立研究開発法人国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ及び国立研究開発法人国立国際医療研究センター 臨床研究センター 疫学・予防研究部が開発したアルゴリズムを用いた「がん、脳梗塞、糖尿病等のリスク予測」を用いて表示し、会社の健康課題を見える化します。
  3. 対策:企業の課題に合わせ、食事・運動・睡眠など7つの項目で計44の講座など健康改善プログラムを提供。社内の健康イベントのサポートも行います。(オプション機能)

■サービス金額 年間1,800円(予定)/利用者1人あたり


【今後の展開】
2020年度中には、ウェアラブルデバイスと連携し、健康診断結果や、睡眠や歩数などの個人データを管理できる従業員向けアプリを提供する予定です。3年で50万人の利用を目指します。


<報道関係のお問い合わせ>
広報・IR室
03-6866-3160
pr@infocom.co.jp

<事業に関するお問い合わせ>
オープンイノベーションセンター
050-3822-2340


◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(インフォコム株式会社 / 1月23日発表・同社プレスリリースより転載)


新着ニュース

ニュース
健康ビッグデータから健康経営を可視化する新サービス、「Carely Place」の提供を開始

2020/09/11 関連キーワード:労働時間管理 健康経営 ビッグデータ 健康診断 ストレスチェック

ニュース
『オフィスおかん仕送り便』正式サービスリリース

2020/09/11 関連キーワード:福利厚生 社食 食事補助 在宅勤務

ニュース
"withコロナ時代" の健康経営活動 日清食品グループ「テレワークうつ 予防チーム」を発足

2020/08/28 関連キーワード:日清食品 健康経営 テレワーク メンタルヘルス ウェルビーイング

ニュース
『非接触検温・AI顔認証打刻』による勤怠管理ソリューションを9月より提供開始

2020/08/26 関連キーワード:顔認証 勤怠管理 健康管理・メンタルヘルス 新型コロナウイルス 検温

ニュース
「健康経営銘柄2021」選定及び「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」認定に向けた令和2年度健康経営度調査を実施します

2020/08/24 関連キーワード:ホワイト500 健康経営 健康経営銘柄 健康経営優良法人