人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2020/01/09

オタフクソース株式会社 2020年1月1日より就業時間内禁煙宣言を実施

オタフクソース株式会社(本社:広島市西区、代表取締役社長:佐々木 直義)では、社員が安心して働くことのできる環境を整え、一人ひとりが心身の健康を維持・増進することで会社の生産性向上を目指す健康経営の一環として、建屋内の全面禁煙の継続と、就業時間内の禁煙(休憩時間を除く)に取り組む「就業時間内禁煙宣言」を2020年1月1日より実施しています。また、2020年8月1日からは、就業時間内外にかかわらず敷地内での全面禁煙に取り組む「敷地内禁煙宣言」を行います。

近年、喫煙により生じる副流煙を吸い込むことで発生する「受動喫煙」が世界で問題となっており、2018年7月の健康増進法一部改正により、日本国内でも望まない受動喫煙を防ぐ取り組みをルール化する動きがはじまっています。

当社では、「食を通じて『健康と豊かさと和』をもたらし、笑顔あふれる社会に寄与」するという使命のもと、2017年5月の「ヘルシー宣言」より、改めてすべての企業活動を「健康」を軸にすることを全社員で決意しました。また、それを実現する社員一人ひとりの幸せも非常に大切であると捉えており、選択型福利厚生制度「セレクトプラン」による検診やリフレッシュ費用のサポート、メンタルヘルスへの取り組み、食堂開設によるコミュニケーションの促進、5日連続で有給休暇を取得できるノーリーズン休暇の推進など、「社員の幸せ=安心して働くことができる環境」と考え、社員の心身の健康サポートと、ワークライフバランスの実現に取り組んでまいりました。建屋内での禁煙や「禁煙手当」(※)の支給などにも20年以上継続して取り組んでおり、社員の禁煙と受動喫煙の防止にも力を入れています。(※)定着したため2016年に手当廃止

今回の「就業時間内禁煙宣言」は、禁煙にかかる費用のサポートや社内報・掲示板などでの周知により、喫煙習慣のある社員の禁煙へのきっかけづくりと、周囲の人々の受動喫煙の防止を図るための宣言です。今後も、財産である社員の健康をより考え、より元気な会社をつくることでお客様に幸せと笑顔をお届けできるよう、邁進してまいります。


本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。
(オタフクソース株式会社 /1月8日発表・同社プレスリリースより転載)


新着ニュース

ニュース
「新型コロナウイルスを含む感染症対策に関する 企業向け参考資料」を公開

2020/02/21 関連キーワード:新型コロナウイルス 株式会社iCARE 産業医 感染症 インフルエンザ 新型コロナウイルスを含む感染症対策に関する 企業向け参考資料

ニュース
日本初!リンケージが女性向けプレゼンティーズム改善支援サービス「FEMCLE」を発表!

2020/02/19 関連キーワード:株式会社リンケージ FEMCLE プレゼンティーズム オンライン健康支援事業基盤 フェムテック 月経困難症 生理痛 PMS ワークライフバランス 健康経営

ニュース
健康経営アワード2020を開催します!

2020/02/19 関連キーワード:健康経営 健康経営銘柄2020 健康経営優良法人2020 東京証券取引所 経済産業省 健康経営優良法人認定制度 ホワイト500

ニュース
60万人のプレゼンティーズム調査研究による分析結果を発表

2020/02/06 関連キーワード:ヒューマネージ 保健同人社 プレゼンティーズム ストレスチェック 健康経営研究会

ニュース
健康経営サポートサービス「WELSA」を提供開始

2020/01/24 関連キーワード:インフォコム WELSA 健康診断 ストレスチェック 生産性向上 組織活性化

目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?