人生100年時代の働き方を考える

健康経営 powered by「日本の人事部」

印刷する印刷する 
2019/09/24

正しい座り方によって体への負荷を軽減、社内うつ発症リスクの低減を目指す~すべり座りを坐骨座りに変える『デスクワーク姿勢研修』を開始:日本姿勢予防医学協会

セルフケア事業を展開する「一般社団法人 日本姿勢予防医学協会(大阪市北区)」は2019年9月19日より、社内うつの予防として「デスクワーク姿勢研修」を企業向けに開始いたします。慢性疾患などの身体状況が抑うつ発症に影響することが研究でも明らかになる中で、正しい座り方によって体への負荷を軽減し、社内うつ発症リスクの低減を目指します。


■年収500万円の従業員が1年休むと約1490万円の損失
社内うつの発症は対象者のパフォーマンスが落ちるだけでなく、代わりや周りのフォローが必要となり表1の通り、損失額は年収の約3倍になると試算されています。これは発症前の状態を維持するため費用ですので、投資ではなく単なる損失となります。


■座る時間が社内うつ発症に影響!座り方改革でリスクを減らす
世界20ヶ国の成人を対象に平日の座位時間を調査したシドニー大学の研究結果では平均5時間に対し、日本人が最長の7時間です。また、職場でのイスに座る時間を減らすことは、メンタルヘルスにとって有益な可能性があることが示唆されています。

もちろん、仕事満足度がうつ発症に大きく影響するため、デスクワーク姿勢の改善だけで問題解決するとは言い切れません。従業員自ら、仕事を変更することは困難ですが、座る姿勢を変え、体の負担を減らすことは可能です。


■「デスクワーク姿勢研修」の主な内容
1:姿勢チェック
2:肩こりさらばのイスの座り方
3:ぽっこりお腹と腰痛解消エクササイズ
4:目も気分もスッキリエクササイズ
5:ぐっすり眠れるエクササイズ


◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(一般社団法人 日本姿勢予防医学協会 https://jppm.or.jp/index.html /9月19日発表・同法人プレスリリースより転載)


新着ニュース

ニュース
「新型コロナウイルスを含む感染症対策に関する 企業向け参考資料」を公開

2020/02/21 関連キーワード:新型コロナウイルス 株式会社iCARE 産業医 感染症 インフルエンザ 新型コロナウイルスを含む感染症対策に関する 企業向け参考資料

ニュース
日本初!リンケージが女性向けプレゼンティーズム改善支援サービス「FEMCLE」を発表!

2020/02/19 関連キーワード:株式会社リンケージ FEMCLE プレゼンティーズム オンライン健康支援事業基盤 フェムテック 月経困難症 生理痛 PMS ワークライフバランス 健康経営

ニュース
健康経営アワード2020を開催します!

2020/02/19 関連キーワード:健康経営 健康経営銘柄2020 健康経営優良法人2020 東京証券取引所 経済産業省 健康経営優良法人認定制度 ホワイト500

ニュース
60万人のプレゼンティーズム調査研究による分析結果を発表

2020/02/06 関連キーワード:ヒューマネージ 保健同人社 プレゼンティーズム ストレスチェック 健康経営研究会

ニュース
健康経営サポートサービス「WELSA」を提供開始

2020/01/24 関連キーワード:インフォコム WELSA 健康診断 ストレスチェック 生産性向上 組織活性化

目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?